九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
鮫島 俊哉(さめじま としや) データ更新日:2021.06.21



大学院(学府)担当

学部担当



電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/toshiya-samejima
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
電話番号
092-553-4545
FAX番号
092-553-4545
就職実績-他大学
就職実績有, 早稲田大学理工学研究センター
取得学位
博士(工学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
音響工学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
音響工学,特に,
(1)音響・振動システムの“理論解析および数値解析”
(2)音響・振動システムのパッシブ・アクティブ“制御”
の研究を行っている。

具体的な研究テーマは,以下のようなものである。

(1) 音響・振動システムの“理論解析および数値解析”に関する研究
 ○ 楽器(気鳴,弦鳴,膜鳴,体鳴,電鳴楽器)・舞台装置(平台,雛壇など)の振動場・音場・流体音響場の連成解析
 ○ 電子楽器用物理モデル音源の高忠実度化・高精度化・高能率化
 ○ 電気音響変換器(コーン形スピーカ,分布振動モード形スピーカ,ヘッドホンなど)の音響振動連成解析
 ○ 海洋音響における音波伝搬解析・地震波伝搬解析
 ○ 鉄道用レールの振動とその放射音(転動音)の連成解析

(2) 音響・振動システムのパッシブ・アクティブ“制御”に関する研究
 ○ 楽器・舞台装置・電気音響変換器のパッシブ・アクティブ制御(アコースティックエレクトリックギターのアクティブ制御,ウルフキラーの最適設計,チェロのエンドピン・エンドピンストッパの最適設計,ヘッドホンの振動制御,スピーカの非線形歪み除去など)
 ○ 音響メタマテリアルへの制御理論の導入
 ○ アクティブ制御型音響材料(吸音材や遮音材)の開発
 ○ 音場再生システム・騒音振動制御システムへの先進的制御理論の導入
 ○ 制御理論に立脚した高精度・高能率A-D 変換器(1 bit 量子化用デルタシグマ変調器) の開発とロスレス圧縮符号化への応用

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」