九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
北原 辰巳(きたはら たつみ) データ更新日:2024.02.18

准教授 /  工学研究院 機械工学部門 水素利用工学


大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名



電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.elsevierpure.com/ja/persons/tatsumi-kitahara
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
電話番号
092-802-3163
FAX番号
092-802-0001
取得学位
工学博士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
燃料電池システム,内燃機関,トライボロジー
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年11ヶ月
活動概要
燃料電池システムおよび内燃機関に関する研究・教育活動を実施している.
・固体高分子形燃料電池(PEFC)の性能向上のためのガス拡散層およびセパレータ流路構造に関する研究を実施している.
・舶用燃料電池の安全性と信頼性・耐久性の向上に関する研究を実施している.
・リチウムイオン二次電池の運転状態診断と性能向上に関する研究を実施している.
・内燃機関におけるピストン・ピストンリングの摩擦損失低減や耐スカッフィング性向上に関する研究を実施している.
・大形2ストローク機関に用いられるクロスヘッド軸受の潤滑特性と負荷能力向上に関する研究を実施している.
「ピストンリングの混合潤滑に関する研究」により日本マリンエンジニアリング学会・マンソン賞受賞
「高温下におけるシリンダ油の耐スカッフィング性向上に関する研究」により日本マリンエンジニアリング学会・論文賞受賞
「高温下における舶用シリンダ油の拡がり性と耐スカッフィング性に関する研究」により日本マリンエンジニアリング学会・論文賞受賞
「クロスヘッド軸受の焼付き発生防止のための異常振動検知に関する研究」により日本マリンエンジニアリング学会・論文賞受賞
「クロスヘッド軸受の油膜特性と負荷能力向上に関する研究」により日本マリンエンジニアリング学会・ロイドレジスターマンソン賞受賞
「クロスヘッド軸受の負荷能力向上に関する研究」により日本マリンエンジニアリング学会・技術賞受賞
「舶用燃料電池の信頼性向上のためのインピーダンス異常診断法に関する研究」により日本マリンエンジニアリング学会・論文賞受賞
「舶用燃料電池の信頼性向上のためのインピーダンス異常診断法に関する研究」により日本マリンエンジニアリング学会・ロイドレジスター電気電子工学賞受賞
・学会活動のCPD指導・貢献により,日本マリンエンジニアリング学会・功労賞受賞
・Journal of Power Sources (Outstanding reviewer)
・International Journal of Hydrogen Energy (Outstanding reviewer)
・Applied Energy (Outstanding reviewer)
・Renewable Energy (Outstanding reviewer)
・International Journal of Heat and Mass Transfer (Outstanding reviewer)
・Electrochimica Acta (Outstanding reviewer)
・日本マリンエンジニアリング学会理事(研究運営委員会 委員長)
・日本マリンエンジニアリング学会エネルギーシステム研究委員会 委員長
・水素燃料電池船の安全ガイドライン策定検討会(国土交通省)委員長
・燃料電池船技術評価FS事業検討会(環境省・国土交通省) 委員長
・国際海運GHGゼロエミッションプロジェクト(国土交通省) 委員
・NEDO(グリーンイノベーションプロジェクト)技術委員
・教育活動としては,燃料電池システム,船舶用エンジン工学,熱力学,学術英語の講義,並びに内燃機関の構造・性能に関連した設計製図を担当している.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。