九州大学 研究者情報
著書一覧
鬼倉 徳雄(おにくら のりお) データ更新日:2021.05.25

教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物資源学


著書
1. 鬼倉徳雄,中島 淳,林 博徳,西山 穏, 水田・水路でつなぐ生物多様性ポイントブック:九州北西部における提案, WWFジャパン, 2020.03.
2. 鬼倉 徳雄, 分布拡大が止まらない!九州の国内外来魚に関する最新情報,淡水魚保全の挑戦-水辺のにぎわいを取り戻す理念と実践(日本魚類学会自然保護委員会編,渡辺勝敏,森誠一責任編集), 東海大学出版部, 132-136, 2016.12.
3. 鬼倉 徳雄, 中島 淳, 第10章 特殊な人工水路,有明海沿岸域のクリーク網-人工水路が生み出した魚類生息環境の多様性-,魚のいきざま学(猿渡敏郎編), 171-188, 2016.06.
4. 鬼倉 徳雄, ダム湖流入河川の魚類相と試験湛水.ダムと環境の科学III エコトーンと環境創出(谷田一三・江崎保男・一柳英隆編), 京都大学出版会, 190-194, 2014.11.
5. 鬼倉 徳雄, 中島 淳, 乾 隆帝, 福岡県レッドデータブック2014 福岡県の希少野生生物 普及版 (魚類), 福岡県, 2014.08.
6. 鬼倉 徳雄, 中島 淳, 乾 隆帝, 福岡県レッドデータブック2014 福岡県の希少野生生物 (魚類), 福岡県, 2014.08.
7. 鬼倉 徳雄, 河口 洋一, 国内外来魚の分布予測モデル.見えない脅威”国内外来魚”(日本魚類学会自然保護委員会編,向井貴彦・鬼倉徳雄・淀大我・瀬能宏責任編集), 東海大学出版会, 143-150, 2013.07.
8. 鬼倉 徳雄, 向井 貴彦, 有明海沿岸域のクリーク地帯における国内外来魚の分布パターン.見えない脅威”国内外来魚”(日本魚類学会自然保護委員会編,向井貴彦・鬼倉徳雄・淀大我・瀬能宏責任編集), 東海大学出版会, 25-37, 2013.07.
9. 向井 貴彦, 鬼倉 徳雄, 淀 大我, 瀬能 宏, 見えない脅威”国内外来魚”, 東海大学出版会, 2013.07, 近年新たな外来魚問題として注目される国内からの移植に伴う国内外来魚および遺伝子かく乱にスポットを当てた著書を編集した。.
10. 鬼倉 徳雄, コイ科魚類の生活史-現代における記載的研究の意義.
現在生態学講座(日本生態学会編)9巻淡水生態学のフロンティア(吉田丈人・鏡味麻衣子・加藤元海責任編集)
, 2012.03.
11. 鬼倉徳雄・中島淳・北村淳一, 有明海周辺の掘割に棲む魚たち(干潟の海に生きる魚たち 有明海の豊かさと危機,日本魚類学会自然保護委員会編), 東海大学出版会, -232
, 2009.03.
12. 竹下直彦・鬼倉徳雄, 有明海と川を往復するヤマノカミ―その生態と保全―(干潟の海に生きる魚たち 有明海の豊かさと危機,日本魚類学会自然保護委員会編), 東海大学出版会, 91-106.
, 2009.03.
13. 鬼倉徳雄・他74名 , 各論(用語解説), (川の百科事典,高橋裕ほか7名編), 丸善株式会社, 122-684

, 2009.01.
14. 鬼倉徳雄, ヤマノカミの産卵場(有明海の生きものたち、佐藤正典編), 海游舎, 2000.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」