九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
溝口 昌弘(みぞぐち まさひろ) データ更新日:2021.05.31

准教授 /  医学研究院 附属脳神経病研究施設 外科学講座


主な研究テーマ
リキッドバイオプシーによるグリオーマ免疫微小環境の解明
キーワード:グリオーマ、リキッドバイオプシー、免疫微小環境、がんゲノム医療
2021.04~2021.05.
脳腫瘍におけるリキッドバイップシーの開発
キーワード:脳腫瘍 グリオーマ リキッドバイオプシー
2015.04~2020.07.
脳腫瘍の遺伝子解析
キーワード:脳腫瘍、遺伝子、シグナル伝達、分子標的治療
2001.10~2011.03.
microRNAによる脳腫瘍幹細胞能制御機構の解明と治療への応用
キーワード:脳腫瘍幹細胞  microRNA
2010.06~2013.03.
脳腫瘍幹細胞におけるmicroRNA発現とシグナル伝達異常
キーワード:脳腫瘍幹細胞  microRNA
2005.06~2009.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Mori M, Chiba T, Nakamizo A, Kumashiro R, Murata M, Akahoshi T, Tomikawa M, Kikkawa Y, Yoshimoto K, Mizoguchi M, Sasaki T, Hashizume M:, Intraoperative visualization of cerebral oxygenation using hyperspectral image data: a two-dimensional mapping method, Int J Comput Assist Radiol Surg, 9, 6, 1059-1072, 2014.11.
2. Kikkawa Y, Matsuo S, Hokama M, Kurogi R, Nakamizo A, Mizoguchi M, Sasaki T, Gene Expression Profiling and Bioinformatic Analysis of Rabbit Basilar Artery after Experimental Subarachnoid Hemorrhage, J Neurol Neurophysiol, 5, 210, 2014.01.
3. Xinlong Ma, Koji Yoshimoto, Yanlei Guan, Nobuhiro Hata, Masahiro Mizoguchi, Noriaki Sagata, Hideki Murata, Daisuke Kuga, TOSHIYUKI AMANO, Akira Nakamizo, Tomio Sasaki, Associations between microRNA expression and mesenchymal marker gene expression in glioblastoma, 10.1093/neuonc/nos145, 14, 9, 1153-1162, 2012.09.
4. Masahiro Mizoguchi, Koji Yoshimoto, Xilong Ma, Yanlei Guan, Nobuhiro Hata, TOSHIYUKI AMANO, Akira Nakamizo, Satoshi O Suzuki, Toru Iwaki, Tomio Sasaki, Molecular characteristics of glioblastoma with 1p/19q co-deletion, 10.1007/s10014-012-0107-z, 29, 3, 148-153, 2012.07.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 溝口 昌弘、 庄野 禎久, 悪性神経膠腫の遺伝子解析とその臨床応用, 脳神経外科, 2008.01.
2. Mizoguchi M, Kuga D, Guan Y, Hata N, Nakamizo A, Yoshimoto K, Sasaki T., Loss of heterozygosity analysis in malignant gliomas., Brain Tumor Pathol, 2011.07, Despite recent advances in the diagnosis and treatment of glioblastomas, patient outcomes for these highly malignant tumors remain poor. Research into the molecular pathology of glioblastoma has uncovered various genetic changes that contribute to malignancy. Some of the identified molecular markers--such as loss of heterozygosity (LOH) on chromosome 1p/19q and chromosome 10, O6-methylguanine methyltransferase promoter hypermethylation, and mutation of isocitrate dehydrogenase-1--may help to predict patient outcomes. Indeed, LOH analysis is an effective approach to classify malignant gliomas. Genome-wide analyses have revealed that the extent and pattern of LOH regions may have important implications for the clinical course of the disease. As the genetic underpinnings of malignant gliomas are complex and varied, careful selection of the methods for genetic analysis in the clinic is important. The fundamental principles of each assay need to be understood to allow careful selection of practically useful methods. This review summarizes recent developments in the molecular analysis of malignant glioma..
3. Koji Yoshimoto, Masahiro Mizoguchi, Nobuhiro Hata, TOSHIYUKI AMANO, Akira Nakamizo, Tomio Sasaki, Molecular biomarkers of glioblastoma: current targets and clinical implications, 2012.10.
4. Masahiro Mizoguchi, Yanlei Guan, Koji Yoshimoto, Nobuhiro Hata, TOSHIYUKI AMANO, Akira Nakamizo, Tomio Sasaki, MicroRNAs in Human Malignant Gliomas, 2012.10.
5. Koji Yoshimoto, Masahiro Mizoguchi, Nobuhiro Hata, Hideki Murata, Ryusuke Hatae, TOSHIYUKI AMANO, Akira Nakamizo, Tomio Sasaki, Complex DNA repair pathways as possible therapeutic targets to overcome temozolomide resistance in glioblastoma, 2012.12.
6. Masahiro Mizoguchi, Yanlei Guan, Koji Yoshimoto, Nobuhiro Hata, TOSHIYUKI AMANO, Akira Nakamizo, Tomio Sasaki, Clinical implications of microRNAs in human glioblastoma, Frontiers in Oncology, 2013.02.
主要学会発表等
1. 溝口 昌弘、秦 暢宏、空閑 太亮、波多江 龍亮、三月田 裕平、雨宮 健生、藤岡 寛、瀧川 浩介、 舟越勇介, 脳腫瘍に対するがんゲノム医療の現状と展望
, 第39回日本脳腫瘍病理学会学術集会, 2021.05.
2. 溝口 昌弘、秦 暢宏、空閑 太亮、波多江 龍亮、三月田 裕平、雨宮 健生、藤岡 寛、瀧川 浩介、 舟越勇介、古賀友紀* , 脳腫瘍領域におけるがんゲノム医療の現状と展望
, 日本脳神経外科学会第79回学術総会, 2020.10.
3. 溝口 昌弘、秦 暢宏、空閑 太亮、波多江 龍亮、三月田 裕平、雨宮 健生、藤岡 寛、瀧川 浩介、 鈴木諭、岩城徹 , Diffuse gliomaにおける遺伝子診断の臨床的意義と問題点
, 第38回日本脳腫瘍病理学会学術集会, 2020.09.
4. 溝口 昌弘、秦 暢宏、空閑 太亮、波多江 龍亮、三月田 裕平、雨宮 健生、藤岡 寛、瀧川 浩介、 舟越勇介 , 分子診断に基づくグリオーマ治療戦略の検討
, 第25回日本脳腫瘍の外科学会, 2020.10.
5. 溝口 昌弘、秦 暢宏、空閑 太亮、赤木 洋二郎、波多江 龍亮、三月田 裕平、雨宮 健生、藤岡 寛、瀧川 浩介、 飯原 弘二, Lower grade gliomaに対する分子診断に基づく治療戦略, 第24回日本脳腫瘍の外科学会, 2019.09.
6. 溝口昌弘, 秦暢宏, 空閑太亮, 赤木洋二郎, 波多江龍亮, 吉本幸司, 飯原弘二., 神経膠腫GII/IIIの分子診断に基づく再分類と臨床的意義の検討, 日本脳神経外科学会 第77回学術総会, 2018.10.
7. 溝口昌弘, ベバシズマブ時代における悪性神経膠腫の診断と治療, 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015.10.
8. 溝口昌弘,吉本幸司,村田秀樹,波多江龍亮,赤木洋次郎,天野敏之,飯原弘二, グリオーマ診断における分子病理学の役割, 第33回日本脳腫瘍病理学会学術集会, 2015.05.
9. 溝口 昌弘, 分子病理学に基づくグリオーマ分類, 第34回日本脳神経外科コングレス総会, 2014.05.
10. 溝口 昌弘, 吉本 幸司, 村田 秀樹, 波多江 龍亮, 赤木 洋二郎, 天野 敏之, 中溝 玲, 神経膠腫におけるmicroRNA発現異常と遺伝子異常の検討, 第31回日本脳腫瘍学会学術総会, 2013.12.
11. 溝口 昌弘, 吉本 幸司, 村田 秀樹, 波多江 龍亮, 秦 暢宏, 天野 敏之, 中溝 玲, 神経膠腫におけるmicroRNA発現解析の意義, 日本脳神経外科学会第72回学術総会, 2013.10.
12. 溝口 昌弘, 吉本 幸司, 秦 暢宏, 村田 秀樹, 波多江 龍亮, 天野 敏之, 中溝 玲, 鈴木 諭, 岩城 徹, 佐々木 富男, High grade glioma診断における遺伝子解析の役割, 第31回日本脳腫瘍病理学会, 2013.05.
13. 溝口 昌弘, 吉本 幸司, 秦 暢宏, 天野 敏之, 中溝 玲, 佐々木 富男, グリオーマにおけるmicroRNA発現異常の網羅的解析, 第30回日本脳腫瘍学会学術集会, 2012.11.
14. 溝口 昌弘, 吉本 幸司, 秦 暢宏, 天野 敏之, 中溝 玲, 佐々木 富男, グリオーマにおけるmicroRNA網羅的発現解析に基づく新たな知見, 日本脳神経外科学会第71回学術総会, 2012.10.
15. 溝口 昌弘, 吉本 幸司, 秦 暢宏, 中溝 玲, 佐々木 富男, 悪性神経膠腫における網羅的microRNA発現解析, 悪性神経膠腫における網羅的microRNA発現解析, 2012.09.
16. 溝口 昌弘, 秦 暢宏, 吉本 幸司, 天野 敏之, 中溝 玲, 佐々木 富男, 膠芽腫テモゾロミド放射線同期療法後の早期再手術症例の検討, 第17回日本脳腫瘍の外科学会, 2012.09.
17. Masahiro Mizoguchi, Koji Yoshimoto, Nobuhiro Hata, TOSHIYUKI AMANO, Akira Nakamizo, Tomio Sasaki, Clinical Implications of Loss of Heterozygosity and IDH Mutation in Malignant Glioma, The 4th International Symposium of Brain Tumor Pathology, 2012.05.
18. Koji Yoshimoto, Masahiro Mizoguchi, Nobuhiro Hata, Tomio Sasaki, Diagnostic significance of microRNA and gene expression in glioma patients, The 4th International Symposium of Brain Tumor Pathology, 2012.05.
19. 溝口昌弘、秦暢宏、空閑太亮、吉本幸司、佐々木富男, 悪性神経膠腫における1p/19q欠失の評価, 第29回日本脳腫瘍学会学術集会, 2011.11.
20. 溝口昌弘、秦暢宏、官彦雷、空閑太亮、天野敏之、中溝玲、吉本幸司、佐々木富男, 遺伝子異常に基づくhigh grade gliomaの治療戦略, 日本脳神経外科学会第70回学術総会, 2011.10.
21. 溝口 昌弘、空閑 太亮、官 彦雷、秦 暢宏、中溝 玲、吉本 幸司、佐々木 富男, 膠芽腫における腫瘍局在と遺伝子異常、臨床経過に関する検討, 第16回日本脳腫瘍の外科学会, 2011.09, 【目的】近年の腫瘍幹細胞理論に基づき、神経幹細胞の存在するsubventricular zoneと腫瘍の関係が悪性度、予後と相関する可能性が示唆されている。今回、膠芽腫における腫瘍局在(側脳室壁、脳表との関係)と遺伝子異常、臨床経過の関連を検討する。【対象と方法】対象は成人テント上膠芽腫28例で、術前MRIにおける増強病変と脳室壁、脳表との関係をもとに4群に分類した。腫瘍局在とMGMTメチル化、loss of heterozygosity (LOH) 解析結果、臨床経過の関連を検討した。【結果】脳室壁、脳表の双方に接するGr1が8例、脳室壁のみに接するGr2が10例、脳表のみに接するGr3が9例、いずれにも接しないGr4が1例であった。Gr1、2、3におけるMGMTメチル化は13%、60%、13%であり、Gr2でMGMT メチル化の頻度が高かった。Ch10 LOHは55%、57%、75%であった。全生存期間中央値はGr1+2で321日、Gr3+4で886日であり、脳室に接する群が予後不良であった。しかし、Gr1, 2で亜全摘以上の摘出を行った群は予後の延長がみられた。【結論】脳室壁に接する症例は予後不良の傾向にあるが、遺伝子型に有意な差はなく、亜全摘以上の摘出術にて予後延長が期待できる。脳室壁に接する腫瘍に対しても積極的な摘出が望まれる。.
22. 溝口昌弘、官彦雷、馬心龍、空閑太亮、秦暢宏、吉本幸司、佐々木富男, 1p/19q共欠失GBMとoligodendrogliomaの分子病理学的比較, 第29回日本脳腫瘍病理学会, 2011.05, 【目的】近年の分子病理学の進歩に伴い、神経膠腫における遺伝子解析は臨床上、必須のものとなりつつある。我々は、複数の多型マーカーを用いたLOH解析を継続し、GBMの中にもoligodendroglioma(0D)に特徴的な1p/19q共欠失をもつ一群が存在することを報告してきた。今回、1p/19q共欠失GBMとODの分子病理学的解析を行い、これら2つの腫瘍の関連について比較検討した。【対象と方法】1p/19q共欠失GBM に対し、LOH、IDH1、EGFR(wt、vIII)、p16、p53遺伝子異常に関して解析を行い、さらにODに特徴的なproneural marker(OLIG2、DLL3、SOX2)の発現解析を行った。対照として1p/19q欠失を伴わないGBM、OD (grade2、3)を用いた。【結果】primary GBM 84例中、8例(9.5%)に1p/19q共欠失を認め、この群は予後良好の傾向を示した。形態学的にGBMOは1例で、その他の症例にOD componentは認められなかった。うち1例はgiant cell glioblastomaであった。8例中7例で10番染色体の全欠失を認め、全例で17p欠失を認め、ODと異なり広範な欠失を認めた。IDH1遺伝子変異は認めず、EGFR、p16、p53遺伝子異常の頻度も低かった。Proneural markerの発現は高い傾向にあった。【結語】1p/19q共欠失GBMは形態学的にもODの特徴に乏しく、IDH1遺伝子変異を伴わないことより、ODとの関連性は低いことが示唆された。1p/19q共欠失はGBMにおいても予後良好因子であるが、ODにおける分子病理学的意義と異なる可能性が示唆された。.
23. 溝口昌弘、官彦雷、荒木享江、空閑太亮、秦暢宏、吉本幸司、佐々木富男, 神経膠腫におけるIDH1遺伝子変異とLOHの検討, 第28回脳腫瘍学会, 2010.11.
24. 溝口昌弘、官彦雷、荒木享子、空閑太亮、秦暢宏、吉本幸司、佐々木富男, 分子病理学に基づく悪性神経膠腫の診断と治療, 日本脳神経外科学会第69回学術総会, 2010.10.
25. Masahiro Mizoguchi, Koji Yoshimoto, Yanlei Guan, Daisuke Kuga, Nobuhiro Hata, Tadahisa Shono, Tomio Sasaki, Loss of heterozygosity analysis of malignant gliomas using the PCR with multiple microsatellite markers, 7th Meeting of Asian Society for Neuro-Oncology, 2010.06.
26. 溝口昌弘、官彦雷、空閑太亮、秦暢宏、吉本幸司、庄野禎久、佐々木富男, LOH解析に基づく悪性神経膠腫の分子病理学的検討, 第28回脳腫瘍病理学会, 2010.05.
27. 溝口昌弘、空閑太亮、官彦雷、吉本幸司、庄野禎久、佐々木富男, 1p/19q共欠失神経膠芽腫の分子病理学的検討, 第27回脳腫瘍学会, 2009.11.
28. 溝口昌弘、官彦雷、空閑太亮、秦暢宏、吉本幸司、庄野禎久、佐々木富男, LOH解析に基づく悪性神経膠腫の分子病理学的検討, 第28回脳腫瘍病理学会, 2009.05.
29. 溝口昌弘、吉本幸司、庄野禎久、佐々木富男, Low-grade glioma悪性転化の検討, 日本脳神経外科学会第68回学術総会, 2009.05.
30. Masahiro Mizoguchi, Koji Yoshimoto, Yanlei Guan, Daisuke Kuga, Nobuhiro Hata, Tadahisa Shono, Tomio Sasaki, Genomewide Analysis of Loss of Heterozygosity in Glioblastoma using the SNP mapping array and the PCR with multiple microsatellite markers, The 3rd Quadrennial Meeting of the World Federation of Neuro-Oncology (WFNO), 2009.05.
31. 溝口昌弘、吉本幸司、庄野禎久、佐々木富男, 九州大学における脳腫瘍遺伝子解析の現状, 第27回脳腫瘍病理学会, 2009.05.
32. 溝口昌弘、官彦雷、空閑太亮、秦暢宏、吉本幸司、庄野禎久、佐々木富男, 遺伝子異常に基づく悪性神経膠腫治療戦略, 第13回日本脳腫瘍の外科学会, 2008.10.
33. 溝口昌弘、官彦雷、空閑太亮、秦暢宏、吉本幸司、庄野禎久、佐々木富男, グリオーマにおけるmultiple microsatellite markersを用いたLOH解析, 社団法人日本脳神経外科学会第67回学術総会, 2008.10.
34. 溝口昌弘、庄野禎久、吉本幸司、詠田眞治、佐々木富男, 成人low grade gliomaの長期治療成績, 第66回日本脳神経外科学会総会, 2007.10.
学会活動
所属学会名
日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳腫瘍学会
脳腫瘍の外科学会
日本脳腫瘍病理学会
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳神経CI学会
日本分子脳神経外科学会
学協会役員等への就任
2009.09~2015.08, 日本脳神経外科学会 九州支部, 代議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.10.09~2019.10.12, 日本脳神経外科学会第78回学術総会, 座長(Chairmanship).
2014.02.01~2014.02.01, 第116回 日本脳神経外科学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2013.06.22~2013.06.22, 第114回 日本脳神経外科学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2011.10.12~2011.10.14, 日本脳神経外科学会第70回学術総会, 座長(Chairmanship).
2011.09.17~2011.09.17, 第109回 日本脳神経外科学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2010.10.27~2010.10.29, 日本脳神経外科学会第69回学術総会, 座長(Chairmanship).
2010.02.06~2010.02.06, 第104回 日本脳神経外科学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2010.06.26~2010.06.26, 第105回 日本脳神経外科学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2011.02.19~2011.02.19, 第107回 日本脳神経外科学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2008.09.04~2008.09.04, 福岡頭痛研究会, 座長(Chairmanship).
2006.07~2006.07, 第4回玄海脳神経外科懇話会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2010年度
2011年度    
2013年度      
2019年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, UnitedStatesofAmerica, 2001.10~2003.12.
受賞
AACR Scholar in training award, American Associate of Cancer Research, 2003.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 分担, liquid Biopsyによる、神経膠腫の非信州的診断・病態把握システムの開発.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, microRNAによる脳腫瘍幹細胞能制御機構の解明と治療への応用.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 代表, 脳腫瘍幹細胞におけmicroRNA発現とシグナル伝達異常.
2005年度~2006年度, 萌芽研究, 代表, 一塩基多型を用いた10番染色体の解析ー新規がん抑制遺伝子同定への試みー.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」