九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
加葉田 雄太朗(かばた ゆうたろう) データ更新日:2019.06.29





電子メール
取得学位
博士(理学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
特異点論
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
可微分写像の特異点論とその応用が私の主な研究テーマです. 私は特異点分類における個々の特異点の幾何的な特徴づけと, 曲面の局所論を中心とした特異点分類の応用研究に取り組んでいます. 可微分写像の特異点は様々なところで現れる素朴な対象で, 最近は視覚の数理, ロボット工学,多目的最適化問題など異分野に現れる特異点の研究にも興味を持っています. 数理データサイエンス教育研究センターの教員としても活動をしています.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」