九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
永田 麻梨子(ながた まりこ) データ更新日:2019.08.07

助教 /  薬学研究院 臨床薬学部門 分子生物薬学


大学院(学府)担当

薬学府 臨床薬学専攻 生命薬学講座

学部担当



電子メール
ホームページ
http://bunsei.phar.kyushu-u.ac.jp/
分子生物薬学分野 紹介のホームページ
項目:担当教員紹介、教室員紹介、研究概要、博士学位取得者と研究題目、卒業生の進路、研究業績
また、本分野における主要トピックスをトップページで紹介している。 .
電話番号
092-642-6644
FAX番号
092-642-6646
就職実績-他大学
就職実績有, 2016年4月ー2019年3月 日本学術振興会 特別研究員
取得学位
博士(農学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
分子生物学
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
0000-0003-2149-5164
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
あらゆる細胞性生物にとって、染色体複製は遺伝情報の継承のために必須である。染色体複製は、複製起点と呼ばれるDNA領域において、二重鎖DNAを部分的に一本鎖化(開裂)して2つの一本鎖にすることで開始する。この開始反応のために、複製起点には多数のタンパク質が結合し、複製開始複合体を形成する。
染色体複製において、開始複合体による複製ヘリカーゼの定方向性導入という現象は生物共通だと考えられるが、複製起点への複製ヘリカーゼ装着の分子機構は未だほとんど理解されていない。そこで、複製開始複合体により生じた一本鎖DNAへ大腸菌の複製ヘリカーゼDnaBがどのように装着されるのか明らかにするために、試験管内再構成系を用いた生化学的・分子生物学的解析を進めることで、一本鎖DNA、DnaAおよびDnaBの動的分子機構を解明し、両方向への複製機構を起こす高次複合体動態の理解を目指している。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」