九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
戸叶 基樹(とがのう もとき) データ更新日:2019.06.20

助教 /  工学研究院 応用化学部門 有機機能分子化学


主な研究テーマ
ポルフィリン異性体および関連化合物に関する理論的研究
キーワード:ポルフィリン、密度汎関数法
2015.04.
ポルフィリン変異種を用いたバイオプローブの開発
キーワード:ポルフィリン
2006.04.
N-フューズポルフィリンを基本骨格とする有機材料の開発
キーワード:ポルフィリン,近赤外光
2004.04.
ポルフィリン型配位子を有する金属錯体の合成とその応用
キーワード:ポルフィリン,金属錯体
2003.10.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Motoki Toganoh, Hideaki Matsuo, Furuta, H, Ruthenocene-Type Complexes of N-Fused Porphyrins, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 10.1002/chem.201600813, 22, 24, 8316-8322, 2016.06.
2. Motoki Toganoh, Yasunori Kawabe, Hidemitsu Uno, Hiroyuki Furuta, Unique Interaction between Directly Linked Laminated p Planes in the Benzonorrole Dimer, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 10.1002/anie.201203712, 51, 35, 8753-8756, 2012.08.
3. Motoki Toganoh, Takaaki Yamamoto, Takayoshi Hihara, Hisanori Akimaru, Hiroyuki Furuta, Regulation of NH-tautomerism in N-confused porphyrin by N-alkylation, ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 10.1039/c2ob25351h, 10, 22, 4367-4374, 2012.04.
4. Toganoh, M.; Gokulnath, S.; Kawabe, Y.; Furuta, H., Synthesis and Reactivity of 5,10,15-Triaryl Doubly N-Confused Bilanes, Chem. Eur. J., 18, 14, 4380-4391, 2012.04.
5. Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Blooming of confused porphyrinoids-fusion, expansion, contraction, and more confusion, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 10.1039/c1cc14633e, 48, 7, 937-954, 2012.01.
6. Toganoh, M.; Takayama, T.; Ritesh, N.; Kimizuka, N.; Furuta, H., Synthesis and Properties of Acetylene-Bridged N-Confused Porphyrin Dimers, Chem. Lett. , 40, 9, 1021-1023,
, 2011.09.
7. Toganoh, M.; Kawabe, Y.; Furuta, H. , C-Fused Norrole: A Fused Corrole Isomer Bearing A N,C-Linked Bipyrrole Unit, J. Org. Chem. , 76, 7618-7622, 2011.08.
8. Fujino, K.; Hirata, Y.; Kawabe, Y.; Morimoto, T.; Srinivasan, A.; Toganoh, M.; Miseki, Y.; Kudo, A.; Furuta, H., Confusion and Neo-Confusion: New Corrole Isomers with an NNNC Core, Angew. Chem. Int. Ed. , 50, 30, 6855-6859, 2011.07.
9. Ikeda, S.; Toganoh, M.; Furuta, H. , Synthesis, Reactivity, and Properties of N-Fused Porphyrin Manganese(I)Tricarbonyl Complexes, Inorg. Chem., 50, 13, 6029-6043, 2011.06.
10. Toganoh, M.; Sato, A.; Furuta, H. , Double-decker Ferrocene-type Complex of N-Fused Porphyrin: A Model of π-Extended Ferrocene?, Angew. Chem. Int. Ed. , 50, 12, 2752-2755, 2011.03.
11. Ikeda, S.; Toganoh, M.; Easwaramoorthi, S.; Lim, J. M.; Kim, D.; Furuta, H. , Synthesis and Photophysical Properties of N-Fused Tetraphenylporphyrin Derivatives: Near-Infrared Organic Dye of [18]Annulenic Compounds, J. Org. Chem. , 2010, 75, 8637-8649., 2010.11.
12. Toganoh, M.; Furuta, H., Theoretical study on conformation and electronic state of Hükel-aromatic multiply N-confused [26]hexaphyrins, J. Org. Chem., 2010, 75, 8213-8223., 2010.11.
13. Toganoh, M.; Hihara, Y.; Furuta, H. , N-Heterocyclic Carbene Embedded in an N-Confused Porphyrin Framework, Inorg. Chem., 2010, 49, 8182-8184., 2010.08.
14. Lim, J. M.; Lee, J. S.; Chung, H. W.; Bahng, H. W.; Yamaguchi, K.; Toganoh, M.; Furuta, H.; Kim, D. , Photophysical Properties of N-Confused Hexaphyrins: Effects of Confusion of Pyrrole Rings and Molecular Shape on Electronic Structures, Chem. Commun. , 2010, 46, 4357-4359.
, 2010.04.
15. Toganoh, M.; Harada, H.; Ikawa, Y.; Furuta, H. , Self-Assembly of Zn(II) Porphyrin-1,2,3-Triazole Conjugate with Alcohol Glue, Chem. Lett. , 2010, 39, 252-253.
, 2010.04.
16. Lee, J. S.; Lim, J. M.; Toganoh, M.; Furuta, H.; Kim, D. , Comparative Spectroscopic Studies on Porphyrin Derivatives: Electronic Perturbation of N-Confused and N-Fused Porphyrins, Chem. Commun., 46, 285-287., 2010.02.
17. Toganoh, M.; Furuta, H. , Theoretical Study on Rotation of Pyrrole Rings in Porphyrin and N-Confused Porphyrin, J. Phys. Chem. A. , 113, 13953-13963, 2009.10.
18. Toganoh, M.; Miyachi, H.; Akimaru, H.; Ito, F.; Nagamura, T.; Furuta, H , Anion Responsive Dyad System of Porphyrin and N-Confused Porphyrin, Org. Biomol. Chem., 6151-6158, 2009.07.
19. Toganoh, M.; Ogawa, H.; Morimoto, T.; Furuta, H. , Programmed Asymmetrical Trimer Formation of b-alkyk N-confused Porphyrin Zinc(II) Complexes, Supramol. Chem. , 21, 324-330, 2009.02.
20. Toganoh, M.; Hihara, T.; Yonekura K.; Ishikawa, Y.; Furuta, H. , Synthesis and Characterization of Novel Azo-embedded N-Confused Tetraphenylporphyrin, J. Porphyrins Phthalocyanines , 13, 215-222, 2009.02.
21. Srinivasan, A.; Toganoh, M.; Niino, T.; Osuka, A.; Furuta, H. , Synthesis of N-Confused Tetraphenylporphyrin Rhodium Complexes Having Versatile Metal Oxidation States, Inorg. Chem. , 47, 11305-11313, 2008.12.
22. Toganoh, M.; Kimura, T.; Furuta, H. , Endocyclic Extension of Porphyrin ケ-System by Interior Functionalization of N-Confused Porphyrins, Chem. Eur. J., 14, 34, 10585-10594, 2008.11.
23. Toganoh, M.; Kimura, T.; Uno, H.; Furuta, H. , Doubly N-Fused Porphyrin, Angew. Chem. Int. Ed. , 47, 46, 8913-8916 , 2008.11.
24. Toganoh, M.; Harada, N.; Furuta, H., Hydrogen-bonding Network in New Scorpionate-type Ligand Composed of Pyridine/Pyrrole Hybrid and Anion-binding Behavior of the Corresponding Rhodium Complexes in Alkyne Cyclotrimerization Reaction, J. Organomet. Chem., 693, 19, 3141-3150, 2008.09.
25. Toganoh, M.; Niino, T.; Furuta, H. , Luminescent gold(III) Organometallic Complex of N-Confused Tetraphenylporphyrin, Chem. Commun., 4070-4072, 2008.09.
26. Toganoh, M.; Fujino, K.; Ikeda, S.; Furuta, H. , Catalytic Deoxygenation of Pyridine N-Oxide with N-Fused Porphyrin Rhenium Complexes, Tetrahedron Lett. , 2008, 49, 1488-1491., 2008.02.
27. Toganoh, M.; Kimura, T.; Furuta, H. , Endocyclic Extension of Porphyrin ケ-System in Etheno-bridged N-Confused Tetraphenylporphyrin, Chem. Commun. , 102-104, 2008.01.
28. Toganoh, M.; Ikeda, S.; Furuta, H. , Synthesis, Reactivity, and Properties of N-Fused Porphyrin Rhenium(I) Tricarbonyl Complexes, Inorg. Chem. , 2007, 46. 10003-10015, 2007.07.
29. Toganoh, M.; Harada, N.; Morimoto, T.; Furuta, H., Experimental and theoretical studies on oligomer formation of N-confused porphyrin-zinc(II) complexes, Chem. Eur. J., 13 (8): 2257-2265, 2007.03.
30. Toganoh, M.; Niino, T.; Maeda, H.; Andrioletti, B.; Furuta, H., Unprecedented formation of a rhodium cluster triggered by rhodium-fastened N-confused gable porphyrin, Inorg. Chem., 45 (26): 10428-10430, 2006.12.
31. Toganoh, M.; Konagawa, J.; Furuta, H., Bis[iridium(I)] complex of inverted N-confused porphyrin, Inorg. Chem., 45 (10): 3852-3854, 2006.05.
32. Toganoh, M.; Ikeda, S.; Furuta, H., Re(VII) complex of N-fused tetraphenylporphyrin, Chem. Commun., 10.1039/b508208k, 36, 4589-4591, (36): 4589-4591, 2005.10.
33. Toganoh, M.; Furuta, H., Rhenium complexes of N-methyl N-confused tetraphenylporphyrin and its normal isomer, Chem. Lett., 10.1246/cl.2005.1034, 34, 7, 1034-1035, 34 (7): 1034-1035, 2005.07.
34. Toganoh, M.; Ishizuka, T.; Furuta, H., Synthesis and properties of rhenium tricarbonyl complex bearing N-fused tetraphenylporphyrin ligand, Chem. Commun., 10.1039/b406234e, 21, 2464-2465, (21): 2464-2465 , 2004.11.
35. Toganoh, M.; Matsuo, Y.; Nakamura, E., Synthesis of ferrocene/hydrofullerene hybrid and functionalized bucky ferrocenes, J. Am. Chem. Soc., 125 (46): 13974-13975, 2003.11.
36. Toganoh, M.; Matsuo, Y.; Nakamura, E., Synthesis and catalytic activity of rhodium diene complexes bearing indenyl-type fullerene eta(5)-ligand, J. Organomet. Chem., 683 (2): 295-300, 2003.10.
37. Toganoh, M.; Matsuo, Y.; Nakamura, E., Rhenium-templated regioselective polyhydrogenation reaction of [60]fullerene, Angew. Chem. Int. Ed., 42 (30): 3530-3532, 2003.08.
38. Toganoh, M.; Suzuki, K.; Udagawa, R.; Hirai, A.; Sawamura, M.; Nakamura, E, Regioselective synthesis of [60]fullerene eta(5)-indenide R3C60- and eta(5)-cyclopentadienide R5C60- bearing different R groups, Org. Bioorg. Chem., 1 (14): 2604-2611, 2003.07.
39. Sawamura, M.;Kuninobu, Y.; Toganoh, M.; Matsuo, Y.; Yamanaka, M.; Nakamura, E., Hybrid of ferrocene and fullerene, 124 (32): 9354-9355, 2002.08.
40. Sawamura, M.; Toganoh, M.; Iikura, H.; Matsuo, Y.; Hirai, A.; Nakamura, E., Cu(I)-mediated regioselective tri-addition of Grignard reagent to [70]fullerene. Synthesis of indenyl-type metal ligand embedded into graphitic structure, J. Mater. Chem., 12 (7), 2109-2115, 2002.07.
41. M. NAKAMURA, M. TOGANOH, X. Q. WANG, S. YAMAGO, E. NAKAMURA, Intramolecular [3+2] Cycloaddition Reaction of Dipolar Trimethylenemethane, Chem. Lett., Vol. 29, No. 6, pp. 664-665, 2000.06.
42. M. SAWAMURA, M. TOGANOH, K. SUZUKI, A. HIRAI, H. IIKURA, E.NAKAMURA, Stepwise Synthesis of Fullerene Cyclopentadienide R5C60- and Indenide R3C60-. An Approach to Fully Unsymmetrically Substituted Derivatives, Org. Lett., Vol. 2, No. 13, pp. 1919-1921, 2000.06.
43. M. SAWAMURA, M. TOGANOH, Y. KUNINOBU, S. KATO, E. NAKAMURA, Synthesis of Pentamethyl-monohydro[60]fullerene C60Me5H and Its Use as, Chem. Lett., Vol. 29, No. 3, pp. 270-271, 2000.03.
44. M. NAKAMURA, M. TOGANOH, H. OHARA, E. NAKAMURA, Cycloaddition Reactions of Trimethylenemethane Radical Cation Generated from Methylenecyclopropanone Thioacetal, Org. Lett., Vol. 1, No. 1, pp. 7-9, 1999.07.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Toganoh, M.; Furuta, H. , N-Fused Porphyrin: A Maverick Member of the Porphyrin Family , 2019.03.
2. Toganoh, M.; Furuta, H. , Blooming of confused porphyrinoid ~ fusion, expansion, contraction, and more confusion, Chem. Commun. 2012, 48, 937-954, 2011.09.
3. 戸叶基樹, 「骨格融合法」はどこまで通用する?, 化学と工業, 2009.07.
4. 戸叶基樹・古田弘幸, ポルフィリンーホウ素錯体の新たな展開, 化学, 2008.04.
5. 戸叶基樹, 見えない発光:ポルフィリンオリゴマーの近赤外発光, 化学, 2006.12.
主要学会発表等
1. 野副 宏介, 松尾 英明, Masatoshi Ishida, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, メゾフェニル置換N-フューズポルフィリンイリジウム(III)ヒドリド錯体の合成と物性, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
2. 松尾 英明, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, Ligand Exchange Reaction of N-Fused Porphyrin Ruthenium Complex, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
3. 松尾 英明, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, Synthesis, Properties and Reactivity of N-Fused Porphyrin Ruthenium Complexes , 錯体化学会第66回討論会, 2016.09.
4. 松尾 英明, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, N-フューズポルフィリンルテニウム錯体の配位子交換反応, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
5. 橘俊宏, 石田 真敏, 戸叶 基樹, 清水 宗治, 古田 弘幸, 内部縮環N-混乱ポルフィリンの合成と物性, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
6. 松尾英明, 戸叶 基樹, 石田 真敏, 清水 宗治, 古田 弘幸, N-フューズポルィリンテニウム錯体の配位子交換反応, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
7. 松尾英明, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, N-フューズポルィリンテニウム錯体の異性化と配位子交換反応, 第31 回有機合成化学セミナー, 2014.09.
8. 松尾英明, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, N-フューズポルィリンテニウム錯体の異性化と配位子交換反応, 第25回基礎有機化学討論会, 2014.09.
9. 石川喬浩, 川部泰典, 石田 真敏, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, N-連結コロール誘導体のIr(III)錯体の合成と光物性, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
10. 野田 克哉, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, N-混乱コロール銅(Ⅲ)錯体の合成及び物性, 日本化学会第93春季年会, 2013.03.
11. 松尾 英明, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, N-フューズポルフィリンを配位子とするπ共役拡張ルテノセン型錯体の合成と物性, 日本化学会第93春季年会, 2013.03.
12. 松尾 英明, 佐藤 歩, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, N-フューズポルフィリンを用いたルテノセン型ヘテロサンドイッチ錯体の合成と物性, 日本化学会西日本大会, 2012.11.
13. 山本 敬晃, 戸叶 基樹, 森 重樹, 宇野英満, 古田 弘幸, 環外縮環型N-混乱ポルフィリンレニウム錯体の合成及び特性, 日本化学会西日本大会, 2012.11.
14. 野田 克哉, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, N-混乱コロール銅(III)錯体の合成、物性および反応性, 第23回基礎有機化学討論会, 2012.09.
15. 坂下 竜一, 戸叶 基樹, 古田 弘幸, 3-ピリジルエテニル置換 N-混乱ポルフィリンの熱異性化機構, 第23回基礎有機化学討論会, 2012.09.
16. Motoki Toganoh, Katsuya Noda, Hideaki Matsuo, Takumi Takayama, Yasunori Kawabe, Ayumi Sato, Hiroyuki Furuta, Construction of Extended π-System Based on Tetrapyrrolic N-Confused Porphyrinoids, 7th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, 2012.07.
17. 山本敬晃,戸叶基樹,古田弘幸, 酸素原子移動反応の協奏機能触媒として働くN-混乱ポルフィリンレニウム(V)錯体の合成, 日本化学会第92春季年会, 2012.03.
18. 野田克哉,戸叶基樹,古田弘幸, 混乱型コロール銅(III)錯体の合成及び物性, 日本化学会第92春季年会, 2012.03.
19. 戸叶基樹,川部泰典,古田弘幸, N,C-連結ビピロール部位を有する新規コロール変異種の合成と性質, 第22 回基礎有機化学討論会, 2011.09.
20. 山本敬晃,戸叶基樹,古田弘幸, N-混乱ポルフィリンレニウム錯体の合成と物性, 第22 回基礎有機化学討論会, 2011.09.
21. 坂下竜一,戸叶基樹,古田弘幸, 水素結合を用いたN-混乱ポルフィリンのNH互変異性制御, 第22 回基礎有機化学討論会, 2011.09.
22. 野田克哉,藤野敬太郎,戸叶基樹,古田弘幸, N-混乱型コロールの合成及び金属錯化, 第23回 若手研究者のためのセミナー, 2011.08.
23. 松尾英明,佐藤歩,戸叶基樹,古田弘幸, N-フューズテトラナフチルポルフィリンルテニウム錯体の合成と物性, 第23回 若手研究者のためのセミナー, 2011.08.
24. 山本敬晃・戸叶基樹・古田弘幸, 縮合多環構造を有するN-混乱ポルフィリンレニウム錯体の合成と物性, 第48回化学関連支部合同大会, 2011.07.
25. 坂下竜一,戸叶基樹,古田弘幸, 水素結合を用いたN-混乱ポルフィリンのNH互変異性制御, 第48回化学関連支部合同大会, 2011.07.
26. 西村啓一・戸叶基樹,・森重樹・宇野英満・古田弘幸, 新規N-混乱ヘキサフィリン(1.1.1.1.1.0)の合成と金属錯化, 第48回化学関連支部合同大会, 2011.07.
27. Takaaki Yamamoto, Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Synthesis and Property of N-Confused Porphyrin Rhenium Complex Bearing a Multiply Fused Ring, 3rd Georgian Bay International Conference on Bioinorganic Chemistry, 2011.06.
28. 山本敬晃,戸叶基樹,古田弘幸, 縮合多環構造を有するN-混乱ポルフィリンレニウム(I)錯体の合成と物性, 第5回三地区若手交流福岡ミニシンポジウム, 2011.05.
29. 山本敬晃,戸叶基樹,古田弘幸, 縮合多環構造を有するN-混乱ポルフィリンレニウム(I)錯体の合成と物性, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
30. Yasunori Kawabe, Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Synthesis and optical properties of new corrole isomer containing N–linked bipyrrole unit, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010.12.
31. Motoki Toganoh, Takayoshi Hihara, Hiroyuki Furuta, N-Heterocyclic carbene embedded in porphyrin framework, The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010.12.
32. 戸叶基樹・古田弘幸, 骨格融合法による新規π 共役化合物の構築とその応用, 第 3 回有機π電子シンポジウム, 2009.12.
33. Motoki Toganoh, Rotation of Pyrrole Rings and Interior Functionalization in Porphyrinoids, The 8th International Workshop, 2009.11.
34. 佐藤 歩,戸叶基樹,古田弘幸, ルテノセン型N-フューズポルフィリン錯体の合成と物性, 日本化学会第89春季年会, 2009.03.
35. 戸叶基樹, 大環状化合物の環内部化学修飾による有機近赤外発光材料の合成, 日本化学会第89春季年会第23回若い世代の特別講演会, 2009.03.
36. 川部泰典,戸叶基樹,古田弘幸, 多重N-混乱オリゴピロールの位置選択的合成, 第20回若手研究者のためのセミナー, 2008.12.
37. 高山拓未,山崎洋揮,戸叶基樹,古田弘幸, アセチレン架橋N−混乱ポルフィリン二量体の合成と物性, 第20回若手研究者のためのセミナー, 2008.12.
38. 佐藤 歩,池田慎也,戸叶基樹,古田弘幸, N-フューズポルフィリンルテニウム錯体の合成と物性, 九州錯体化学談話会創設40周年記念シンポジウム, 2008.11.
39. 戸叶基樹, 骨格融合法を基盤とするポルフィリン変異種の創製, 万有若手合宿セミナー, 2008.11.
40. 戸叶基樹, ポルフィリン変異種を配位子とする金属錯体の合成と触媒反応への展開, 有機合成化学講演会, 2008.11.
41. Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Coordination Chemistry of N-Confused and N-Fused Porphyrins, 236th ACS National Meeting & Exposition, 2008.08.
42. 木村 智之,戸叶 基樹,古田 弘幸, 二重N-フューズポルフィリンの合成, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
43. 宮地 宏直,戸叶 基樹,古田 弘幸, N-混乱ポルフィリン-ポルフィリン連結分子の合成および光学特性, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
44. Motoki Toganoh, Tomoyuki Kimura, Shinya Ikeda, Hiroyuki Furuta, Synthesis and Properties of Fused Porphyrinoids, The 1st Kyushu University Global COE / CNSI Joint Symposium on Molecular Nanosystems, 2008.01.
45. Motoki Toganoh, Shinya Ikeda, Hiroyuki Furuta, Near-IR Emission of Fused Porphyrinoids, The 1st Kyushu University Global COE / CNSI Joint Symposium on Molecular Nanosystems, 2008.01.
46. 藤野敬太郎,池田慎也,戸叶基樹,古田弘幸, N-フューズポルフィリンレニウム(VII)錯体を触媒とする酸素移送反応, 第19回若手研究者のためのセミナー, 2007.11.
47. 戸叶基樹, ピロール環の回転を鍵とする新規縮環型ポルフィリノイドの合成と性質, 第19回若手研究者のためのセミナー, 2007.11.
48. 戸叶基樹,木村智之,池田慎也,藤野敬太郎,古田弘幸, 特異な縮環構造を有する大環状化合物の合成と性質, 第37回構造有機化学討論会, 2007.10.
49. 藤野敬太郎,池田慎也,戸叶基樹,古田弘幸, N-フューズポルフィリンを配位子とした金属錯体の合成と性質, 第57回錯体化学討論会, 2007.09.
50. 藤野敬太郎,池田慎也,戸叶基樹,古田弘幸, N-フューズポルフィリンレニウム(VII)錯体を触媒とする酸素移送反応, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
51. Shinya Ikeda, Tomoyuki Kimura, Keitarou Fujino, Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Optical Properties and Metal Complexation of N-Fused Porphyrins, 12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, 2007.07.
52. Tomoyuki Kimura, Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Synthesis of etheno-bridged N-confused porphyin, 12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, 2007.07.
53. Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Twisting [18]annulene through rotation of pyrrole ring in tetrapyrrolic macrocycles, 12th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, 2007.07.
54. Motoki Toganoh, Construction of Unique Architectures through Rotation of Pyrrole Rings in Tetrapyrrolic Macrocycles, POST ISNA-12 Symposium on Physical Organic Chemistry, 2007.07.
55. 日原 崇貴,戸叶基樹,石川 雄一,古田弘幸, 環内部にアゾ基を有するN-混乱ポルフィリンの合成および物性, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
56. Shinya Ikeda, Tomoyuki Kimura, Keitarou Fujino, Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Photophysical and Catalytic Properties of N-Fused Porphyrin, 4th International Workshop on Supramolecular Nanoscience of Chemistry Programmes Pigments, 2007.06.
57. 池田慎也、木村智之、藤野敬太郎、戸叶基樹、古田弘幸, 縮環構造を有するポルフィリノイドの合成と光物性, 第一回三地区若手交流福岡ミニシンポジウム, 2007.05.
58. 池田慎也、木村智之、戸叶基樹、古田弘幸, N-フューズポルフィリンの近赤外発光特性, 日本化学会第87回春季年会, 2007.03.
59. 藤野敬太郎、池田慎也、戸叶基樹、古田弘幸, N-フューズポルフィリンレニウム(VII)錯体を触媒とする酸素移送反応, 日本化学会第87回春季年会, 2007.03.
60. 木村智之、戸叶基樹、古田弘幸, シリルエチニル基を有するN-フューズポルフィリンの近赤外発光特性, 日本化学会第87回春季年会, 2007.03.
61. 池田慎也、木村智之、戸叶基樹、古田弘幸, 特異な縮環構造を有するポルフィリン誘導体の近赤外発光特性, 第18回基礎有機化学連合討論会, 2006.10.
62. 戸叶基樹、池田慎也、木村智之、小名川丈、古田弘幸, ピロールの回転を利用したポルフィリン誘導体の合成と性質, 第18回基礎有機化学連合討論会, 2006.10.
63. 池田慎也、木村智之、戸叶基樹、古田弘幸, 特異な縮環構造を有するポルフィリン変異種の合成とその発光挙動, 第18回若手研究者のためのセミナー, 2006.08.
64. 木村智之、戸叶基樹、古田弘幸, 混乱ピロール環の回転を利用したエテノ架橋ポルフィリンの合成, 第18回若手研究者のためのセミナー, 2006.08.
65. 戸叶基樹、古田弘幸, ポルフィリン類のピロール環の回転に関する理論的研究, 第18回若手研究者のためのセミナー, 2006.08.
66. 戸叶基樹, ポルフィリン型配位子を有する機能性金属錯体の合成と応用, 九州大学21世紀COEプログラム 分子情報科学若手セミナー, 2006.07.
67. Motoki Toganoh, Shinya Ikeda, Tomoyuki Kimura, Hiroyuki Furuta, Near-IR Fluorescene of N-Fused Porphyrin, ICPP-4, 2006.07.
68. Shinya Ikeda, Motoki Toganoh, Tomoyuki Kimura, Hiroyuki Furuta, Near-IR Fluorescence of N-Fused Porphyrin Derivatives, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry, 2006.04.
69. 木村 智之,戸叶 基樹,古田 弘幸, 混乱ピロール環の回転を利用したエテノ架橋ポルフィリンの合成, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
70. 小名川 丈,戸叶 基樹,古田 弘幸, 反転配位構造を有するN-混乱ポルフィリンイリジウム錯体, 第55回錯体化学討論会, 2005.09.
71. 原田 直幸,戸叶 基樹,古田 弘幸, 新規三座窒素配位子を有する遷移金属錯体の合成, 第55回錯体化学討論会, 2005.09.
72. 戸叶 基樹,池田 慎也,古田 弘幸, ポルフィリン類縁体を一価三座配位子とするレニウム錯体の合成と性質, 第55回錯体化学討論会, 2005.09.
73. 池田 慎也,戸叶 基樹,古田 弘幸, N-フューズポルフィリンの近赤外発光, 2005年光化学討論会, 2005.09.
74. 原田 直幸,戸叶 基樹,古田 弘幸, 新規三座窒素配位子を有する遷移金属錯体の合成, 第42回化学関連支部合同九州大会, 2005.07.
75. 古田 弘幸,小名川 丈,戸叶 基樹, 新規N-混乱ポルフィリンイリジウム錯体の合成, 日本化学会第85春季年会, 2005.03.
76. 古田 弘幸,戸叶 基樹,池田 慎也, N-フューズポルフィリンレニウム錯体の合成と反応, 日本化学会第85春季年会, 2005.03.
77. 戸叶 基樹, ポルフィリン型配位子を有する遷移金属錯体の合成および反応性, 第3回資源化学研究所フォーラム, 2005.03.
78. 戸叶 基樹,古田 弘幸, ポルフィリン型配位子を有する新規金属錯体の合成, 第9回ケイ素化学協会シンポジウム, 2004.10.
79. Motoki Toganoh, Hiroyuki Furuta, Rhenium Tricarbonyl Complexes bearing Porphyrinoid Ligands, The 1st International Symposium on Functional Innovation of Molecular Informatics, 2004.10.
80. 戸叶 基樹,アラガー スリニバサン,古田 弘幸, N-混乱ポルフィリンを配位子とする遷移金属錯体の合成, 日本化学会第84春季年会, 2004.03.
81. Motoki Toganoh, Yutaka Matsuo, Eiichi Nakamura, Regioselective Synthesis of Metal h5-Complexes of Hydrofullerenes, IKCOC-9, 2003.11.
82. 戸叶 基樹,柴野 佑紀,片岡 健,辻 勇人,玉尾 皓平, オリゴシランーポルフィリン連結分子の合成と性質, 第8回ケイ素化学協会シンポジウム, 2003.10.
83. 戸叶 基樹,松尾 豊,中村 栄一, 5炭素結合型水素化フラーレンレニウム錯体の位置選択的合成, 日本化学会第83春季年会, 2003.03.
84. 戸叶 基樹,松尾 豊,沢村 正也,中村 栄一, 80dπ系を有するフェロセンー[70]フラーレンハイブリッドの合成と構造, 日本化学会第81春季年会, 2002.03.
85. Motoki Toganoh, Atsushi Hirai, Masaya Sawamura, Eiichi Nakamura, Mechanistic Studies on Five-fold Organocopper Addition to [60]Fullerene. New Routes to Cyclopentadienyl and Indenyl Metal Complexes, OMCOS-11, 2001.06.
86. 戸叶 基樹,王 暁群,中村 正治,山子 茂,中村 栄一, 分極したトリメチレンメタン活性種を用いるジアステレオ選択的分子内環化反応, 日本化学会第76春季年会, 1999.03.
87. 戸叶 基樹,小原 広之,中村 正治,中村 栄一, 硫黄官能基を有するトリメチレンメタン前駆体の合成と反応, 日本化学会第74春季年会, 1998.03.
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  2件
学会活動
所属学会名
有機合成化学協会
日本化学会
学協会役員等への就任
2008.11~2013.03, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2008.11~2009.06, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2012.03.25~2012.03.28, 日本化学会第92春季年会, 座長(Chairmanship).
2009.03.27~2009.03.30, 日本化学会第89春季年会, 座長(Chairmanship).
2006.03~2006.03, 日本化学会第86春季年会, 座長(Chairmanship).
2004.03~2004.03, 日本化学会第84春季年会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2008年度      
2004年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, UnitedStatesofAmerica, 2010.12~2010.12.
236th ACS National Meeting & Exposition , UnitedStatesofAmerica, 2008.08~2008.08.
CNSI, UnitedStatesofAmerica, 2008.01~2008.01.
ICPP-4, Italy, 2006.07~2006.07.
外国人研究者等の受入れ状況
2014.03~2016.03, 1ヶ月以上, India.
2010.09~2012.03, 1ヶ月以上, India.
2009.04~2011.03, 1ヶ月以上, India.
受賞
ADEKA研究企画賞, 有機合成化学協会, 2008.12.
奨励賞, 有機合成化学協会 九州山口支部, 2008.06.
BCSJ Award Article, 日本化学会, 2006.09.
井上研究奨励賞, 井上科学振興財団, 2005.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, N-混乱コロールの合成と金属錯化に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2008年度, 武田科学振興財団一般研究奨励, 代表, 骨格融合法による近赤外発光アニオン認識プローブの開発.
2005年度~2006年度, 服部報公会 工学研究奨励援助金, 代表, N-フューズポルフィリンを基本骨格とする近赤外発光プローブ分子の開発.
2004年度~2004年度, 笹川科学研究助成, 代表, 水溶性N-混乱ポルフィリンの合成とその水中挙動の解明.
寄附金の受入状況
2008年度, 株式会社ADEKA, 有機合成化学協会ADEKA研究企画賞.
学内資金・基金等への採択状況
2006年度~2006年度, 工学部国際学術交流資金, 代表, ICPP-4参加費用
"Near-IR fluorescence of N-fused porphyrin".
2005年度~2005年度, 工学研究院若手研究助成, 分担.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」