九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
大津 幸男(おおつ ゆきお) データ更新日:2021.06.02

准教授 /  数理学研究院 数学部門


主な研究テーマ
微分幾何学
キーワード:アレクサンドロフ空間,ラプラシアン,統計力学
1998.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要学会発表等
1. 大津 幸男, Space-time approach to deformation of random nets, 九大幾何セミナー, 2015.03.
2. 大津幸男, トーラスのモジュライと崩壊---再考, 東海大学・幾何セミナー  -- 田中實先生還暦祝い--, 2009.09.
3. 大津幸男, Statistical mechanics of Bose ideal gas on Riemannian manifolds, 確率論と幾何学, 2008.09.
4. 大津幸男, 1 粒子理想気体の統計力学と距離空間の変形, Kunitachi One-Day Symposium on Differential Geometry, 2008.07.
5. 大津幸男, Statistical mechanics of 1 particle ideal gas and deformation of Alexandrov spaces, Probabilistic Approach to Geometry, 2008.08.
6. 大津幸男, ランダムネットによる1粒子理想気体の統計力学とその変形, Geometry and something, 2008.01.
7. 大津幸男, ランダムネットの統計力学と変形について, 確率論と幾何学, 2007.10.
8. 大津幸男, ランダムネットのランダムウォークと調和振動子の統計力学について, 熊本幾何セミナー, 2007.06.
9. 大津幸男, ランダムネットの調和振動子の統計力学について, 大阪市立大学微分幾何セミナー, 2007.02.
10. 大津幸男 , リーマン多様体のランダムネットの統計力学, 福大セミナー, 2006.11.
11. 大津幸男, リーマン幾何学における統計力学の方法, 城崎スクール「幾何学の広がり」, 2006.03.
学会活動
所属学会名
日本数学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2012.09.18~2012.10.21, 日本数学会 2012年秋期総合分科会, 実行委員.
2012.09.17~2012.09.17, KSJ-KMS Joint meeting 2012, 実行委員.
2012.08.27~2012.08.29, 第59回幾何学シンポジューム, 実行委員.
2012.02.20~2012.02.22, 第6回 福岡・札幌幾何学セミナー, 現地世話人.
2011.12.07~2011.12.09, 第10回環太平洋幾何学会議 2011 大阪-福岡 PartII , 実行委員.
2005.01, Riemannian Geometry and Geometric Analysis, 主催.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2010年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 量子統計力学による距離空間のモジュライの構成、その特異性と偏極.
2014年度~2016年度, 萌芽研究, 代表, 量子統計力学による距離空間のモジュライの構成,その特異性と偏極.
2007年度~2009年度, 萌芽研究, 代表, 距離空間の幾何学における量子統計力学の方法.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」