九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
播广谷 勝三(はりまや かつみ) データ更新日:2022.06.08



主な研究テーマ
脊椎・脊髄疾患の病態解明および治療法の検討
キーワード:脊椎、脊髄
2013.04.
脊椎・脊髄疾患の病態解明および治療法の検討
キーワード:脊椎、脊髄
2013.04~2016.03.
脊椎・脊髄疾患の病態解明および治療法の検討

キーワード:脊椎、脊髄
2013.04~2015.03.
脊椎・脊髄疾患の病態解明および治療法の検討

キーワード:脊椎、脊髄
2011.04~2013.03.
脊椎・脊髄疾患の病態解明および治療法の検討

キーワード:脊椎、脊髄
2011.04~2012.03.
脊椎・脊髄疾患の病態解明および治療法の検討

キーワード:脊椎、脊髄
2010.04~2011.03.
脊椎・脊髄疾患の病態解明および治療法の検討

キーワード:脊椎、脊髄
2008.04~2010.03.
運動能の制御による悪性腫瘍の基底膜浸潤・転移の抑制法の開発
キーワード:骨肉腫、基底膜、浸潤、転移
2002.04~2010.03.
従事しているプロジェクト研究
高齢者脊椎疾患の病態解明と画像所見に関する研究
2019.03~2026.06, 代表者:播广谷勝三, 九州大学病院別府病院.
JASA多施設共同研究「転移性脊椎腫瘍前向き」
2019.03~2022.04, 代表者:古矢丈雄, 千葉大学大学院医学研究院整形外科学.
思春期特発性側弯症患者の椎間関節における骨棘形成に関する研究
2019.06, 代表者:播广谷勝三, 九州大学病院別府病院.
JASA多施設共同研究「転移性脊椎腫瘍前向き」
2019.03~2022.04, 代表者:古矢丈雄, 千葉大学大学院医学研究院整形外科学.
脊髄神経鞘腫におけるIMP-3の発現について
2019.06, 代表者:播广谷勝三, 九州大学病院別府病院.
思春期特発性側弯症患者の椎間関節における骨棘形成に関する研究
2019.06, 代表者:播广谷勝三, 九州大学病院別府病院.
思春期特発性側弯症患者の椎間関節における骨棘形成に関する研究
2018.06~2019.06, 代表者:播广谷勝三, 九州大学病院別府病院.
思春期特発性側弯症患者の椎間関節における変形性関節症発生メカニズムの解析
2018.06~2019.06, 代表者:播广谷 勝三, 九州大学病院別府病院.
若年ブタ脊椎における椎弓根拡大のX線学的解析
2013.01~2018.03, 代表者:播广谷 勝三, 九州大学 整形外科
動物モデルを用いて椎弓根スクリュー刺入時の椎弓根の拡大の有無や程度について詳細なX線学的解析を行うとともに生体力学的強度についての解析を行い、椎弓根スクリューの安全性や限界について検討する.
思春期特発性側弯症(Lenke分類type1)における椎体と大動脈の相対的位置関係の解析
2013.01~2016.03, 代表者:播广谷 勝三, 九州大学 整形外科
思春期特発性側弯症(Lenke分類type1)における椎体と大動脈の相対的位置関係についてCTを用いて解析を行う.
若年ブタ脊椎における椎弓根拡大のX線学的解析
2013.01~2016.03, 代表者:播广谷 勝三, 九州大学 整形外科
動物モデルを用いて椎弓根スクリュー刺入時の椎弓根の拡大の有無や程度について詳細なX線学的解析を行うとともに生体力学的強度についての解析を行い、椎弓根スクリューの安全性や限界について検討する.
若年ブタ脊椎における椎弓根拡大のX線学的解析
2013.01~2015.03, 代表者:播广谷 勝三, 九州大学 整形外科
動物モデルを用いて椎弓根スクリュー刺入時の椎弓根の拡大の有無や程度について詳細なX線学的解析を行うとともに生体力学的強度についての解析を行い、椎弓根スクリューの安全性や限界について検討する.
若年ブタ脊椎における椎弓根拡大のX線学的解析
2012.01~2013.12, 代表者:播广谷 勝三, 九州大学 整形外科
動物モデルを用いて椎弓根スクリュー刺入時の椎弓根の拡大の有無や程度について詳細なX線学的解析を行うとともに生体力学的強度についての解析を行い、椎弓根スクリューの安全性や限界について検討する.
Safety and Accuracy of Pedicle Screws Placed in Infantile and Juvenile Patients
2007.09~2011.03, 代表者:Lawrence G. Lenke, Department of Orthopaedic Surgery, Washington University School of Medicine, Department of Orthopaedic Surgery, Washington University School of Medicine,
St. Louis, MO (米国)
10歳未満の小児の脊柱変形に対する手術における椎弓根スクリューの安全性について.
Safety and Accuracy of Pedicle Screws Placed in Infantile and Juvenile Patients
2007.09~2010.03, 代表者:Lawrence G. Lenke, Department of Orthopaedic Surgery, Washington University School of Medicine, Department of Orthopaedic Surgery, Washington University School of Medicine,
St. Louis, MO (米国)
10歳未満の小児の脊柱変形に対する手術における椎弓根スクリューの安全性について.
運動能の制御による悪性腫瘍の基底膜・転移の抑制法の開発
2002.04~2010.03, 九州大学.
研究業績
主要著書
1. 播广谷 勝三, クリニシアン
ロコモティブシンドロームと運動器疼痛に対する手術療法にみられる課題と対応
, 全日本病院出版会, 102-107, 2017.12.
2. 播广谷 勝三, Monthly Book Orthopaedics
ポイント解説
整形外科診断の基本知識
原発性/転移性脊椎腫瘍の診断
, 全日本病院出版会, 41-52, 2017.10.
3. 播广谷 勝三, 変形性脊椎症, ミネルヴァ書房, 2017.02.
4. 播广谷 勝三, 硬膜内髄外腫瘍の手術:神経鞘腫
脊髄の手術
, 中山書店, 46-54, 2014.03.
5. 播广谷 勝三, 岩本 幸英, 骨盤と仙腸関節
神中整形外科学 改訂23版 下巻
, 南山堂, 799-823, 2013.05.
6. 播广谷 勝三, 変性疾患 頚椎
神中整形外科学 改訂23版 下巻
, 南山堂, 166-183, 2013.05.
7. 播广谷 勝三, 腰椎変性側弯症
神中整形外科学 改訂23版 下巻
, 南山堂, 160-163, 2013.05.
8. 播广谷 勝三, 頚椎前方椎間固定術、椎体亜全摘手術 ―とくに椎体・椎間板病変に対して―
OS NOW Instruction No.22 頚椎の手術 ベーシックからアドバンストまで必須テクニック
, メジカルビュー社, 64-72, 2012.06.
9. 播广谷勝三, [各論:個別のテクニック]Ⅳ 脊椎 2.脊椎手術の基本手技 ①頚椎症性脊髄症に対する前方固定術、椎弓形成術
整形外科Knack&Pitfalls 整形外科手術の要点と盲点
岩本幸英(監), 岩本幸英(編), (分担執筆)
, 文光堂, 東京, 320-325, 2011.06.
10. 播广谷勝三, [総論:検査・周術期管理]Ⅰ 術前 2.術前準備、計画
整形外科Knack&Pitfalls 整形外科手術の要点と盲点
岩本幸英(監), 岩本幸英(編), (分担執筆)
, 文光堂, 東京, 106-107, 2011.06.
11. 播广谷勝三, [総論:検査・周術期管理]Ⅰ 術前 1.術前検査
整形外科Knack&Pitfalls 整形外科手術の要点と盲点
岩本幸英(監), 岩本幸英(編), (分担執筆)
, 文光堂, 東京, 104-105, 2011.06.
12. 播广谷勝三、岩本幸英, 四肢悪性軟部腫瘍
今日の処方 第3版
, 南江堂, p. 682, 2002.01.
13. 播广谷勝三、岩本幸英, 癌の骨転移 今日の処方 第3版, 南江堂, pp. 682-683, 2002.01.
14. 播广谷勝三、岩本幸英, 原発性悪性骨腫瘍
今日の処方 第3版
, 南江堂, pp. 680-682, 2002.04.
15. 播广谷勝三、岩本幸英, 仙骨・脊索腫の手術
新OS NOW 19 骨盤手術の最新手技 腫瘍、外傷、股関節症など
, メジカルビュー, pp. 34-39, 2003.01.
16. 播广谷勝三, 軟部組織腫瘍と骨腫瘍の非腫瘍性病変. キャンベル整形外科手術書 第2巻  切断術/感染症/腫瘍. 藤井克之(監)、岩本幸英(編). (分担執筆), エルゼビアジャパン, 307-328, 2004.05.
17. 播广谷勝三, 足の切断術. キャンベル整形外科手術書 第2巻 切断術/感染症/腫瘍. 藤井克之(監)、岩本幸英(編). (分担執筆), エルゼビアジャパン, 21-37, 2004.05.
18. 播广谷勝三、岩本幸英, 部位別疾患 第7章 骨盤と仙腸関節. 神中整形外科学 改訂22版 下巻. 杉岡洋一(監)、岩本幸英(編): (分担執筆), 南山堂, 東京, 709-732, 2004.05.
19. 播广谷勝三, 骨盤悪性腫瘍の切除分類. 整形外科 Knack&Pitfalls 骨軟部腫瘍外科の要点と盲点. 岩本幸英(監)、岩本幸英(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 201, 2005.05.
20. 播广谷勝三, 仙骨の悪性骨腫瘍の切除と再建. 整形外科 Knack&Pitfalls 骨軟部腫瘍外科の要点と盲点. 岩本幸英(監)、岩本幸英(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 196-200, 2005.05.
21. 播广谷勝三, 術前に必要な処置. 整形外科 Knack&Pitfalls 骨軟部腫瘍外科の要点と盲点. 岩本幸英(監)、岩本幸英(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 120-121, 2005.05.
22. 播广谷勝三, 術前の必須検査とその読み方. 整形外科 Knack&Pitfalls 骨軟部腫瘍外科の要点と盲点. 岩本幸英(監)、岩本幸英(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 117-119, 2005.05.
23. 播广谷勝三, 外傷性頚部症候群と自律神経障害. 整形外科 Knack&Pitfalls 脊椎外科の要点と盲点:頚椎. 岩本幸英(監)、馬場久敏(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 63, 2005.10.
24. 播广谷勝三, 身体所見のとり方 誘発テストのポイントと鑑別診断の盲点. 整形外科 Knack&Pitfalls 脊椎外科の要点と盲点:頚椎. 岩本幸英(監)、馬場久敏(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 39-41, 2005.10.
25. 播广谷勝三, 小児環軸椎回旋性亜脱臼. 整形外科 Knack&Pitfalls 脊椎外科の要点と盲点:頚椎. 岩本幸英(監)、馬場久敏(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 38, 2005.10.
26. 播广谷勝三, 身体所見のとり方 斜頚・姿勢異常と神経徴候学の基礎. 整形外科 Knack&Pitfalls 脊椎外科の要点と盲点:頚椎. 岩本幸英(監)、馬場久敏(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 34-37, 2005.10.
27. 播广谷勝三, 腰椎疾患の神経徴候学の要点と盲点. 整形外科 Knack&Pitfalls 脊椎外科の要点と盲点:胸腰椎. 岩本幸英(監)、芝啓一郎(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 22-26, 2006.05.
28. 播广谷勝三, 胸椎疾患の神経徴候学の要点と盲点. 整形外科 Knack&Pitfalls 脊椎外科の要点と盲点:胸腰椎. 岩本幸英(監)、芝啓一郎(編): (分担執筆), 文光堂, 東京, 22-26, 2006.05.
29. 播广谷勝三、岩本幸英, 癌の骨転移. 今日の処方 第4版. 浦部晶夫、太田健、鎌谷直之、島田和幸、菅野健太郎、武谷雄二(編). (分担執筆)
, 南江堂, 東京, 742-743, 2007.04.
30. 播广谷勝三、岩本幸英, 原発性悪性骨腫瘍. 今日の処方 第4版. 浦部晶夫、太田健、鎌谷直之、島田和幸、菅野健太郎、武谷雄二(編). (分担執筆)
, 南江堂, 東京, 739-741, 2007.04.
31. 播广谷勝三、岩本幸英, 四肢悪性軟部腫瘍. 今日の処方 第4版. 浦部晶夫、太田健、鎌谷直之、島田和幸、菅野健太郎、武谷雄二(編). (分担執筆)
, 南江堂, 東京, 741-742, 2007.04.
32. 播广谷勝三、前田健、岩本幸英, 胸椎後方インストゥルメンテーション. 最良のQOL向上をめざしたコツ&トラブルシューティング OS NOW Instruction 6 Spinal instrumentation , メジカルビュー、 東京, 81-84, 2008.05.
主要原著論文
1. Harimaya K, Matsumoto Y, Kawaguchi K, Okada S, Saiwai H, Matsushita A, Iida K, Kumamaru H, Saito T, Nakashima Y, Clinical features of multiple schwannomas without vestibular schwannomas., J Orhtop Sci, 10.1016/j.jos.2021.02.014., 27, 3, 563-568, 2022.05.
2. Harimaya K, Matsumoto Y, Kawaguchi K, Saiwai H, Iida K, Nakashima Y, Long-term outcome after en bloc resection and reconstruction of the spinal column and posterior chest wall in the treatment of malignant tumors., J Orthop Sci, 2021.05.
3. Bekki H, Harimaya K, Matsumoto Y, Kawaguchi K, Hayashida M, Okada S, Doi T, Nakashima Y, Which side-bending X-ray position is better to evaluate the preoperative curve flexibility in adolescent idiopathic scoliosis patients, supine or prone?, Asian Spine J, 12, 4, 632-638, 2018.08.
4. Yoshihiro Matsumoto, Tomoya Matsunobu, Katsumi Harimaya, Kenichi Kawaguchi, Hayashida Mitsumasa, Okada S, Toshio Doi, Yukihide Iwamoto, Bone and soft tissue tumors presenting as sciatic notch dumbbell masses: a critical differential diagnosis of sciatica., 10, 414-419, 2016.10.
5. Yoshihiro Matsumoto, Katsumi Harimaya, Kenichi Kawaguchi, Hayashida Mitsumasa, Okada S, Toshio Doi, Yukihide Iwamoto, Dumbbell scoring system: a new method for the differential diagnosis of malignant and benign spinal dumbbell tumors., 41, E1230-E1236, 2016.10.
6. H Bekki, Katsumi Harimaya, Yoshihiro Matsumoto, Hayashida Mitsumasa, Okada S, Toshio Doi, Yukihide Iwamoto, The position of the aorta relative to the vertebrae in patients with Lenke type1 adolescent idiopathic scoliosis., 41, 585-590, 2016.04.
7. Katsumi Harimaya, Toshio Doi, Yoshihiro Matsumoto, Seiji Okada, Hayashida Mitsumasa, Yukihide Iwamoto, Imaging analysis of lumbar intervertebral disc degeneration in professional baseball players., 5, 855-860, 2014.08.
8. Harimaya K, Mishiro T, Lenke LG, Bridwell KH, Koester LA, Sides BA., Etiology and revision surgical strategies in failed lumbosacral fixation of adult spinal deformity constructs., Spine, 36, 20, 1701-1710, 2011.09.
9. Harimaya K, Lenke LG, Son-Hing JP, Bridwell KH, Schwend RM, Luhmann SJ, Koester LA, Sides BA., Safety and accuracy of pedicle screws and constructs placed in infantile and juvenile patients., Spine, 36, 20, 1645-1651, 2011.09.
10. Makoto Endo, Yoshinao Oda, Katsumi Harimaya, Sadafumi Tamiya, Hidetaka Yamamoto, Kenichi Kohashi, Shuichi Kurihara, Noritaka Setsu, Suguru Matsuura, Hiroshi Matono, Shuichi Matsuda, Yukihide Iwamoto, Masazumi Tsuneyoshi, Low-grade dedifferentiated liposarcoma of the neck: magnetic resonance imaging and pathological correlation., Journal of Orthopaedic Science, 15, 1, 148-52, 2010.01.
11. Yoshihiro Matsumoto, Katsumi Harimaya, Toshio Doi, Takeshi Maeda, Yukihide Iwamoto, Outcome of osteoplastic laminectomy for excision of spinal cord tumours., J Orthopedic Surgery, 17, 3, 275-9, 2009.12.
12. Katsumi Harimaya, Lenke G Lawrence, Takuya Mishiro, Keith H Bridwell, Linda A Koester, Brenda A Sides, Increasing lumbar lordosis of adult spinal deformity patients via intraoperative prone positioning., Spine, 34, 22, 2406-12, 2009.10.
13. Harimaya K, Shiba K, Nomura H, Iwaki T, Takemitsu Y, Ossification of the posterior atlantoaxial membrane. Case report. , J Neurosurg, 10.3171/spi.2003.98.1.0077, 98, 1, 77-79, 98 (1 Suppl): 77-79, 2003.01.
14. Katsumi Harimaya, Yoshinao Oda, Shuichi Matsuda, Kazuhiro Tanaka, Hirokazu Chuman, Yukihide Iwamoto, Primitive neuroectodermal tumor and extraskeletal Ewing sarcoma arising primarily around the spinal column: report of four cases and a review of the literature., Spine, 10.1097/01.BRS.0000085099.47800.DF, 28, 19, E408-E412, Vol. 28, pp. E408-12, 2003.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 播广谷 勝三, 腰椎椎間板ヘルニア, 臨牀と研究, 2020.07.
2. 播广谷勝三, ポイント解説 整形外科診断の基礎知識
原発性/転移性脊椎腫瘍の診断
, MB Orthop, 2017.10.
3. 播广谷 勝三, 専門医試験をめざす症例問題トレーニング
骨・軟部腫瘍
, 整形外科 66(1):70-75, 2015, 2015.01.
4. 播广谷勝三, 胸腰椎移行部の病態 変性,靱帯骨化,外傷,腫瘍,脊柱変形, 脊椎脊髄 26(9):873-881, 2013., 2013.09.
5. 播广谷勝三, 手術的治療―前方法
脊柱変形 A to Z
, 整形外科 64(8):820-824, 2013., 2013.08.
6. 播广谷勝三, 脊椎・脊髄画像診断
頚椎・頚髄損傷
, MB Orthop. 24(11):17-24,2011., 2011.11.
7. 播广谷勝三, 腰部脊柱管狭窄症に対するプロスタグランジン製剤, 整形外科看護, 2010.11.
主要学会発表等
1. 播广谷勝三、松本嘉寛、川口謙一、林田光正、岡田誠司、飯田圭一郎、中島康晴, 硬膜内髄外に発生した骨外性Ewing肉腫/primitive neuroectodermal tumorの治療成績, 第46回日本脊椎脊髄病学会, 2017.04.
2. 播广谷 勝三, 戸次 大史, 松本 嘉寛, 川口 謙一, 林田 光正, 岡田 誠司, 土井 俊郎, 岩本 幸英, 思春期特発性側弯症(Lenke type1)における椎体と大動脈の相対的位置関係 ―Type 1Aとtype 1Cにおける胸腰椎移行部での相違―, 第89回日本整形外科学会学術総会, 2016.05.
3. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 松延 知哉, 遠藤 誠, 小田 義直, 岩本 幸英, 硬膜内髄外に発生した骨外性Ewing肉腫/primitive neuroectodermal tumorの治療成績, 第47回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 2014.07.
4. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 松延 知哉, 岡田 誠司, 林田 光正, 遠藤 誠, 岩本 幸英, 脊柱および胸壁の合併切除・再建を行った悪性腫瘍の治療, 第87回日本整形外科学会学術総会, 2014.05.
5. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 林田 光正, 岡田 誠司, 岩本 幸英, 思春期特発性側弯症(Lenke 分類type 1) における脊椎と大動脈の相対的位置関係:Type1Aとtype1Cにおける胸腰椎移行部での相違について, 第43回日本脊椎脊髄病学会, 2014.04.
6. 播广谷 勝三, 弓削 至, 芝 啓一郎, 岩本 幸英, 脊柱側弯症術後の隣接椎間障害で発症した胸髄症の2例, 第48回日本脊髄障害医究会, 2013.11.
7. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 林田 光正, 岡田 誠司, 岩本 幸英, 戸次 大史, 思春期特発性側弯症(Lenke 分類type 1) における脊椎と大動脈の相対的位置関係, 第46回日本側彎症学会, 2013.10.
8. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 林田 光正, 岡田 誠司, 岩本 幸英, 思春期特発性側弯症における腹臥位全脊椎X線側屈像の有用性について, 第46回日本側彎症学会, 2013.10.
9. 播广谷 勝三, 土井 俊郎, 松本 嘉寛, 松延 知哉, 岡田 誠司, 林田 光正, 岩本 幸英, 第5腰椎発生骨巨細胞腫に対するtotal en bloc spondylectomy (TES)の治療成績, 第46回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 2013.07.
10. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 岡田 誠司, 林田 光正, 岩本 幸英, プロ野球選手における腰椎椎間板変性の画像評価, 第79回西日本脊椎研究会, 2013.06.
11. 戸次 大史, 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 林田 光正, 岡田 誠司, 岩本 幸英, 思春期特発性側弯症(Lenke分類type1)における脊椎と大動脈の相対的位置関係, 第86回日本整形外科学会学術総会, 2013.05.
12. 戸次 大史, 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 林田 光正, 岡田 誠司, 岩本 幸英, 思春期特発性側弯症(Lenke 分類type 1) における脊椎と大動脈の相対的位置関係, 第42回日本脊椎脊髄病学会, 2013.04.
13. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 林田 光正, 岡田 誠司, 岩本 幸英, 思春期特発性側弯症における腹臥位全脊椎X線の有用性について, 第42回日本脊椎脊髄病学会, 2013.04.
14. 戸次 大史, 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 林田 光正, 岡田 誠司, 岩本 幸英, 思春期特発性側弯症(Lenke分類type1)における脊椎と大動脈の相対的位置関係, 第46回日本側彎症学会, 2012.10.
15. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 林田 光正, 岡田 誠司, 岩本 幸英, 思春期特発性側弯症における腹臥位全脊椎X線側屈像の有用性について, 第46回日本側彎症学会, 2012.10.
16. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 岩本 幸英, 聴神経腫瘍を伴わない多発性脊髄神経鞘腫の臨床的特徴について, 第23回日本末梢神経学会 , 2012.08.
17. 播广谷 勝三, 松本 嘉寛, 川口 謙一, 岩本 幸英, 骨軟部肉腫の脊椎転移, 第41回日本脊椎脊髄病学会, 2012.04.
18. 播广谷勝三, 松本嘉寛, 川口謙一, 岩本幸英, 思春期特発性側弯症 胸腰椎/腰椎側弯に対する後方矯正固定術, 第121回西日本整形・災害外科学会学術集会, 2011.06.
19. 播广谷勝三、松田秀一、土井俊郎、芳田辰也、松本嘉寛、松延知哉、岩本幸英, 部分的椎体合併切除を行った胸壁悪性骨・軟部腫瘍の治療, 第43回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会, 2010.07.
20. 播广谷勝三、池村聡、土井俊郎、松本嘉寛、岩本幸英, 末期変形性股関節症における腰椎アライメントの検討, 第83回日本整形外科学会学術総会, 2010.05.
21. 播广谷勝三、土井俊郎、松本嘉寛、岩本幸英, 末期変形性股関節症における腰椎アライメントの検討, 第39回日本脊椎脊髄病学会, 2010.04.
22. Takuya Mishiro, Katsumi Harimaya, Lawrence G Lenke, Keith H Bridwell, Linda A Koester, Brenda A Sides, Increasing Lumbar Lordosis of Adult Spinal Deformity Patients via Intraoperative Prone Positioning, Annual Meeting and Course, Scorilosis Research Society, 2008.09.
23. Katsumi Harimaya, Jochen Son-Hing, Lawrence G. Lenke, Keith H. Bridwell, Richard M. Schwend, Scott J. Luhmann, Jr., Timothy R. Kuklo, Linda A. Koester, Brenda A. Sides, Safety and Accuracy of Pedicle Screws Placed in Infantile and Juvenile Patients, Annual Meeting and Course, Scorilosis Research Society, 2009.09.
24. Katsumi Harimaya, Takuya Mishiro, Lawrence G Lenke, Keith H Bridwell, Linda A Koester, Brenda A Sides, Etiology & Revision Surgical Strategies in Failed Lumbosacral Fixation of Spinal Deformity Constructs, Annual Meeting and Course, Scorilosis Research Society, 2008.09.
学会活動
所属学会名
日本腰痛学会
Scoliosis Research Society
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本側彎症学会
西日本整形・災害外科学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本脊髄障害医学会
学協会役員等への就任
2022.04~2026.04, 日本脊椎脊髄病学会, 理事.
2021.05~2025.04, 日本整形外科学会, 代議員.
2017.05, 日本整形外科学会, 代議員.
2016.07, 日本側彎症学会, 評議員.
2016.06, 日本腰痛学会, 評議員.
2012.04, 日本脊椎脊髄病学会, 評議員.
2007.11, 西日本脊椎研究会, 世話人.
2007.11~2011.03, 西日本脊椎研究会, 世話人.
2007.11~2010.03, 西日本脊椎研究会.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.10.13~2016.10.14, 第31回日本整形外科学会基礎学術集会, 座長(Chairmanship).
2016.04.14~2016.04.16, 第45回日本脊椎脊髄病学会, 座長(Chairmanship).
2015.11.14~2015.11.15, 第130回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2015.05.21~2015.05.24, 第88回日本整形外科学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2015.04.16~2015.04.18, 第44回日本脊椎脊髄病学会, 座長(Chairmanship).
2014.11.22~2014.11.23, 第128回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2014.10.09~2014.10.10, 第29回日本整形外科学会基礎学術集会, 座長(Chairmanship).
2014.06.07~2014.06.08, 第127回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2014.04.17~2014.04.19, 第43回日本脊椎脊髄病学会, 座長(Chairmanship).
2013.11.14~2013.11.15, 第48回日本脊髄障害医究会, 座長(Chairmanship).
2013.11.09~2013.11.10, 第126回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2013.06.08~2013.06.09, 第125回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2013.05.23~2013.05.26, 第86回日本整形外科学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2013.04.25~2013.04.27, 第42回日本脊椎脊髄病学会, 座長(Chairmanship).
2012.11.17~2012.11.18, 第124回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2012.06.02~2012.06.03, 第123回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.11.26~2011.11.27, 第122回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.06.11~2011.06.12, 第121回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2010.11.13~2010.11.14, 第120回西日本整形・災害外科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2010.06.04~2010.06.05, 第119回西日本整形・災害外科学会, 座長(Chairmanship).
2012.06.01~2012.06.01, 第77回西日本脊椎研究会, 当番世話人(主催).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2021年度 13    39  53 
2020年度 16    44  61 
2019年度   44  55 
2018年度   52  60 
2017年度 62  68 
2016年度     32  36 
2014年度     29  32 
2013年度     10  11 
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Washington University, Orthopaedic Surgery, UnitedStatesofAmerica, 2006.08~2007.07.
Twin Cities Spine Center, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2006.01~2006.07.
受賞
九大温研同窓会賞会長賞, 九大温研同窓会, 2021.11.
西日本脊椎研究会 奨励賞, 西日本脊椎研究会, 2014.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 力学的強度を保ちつつ挿入可能な椎弓根スクリュー径に関する検討.
2005年度~2007年度, 若手研究(B), 代表, 運動能の制御による悪性腫瘍の基底膜浸潤・転移の抑制法の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」