九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
齋藤 俊文(さいとう としふみ) データ更新日:2021.11.16

准教授 /  芸術工学研究院 デザインストラテジー部門 ソーシャル・コミュニケ―ションデザイン講座


大学院(学府)担当

学部担当

芸術工学部 芸術工学科 インダストリアルデザインコース 広告・広報、コミュニケーション論。    ライフスケープデザイン/概論+実践論+演習、デザインストラテジー基礎

その他の教育研究施設名



電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/toshifumi-saito
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
https://bit.ly/3egbXNm
最新情報はこちらをご覧ください。 .
就職実績-民間機関等
就職実績有, 株式会社電通
取得学位
修士(数学 東京大学) 
専門分野
広告コミュニケーション、コミュニケーションデザイン研究、クリエイティブディレクション、キュレーション、メディアとしてのミュージアム、映画(日本映画ペンクラブ会員)、サブカルチャー、広告表現、
活動概要
広告広報クリエイティブディレクションの企画と実践。
より広く、コミュニケーションデザインの企画・計画・設計・実装。
ブランドコミュニケーション、VI(Visual Identity)、BI(Brand Identity)の企画・デザイン・実装。

展開事例
・文化コンテンツと市民をつなぐコミュニケーションデザイン
・美術展/美術館/博物館の広報コミュニケーション/キュレーション
・アートを可能にするコミュニケーションデザイン、メディアとしてのミュージアムの再定義
・市民参加を促すメディアデザイン、文化力を喚起するコミュニケーションデザイン
・映画作品表現とデザインフィクション、他

クリエイティブな着想の元、新たなコミュニケーション表現を、戦略的に企画・立案し、実践することを目的としています。
広告表現、映画・動画(日本映画ペンクラブ会員)、文化プロジェクト、現代アート、ミュージアム、写真、文学、ことば(コピー)、サブカルチャー 等の文化事象を対象とします。オーディエンスの“気づき”を誘うコミュニケーション表現をつねに求めています。

「伝わること」の理論とそれに基づく表現の研究と実践
「意識と意味」「ことば(コピー)とメディア表現」の理論とそれに基づく表現の研究と実践

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」