九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
前田 豊樹(まえだ とよき) データ更新日:2020.07.09



主な研究テーマ
脳内体細胞DNA組換え 体細胞ゲノムの不安定性
キーワード:遺伝子再構成 環状DNA 反復配列
1987.04.
ゲノムDNAの加齢性変化の検出
キーワード:テロメア、加齢、老化
2006.06~2018.06.
温泉利用による生活習慣病の予防
キーワード:温泉
2012.04~2015.03.
温熱療法としての鉱泥浴による難治性慢性疼痛性疾患の治療
キーワード:鉱泥浴
2011.04.
従事しているプロジェクト研究
生活習慣病における血管系および自律神経系機能に対する炭酸泉浴の効果の探索的検討
2012.09~2013.08, 代表者:牧野直樹, 九州大学病院別府病院, 九州大学病院別府病院
炭酸入浴剤入浴による、高血圧などの生活習慣病に対する治療的効果の有無を検証する.
温泉浴の臨床効果の評価法の検討
2011.07, 代表者:前田豊樹, 九州大学病院別府病院, 九州大学病院別府病院
当院の温泉浴は、筋力低下、疼痛、肥満などの病的状態に対して治療効果有するとされる。汎用性の高い指標として末梢血テロメア長の微細な変化をとらえることで、このような効果を客観的に評価できるかどうかを検証したい。.
別府市高齢者における温泉と健康に関する疫学調査
2011.11~2015.03, 代表者:前田豊樹, 九州大学病院別府病院, 九州大学病院別府病院
別府市在住の方に、疾患の既往歴と温泉利用の内容をアンケート調査して、温泉の健康増進効果探索の一助とする。
2012年度は、65歳以上の別府市民2万人に「温泉と健康に関するアンケート」を配布し、11,146通の回答を受け取った。中間解析結果では、温泉の入浴頻度と虚血性心疾患、脳卒中の既往と逆相関が認められた。さらに詳細に解析を続けていく。.
Gender and telomere length: Systematic review and meta-analysis
2012.04~2014.05, 代表者:Gardner M, University of Bristol, University of Bristol, the Halcyon study team (英国).
人工炭酸泉浴による慢性疼痛性疾患の治療
2012.07, 代表者:前田豊樹, 九州大学病院別府病院, 九州大学病院別府病院(日本).
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Maeda T, Mimori K, Suzuki S, Horiuchi T, Makino N, Preventive and promotive effects of habitual spa-bathing on the elderly in Japan., Scientific Reports, 10.1038/s41598-017-18488-3., 8, 1, 133, 2018.01.
2. Maeda T, Kurita R, Yokoo T, Tani K, Makino N., Telomerase inhibition promotes an initial step of cell differentiation of primate embryonic stem cell, Biochem. Biophys. Res. Commun., 407, 3, 491-494, 2011.04.
3. 前田豊樹、牧野直樹, 高血圧患者におけるアムロジピン錠「EMEC」の臨床的検討, Progress in Medicine, 30, 12, 3143-3152, 2010.12.
4. Maeda, Toyoki; Oyama, Jun-ichi; Koyanagi, Masamichi; Higuchi, Yoshihiro; Sasaki, Makoto; Mimori, Koshi; Arima Takahiro and Makino Naoki. , The correlation between clinical laboratory data and telomeric status of male patients with metabolic disorders and no clinical history of vascular events., Aging Male, 14, 2, 21-26, 2011.03.
5. T Maeda, J-I Oyama, M Sasaki, T Arima, and N Makino., The correlation between the clinical laboratory data and the telomere length in peripheral blood leukocytes of Japanese female patients with hypertension., J Nutr Health Aging , 15, 3, 240-244, 2011.03.
6. T. Maeda, J-I. Oyama, Y. Higuchi, Y. Nishiyama, Y. Kudo, T Yamori, T. Nakazono, T. Arima, K. Mimori, N.Makino., The physical ability of Japanese female elderly with cerebrovascular disease correlates to the telomere length and subtelomeric methylation status in their peripheral blood leukocytes., Gerontology, 57, 2, 137-143, 2011.02.
7. T. Maeda, J-I Oyama, M. Sasaki, Y. Nishiyama, Y. Kudo, T. Yamori, T. Nakazono, T. Arima and N. Makino., The physical ability of elderly female Japanese patients with cerebrovascular disease correlates with the telomere length in their peripheral blood leukocytes., Aging Clin Exp Res, 23, 1, 22-28, 2011.02.
8. T. Maeda, J-I. Oyama, Y. Higuchi, T. Arima, K. Mimori, N. Makino., The correlation between the telomeric parameters and the clinical laboratory data in the patients with brain infarct and metabolic disorders., J Nutr Health Aging, 14, 9, 793-797, 2010.09.
9. Toyoki Maeda, Jing Zhi Guan, Jun-ichi Oyama, Yoshihiro Higuchi, Naoki Makino., Aging-associated alteration of subtelomeric methylation in Parkinson’s disease. , Journals Gerontol, Series A, Biological Sci and Med Sci, 64巻、9号、949−955ページ, 2009.09.
10. Toyoki Maeda, Jing Zhi Guan, Jun-ichi Oyama, Yoshihiro Higuchi, Naoki Makino, Age-related changes in subtelomeric methylation in the normal Japanese population. , the Journals of Gerontology, Series A, Biological Science and Medical Science
, 64巻, 426-434ページ, 2009.02.
11. Guan JZ, Maeda T, Sugano M, Oyama J, Higuchi Y, Makino N., A Percentage Analysis of the Telomere Length in Parkinson Disease Patients , J Gerontol A Biol Sci Med Sci. , 63(5):467-473., 2008.05.
12. Maeda, T., Chijiiwa, Y., Tsuji, H., Sakoda, S., Tani, K and Suzuki, T., Somatic DNA recombination yielding circular DNA and deletion of a genomic region in embryonic brain., Biochem. Biophys. Res. Commun, 10.1016/j.bbrc.2004.05.093, 319, 4, 1117-1123, Vol 319: 1117-1123., 2004.06.
13. Maeda T, Sugiyama H. Tani Y. Miyake Y. Oka Y. Komori T. Ogawa H.Soma T. Minami Y. Sakato N. and Kishimoto S., The DJh complex remains active in recombination to Vh segments after the loss of mu-chain expression in mu-positive pre-B cells., Journal of Immunology, Vol 166: p607-612, 1989.01.
14. Maeda, Toyoki. Sugiyama, H. Tani, S. Miyake, Y. Oka, H. Ogawa, T. Komori, T. Soma, T and Kishimoto, S., Start of mu-chain production by further two-step rearrangements of immunoglobulin heavy chain genes on one chromosome from a DJh/DJh complex formation, Journal of Immunology, Vol.138, p2305-2309, 1987.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 前田豊樹、堀内孝彦, 別府市高齢者2万人を対象とした温泉利用と既往症に関するアンケート調査の解析, 第82回温泉気候物理医学会, 2017.06.
2. Toyoki Maeda, The medical effects of hot spring bathing, Beppu-Rotorua Sister City Partnership 30th Anniversary Preoject, 2017.06.
3. 前田 豊樹, The effects of hot spring bathing (pelotherapy) for chronic pains with fibromyalgia syndrome, 10th FENS Forum, 2016.07.
4. 前田 豊樹, 線維筋痛症に対する鉱泥浴治療効果の検証, 第6回日本線維筋痛症学会, 2014.06.
5. 前田 豊樹, The effects of hot spring bathing for mental and physical health., 28th International Conference of Applied Psychology, 2014.07.
6. 前田 豊樹, 臨床検査値から判る老化時計テロメアの長さ, 日本抗加齢医学会, 2014.06.
7. 前田豊樹、牧野直樹, 外来男性生活習慣病患者における臨床検査値と末梢白血球テロメア長の相関の検討, 第21回日本老年医学会九州地方会, 2011.03.
8. 前田豊樹、牧野直樹, 療養病床における女性脳卒中入院患者の身体機能と末梢血白血球テロメア長関連パラメータの相関について, 第52回日本老年医学会学術集会, 2010.06.
9. 前田豊樹、尾山純一、樋口義洋、牧野直樹, 高血圧治療中女性患者における各臨床検査値と末梢血白血球テロメア長の相関の検討, 第107回日本内科学会総会・講演会, 2010.04.
10. 前田豊樹、牧野直樹, 女性高血圧患者における各種臨床検査値と末梢血白血球テロメア長の相関の検討, 第20回日本老年医学会九州地方会, 2010.03.
11. 前田豊樹, Telomeric and subtelomeric structural change with aging in chronically ill patients, XIXth IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, 2009.07.
12. 前田豊樹、牧野直樹, 療養病床高齢入院患者における種々の臨床検査値と末梢血白血球テロメア長の相関について, 第51回日本老年医学会学術集会, 2009.03.
13. 前田豊樹、牧野直樹, 療養病床入院患者末梢血白血球テロメア長の解析, 第19回日本老年医学会九州地方会, 2009.03.
14. 前田豊樹, ゲノムDNAの加齢性変化と疾病, 第12回日本適応医学会学術集会, 2008.06.
15. 前田豊樹, ゲノムDNAの加齢性変化と疾病 , 第12回日本適応医学会, 2008.06.
学会活動
所属学会名
日本内科学会
日本温泉気候物理医学会
日本線維筋痛症学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2006.02, 別府医師会学術講演会, 座長(Chairmanship).
2012.03.03~2012.03.03, 第22回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2013.03.09~2013.03.09, 第23回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2008.06.06~2008.06.07, 第12回日本適応医学会, 学会事務局.
2012.03.03~2012.03.03, 第22回日本老年医学会九州地方会, 幹事.
2013.05.24~2013.05.26, 第78回日本温泉気候物理医学会総会, 学会事務局.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2005.05~2007.04, 1ヶ月以上, 九州大学生体防御医学研究所, China, 学内資金.
受賞
第37回日本健康開発財団研究助成最優秀研究賞, 日本健康開発財団, 2012.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 血清中テロメアDNA解析による老化パラメータの開発.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 慢性疾患患者末梢血白血球の環状テロメアDNAの定量によるゲノム老化の評価について.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, 慢性疾患患者末梢白血球のテロメア短縮とその近傍領域脱メチル化の連関について.
2004年度~2005年度, 萌芽研究, 代表, ランダムリボザイム法によるマーモセットES細胞の分化誘導関連遺伝子同定と解析.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2012年度~2014年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 温泉利用が健康づくりにもたらす総合的効果についてのエビデンスに関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2005年度~2006年度, 千代田健康開発事業団医学研究助成, 代表, テロメア近傍域の安定性に対する老年病の影響について.
2007年度~2007年度, 花王健康科学研究助成金, 代表, 慢性心不全患者に対する温熱療法の効果.
2011年度~2011年度, 日本健康開発事業団研究助成, 代表, 温熱効果のテロメアDNA老化性変化への影響の解析
.
寄附金の受入状況
2019年度, 田辺三菱製薬株式会社, 田辺三菱研究助成 / ブドウ糖濃度依存性血管内皮細胞老化のテロメア長変化による評価とインスリンによるその是正の検証.
2019年度, 日本化薬株式会社, 日本化薬研究助成 / マイルドハイパーサーミアによる神経原性腫瘍細胞株の胎生脳組織特異的易組み換え領域の不安定化の検証 .
2018年度, 第一三共製薬, Neuroblastomaにおけるゲノム不安定性の増大促進の治療応用に関する研究.
2015年度, イーライ・リリー, 研究助成金.
2014年度, イーライ・リリー, 研究助成金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」