九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
山田 俊輔(やまだ しゆんすけ) データ更新日:2019.06.12



主な研究テーマ
腎臓病学、 カルシウム/リン代謝異常症、 CKD-MBD、 血管石灰化、 栄養障害
キーワード:腎臓病学、 カルシウム/リン代謝異常症、 CKD-MBD、 血管石灰化、 栄養障害
2018.09~2024.09.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Yamada S, Tokumoto M, Taniguchi M, Yoshida H, Arase H, Tatsumoto N, Hirakata H, Kitazono T, Tsuruya K, Use of phosphate binder and risk of infection-related and all-cause mortality in patients undergoing maintenance hemodialysis; The Q-Cohort Study, Scientific Reports, 2018.07.
2. Yamada S, Leaf EM, Chia J, Cox TC, Speer MY, Giachelli CM, PiT-2, a sodium-dependent phosphate transporter type III, protects against vascular calcification in mice with chronic kidney disease fed a high phosphate diet, Kidney International, 2018.07.
3. Yamada S, Wallingford MC, Borgeia S, Cox TC, Giachelli CM, Loss of PiT-2 results in abnormal bone development and decreased bone mineral density and length in mice., Biochem Biophys Res Commun, 2018.01.
4. Yamada S, Taniguchi M, Tokumoto M, Yoshitomi R, Yoshida H, Tatsumoto N, Hirakata H, Kitazono T, Tsuruya K, Modified creatinine index and the risk of bone fracture in patients undergoing hemodialysis; The Q-Cohort Study., American Journal of Kidney Disease, 2017.02.
5. Yamada S, Tsuruya K, Taniguchi M, Tokumoto M, Fujisaki K, Hirakata H, Fujimi S, Kitazono T., Association between serum phosphate levels and stroke risk in patients undergoing hemodialysis: The Q-Cohort Study., Stroke, 2016.06.
6. Yamada S, Tsuruya K, Tokumoto M, Yoshida H, Ooboshi H, Kitazono T, Factors associated with serum soluble inhibitors of Wnt-β-catenin signaling (sclerostin and dickkopf-1) in patients undergoing peritoneal dialysis., Nephrology (Carlton), 2015.06.
7. Yamada S, Tokumoto M, Tatsumoto N, Taniguchi M, Noguchi H, Nakano T, Masutani K, Ooboshi H, Tsuruya K, Kitazono T, Phosphate overload induces systemic inflammation and malnutrition as well as vascular calcification in uremia., American Journal of Physiology Renal Physiology, 2014.06.
8. Yamada S, Tsuruya K, Yoshida H, Tokumoto M, Ooboshi H, Kitazono T, Factors associated with serum myostatin level in patients undergoing peritoneal dialysis; the impact of vitamin D receptor activators use., Calcified Tissue International, 2016.06.
9. Yamada S, Taniguchi M, Tokumoto M, Toyonaga J, Fujisaki K, Suehiro T, Noguchi H, Iida M, Tsuruya K, Kitazono T, The antioxidant tempol ameliorates arterial medial calcification in uremic rats: important role of oxidative stress in the pathogenesis of vascular calcification in chronic kidney disease., Journal of Bone and Mineral Research, 2012.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本内科学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.02~2019.03.02, 第3回日本CKD-MBD研究会, シンポジスト.
2019.02.23~2019.02.23, The 8th Chronic Kidney Disease Frontier Meeting, シンポジスト.
2019.06.27~2019.06.30, 第64回 日本透析医学会 総会, シンポジスト.
2017.10.28~2017.10.29, 第47回 日本腎臓学会 東部学術大会, シンポジスト.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 骨格筋・血管相関の概念の応用による血管石灰化治療とその分子機構の解明.
2018年度~2019年度, 研究活動スタート支援, 代表, 研究課題名『血管石灰化治療における骨格筋・血管相関の概念の応用とその機序の解明』.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2019年度, 日本腎臓財団 腎不全病態研究助成 , 代表, 血管石灰化治療における骨格筋・血管相関の概念の応用とその機序の解明~骨格筋への治療介入は血管石灰化のあたらあしい治療選択肢になるか~.
2018年度~2018年度, 日本透析医会 2017年公募研究助成, 代表, 研究課題名『食塩とリンの同時摂取による相乗的血管石灰化促進機構の解明』.
2018年度~2018年度, 2018年度ノバルティス研究助成, 代表, 研究課題名『食塩とリン酸負荷による血管石灰化の相乗的促進機構の解明』.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」