九州大学 研究者情報
著書一覧
松山 倫也(まつやま みちや) データ更新日:2020.06.13

教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物科学


著書
1. 松山倫也, 大賀浩史, 魚の性格を変える 九州大学による“おとなしいマサバ開発”, 緑書房, 2019.12.
2. Michiya Matsuyama, Egg Production, 109 pp. In “HANDBOOK OF APPLIED FISHERIES REPRODUCTIVE BIOLOGY FOR STOCK ASSESSMENT AND MANAGEMENT” (R. Domínguez-Petit, H. Murua, F. Saborido-Rey and E. Trippel, ed), 2014.12.
3. Sethu Selvaraj, Hajime Kitano, Masafumi Amano, Michiya Matsuyama, Dynamics of Three GnRH Forms in the Multiple Spawning Perciform Fish, Chub Mackerel (Scomber japonicus) and Bambooleaf Wrasse (Pseudolabrus sieboldi). In “Gonadotropin-Releasing Hormone (GnRH): Production, Structure and Function” (Sills ES, ed), Nova Scienc Publishers, 29-54, 2013.10.
4. Michiya Matsuyama, Sethu Selvaraj, Mitsuo Nyuji, Hirofumi Ohga, Involvement of Brain-Pituitary-Gonadal Axis on Regulation of the Reproductive Cycle in Female Chub mackerel. In “Sexual Plasticity and Gametogenesis in Fishes” (Senthilkumaran B, ed), Nova Science Publishers, 251-274, 2013.08.
5. 松山 倫也, 飼育実験を用いた繁殖特性研究, 恒星社厚生閣, 水産学シリーズ175、35-49, 2013.02.
6. 栗田 豊, 河邊 玲, 松山 倫也, 漁業資源の繁殖特性研究 飼育実験とバイオロギングの活用, 恒星社厚生閣, 水産学シリーズ175, 2013.02.
7. M. Matsuyama, Follicular Steroidogenesis in Fish, Science Publishers (USA), In “Fish Reproduction” (Rocha MJ, Arukwe A, Kapoor BG, eds.), 171-199.
, 2007.12.
8. 香川浩彦・奥澤公一・玄浩一郎・松山倫也, 魚類の生殖内分泌系における作用機構, 恒星社厚生閣, 環境ホルモン-水産生物に対する影響実態と作用機構(有馬郷司,他5名編),124-142 (2006), 2006.04.
9. 松山倫也,太田耕平,山口明彦, ブリの生殖生理, 恒星社厚生閣, 水産学シリーズ148「ブリの資源培養と養殖業の展望」, 64-75, 2006.04.
10. 松山倫也・檜山義明・虫明敬一・濱田英嗣編, ブリの資源培養と養殖業の展望, 恒星社厚生閣, 水産学シリーズ148, pp. 134, 2006.04.
11. 松山倫也、太田耕平, 性ステロイドホルモン, 海洋出版, 月刊海洋、Vol. 32, 81-89, 2000.02.
12. 松山倫也・小林牧人・足立伸次, 魚類の配偶子形成機構 -水産における基礎と応用-, 海洋出版, 月刊海洋、Vol. 32, 65-68, 2000.02.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」