キーワードで探す
発表一覧
武 洲 (たけ ひろ)
准教授
歯学研究院
歯学部門
口腔常態制御学講座
データ更新日:2018.07.04
学会発表等
1. 武 洲, Mechanism of Cathepsins involving Alzheimer’s disease: Linking systemic inflammation & neuroinflammation, 北理工大学教育セミナー, 2017.11.
2. 武 洲, 歯周病菌によるアルツハイマー様脳病態の発症と原因酵素としてのカテプシン群の役割 , 第58回歯科基礎医学会学術大会・学術シンポジウム, 2017.09.
3. 武 洲, 口腔健康の高齢社会への貢献 深圳歯科教育プログラム, 深圳歯科教育プログラム, 2018.06.
4. 武 洲, ミクログリアによる脳炎症を主軸とする歯周病のアルツハイマー病増悪メカニズムの解明, 第90回日本薬理学会年会・年会企画シンポジウム, 2017.03.
5. Wu Z, Cathepsin B, novel therapeutic target for microglia-mediated neuroinflammation, special seminar in University of Southampton, 2017.02.
6. 武 洲, 歯周病菌感染による脳内アルツハイマー様病態の誘発メカニズム, 第58回歯科基礎医学会学術大会・サテライトシンポジウム, 2016.08.
7. 武 洲, 林 良憲, 中西 博, 髙山扶美子, ATPならびにPorphyromonas gingivalis (PG)局注注入により惹起されるミクログリア突起の集積とその日内変化に関する生体イメージング解析, 第57回歯科基礎医学会, 2015.09.
8. 武 洲, NI JUNJUN, 中西 博, 歯周病とアルツハイマー病(AD)(2):Porphyromonas gingivalis由来LPSの慢性的末梢投与によって誘発されるAD様フェノタイプにおけるカテプシンBの役割, 第57回歯科基礎医学会, 2015.09.
9. Yicong Liu, 武 洲, 中西 博, 歯周病とアルツハイマー病(AD)(1): Porphyromonas gingivalis由来LPSによるマクロファージ活性化と脳髄膜を介した末梢炎症シグナルの脳内伝播とミクログリア活性化, 第57回歯科基礎医学会, 2015.09.
10. Hiro Take, Ryo Okada, NI JUNJUN, Hiroshi Nakanishi, Involvement of brain pericyte damage in neuropathological
changes associated with lysosomal storage, International Conference on Neurology & Therapeutics, 2015.07.
11. Hiro Take, Oral health and healthy life expectancy, The 1st International Symposium for Women Researchers on Advanced Science and Technology conjugated with Seminar for Young Researchers, 2016.07.
12. Hiro Take, Oral health, Nutrition and healthy life expectancy, 9th CASPN , 2015.05.
13. Hiro Take, The Profound Impact of Oral health on Aging Societ, 吉林大学歯学部創立30周年 学術大会, 2015.05.
14. 武 洲, 中西 博, 歯周病によるアルツハイマー様病態の促進メカニズム, 第87回日本薬理年会, 2015.03.
15. 武 洲, 中西 博, 歯周病菌による脳髄膜を介したミクログリアの活性化, 第56回歯科基礎医学会学術大会、, 2014.09.
16. 武 洲, Hiroshi Nakanishi, The possible link between periodontitis and Alzheimer’s Disease, 中国薬理学会・老年医学会・認知機能障害と関連疾患シンポジウム, 2014.08.
17. Hiro Take, Porphyromonas gingivalis LPS induces microglial activation and A beta accumulation in the brain DepartmentCathepsin B-dependent novel IL-1beta production pathway in microglia,, Kudai Oral Bioscience 2014, 2014.03.
18. Hiro Take, Porphyromonas gingivalis LPS induces microglial activation and A beta accumulation in the brain DepartmentCathepsin B-dependent novel IL-1beta production pathway in microglia,, Kudai Oral Bioscience 2014, 2014.03.
19. 武 洲, 中西 博, クロモグラニンAによるミクログリアにおけるカテプシンB依存した新規IL-1beta 産生経路の解明 , 第55回歯科基礎医学学術大会,, 2013.09.
20. Hiro Take, Hiroshi Nakanishi, Potential roles of chromogranin A in cathepsin B-dependent IL-1bata production by microglia in Alzheimer’s disease,, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
21. Hiro Take, Hiroshi Nakanishi, Potential roles of chromogranin A in cathepsin B-dependent IL-1bata production by microglia in Alzheimer’s disease,, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
22. Hiro Take, Hiroshi Nakanishi, Potential roles of chromogranin A in cathepsin B-dependent IL-1bata production by microglia in Alzheimer’s disease,, 第86回日本薬理学会年会, 2013.03.
23. Hiro Take, Gatekeeper of chronic inflammation: Cathepsin B-dependent Novel IL-1beta Production Pathway, School of Stomalogy, Jilin University, Changchun, China,, 2013.03.
24. Hiro Take, Gatekeeper of chronic inflammation: Cathepsin B-dependent Novel IL-1beta Production Pathway, School of Stomalogy, Jilin University, Changchun, China,, 2013.03.
25. Hiro Take, Hiroshi Nakanishi, Cathepsin B-dependent Novel IL-1β Production Pathway in Microglia, Kyudai Oral Bioscience 2013, 2012.03.
26. 武 洲, 中西 博, 林 良憲, ミクログリアの産生するカテプシンBの炎症性慢性疼痛における役割, 第85回日本薬理学会年会, 2012.03.
27. 武 洲, 中西 博, 林 良憲, ミクログリアの産生するカテプシンBの炎症性慢性疼痛における役割, 第85回日本薬理学会年会, 2012.03.
28. 武 洲, 中西 博, 林 良憲, ミクログリアの産生するカテプシンBの炎症性慢性疼痛における役割, 第85回日本薬理学会年会, 2012.03.
29. 武 洲, 中西 博, 林 良憲, ミクログリアの産生するカテプシンBの炎症性慢性疼痛における役割, 第85回日本薬理学会年会, 2012.03.
30. 武 洲, 中西 博, 林 良憲, ミクログリアの産生するカテプシンBの炎症性慢性疼痛における役割, 第85回日本薬理学会年会, 2012.03.
31. 武 洲、劉 霞、中西 博、, 末梢炎症によるミクログリア活性化と脳老化の促進, 第14回グリア研究会, 2011.11.
32. 武 洲、馬 紅梅、久木田敏夫、中西 博, ホスファチジルセリンリポソームによる炎症性骨破壊抑制メカニズムの解析,  第52回 歯科基礎医学会・学術大会・総会 , 2011.09.
33. Wu Z, Nakanishi H., Microglial cathepsin B: A strategic target for neuroprotective agents., BIT’s Inaugural Symposium on Enzyme & Biocatalysis-2010, 2011.07.
34. 武 洲、劉 霞、中西 博, 中年ルイスラットにおけるアジュバント関節炎に伴うミクログリア活性化と海馬長期増強の障害, 第63回日本薬理学会西南部会, 2010.11.
35. Wu Z, Liu X, Nakanishi H. , Reverse of the rheumatoid arthritis-induced acceleration of brain aging in the middle age by minocycline. , The 1st International Congress on Controversies in Longevity, Health and Aging. , 2010.06.
36. 武 洲、 徳田 幸恵、張 馨文、中西 博 ,  末梢炎症により誘発される髄膜を介したグリア反応の老化に伴う変容, 第82回日本薬理学会年会, 2009.03.
37. Wu Z, Nakanishi H. , Age-dependent differentiatial regulation of tight junction proteins in the leptomeninges by glial cells during systemic inflammation. , Neuroscience 2008, 2008.11.
38. 武 洲、馬 紅梅、中西 博, 破骨前駆細胞の貪食機能に着目した新たな骨破壊抑制法, 歯科基礎医学会, 2008.09.
39. Zhou Wu, Yukie Tokuda, Xin-Wen Zhang, and Hiroshi Nakanishi, Age-dependent differential modulation of the barrier function of the leptomeninges in the cerebral cortex by activated glial cells during the systemic inflammation, XXVI CINP CONGRESS, 2008.07.
40. Zhou Wu and Hiroshi Nakanishi, Age-Dependent Differential Activation Profiles of Glial Cells By the Leptomeninges During Systemic Inflammation

, 2007.09.
41. Y.Hayashi, J.Yamada, Z.Wu, M.Sawada and H.Nakanishi, Intra-arterial injected microglia engraft in the brain to rescue neuronal damage , The 2nd symposium on " Dental and Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration", 2007.03.
42. 新道 まゆみ、 武 洲、 馬 紅梅、 中西 博, 病者行動の加齢に伴う増悪におけるグリア炎症反応の関与, 第二回「口腔健康科学」シンポジウム, 2007.02.
43. 武 洲、中西 博, 髄膜細胞から産生分泌されるPGE2を介したニューロン・グリア細胞におけるTGFb1の発現, 第59回日本薬理学会西南部会, 2006.11.
44. 武 洲、中西 博, 髄膜細胞によるPGE2を介したニューロン・グリア細胞におけるTGFb1の発現制御, グリア研究会, 2006.11.
45. 武 洲、中西 博, 脳髄膜細胞の産生分泌する液性因子によるグリア細胞の活性化, 第58回日本薬理学会西南部会, 2005.11.
46. 武 洲、中西 博, 末梢炎症の際グリア細胞活性に軟膜細胞の関与, 第10回グリア研究会, 2005.09.
47. 武 洲、飯島忠彦, アジュバント関節炎に対する防已黄耆湯(TJ-20)の効果:滑膜における炎症性サイトカインおよび抗炎症性サイトカインの発現, 第17回日本疼痛漢方研究会, 2004.07.
48. 武 洲、永田 健吾、久木田 敏夫、飯島 忠彦, アジュバント関節炎ラット距腿関節滑膜中のヘルパーT細胞(Th1、Th2)の消長と坐骨神経, 第四回西日本骨・関節関連疾患懇話会, 2004.07.
49. 藤 加寿子、久木田 敏夫、久木田 明子、武 洲、野見山 尚之、飯島忠彦, アジュバント関節炎ラットにおける骨発壊機構: CCケモカインMIP-αによる破骨細胞プロジェ二ターの骨破壊部への遊走と、破骨細胞様多核巨細胞塊におけるRANKLの発現, 第三回西日本骨・関節関連疾患懇話会, 2003.07.
50. 武 洲、永田 健吾、飯島 忠彦, ジュバント関節炎ラットにおける骨棘の形成と知覚神経, 2002.07.
51. 武 洲、飯島忠彦, ットアジュバント関節炎に対する防已黄耆湯(TJ-20)の効果, 第16回日本疼痛漢方研究会, 2003.07.
52. 武 洲、永田 健吾、飯島 忠彦, アジュバント関節炎ラット距腿関節滑膜における神経成長因子産生細胞について, 第一回西日本骨・関節関連疾患懇話会, 2001.07.
53. 武 洲、永田 健吾、飯島 忠彦, アジュバント関節炎ラット距腿関節滑膜における神経成長因子及びレセプターの発現, 第42回歯科基礎医学会, 2000.09.
54. 武 洲、永田 健吾、飯島 忠彦, アジュバント関節炎ラットにおける骨棘の形成と知覚神経, 第55回解剖学会九州支部会, 1999.10.
本データベースの内容を無断転載することを禁止します。