九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
ADE IRMA SURIAJAYA(あで いるま すりあじやや) データ更新日:2020.02.01



主な研究テーマ
ゼータ関数とL関数およびそれらの導関数の零点と値の分布
キーワード:ゼータ関数、L関数、導関数、零点、値分布
2013.06.
従事しているプロジェクト研究
リーマンゼータ関数およびその導関数の零点と離散的な値の分布
2018.04~2021.03, 代表者:スリアジャヤ アデイルマ, 九州大学, 九州大学(日本)、理化学研究所(日本)
私の主な課題の一つである、リーマン予想の下での、リーマンゼータ関数の高階導関数の零点の個数評価の改善は得られた。現在得られた改良により、導関数に対して長い間示せなかった評価であり、95年前にリーマンゼータ関数自身に対して得られて以来一度改善できていない評価である。.
研究業績
主要原著論文
1. Hirotaka Akatsuka, Ade Irma Suriajaya, Zeros of the first derivative of Dirichlet L-functions, J. Number Theory, 184, 300-329, 2018.03.
2. Ade Irma Suriajaya, Two estimates on the distribution of zeros of the first derivative of Dirichlet L-functions under the generalized Riemann hypothesis, J. Théor. Nombres Bordeaux, 29, 2, 471-502, 2017.05.
3. Junghun Lee, Ade Irma Suriajaya, An ergodic value distribution of certain meromorphic functions, J. Math. Anal. Appl., 445, 1, 125-138, 2017.01.
4. Ade Irma Suriajaya, On the zeros of the k-th derivative of the Riemann zeta function under the Riemann hypothesis, Funct. Approx. Comment. Math, 53, 1, 69-95, 2015.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本数学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.21~2019.03.27, Value Distribution of Zeta and L-functions and Related Topics, 実行委員会委員長.
受賞
名古屋大学学術奨励賞, 名古屋大学, 2015.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 若手研究, 代表, リーマンゼータ関数およびその導関数の零点と離散的な値の分布.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2015年度~2016年度, 特別研究員, 代表, リーマンゼータ関数とディリクレのL関数の零点.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, 理化学研究所 ライフイベントからの復帰支援または、優秀な女性研究者の支援のための資金, ゼータ関数とL関数の導関数の零点.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」