九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
水谷 慎介(みずたに しんすけ) データ更新日:2019.09.17

准教授 /  歯学研究院 歯学部門


主な研究テーマ
口腔機能が軽度認知障害や認知症の発症に与える影響を検討している
キーワード:軽度認知障害、認知症、口腔機能
2017.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Shinsuke Mizutani, Daisuke Ekuni, Takaaki Tomofuji, Koichiro Irie, Tetsuji Azuma, Yoshiaki Iwasaki, Manabu Morita, Self-efficacy and progression of periodontal disease
A prospective cohort study, Journal of Clinical Periodontology, 10.1111/jcpe.12476, 42, 12, 1083-1089, 2015.12, [URL].
2. Shinsuke Mizutani, D. Ekuni, T. Tomofuji, M. Yamane, T. Azuma, Y. Iwasaki, M. Morita, Gingival condition and tooth-brushing behavior after alcohol consumption, Journal of Periodontal Research, 10.1111/jre.12233, 50, 4, 494-499, 2015.01, [URL].
3. Shinsuke Mizutani, D. Ekuni, T. Tomofuji, T. Azuma, K. Kataoka, M. Yamane, Y. Iwasaki, M. Morita, Relationship between xerostomia and gingival condition in young adults, Journal of Periodontal Research, 10.1111/jre.12183, 50, 1, 74-79, 2015.01, [URL].
4. Shinsuke Mizutani, Daisuke Ekuni, Takaaki Tomofuji, Koichiro Irie, Tetsuji Azuma, Yoshiaki Iwasaki, Manabu Morita, Structural equation modeling to assess gender differences in the relationship between psychological symptoms and dental visits after dental check-ups for university students, Acta Odontologica Scandinavica, 10.3109/00016357.2014.968870, 73, 5, 368-374, 2014.07, [URL].
5. Shinsuke Mizutani, Daisuke Ekuni, Takaaki Tomofuji, Tetsuji Azuma, Koichiro Irie, Tatsuya Machida, Toshiki Yoneda, Yoshiaki Iwasaki, Manabu Morita, Factors related to the formation of buccal mucosa ridging in university students, Acta Odontologica Scandinavica, 10.3109/00016357.2013.797102, 72, 1, 58-63, 2014.01, [URL].
6. Shinsuke Mizutani, Daisuke Ekuni, Michiko Furuta, Takaaki Tomofuji, Koichiro Irie, Tetsuji Azuma, Azusa Kojima, Jun Nagase, Yoshiaki Iwasaki, Manabu Morita, Effects of self-efficacy on oral health behaviours and gingival health in university students aged 18- or 19-years-old, Journal of Clinical Periodontology, 10.1111/j.1600-051X.2012.01919.x, 39, 9, 844-849, 2012.09, [URL].
7. Shinsuke Mizutani, Hisae Aoki, Satoru Haresaku, Kaoru Shimada, Michio Ueno, Keiko Kubota, Toru Naito, Association between subjective well-being and presence of primary care dentists in community-dwelling elderly people
A cross-sectional study, Gerodontology, 10.1111/ger.12390, 2019.01, [URL].
8. Shinsuke Mizutani, Daisuke Ekuni, Mayu Yamane-Takeuchi, Tetsuji Azuma, Ayano Taniguchi-Tabata, Takaaki Tomofuji, Yoshiaki Iwasaki, Manabu Morita, Type D personality and periodontal disease in university students
A prospective cohort study, Journal of Health Psychology, 10.1177/1359105316668668, 23, 5, 754-762, 2018.04, [URL].
主要学会発表等
1. 水谷慎介,江頭留依,山口真広,加藤智崇,玉井恵子,梅崎陽二朗,奥 菜央理,内藤 徹,柏﨑晴彦, 歯科外来患者における口腔機能と軽度認知障害との関連, 第30回日本老年歯科医学会学術大会, 2019.06.
2. Masahiro Yamaguchi, Shinsuke Mizutani, Rui Egashira, Toru Naito, Oral function and decline in cognitive function, Kyudai Oral Bioscience & OBT Research Center Joint International Symposium 2019, 2019.03.
学会活動
所属学会名
日本歯科医学教育学会
日本口腔衛生学会
日本口臭学会
日本小児歯科学会
日本循環器病予防学会
日本老年歯科医学会
日本障害者歯科学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.02~2019.03.03, Kyudai Oral Bioscience & OBT Research Center Joint International Symposium 2019, Session chair.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 若手研究(A,B), 代表, 口腔機能の回復と認知機能の関連性の検討―軽度認知障害高齢者を対象とした検討―.
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 歯肉炎をスクリーニングするための唾液マーカーの創設.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 周術期管理における術後の継続的な口腔管理の有効性の検討.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2018年度~2019年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 地域包括ケアシステムにおける効果的な訪問歯科診療の提供体制等の確立のための研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」