九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
井上 元(いのうえ げん) データ更新日:2020.07.08

准教授 /  工学研究院 化学工学部門 生産システム工学講座


主な研究テーマ
電気化学反応を利用した新規プロセスの設計と最適化
キーワード:電気化学反応、プロセス設計、最適化
2015.04.
二次電池電極層内部の反応輸送現象の解明と構造設計
キーワード:二次電池, 全固体電池, 多孔質電極, 充放電, 数値シミュレーション、機械学習
2013.04.
数値解析技術による各種多孔質構造の特性評価
キーワード:数値解析、構造再構成、X線CT、細孔径分布、透過率、熱物質輸送、二相流、機械学習
2008.04.
実験および数値解析による固体高分子形燃料電池の材料設計および操作条件の最適化に関する研究
キーワード:燃料電池、PEFC、固体高分子形燃料電池、数値解析、輸送現象、水管理、機械学習
2001.04.
燃焼排ガスからのCO2除去システム
キーワード:火力発電所、CO2、地球温暖化、ハニカム吸着剤、TSA、物質移動係数、伝熱係数、シミュレーション、物質
2001.04.
複雑多孔質構造を考慮した高温集塵フィルタの最適化技術開発
キーワード:集塵フィルタ、多孔質構造、不均一構造、数値解析、最適設計
2009.04~2011.03.
排煙脱硫システムの高性能化研究
キーワード:火力発電所、SO2、CaCO3、CaSO4、物質移動係数、シミュレーション、物質収支、石灰石コウ法、酸性雨
2001.04~2011.03.
深海底からのメタンハイドレートの回収システムの開発
キーワード:メタンハイドレート、海底資源、エアリフト、シミュレーション、運動方程式、平衡線図、動特性
2001.04~2011.03.
従事しているプロジェクト研究
新学術領域研究(研究領域提案型)
2019.07~2024.03, 名古屋大学, 文部科学省
蓄電固体デバイスの創成に向けた界面イオンダイナミクスの科学
理論・計算・データ科学による蓄電固体界面イオンダイナミクスの機構解明.
未来社会創造事業
2019.10~2021.03, 東京大学, 科学技術振興機構
粉体成膜プロセス研究のハイスループット化のためのデータ駆動型プロセス・インフォマティクス.
戦略的創造研究推進事業/ALCA
2017.11~2020.03, 九州大学, 科学技術振興機構
アミン含有ゲルによる省エネルギー且つ低コストなCO2分離濃縮材料・プロセスの開発.
戦略的創造研究推進事業/さきがけNW/研究領域「エネルギー」
2017.12~2019.03, 代表者:井上元, 九州大学, 科学技術振興機構
モルフォロジー効果の極限解明と高効率電気化学反応界面の創成.
NEDO 先進・革新蓄電池材料評価技術開発(第2期)
2018.06~2023.03, 新エネルギー・産業技術総合開発機構
全固体LIBマクロ電極伝導モデル・ミクロ電極伝導モデルの開発.
戦略的固体高分子形燃料電池利用高度化 /普及拡大化基盤技術開発
2015.04~2020.03, 新エネルギー・産業技術総合開発機構
カソード高機能化に資する相界面設計 --新規触媒・新規担体を用いた触媒層構造の設計指針提案と高出力MEAの試作評価--.
科学技術試験研究委託事業/ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発/重点課題⑥ 革新的クリーンエネルギーシステムの実用化
2015.02~2020.03, 文部科学省
気液二層流および電極の超大規模解析による燃料電池設計プロセスの高度化(PEFC触媒層内の大規模数値計算).
SIP(戦略的イノベーション創造プログラム) 革新的設計生産技術
2014.10~2017.03, 内閣府・新エネルギー・産業技術総合開発機構 
フルイディック材料創製と3Dプリンティングによる構造化機能材料・デバイスの迅速開発 -- 3次元Li電池の開発--.
戦略的創造研究推進事業/さきがけ(個人型研究)/研究領域「エネルギー高効率利用と相界面」
2013.10~2017.03, 代表者:井上元, 京都大学, 科学技術振興機構
カーボン導電剤とバインダーの構造制御による電子物質輸送相界面の高効率化.
固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代燃料電池技術開発
2005.12~2010.03, 代表者:井上元, 九州大学, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(日本)
PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発.
固体高分子形燃料電池システム技術開発事業 固体高分子形燃料電池要素技術開発事業
2003.12~2005.03, 代表者:弦巻茂, 三菱重工業, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(日本)
MEA面内湿度分布シミュレーション技術の研究開発.
研究業績
主要著書
1. 井上元,他59名, 全固体電池の界面抵抗低減と作製プロセス、評価技術, 技術情報協会, p.404 第12節「数値シミュレーション技術を活用した電極構造設計とその評価」, 2020.03.
2. 井上元 他, 進化する燃料電池・二次電池 ―反応・構造・製造技術の基礎と未来社会を支える電池技術― (最近の化学工学67), 2019.02.
3. 井上元 他, 実装可能なエネルギー技術で築く未来
骨太のエネルギーロードマップ2
, 2010.10.
4. G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto and other authors, Progress in Fuel Cell Research, Nova Science Publishers , Multiscale Numerical Analysis of Heat and Mass Transfer in Polymer Electrolyte Fuel Cell, pp. 215-232, 2007.09.
5. 井上元 他95名, 多孔体の精密制御と機能・物性評価, サイエンス&テクノロジー, 燃料電池ガス拡散層におけるガスの拡散現象と水・熱の輸送挙動 P374-381, 2008.03.
6. 峯元雅樹、井上元 他27名, 最新 燃料電池部材 その最先端技術と信頼性評価, 技術情報協会, 燃料電池における性能解析とその信頼性評価 P224-234, 2003.11.
主要原著論文
1. Jubao Gao, Yida Liu, Yuki Terayama, Kota Katafuchi, Yu Hoshino, GenInoue, Polyamine nanogel particles spray-coated on carbon paper for efficient CO2 capture in a milli-channel reactor, Chemical Engineering Journal, https://doi.org/10.1016/j.cej.2020.126059, 401, 126059-1-126059-10, 2020.12.
2. Magnus So, Kayoung Park, Yoshifumi Tsuge and Gen Inoue, A Particle Based Ionomer Attachment Model for a Fuel Cell Catalyst Layer, Journal of The Electrochemical Society, http://dx.doi.org/10.1149/1945-7111/ab68d4, 167, 013544, 2020.01.
3. Kayoung Park, Tomohiro Ohnishi, Masaki Goto, Magnus So, SakaeTakenaka, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, Improvement of cell performance in catalyst layers with silica-coated Pt/carbon catalysts for polymer electrolyte fuel cells, International Journal of Hydrogen Energy, 10.1016/j.ijhydene.2019.11.097, 45, 3, 1867-1877, 2020.01.
4. Jubao Gao, Yu Hoshino, Gen Inoue, Honeycomb-carbon-fiber-supported amine-containing nanogel particles for CO2 capture using a rotating column TVSA, Chemical Engineering Journal, 10.1016/j.cej.2019.123123, 383, 123123, 2020.03.
5. Koichi Kobayashi, Takuya Mabuchi, Gen Inoue, Takashi Tokumasu, Nano/Microscale Simulation of Proton Transport in Catalyst Layer,  ECS Transactions, 10.1149/09208.0515ecst, 92, 8, 515-522, 2019.10.
6. Konosuke Watanabe, Takuto Araki, Gen Inoue, Ryota Mochizuki, Takuya Tsujiguchi, The Effect of CO2 Bubble Distribution on Power Generation Performance of a Direct Formic Acid Fuel Cell,  ECS Transactions, 10.1149/09208.0335ecst, 92, 8, 335-340, 2019.10.
7. Magnus So, Kayoung Park, Tomohiro Ohnishi, Masumi Ono, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, A discrete particle packing model for the formation of a catalyst layer in polymer electrolyte fuel cells, International Journal of Hydrogen Energy, 10.1016/j.ijhydene.2019.10.005, 44, 60, 32170-32183, 2019.12.
8. Magnus So, Tomohiro Ohnishi, Kayoung Park, Masumi Ono, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, The effect of solvent and ionomer on agglomeration in fuel cell catalyst inks: Simulation by the Discrete Element Method, International Journal of Hydrogen Energy, 10.1016/j.ijhydene.2019.09.012, 44, 54, 28984-28995, 2019.11.
9. Jubao Gao, Yida Liu, Yu Hoshino, Gen Inoue, Amine-containing nanogel particles supported on porous carriers for enhanced carbon dioxide capture, Applied Energy, 10.1016/j.apenergy.2019.113567, 253, 113567, 2019.11.
10. Gen Inoue, Tomohiro Ohnishi, Magnus So, Kayoung Park, Masumi Ono, Yoshifumi Tsuge, Simulation of carbon black aggregate and evaluation of ionomer structure on carbon in catalyst layer of polymer electrolyte fuel cell, Journal of Power Sources, 10.1016/j.jpowsour.2019.227060, 439, 227060, 2019.11.
11. Peter Awad, Naoki Kimura, Gen Inoue, Yoshifumi Tsuge, Energetic Minimization of Liquefied Natural Gas Single Nitrogen Expander Process Using Real Coded Genetic Algorithm, JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN, doi.org/10.1252/jcej.18we005, 52, 1, 130-137, 2019.01.
12. Koichi Kobayashi, Takuya Mabuchi, Gen Inoue and Takashi Tokumasu, Molecular Dynamics Study of the Thickness Dependence of Structure and Mass Transport in Ionomer Thin Film, ECS Transaction, doi: 10.1149/08613.0469ecst, 86, 13, 469-474, 2018.10.
13. Tomohiro Ohnishi, Magnus So, Sakae Takenaka, Yoshifumi Tsuge and Gen Inoue, Performance of Carbon-Supported Pt Nanoparticles Covered by Silica Layers with Low Ionomer in Polymer Electrolyte Fuel Cells, ECS Transaction, doi: 10.1149/08613.0453ecst, 86, 13, 453-460, 2018.10.
14. H.ISHIKAWA, Y.SUGAWARA, G.INOUE, M.KAWASE, Effects of Pt and ionomer ratios on the structure of catalyst layer: A theoretical model for polymer electrolyte fuel cells, Journal of Power Sources, 374, 196-204, 2018.01.
15. G. INOUE, K.IKESHITA, M.IWABU, Y.SAGAE, M. KAWASE, Simulation of Lithium-Ion Battery with Effect of Volume Expansion of Active Materials, ECS Transaction, 80, 10, 275-282, 2017.10.
16. K. LIN, G. INOUE, M. KAWASE, Simulation of Optimization and Utilization for LiB with Multi-Element Network, ECS Transaction, 80, 10, 251-258, 2017.10.
17. T. Terao, G. Inoue, M. Kawase, N. Kubo, M. Yamaguchi, K. Yokoyama, T. Tokunaga, K. Shinohara, Y. Hara, T. Hara, Development of novel three-dimensional reconstruction method for porous media for polymer electrolyte fuel cells using focused ion beam-scanning electron microscope tomography, Journal of Power Sources, 347, 15, 108-113, 2017.04.
18. M. Kawase, K. Sato, R. Mitsui, H. Asonuma, M. Kageyama, K. Yamaguchi, G. Inoue, Electrochemical reaction engineering of polymer electrolyte fuel cell, AIChE Journal, 63, 1, 249-256, 2017.01.
19. G. Inoue, M. Kawase, Numerical and Experimental Evaluation of Relationship between Porous Electrode Structure and Ion and Electron Conductivity in Lithium-ion Battery, Journal of Power Sources, 342, 476-488, 2017.01.
20. K.Ikeshita, G. Inoue, M.Kawase, Electrode Designs of Lithium Ion Batteries Utilizing the Simulation of Porous Structures, ECS Transaction, 75, 20, 165-172, 2017.01.
21. M.Kawase, K.Yamaguchi, M.Kageyama, K.Sato, G. Inoue, Dimensionless Model Analysis of PEFC Cathode, ECS Transaction, 75, 14, 147-156, 2016.09.
22. R. Kotoi, G. Inoue, M.Kawase, Reaction and Mass Transport Simulation of Polymer Electrolyte Fuel Cell for the Analysis of the Key Factors Affecting the Output Performance in the Catalyst Layer, ECS Transaction, 75, 14, 385-392, 2016.09.
23. G. Inoue, M. Kawase, Understanding Formation Mechanism of Heterogeneous Porous Structure of Catalyst Layer in Polymer Electrolyte Fuel Cell, International Journal of Hydrogen Energy, 41, 46, 21352-21365, 2016.12.
24. G. Inoue, K. Yokoyama, J. Ooyama, T. Terao, T. Tokunaga, N. Kubo, M. Kawase, Theoretical examination of effective oxygen diffusion coefficient and electrical conductivity of polymer electrolyte fuel cell porous components, Journal of Power Sources, 327, 610-621, 2016.09.
25. G. Inoue, M. Kawase, Effect of porous structure of catalyst layer on effective oxygen diffusion coefficient in polymer electrolyte fuel cell, Journal of Power Sources, 327, 1-10, 2016.09.
26. F.Ito, G. Inoue, M.Kawase, Reaction and Mass Transport Simulation of 3-Dimensional All-Solid-State Lithium-Ion Batteries for the Optimum Structural Design, ECS Trans., 69, 1, 83-90, 2015.10.
27. T. Sasabe, G. Inoue, S. Tsushima, S. Hirai, T. Tokumasu, U. Pasaogullari, Investigation on Effect of PTFE Treatment on GDL Micro-structure by High-resolution X-ray CT, ECS Trans., 50, 2, 735-744, 2013.03.
28. G. Inoue, N. Ishibe, Y. Matsukuma, M. Minemoto, Understanding Mechanism of PTFE Distribution in Fibrous Porous Media, ECS Trans., 50, 2, 461-468, 2013.03.
29. Y.Hoshino, K.Imamura, M.Yue, G. Inoue, Y. Miura, Reversible Absorption of CO2 Triggered by Phase Transition of Amine-Containing Micro and Nanogel Particles, JACS, 134, 44, 18177-18180, 2012.11.
30. 松隈 洋介, 三輪 真裕, 弘中 秀至, 井上 元, 峯元 雅樹, ガスリフト法の回収管下端周辺のハイドレート粒子の数値解析, 化学工学論文集, 36, 2, 149-156, 2010.03.
31. 松隈 洋介, 古賀 優一, 井上 元, 峯元 雅樹, 固体高分子形燃料電池の拡散層からガス流路へ湧出する微小液滴の挙動解析, 混相流, 23, 5, 515-521, 2010.03.
32. 井上 元, 松隈 洋介, 峯元 雅樹, ポアネットワークモデルによるGDL内液滴挙動解析, 機械学会論文集B編, 76, 763, 415-417, 2010.03.
33. 松隈 洋介, 古賀 優一, 井上 元, 峯元 雅樹, PEFC流路上への湧出液滴の挙動解析, 機械学会論文集B編, 76, 763, 420-422, 2010.03.
34. 松隈 洋介・壇上貴志・久保丈志・井上元・峯元雅樹, ハニカム充填層のガス流速均一化のための多孔板形状の自動設計方法に関する研究, 化学工学論文集, 35, 6, 582-588, 2009.11.
35. 松隈 洋介・井上敬文・伊集院幸久・井上元・峯元雅樹, 格子ボルツマン法を用いたハニカム充填層の流速均一化に関する研究, 化学工学論文集, 35, 6, 573-581, Uniformization of Flow through a Honeycomb Structure by the Lattice Boltzmann Method
, 2009.11.
36. Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA and Masaki MINEMOTO, Evaluation of Gas Diffusion Performance in Wet GDL with 3D Pore Network Model, ECS Transactions , Vol.25 (1), pp.1519-1527, 2009.10.
37. 伊藤栄基、弦巻茂、森賀卓也、山田昭彦、野島 繁、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池の劣化防止に関する研究
, 化学工学論文集, 35, 3, 304-311, 2009.05, [URL].
38. 伊藤栄基、弦巻茂、森賀卓也、山田昭彦、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池の劣化機構に関する研究 , 化学工学論文集, 第35巻 1号 pp. 184-190
, 2009.01, [URL].
39. Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA and Masaki MINEMOTO, Numerical Analysis of Liquid and Heat Transfer in Heterogeneous GDL, ECS Transactions , Vol.16 (2), pp.769-777, 2008.10.
40. Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA and Masaki MINEMOTO, Evaluation of Liquid and Mass Transfer in GDL by Direct Network Simulation, ECS Transactions , Vol.16 (2), pp.1661-1671, 2008.10.
41. Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA and Masaki MINEMOTO, Numerical Analysis of Heat and Mass Transfer in Gas Diffusion Layer with Heterogeneous Structure, Proc. Fuel Cell Seminar 2008, CD-ROM, 2008.10.
42. Gen Inoue, Takashi Yoshimoto, Yosuke Matsukuma, Masaki Minemoto, Development of Simulated Gas Diffusion Layer of Polymer Electrolyte Fuel Cells and Evaluation of its Structure, Journal of Power Sources, 175, pp.145-158, 2008.01.
43. G. Inoue, Y. Matsukuma and M. Minemoto, Numerical Analysis of Two-phase Transport in GDL of Polymer Electrolyte Fuel Cell, Proceeding of the Second European Fuel Cell Technology and Applications Conference, pp.41-42, 2007.12.
44. Ryokichi Hamaguchi, Yuki Nishimura, Gen Inoue, Yosuke Matsukuma, and Masaki Minemoto, Gas Hydrate Decomposition Rate in Flowing Water, Journal of Energy Resources Technology, Volume 129, Issue 2, pp. 102-106, 2007.06, [URL].
45. G. Inoue, T. Yoshimoto, T. Kawano, Y. Matsukuma and M. Minemoto, Effect of Two-phase Flow Condition in Gas Channel and GDL on Cell Performance of Polymer Electrolyte Fuel Cell, ECS Transactions, 5, (1) 261, 2007.03.
46. T. Yoshimoto, Y. Matsukuma, G. Inoue,M. Minemoto, Numerical simulation of two – phase flow through gas diffusion layer of PEFC, Proceedings of 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2006.11.
47. H. Itoh, S. Tsurumaki, T. Moriga, A. Yamada, S. Nojima, Y. Matsukuma, G. Inoue, M. Minemoto, Improvement of Polymer Electrolyte Fuel Cell (PEFC) performance by numerical analysis, Proceedings of 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2006.11.
48. G. Inoue, T.Yoshimoto, T. Kawano, Y. Matsukuma, M. Minemoto, Effect of two-phase flow condition in cathode gas channel and GDL on cell performance of polymer electrolyte fuel cell, Fuel Cell Seminar 2006, 2006.11.
49. Gen INOUE, Takashi YOSHIMOTO, Yosuke MATSUKUMA, Masaki MINEMOTO, Hideki ITOH, Shigeru TSURUMAKI, Numerical Analysis of Relative Humidity Distribution in Polymer Electrolyte Fuel Cell Stack Including Cooling Water, Journal of Power Sources, 162 (1), pp. 81-93 , 2006.11.
50. Gen INOUE, Takashi YOSHIMOTO, Yosuke MATSUKUMA, Masaki MINEMOTO, Hideki ITOH, Shigeru TSURUMAKI, Effect of Flow Pattern of Gas and Cooling Water on Relative Humidity Distribution in Polymer Electrolyte Fuel Cell, Journal of Power Sources, 162 (1), pp. 94-104 , 2006.11.
51. T. Yoshimoto, G. Inoue, Y. Matsukuma, M. Minemoto, Mass Transfer Analysis of Two-Phase Flow in PEFC Diffusion Layer, International Conference on RENEWABLE ENERGY 2006, P-H-23, 2006.10.
52. G. Inoue, S. Morihiro, T. Yoshimoto, Y. Matsukuma, M. Minemoto, The Effect of Two-Phase Flow Condition in Cathode Gas Channel on Cell Performance of Polymer Electrolyte Fuel Cell: Experiments and Numerical Simulation Studies, International Conference on RENEWABLE ENERGY 2006, P-H-21, 2006.10.
53. Takashi YOSHIMOTO, Yosuke MATSUKUMA, Gen INOUE, Masaki MINEMOTO, Mass Transfer Analysis in PEFC Diffusion Layler by Lattice Gas Automata Method, JSME International Journal, Series B, Vol.49, No.3, pp.653-659, 2006.08.
54. Y. Matsukuma, I. Kawasaki, G. Inoue and M. Minemoto, Numerical Simulation of Droplets on Solid Wall by Lattice Boltzmann Method, The 15th Discrete Simulation of Fluid Dynamics (DSFD 2006) conference, 2006.08.
55. Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA, Masaki MINEMOTO, Examination of Optimal Separator Shape of Polymer Electrolyte Fuel Cell with Numerical Analysis Including the Effect of Gas Flow through Gas Diffusion Layer, Journal of Power Sources, 157, p.153-165, 2006.06.
56. Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA, Masaki MINEMOTO, Effect of gas channel depth on current density distribution of polymer electrolyte fuel cell by numerical analysis including gas flow through gas diffusion layer, Journal of Power Sources, 157, p.136-152, 2006.06.
57. Takashi YOSHIMOTO, Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA, Masaki MINEMOTO, Microscopic Analysis of Polymer Electrolyte Fuel Cell by Lattice Gas Automata, Journal of Chemical Engineering of Japan, Vol.39, 5, pp.537-544, 2006.05.
58. Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA, Masaki MINEMOTO, Evaluation of the Optimal Separator Shape with Reaction and Flow Analysis of Polymer Electrolyte Fuel Cell, Journal of Power Sources, 154, p.18-34, 2006.03.
59. Gen INOUE, Yosuke MATSUKUMA, Masaki MINEMOTO, Evaluation of the Thickness of Membrane and Gas Diffusion Layer with Simplified Two-Dimensional Reaction and Flow Analysis of Polymer Electrolyte Fuel Cell, Journal of Power Sources, 154, p.8-17, 2006.03.
60. 吉元貴志、松隈洋介、井上元、峯元雅樹, 格子ガス法を用いたPEFC拡散層内の物質移動の解析, 日本機械学会論文集B編, 第71巻711号 pp.2642-2648, 2005.11.
61. T.Yoshimoto, G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Microscopic Analysis of Polymer Electrolyte Fuel Cell by Lattice Gas Automata, Proceedings of the 10th APCCHE Congress, 2004.10.
62. G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Optimization of Operating Conditions of Polymer Electrolyte Fuel Cell by Numerical Analysis Method, Proceedings of the 10th APCCHE Congress, 2004.10.
63. G.Inoue,Y.Matsukuma,M.Minemoto, Evaluation of Effect of Operating and Shape Condition by Simplified Two-Dimensional PEFC Analysis Model, Proceedings of 2004 ECS ECSJ Joint International Meeting, 2004.10.
64. G.Inoue, K.Adachi, M.Matsukuma, M.Minemoto, Effect of Channel Shape in the Separator on Comprehensive Performance of Polymer Electrolyte Fuel Cell - Mathematical and Experimental Studies, Proceedings of the 15th World Hydrogen Energy Conference, 2004.06.
65. G.Inoue, Y.Shimomura, M.Matsukuma, M.Minemoto, Numerical Analysis of Current Density Distribution in PEFC and Optimization of Operation Condition, Proceedings of the 15th World Hydrogen Energy Conference, 2004.06.
66. G. Inoue, Y. Matsukuma, and M. Minemoto, Reaction and Flow Analysis for Polymer Electrolyte Fuel Cell, Proceeding of 2003 Fuel Cell Seminar, 2003.11.
67. 井上元、新山寛治、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC反応流動解析による最適セパレータ形状の検討, 化学工学論文集, 第29巻6号 pp.823-828, 2003.11.
68. 日岡英一、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 格子ガスオートマトン法を用いた装置内流動の均一化の試みと並列計算への適応性評価, 化学工学論文集, 第29巻3号 pp.421-426, 2003.05.
69. 井上元、下村洋生、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池における反応・流動解析, 化学工学論文集, 第29巻2号 pp.197-203, 2003.03.
70. 井上元、下村洋生、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池における出力特性のモデル化に関する研究, 化学工学論文集, 第29巻2号 pp.191-196, 2003.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 長藤圭介,井上元,荒木拓人,黒田義之,辻口拓也,長隆之, データ駆動型粉体プロセス・インフォマティクス, 機械の研究, p.511, 第72巻第7号, 2020.07.
2. 井上元, リチウムイオン電池の最新動向, 成型加工, p.192, 第32巻第6号, 2020.06.
3. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発/PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発 平成20年度~平成21年度 成果報告書, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 2010.04.
4. 井上 元, 「Proton Exchange Membrane Fuel Cells 9 報告」 燃料電池 vol.9 No.3, 燃料電池開発情報センター, 2010.01.
5. 井上 元, 「数値解析と直接観察によるPEFC拡散層内部の水挙動の解明」 特集 PEFCの特性予測・観察・評価、 燃料電池 vol.9 No.2, 燃料電池開発情報センター, 2009.10.
6. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発/PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発 平成20年度中間年報, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 2009.04.
7. 井上 元, 特集 化学工学年鑑2008 10 資源・エネルギー 10.3燃料電池, 化学工学会, 2008.10.
8. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発/PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発 平成19年度成果報告書, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 2008.05.
9. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発/PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発 平成17年度~平成18年度成果報告書, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 2007.05.
10. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代技術開発/PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発 平成17年度中間年報, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 2006.03.
11. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池システム技術開発事業 固体高分子形燃料電池要素技術開発事業 DSS対応型高耐久性MEAの研究開発 (MEA面内湿度分布シミュレーション技術の研究開発)平成16年度成果報告書, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 2005.03.
主要学会発表等
1. Ryusei Hirate, Hiroki Mashioka, Shinichiro Yano, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, Naoki Kimura, Effect of Heterogeneous Electrode Structure on All-Solid State Batteries, 2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2019.11.
2. Yuting Wei, Kayoung Park, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, Naoki Kimura, Investigation of oxygen diffusion resistance based on the difference of surface of catalyst layer in cathode for polymer electrolyte fuel cells, 2019 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2019.11.
3. Koichi Kobayashi, Takuya Mabuchi, Gen Inoue, Takashi Tokumasu, Nano/Microscale Simulation of Proton Transport in Catalyst Layer, 236th ECS Meeting, 2019.10.
4. Konosuke Watanabe, Takuto Araki, Gen Inoue, Ryota Mochizuki, Takuya Tsujiguchi, The Effect of CO2 Bubble Distribution on Power Generation Performance of a Direct Formic Acid Fuel Cell, 236th ECS Meeting, 2019.10.
5. Magnus So, Tomohiro Ohnishi, Kayoung Park, Masumi Ono, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, Simulation of a fuel cell catalyst layer using discrete element method, The Fifth International Symposium on Innovative Materials and Processes in Energy Systems, 2019.10.
6. Tomohiro Ohnishi, Masaki Goto, Sakae Takenaka, Kayoung Park, Magnus So, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, Numerical analysis of silica coating effect on Pt cathode catalyst in polymer electrolyte fuel cells, The Fifth International Symposium on Innovative Materials and Processes in Energy Systems, 2019.10.
7. Gen Inoue, Tomohiro Ohnishi, Masumi Ono, Kayoung Park, Magnus So, Yoshifumi Tsuge, Integrated simulation approach to understand the relationship between fabrication process and cell performance in polymer electrolyte fuel cells, The Fifth International Symposium on Innovative Materials and Processes in Energy Systems, 2019.10.
8. Hiroki Mashioka, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, Identifying parameters from discharging and relaxation curves of Lithium-ion batteries using porous electrode theory, The Fifth International Symposium on Innovative Materials and Processes in Energy Systems, 2019.10.
9. Gen INOUE, Hiroki MASHIOKA, Yoshifumi TSUGE, Evaluation of porous structure on dynamic behavior in Lithium-ion batteries by numerical simulation, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
10. Ryusei HIRATE, Hiroki MASHIOKA, Shinichiro YANO, Gen INOUE, Yoshifumi TSUGE, Simulation for all-solid state batteries with multi-element network model, 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 2019.09.
11. 井上元, リチウムイオン電池・燃料電池の数値解析とモデリング(化学工学的アプローチ), 電気化学会関東支部 第 55 回学際領域セミナー 電気化学デバイスの実用化に向けた学際的アプローチ, 2019.09.
12. Jubao Gao, Yu Hoshino, Gen Inoue, Enhanced CO2 capture by supported nanogel particles on porous carriers, IEAGHG 5th Post Combustion Capture Conference, 2019.09.
13. 井上元, 物質輸送, 最近の化学工学講習会67「進化する燃料電池・⼆次電池 -反応・構造・製造技術の基礎と未来社会を支える電池技術-」, 2019.02.
14. 井上元, 数値計算技術を⽤いた多孔電極構造の理解と最適化に関する取組み, NEPTIS-27, 2018.12.
15. Gen Inoue, Computer aided technology for porous electrode science
, JST international workshop, 2018.11.
16. 井上元, 電極材料開発と電池デバイス設計の橋渡しとしての各種シミュレーション技術, 第6回材料系ワークショップ〜大規模シミュレーションと機械学習の新展開〜, 2018.10.
17. Hiroki Mashioka, Gen Inoue and Yoshifumi Tsuge, Estimating and Identifying Parameters from Discharge Curves of Lithium-Ion Batteries, AiMES 2018 ECS and SMEQ Joint International Meeting (234th ECS meeting), 2018.10.
18. Koichi Kobayashi, Takuya Mabuchi, Gen Inoue, Takashi Tokumasu, Molecular dynamics study of the thickness dependence of structure and mass transport in ionomer thin film, AiMES 2018 ECS and SMEQ Joint International Meeting (234th ECS meeting), 2018.10.
19. Tomohiro Ohnishi, Magnus So, Sakae Takenaka, Yoshifumi Tsuge, Gen Inoue, Performance of carbon-supported pt nanoparticles covered by silica layers with low ionomer in polymer electrolyte fuel cells, AiMES 2018 ECS and SMEQ Joint International Meeting (234th ECS meeting), 2018.10.
20. Gen Inoue, Hiroki Mashioka and Yoshifumi Tsuge, Evaluation of Effect of Particle Size Distribution on Lithium-Ion Battery Performance By Multi-Element Network Model, AiMES 2018 ECS and SMEQ Joint International Meeting (234th ECS meeting), 2018.10.
21. Baber Javed, Michihisa Koyama and Gen Inoue, Three-Dimensional Model Based Simulation of the Solid State Batteries, AiMES 2018 ECS and SMEQ Joint International Meeting (234th ECS meeting), 2018.10.
22. 井上元, 電気化学システムにおける物質移動現象とその解析技術, 化学工学会第50回秋季大会, 2018.09.
23. 井上元, 燃料電池多孔質部材内のメゾスケール反応輸送シミュレーションとその応用, 高分子学会 水素・燃料電池材料研究会, 2018.06.
24. 井上元, リチウムイオン電池内部現象の理解に向けた数値解析技術とその展望, Spring-8 Seminar (第276回), 2018.06.
25. 大西 智弘、井上元、宗 Magnus、殊井亮太郎、河瀬元明, PEFCカソード触媒の反応物質輸送解析と担体による影響, 電気化学会第85回大会, 2018.03.
26. K.Lin, G.Inoue, M.Kawase, Simulation for Optimization and Utilization of LiB with Multi Element Network, 30th International Symposium on Chemical Engineering, 2017.12.
27. 井上元、林琨、河瀬元明, 多相ネットワークモデルを用いた合剤電極評価と構造設計への応用, 第58回電池討論会, 2017.11.
28. G.Inoue, K.Ikeshita, M.Iwabu, Y.Sagae, M.Kawase, Simulation of Lithium-Ion Battery with Effect of Volume Expansion of Active Material, 232nd ECS meeting, 2017.10.
29. K.Lin, G.Inoue, M.Kawase, Simulation of Optimization and Utilization for LiB with Multi Element Network, 232nd ECS meeting, 2017.10.
30. 井上元、池下和輝、河瀬元明, 体積変化を考慮したリチウムイオン電池内反応輸送解析, 化学工学会 第49回秋季大会, 2017.09.
31. 井上元, Effects of porous structure of electrode layer and its optimization, The 8th China-Japan Symposium on Chemical Engineering, 2017.10.
32. 井上元, Investigation of relationship between electrode structure and cell characteristic by numerical analysis and direct observation, JST International Workshop on Phase Interfaces for Highly Efficient Energy Utilization -For dramatic advancement of energy utilization efficiency-, 2017.10, 燃料電池や二次電池の複雑微細多孔質電極の数値構築や反応輸送解析技術、また実際の複雑多孔質電極を対象にした三次元数値構造化と輸送特性評価に関する研究に関して、JST International workshpにて招待講演を行った。.
33. 井上元, 電気化学分野における物質輸送現象とその技術動向, 化学工学会粒子流体プロセス部会,熱物質流体工学セミナー, 2017.09.
34. 林琨、井上元、河瀬元明, マルチネットワークモデルを用いたリチウムイオン電池放電シミュレーション, 化学工学会 第49回秋季大会, 2017.09.
35. 井上元, 多孔電極構造の理解と最適化に関する取組み, 電気化学会 第387回電池技術委員会講演会, 2017.09.
36. 井上元, 微細構造に着目した各種電池の高出力化に向けた取組み, 石油学会九州・沖縄支部 第37回支部講演会, 2017.04.
37. 井上元, How do nano/micro structure technologies contribute to connect material science with device development beyond the "black-box"? ~Challenges and future visions~, 化学工学会 第82年会, 2017.03.
38. 松岡 孝洋,井上 元,城ノ上 健太,松隈 洋介,峯元 雅樹, Carbon凝集構造を考慮したPEFC触媒層内の物質輸送評価, 化学工学会 第76年会, 2011.03.
39. G. Inoue, K. Jonoue, Y. Fan, Y. Matsukuma, M. Minemoto, Modeling Carbon Black Aggregate Structure and Ionomer Coat for Optimum Design of PEFC Catalyst Layer, 218th ECS (Electrochemical society) Meetings, 2010.10.
40. G. Inoue, W. Muraki, N.Ishibe, Y. Matsukuma, M. Minemoto, Simulation of Liquid Water Evaporation in GDL for PEMFC, 218th ECS (Electrochemical society) Meetings, 2010.10.
41. G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Effect of Internal and Interface Structure of GDL on Liquid Water and Oxygen Transport in PEFC, ASME 2010 Eighth International Fuel Cell Science, Engineering and Technology Conference (FuelCell 2010), 2010.06.
42. G.Inoue, Mass Transport Phenomena in PEFC and Porous Structure Design, 2010.05.
43. 井上 元, 村木 渉, 城ノ上 健太, 石部 直之, 松隈 洋介, 峯元 雅樹, 青木 敦, 田渕 雄一郎, GDLの液水滞留状態と酸素拡散性に及ぼす撥水処理の影響, 第47回日本伝熱シンポジウム, 2010.05.
44. 古賀 吏、井上 元、松隈 洋介、峯元 雅樹、藤岡 祐一、余語 克則, 二酸化炭素の吸着分離装置に温度・圧力が及ぼす影響の数値的検討, 化学工学会 第75年会, 2010.03.
45. 井上 元、城ノ上 健太、村木 渉、松隈 洋介、峯元 雅樹, PEFC多孔体内の液水挙動解析と含水時物質輸送性能の向上, 化学工学会 第75年会, 2010.03.
46. 范芸芃、上野裕樹、井上元、松隈 洋介、峯元 雅樹, Investigation of liquid water behavior in PEFC porous media, 化学工学会 第75年会, 2010.03.
47. 石部 直之、村木 渉、井上元、松隈 洋介、峯元 雅樹, PEFC拡散層内滞留水の過渡変化測定, 化学工学会 第75年会, 2010.03.
48. 安部 信也、井上 元、松隈 洋介、峯元 雅樹, 数値解析による集塵フィルタの粒子分離および流動特性の解明, 化学工学会 第75年会, 2010.03.
49. Gen Inoue, Yosuke Matsukuma, Masaki Minemoto, Liquid and Mass Transfer Simulation in PEFC Porous Media, 水素先端世界フォーラム2010, 2010.02.
50. K.Jonoue, G. Inoue, Y. Matsukuma, M. Minemoto, Evaluation of characteristics of micro porous layer in PEFC, The 22nd International Symposium on Chemical Engineering, 2009.12.
51. W.Muraki, G. Inoue, Y. Matsukuma, M. Minemoto, Investigation of liquid water in PEFC gas diffusion layers by direct visualization and numerical analysis, The 22nd International Symposium on Chemical Engineering, 2009.12.
52. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC物質輸送特性に及ぼす拡散層内部および界面構造の影響, 第50回電池討論会, 2009.11.
53. K.Jonoue, G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Evaluation of characteristics of micro porous layer in PEFC, The Third International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences: Advanced Materials, Processes and Systems toward CO2 Mitigation (NCRS G-COE Symposium/Workshop Series 2009), 2009.11.
54. W.Muraki, G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Measurement of dynamic behavior of liquid water in PEFC gas diffusion layers, The Third International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences: Advanced Materials, Processes and Systems toward CO2 Mitigation (NCRS G-COE Symposium/Workshop Series 2009), 2009.11.
55. 上野 裕樹、井上 元、松隈 洋介、峯元 雅樹, 可視化セルを用いたPEFC内液滴湧出挙動の測定, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.
56. 井上 元, 数値解析と直接観察による固体高分子形燃料電池内部の水挙動の解明, 第2回化学工学3支部合同北九州大会, 2009.10.
57. Gen Inoue, Yosuke Matsukuma, Masaki Minemoto, Evaluation of Gas Diffusion Performance in Wet GDL with 3D Pore Network Model, 216th ECS meeting, 2009.10.
58. 松隈洋介,古賀優一,井上 元,峯元雅樹, 格子ボルツマン法によるPEFC拡散層からガス流路へ湧出する微小液滴の挙動解析
, 第41回化学工学会秋季大会, 2009.09.
59. 松隈洋介,古賀優一,井上 元,峯元雅樹 , 固体高分子形燃料電池の拡散層からガス流路へ湧出する微小液滴の挙動解析
, 日本混相流学会年会講演会2009, 2009.08.
60. 城ノ上健太、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC拡散層界面の構造/性状に影響するMPLの特性評価, 第46回九州地区化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
61. 村木渉、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC拡散層内に滞留する液滴の動的挙動測定, 第46回九州地区化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
62. 井上 元,松隈洋介,峯元雅樹, ポアネットワークモデルによるGDL内液滴挙動解析, 第14回動力エネルギーシンポジウム, 2009.06, [URL].
63. 松隈洋介,古賀優一,井上 元,峯元雅樹, PEFC流路上への湧出液滴の挙動解析, 第14回動力エネルギーシンポジウム, 2009.06, [URL].
64. 城ノ上健太、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC拡散層界面の構造/性状に影響するMPLの特性評価, 化学工学会第74年会, 2009.03.
65. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 3次元ポアネットワーク解析によるGDL内液滴挙動解析, 化学工学会第74年会, 2009.03.
66. 村木渉、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC拡散層内に滞留する液滴の動的挙動測定, 化学工学会第74年会, 2009.03.
67. 前田 裕二、松隈 洋介、井上 元、峯元 雅樹, 石炭ガス化装置内の燃焼灰の挙動解析, 化学工学会第74年会, 2009.03.
68. 井上元, 多孔質材料内物質輸送解析へのポアネットワークモデルの適用可能性と課題, 多孔質材料物質輸送研究会 第1回ワークショップ, 2009.03.
69. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 数値解析と実測によるPEFC内液滴挙動の解明, 「水素先端世界フォーラム2009」 九州大学燃料電池ワークショップ, 2009.02.
70. Y.Ueno, G. Inoue, Y. Matsukuma, M. Mimemoto, Measurement of water droplets in Channel/GDL of polymer electrolyte fuel cell, 21th Symposium on Chemical Engineering Kyushu-Taejon Chungnam, 2008.12.
71. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC物質輸送特性に及ぼす拡散層構造の影響, 第49回電池討論会, 2008.11.
72. G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Numerical Analysis of Heat and Mass Transfer in Gas Diffusion Layer with Heterogeneous Structure, Fuel Cell Seminar 2008, 2008.10.
73. 井上元, 多孔質体の数値化技術と内部輸送解析, 北大HSSセミナー, 2008.10.
74. G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Evaluation of liquid and mass transfer in GDL by direct network simulation, ECS/JECS joint meeting 2008, 2008.10.
75. G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Numerical analysis of liquid and heat transfer in heterogeneous GDL, ECS/JECS joint meeting 2008, 2008.10.
76. 井上元,松隈洋介,峯元雅樹, PEFC内物質輸送特性に及ぼす拡散層内部/界面構造の影響, 第40回化学工学会秋季大会, 2008.09.
77. 井上元, 固体高分子形燃料電池内の輸送現象とその解析・測定技術, 熱物質流体工学セミナー 2008, 2008.09.
78. 吉元 貴志,松隈 洋介,井上 元,峯元 雅樹, 格子ボルツマン法によるPEFC最適拡散層の検討, 化学工学会第73年会, 2008.03.
79. 井上元, 森弘隼弐, 松隈 洋介, 峯元 雅樹, PEFC流路内液滴分布と電圧変動の同時測定, 化学工学会第73年会, 2008.03.
80. 井上元, 松隈 洋介, 峯元 雅樹, PEFC拡散層内のミクロ輸送シミュレーション, 化学工学会第73年会, 2008.03.
81. 高橋 慶,檀上 貴志,井上 元,松隈 洋介,峯元 雅樹, ハニカム充填材内の流動・温度分布均一化のための数値解析, 化学工学会 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会, 2008.03.
82. 井上 壮一郎,三輪 真裕,松隈 洋介,井上 元,峯元 雅樹, ガスリフト方式によるメタンハイドレート回収の基礎的実験, 化学工学会 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会, 2008.03.
83. 木下 将晃,西 信之,井上 元,松隈 洋介,峯元 雅樹, 石灰石膏法による湿式拝煙脱硫システムにおける石灰石の溶解速度の検討, 化学工学会 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会, 2008.03.
84. 上野 裕樹,井上 元,松隈 洋介,峯元 雅樹, 固体高分子形燃料電池の拡散層構造が発電特性に及ぼす影響, 化学工学会 第10回化学工学会学生発表会 大阪大会, 2008.03.
85. G. Inoue, Y. Matsukuma, M. Mimemoto, Numerical Analysis of Two-Phase Transport in GDL of Polymer Electrolyte Fuel Cell, Second European Fuel Cell Technology and Applications Conference, 2007.12.
86. Yosuke Matsukuma, Takashi Yoshimoto, Gen Inoue, Masaki Minemoto, Simulations of two-phase flow in Gas Diffusion Layer of Polymer Electrolyte Fuel Cell by Lattice Boltzmann Method, APCOM'07 (Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics), 2007.12.
87. S. Morihiro, G. Inoue, Y. Matsukuma, M. Mimemoto, Visualization of water droplets in polymer electrolyte fuel cell flow channels, 20th Symposium on Chemical Engineering Kyushu-Taejon Chungnam, 2007.12.
88. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC拡散層内の水滞留挙動の数値解析, 第48回電池討論会, 2007.11.
89. 西 信之, 木下 将晃, 井上 元, 峯元 雅樹, 湿式排煙脱硫システムの最適化の検討, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
90. 井上元、吉元貴志、松隈洋介、峯元雅樹, 不均一空隙構造を考慮したPEFC拡散層内の二相流解析, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
91. 三輪 真裕, 盛永 準, 松隈 洋介, 井上 元, 峯元 雅樹, ガスリフトを利用したメタンハイドレート回収システムにおける回収効率向上の検討, 化学工学会第39回秋季大会, 2007.09.
92. 松隈洋介、峯元雅樹、盛永 準、三輪真裕、井上 元, ガスリフトによるメタンハイドレート回収における回収管内流動と回収管下端部形状の検討, 第16回日本エネルギー学会大会, 2007.08.
93. 古賀 優一, 阪下 晋平, 松隈 洋介, 井上 元, 峯元 雅樹, 固体高分子形燃料電池の高性能化を目指した微小流路内の液滴挙動の検討, 化学工学会第72年会, 2007.03.
94. 松隈 洋介, 吉元 貴志, 井上 元, 峯元 雅樹, 固体高分子型燃料電池拡散層内の二相流解析, 第56回理論応用力学講演会, 2007.03.
95. 吉元貴志,松隈洋介,井上元,峯元雅樹, 格子ボルツマン法による固体高分子形燃料電池拡散層内の二相流解析, 第20回数値流体力学シンポジウム, 2006.12.
96. G. Inoue, T.Yoshimoto, T. Kawano, Y. Matsukuma, M. Minemoto, Effect of two-phase flow condition in cathode gas channel and GDL on cell performance of polymer electrolyte fuel cell, Fuel Cell Seminar 2006, 2006.11.
97. Y. Matsukuma, S. Sakashita, Y. Koga, G. Inoue, M. Minemoto, Numerical Simulations of Droplets on the Hydrophobic and Hydrophobic wall by Lattice Boltzmann Method, International Workshop on Process Intensification in Fluid and Particle Engineering, 2006.11.
98. H. Itou, S. Tsurumaki, T. Moriga, A. Yamada, S. Nojima, Y. Matsukuma, G. Inoue, M. Minemoto, Improvement of Polymer Electrolyte Fuel Cell (PEFC) performance by numerical analysis, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2006.11.
99. T. Yoshimoto, Y. Matsukuma, G. Inoue,M. Minemoto, Numerical simulation of two-phase flow through gas diffusion layer of PEFC, 2006 Japan/Taiwan/Korea Chemical Engineering Conference, 2006.11.
100. 井上元,吉元貴志,松隈洋介,峯元雅樹, 不均一構造を考慮したPEFC拡散層内の二相流解析, 第47回電池討論会, 2006.11.
101. T.Yoshimoto, G.Inoue, Y.Matsukuma, M.Minemoto, Mass Transfer Analysis of Two-phase Flow in PEFC Diffusion Layer, International Conference on RENEWABLE ENERGY 2006, 2006.10.
102. G. Inoue, S. Morihiro, T. Yoshimoto, Y. Matsukuma, M. Minemoto, The Effect of Two-Phase Flow Condition in Cathode Gas Channel on Cell Performance of Polymer Electrolyte Fuel Cell: Experiments and Numerical Simulation Studies, International Conference on RENEWABLE ENERGY 2006, 2006.10.
103. 河野 友孝, 井上 元, 吉元 貴志, 松隈 洋介, 峯元 雅樹, PEFC発電性能に及ぼす拡散層内フラッディングの検討, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09, [URL].
104. 森弘 隼弐, 井上 元, 吉元 貴志, 松隈 洋介, 峯元 雅樹, PEFC発電性能に及ぼす流路内液滴滞留状態の間接測定, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09, [URL].
105. 井上 元, 吉元 貴志, 松隈 洋介, 峯元 雅樹, 炭素繊維積層構造を考慮したPEFC拡散層内の二相流解析, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09, [URL].
106. 松隈 洋介, 阪下 晋平, 井上 元, 峯元 雅樹, 表面性状を考慮した固体表面上の液滴挙動の数値解析, 化学工学会第38回秋季大会, 2006.09, [URL].
107. 松隈洋介、 阪下晋平、 井上元、 峯元雅樹, 表面性状を考慮した固体表面上の液滴挙動の三次元解析, 日本混相流学会年会講演会2006, 2006.08.
108. Y.Matsukuma, I.Kawasaki, G.Inoue, M.Minemoto, Numerical Simulation of Droplets on Solid Wall by Lattice Boltzmann Method, The 15th Discrete Simulation of Fluid Dynamics (DSFD2006) conference, 2006.08.
109. 松隈洋介, 河崎伊佐央, 阪下晋平, 井上元, 峯元 雅樹, 格子ボルツマン法による固体壁面上の液滴挙動の解析, 第55回理論応用力学講演会, 2006.01.
110. 河崎伊佐央,松隈洋介, 井上元, 峯元雅樹, 格子ボルツマン法を用いた固体表面上の液滴の解析, 第18回計算力学講演会, 2005.11.
111. 吉元貴志,松隈洋介, 井上元, 峯元雅樹, 格子ガス法を用いたPEFC 拡散層内の二相リーク流れの解析, 第18回計算力学講演会, 2005.11.
112. 河野友孝、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC拡散層内の流動およびフラッディングが発電性能に及ぼす影響, 化学工学会 第37回秋季大会, 2005.09.
113. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池におけるガス偏流の発電特性に対する影響, 第12回燃料電池シンポジウム, 2005.05.
114. 松隈洋介、河崎伊佐央、井上元、峯元雅樹, 格子ボルツマン法を用いた固体表面上の液滴の解析, 第12回燃料電池シンポジウム, 2005.05.
115. 河崎伊佐央、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 格子ボルツマン法を用いた固体表面上の液滴の解析, 化学工学会第70年会, 2005.03.
116. 吉元貴志、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC拡散層内の物質移動解析および最適設計に関する研究, 化学工学会第70年会, 2005.03.
117. 足立和久、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFCスタックシミュレータの開発および最適スタック構造の設計, 第45回 電池討論会, 2004.11.
118. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, Evaluation of Effect of Operating and Shape Condition by Simplified Two-Dimensional PEFC Analysis Model, 2004 ECS ECSJ Joint International Meeting, 2004.10.
119. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, Optimization of Operating Conditions of Polymer Electrolyte Fuel Cell by Numerical Analysis Method, The 10th APCCHE Congress, 2004.10.
120. 吉元貴志、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, Microscopic Analysis of Polymer Electrolyte Fuel Cell by Lattice Gas Automata, The 10th APCCHE Congress, 2004.10.
121. 井上元、下村洋生、松隈洋介、峯元雅樹, Numerical Analysis of Current Density Distribution in PEFC and Optimization of Operation Condition, 15th World Hydrogen Energy Conference, 2004.06.
122. 井上元、足立和久、松隈洋介、峯元雅樹, Effect of Channel Shape in the Separator on Comprehensive Performance of Polymer Electrolyte Fuel Cell - Mathematical and Experimental Studies, 15th World Hydrogen Energy Conference, 2004.06.
123. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC数値解析モデルを用いた単セル最適操作条件の検討, 化学工学会第69年会, 2004.04.
124. 合原健二、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFCセパレータ形状が電池性能に及ぼす影響, 化学工学会第69年会, 2004.04.
125. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, Reaction and Flow Analysis for Polymer Electrolyte Fuel Cell, 2003 Fuel Cell symposium in Maiami, 2003.11.
126. 吉元貴志、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, 格子ガスオートマトン法を用いた固体高分子形燃料電池の微視的挙動解析, 第16回計算力学講演会, 2003.11.
127. 下村洋生、足立和久、井上元、松隈洋介、峯元雅樹, PEFCにおける反応流動連成解析, 化学工学会第36回秋季大会, 2003.09.
128. 井上元、下村洋生、松隈洋介、峯元雅樹, PEFC解析モデルを用いた性能評価, 化学工学会第36回秋季大会, 2003.09.
129. 井上元、下村洋生、足立和久、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池における反応・熱・流動解析, 第12回日本エネルギー学会年次大会, 2003.07.
130. 井上元、新山寛治、松隈洋介、峯元雅樹, 固体高分子形燃料電池における反応・熱・流動連成解析, 第10回燃料電池シンポジウム, 2003.05.
131. 井上元、松隈洋介、峯元雅樹, Reaction and Flow Analysis for Polymer Electrolyte Fuel Cell, 2002 Taiwan/Korea/Japan Chemical Engineering Conference, 2002.10.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 井上元, 汎用流体解析ソフト, 2003.04
二次元流動解析ソフト
・windows用にインストールパッケージ化
・自動メッシュ生成
・グラフィカルな流路設計.
特許出願・取得
特許出願件数  5件
特許登録件数  0件
その他の優れた研究業績
2009.03, 多孔質材料物質輸送研究会を企画、開催(各種多孔質体の評価、現象解明に関する情報交換の場).
学会活動
所属学会名
米国電気化学会
日本混相流学会
日本機械学会
自動車技術会
日本伝熱学会
電気化学会
日本エネルギー学会
化学工学会
学協会役員等への就任
2020.04~2022.03, 化学工学会, 幹事.
2020.04~2022.03, 化学工学会, 運営委員.
2019.01~2020.12, 化学工学会, 化学工学会誌 トピック委員.
2019.04~2020.03, 化学工学会, 幹事.
2019.04~2020.03, 化学工学会, 幹事.
2018.04~2019.03, 化学工学会, 幹事.
2014.04~2018.06, 電気化学会, 電池技術委員会委員.
2012.04~2015.03, 日本伝熱学会, 特定推進研究課題「エネルギー極限利用のための大フラックス輸送ダイナミクス」委員.
2012.04~2013.03, 日本機械学会, 熱工学部門熱工学ギャラリー研究会委員.
2013.04~2017.03, 化学工学会, 関西支部 環境&資源エネルギー研究会委員.
2011.12~2016.04, 化学工学会, 関西支部 若手中堅研究者・技術者の会 委員.
2013.04, 化学工学会, 戦略企画センター 次世代エネルギー社会検討委員会委員.
2014.04, 化学工学会, エネルギー部会 燃料電池・電池分科会幹事.
2009.05, 自動車技術会, 燃料電池部門委員会委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.10.20~2019.10.23, The 5th International Symposium on Innovative Materials and Processes in Energy Systems 2019 (IMPRES2019), 実行委員会委員.
2019.09.23~2019.09.27, The 18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019), 座長.
2019.08.07~2019.08.08, 混相流学会若手研究者セミナー, 代表幹事.
2019.08.05~2019.08.07, 混相流シンポジウム2019, 実行委員会委員.
2019.03.13~2019.03.15, 化学工学会第84年会, ポスター発表審査.
2019.03.02~2019.03.02, 第21回化学工学会学生発表会(京都大会), 審査員.
2018.11.26~2018.11.28, JST国際ワークショップ, 座長.
2018.09.30~2018.10.05, ECS234th Meeting, 座長.
2018.09.18~2018.09.20, 化学工学会第50回秋季大会, ポスター審査員.
2018.09.18~2018.09.20, 化学工学会第50回秋季大会, 座長.
2018.06.30~2019.06.30, 化学工学会九州支部学生発表会, 審査員.
2018.06.30~2019.06.30, 化学関連支部合同九州大会, ポスター審査員.
2018.03.13~2018.03.15, 化学工学会, 審査委員.
2017.11.14~2017.11.16, 電池討論会, 座長.
2017.10.13~2017.10.16, 日中化工シンポジウム, 座長.
2017.09.30~2017.10.05, ECS232nd Meeting, 座長.
2017.09.20~2017.09.22, 化学工学会第49回秋季大会, 審査委員.
2017.09.20~2017.09.22, 化学工学会第49回秋季大会, 電池セッションオーガナイザー.
2017.09.20~2017.09.22, 化学工学会第49回秋季大会, 座長.
2016.09.06~2016.09.08, 化学工学会第48回秋季大会, 部会横断シンポジウム 「電池・電気化学エネルギー変換とその未来~創る・造る・活かす 化学工学の貢献~」主オーガナイザー.
2016.01.14~2016.01.14, 化学工学会材料・界面部会共通基盤技術シンポジウム 2016 ~微粒子の分散、塗布乾燥、デバイス作製~, 実行委員.
2015.09.09~2015.09.11, 化学工学会第47回秋季大会, 特別シンポジウム 「世界をリードする日本の水素技術・燃料電池自動車~研究開発最前線と化学工学の貢献~」オーガナイザー.
2014.09.17~2014.09.19, 化学工学会第46回秋季大会, 部会横断シンポジウム 「次代を担う各種電池等のエネルギーデバイスの新展開 -材料・プロセス・システム-」オーガナイザー.
2014.05.07~2014.05.09, 6th Asia coating workshop (ACW2014), 事務局・実行委員.
2010.11.19~2010.11.19, 化学工学に関する長崎ワークショップ (九州支部学生賞審査会), 審査委員.
2010.03.06~2010.03.06, 第12回化学工学会学生発表会, 座長(Chairmanship).
2009.11.30~2009.12.02, 第50回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2009.10.30~2009.10.31, 第2回 化学工学3支部合同北九州大会, セッション オーガナイザー.
2009.10.30~2009.10.31, 第2回 化学工学3支部合同北九州大会, 座長(Chairmanship).
2009.09.16~2009.09.18, 化学工学会第41回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2009.07.24~2009.07.25, 第20回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 審査委員.
2009.07.11~2009.07.11, 第46回化学関連支部合同九州大会, 審査委員.
2009.03~2009.03.01, 化学工学会第74回年会, 座長(Chairmanship).
2008.11~2008.11.01, 第49回電池討論会, 座長(Chairmanship).
2008.09~2008.09.01, 第40回化学工学会秋季大会, 座長(Chairmanship).
2008.08~2008.08.01, 化学工学会沖縄大会, 座長(Chairmanship).
2008.07~2008.07.01, 第45回化学関連支部合同九州大会, 審査委員.
2008.05~2008.05.01, 第45回日本伝熱シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2008.03~2008.03.01, 第73回化学工学会年会, 座長(Chairmanship).
2008.02~2008.02.01, 化学工学に関する沖縄ワークショップ, 座長(Chairmanship).
2007.09~2007.09.01, 化学工学会第39回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2007.07~2007.07.01, 第44回化学関連支部合同九州大会, 審査委員.
2007.03~2007.03.01, 第72回化学工学会年会, 座長(Chairmanship).
2007.03~2007.03.01, 第9回化学工学会学生発表会, 座長(Chairmanship).
2006.09~2006.09.01, 化学工学会第38回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2005.09~2005.09.01, 化学工学会第37回秋季大会, 座長(Chairmanship).
2005.03~2005.03.01, 第70回化学工学会年会, 座長(Chairmanship).
2004.12~2004.12.01, The 17th Symposium on Chemical Engineering, 座長(Chairmanship).
2004.07~2004.07.01, 第15回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会, 講演.
2004.03~2004.03.01, 第6回化学工学会学生発表会, 座長(Chairmanship).
2003.12~2003.12.01, The 16th Symposium on Chemical Engineering, 座長(Chairmanship).
2003.08~2003.08.01, 第8回九州支部学生賞審査会, 審査委員.
2003.07~2003.07.01, 第40回化学関連支部合同九州大会, 審査委員.
2002.12~2002.12.01, The 15th Symposium on Chemical Engineering, 座長(Chairmanship).
2002.11~2002.11.01, 化学工学会熊本大会, 座長(Chairmanship).
2002.11~2002.11.01, 第7回九州支部学生賞審査会, 審査委員.
2002.07~2002.07.01, 第39回化学関連支部合同九州大会, 審査委員.
2002.03~2002.03.01, 化学工学会第67年会, 座長(Chairmanship).
2001.11~2001.11, The 14th Symposium on Chemical Engineering, 座長(Chairmanship).
2001.08~2001.08, 第6回九州支部学生賞審査会, 審査委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度
2019年度 17 
2018年度
2017年度
2010年度
2009年度 13  16 
2008年度 13  14 
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2019.10~2019.10.
米国カーネギーメロン大学, UnitedStatesofAmerica, 2018.11~2018.11.
JST国際ワークショップ, UnitedStatesofAmerica, 2018.11~2018.11.
米国電気化学会(ECS Meeting), Mexico, 2018.10~2018.10.
日中化学工学シンポジウム, China, 2017.10~2017.10.
米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2017.10~2017.10.
米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2016.10~2016.10.
米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2015.10~2015.10.
米国電気化学会(ECS Meeting), Mexico, 2014.10~2014.10.
International Conference on Porous Media (InterPore), UnitedStatesofAmerica, 2014.05~2014.05.
Carl Zeiss社, 米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2013.10~2013.10.
米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2012.10~2012.10.
Korea Institute of Energy Research (KIER), Korea, 2011.12~2011.12.
米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2011.10~2011.10.
University of Connecticut, National Institute of Standards and Technology, UnitedStatesofAmerica, 2010.07~2010.10.
ASME Fuel cell symposium, UnitedStatesofAmerica, 2010.06~2010.06.
米国電気化学会(ECS Meeting), Austria, 2009.10~2009.10.
米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2008.10~2008.11.
Fuel Cell Seminar, UnitedStatesofAmerica, 2008.10~2008.10.
European Fuel Cell Symposium, Italy, 2007.12~2007.12.
International Symposium of Chemical Engineering, Korea, 2007.12~2007.12.
Fuel Cell Seminar, UnitedStatesofAmerica, 2006.11~2006.11.
米国電気化学会(ECS Meeting), UnitedStatesofAmerica, 2004.10~2004.10.
International Symposium of Chemical Engineering, Korea, 2003.12~2003.12.
Fuel Cell Seminar, UnitedStatesofAmerica, 2003.11~2003.11.
Taiwan-Korea-Japan Chemical Engineering Symposium, Taiwan, 2002.10~2002.10.
外国人研究者等の受入れ状況
2001.10~2002.09, 1ヶ月以上, Bristol大学, UnitedKingdom.
受賞
日本混相流学会奨励賞, 日本混相流学会, 2017.08.
電池技術委員会賞, 電気化学会 電池技術委員会, 2016.11.
2009年度 優秀論文賞 化学工学論文集, 社団法人 化学工学会, 2010.03.
2009年度 優秀論文賞 化学工学論文集, 社団法人 化学工学会, 2010.03.
日本機械学会動力エネルギーシステム部門優秀講演表彰, 日本機械学会動力エネルギーシステム部門, 2009.06.
Best poster award of renewable energy 2006, The organizing comittee of RE 2006, 2006.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2023年度, 新学術領域研究, 分担, 理論・計算・データ科学による蓄電固体界面イオンダイナミクスの機構解明.
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 固体高分子形燃料電池の高性能化に資する触媒層内マルチスケール物質輸送現象の解明.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 電極インク内対流制御による高容量化リチウムイオン二次電池炭素負極構造の開発.
2012年度~2014年度, 若手研究(A), 代表, CO2の電気還元反応プロセスにおける多孔質電極の最適設計.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 革新的電気化学プロセスによるCO2回収技術開発.
2009年度~2010年度, 若手研究(A), 代表, 複雑多孔質構造への粒子堆積挙動を考慮した高温集塵システムの高性能化研究.
2007年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 海底資源メタンハイドレート回収システムにおける自己ガスリフト効果の検討.
2004年度~2006年度, 若手研究(B), 代表, 拡散層内ガス流れを考慮した高出力・高寿命固体高分子形燃料電池セルの開発.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 分担, エアーリフト方式による深海底のメタンハイドレートの高性能回収法に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2020年度, JST未来社会創造事業, 分担, 探索加速型 「共通基盤」領域
粉体成膜プロセス研究のハイスループット化のためのデータ駆動型プロセス・インフォマティクス.
2018年度~2022年度, NEDO 先進・革新蓄電池材料評価技術開発(第2期), 代表, 全固体LIBマクロ電極伝導モデル・ミクロ電極伝導モデルの開発.
2017年度~2019年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, アミン含有ゲルによる省エネルギー且つ低コストなCO2分離濃縮材料・プロセスの開発
.
2017年度~2018年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, モルフォロジー効果の極限解明と高効率電気化学反応界面の創成.
2015年度~2019年度, 新エネルギー・産業技術総合開発機構 戦略的固体高分子形燃料電池利用高度化/普及拡大化基盤技術開発, 分担, カソード高機能化に資する相界面設計 --新規触媒・新規担体を用いた触媒層構造の設計指針提案と高出力MEAの試作評価--.
2014年度~2019年度, 文部科学省 科学技術試験研究委託事業 ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発, 分担, 重点課題⑥ 革新的クリーンエネルギーシステムの実用化「気液二層流および電極の超大規模解析による燃料電池設計プロセスの高度化」.
2014年度~2016年度, 内閣府、新エネルギー・産業技術総合開発機構、 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP), 分担, フルイディック材料創製と3Dプリンティングによる構造化機能材料・デバイスの迅速開発, 3次元Li電池の開発.
2013年度~2016年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, カーボン導電剤とバインダーの構造制御による電子物質輸送相界面の高効率化.
2008年度~2009年度, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代燃料電池技術開発 継続(新エネルギー・産業技術総合開発機構), 代表, PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発.
2007年度~2007年度, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代燃料電池技術開発 継続(新エネルギー・産業技術総合開発機構), 代表, PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発.
2005年度~2006年度, 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発/次世代燃料電池技術開発 平成17年度公募(新エネルギー・産業技術総合開発機構), 代表, PEFC流路内液滴二相流現象の解明およびフラッディング抑制セルの研究開発.
2003年度~2004年度, 固体高分子形燃料電池システム技術開発事業 固体高分子形燃料電池要素技術開発事業 平成15年度公募 (新エネルギー・産業技術総合開発機構), 分担, MEA面内湿度分布シミュレーション技術の研究開発.
学内資金・基金等への採択状況
2020年度~2020年度, 大学発ベンチャー事業シーズ育成支援プログラム, 代表, 電池の性能評価シミュレーションソフトの開発.
2019年度~2019年度, 数理・データサイエンスに関する教育・研究支援プログラム, 代表, 計算・観察・機械学習による電池開発高化支援 .
2018年度~2018年度, 若手研究者研究環境整備経費, 代表, プロセス高度化支援設備室の整備.
2010年度~2010年度, 平成22年度 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム, 代表, 実測技術と数値解析による固体高分子形燃料電池の内部現象解明に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」