九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
酒井 謙二(さかい けんじ) データ更新日:2020.06.04

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学講座


主な研究テーマ
ヒト毛髪に共棲する細菌の生態と意義に関する研究
キーワード:毛髪, 群集構造解析
2016.04~2021.03.
好熱性微生物の生態とバイオテクノロジーへの応用
キーワード:高度好熱菌,好熱性乳酸生産菌,高温コンポスト化, 生態分布
1990.04~2020.04.
化学工場排水の処理効率化のための複合微生物系解析に関する研究
キーワード:ピロシーケンス,難分解性化合物
2010.04.
有機廃水・廃棄物中窒素原子の処理と利用のための微生物に関する研究
キーワード:硝化、生物学的窒素除去, 緑農地還元
1981.04.
有機固型廃棄物の機能性コンポスト化に有用な好熱性微生物に関する研究
キーワード:コンポスト化 好熱性細菌 生ゴミ、余剰汚泥
1992.01~2019.01.
生ゴミからのポリ乳酸プラスチック生産システムと乳酸発酵の改良に関する研究
キーワード:循環型プラスチック, 廃棄物バイオマス利用
1996.04.
複合微生物系の分子生物学的解析に関する研究
キーワード:複合微生物系 分子生物学的解析
1994.08~2012.04.
法医学的判定に影響を及ぼす微生物に関する研究
キーワード:証拠品の微生物汚染
2000.04~2006.09.
大型土壌動物腸内細菌の分子生物学的解析
キーワード:ミミズ 腸内細菌
2006.10~2008.05.
機能性生菌製剤「プロバイオティクス」と、その増殖を支える因子「プレバイオティクス」に関する研究
キーワード:プロバイオティクス,プレバイオティクス
1983.04~2010.04.
腸内有益菌ビフィズス菌の食物繊維分解に関する研究
キーワード:オリゴ糖分解酵素、セロビオース
1982.04~2006.09.
従事しているプロジェクト研究
Development of New Processes with Thermotolerant Microbes for Bio-refinery Including Biofuels, towards Utilization of ASEAN Biomass
2017.04~2020.03, 代表者:Mamoru Yamada, Yamaguchi University, JSPS.
インドネシア・メダン市における廃棄物管理改善事業 ~都市ごみの資源化とパーム産業の余剰バイオマスの有効利用~
2013.04~2016.03, 代表者:北九州市, 九州JICA, JICA(日本).
New CORE TO CORE PROGRAM A. Advanced Research Networks on Establishment of an international research core for new bio-research fields with microbes from tropical areas
2014.04~2018.03, 代表者:山田 守, 山口大学, JSPS(Japan).
ボルネオ生物多様性保全のためのパームバイオマスを活用した革新的グリーン産業の創出
2013.05~2017.03, 代表者:白井義人, 九州工業大学, JICA.
東アジアにおける生物生産環境保全
2011.06~2015.03, RIEAE(日本).
Development of Economical High-Temperature Fermentation Technology Using Thermotolerant Microbes from Tropical Areas
2010.04~2013.03, 代表者:Mamoru Yamada, 山口大学, MEXT(Japan).
ネパールの食品および環境中の遺伝資源の高度有効利用
2010.04~2012.03, 代表者:久原哲, 九州大学, Kyushu U (Japan).
湿式高温好気発酵によるヒト屎尿および畜産廃棄物の液肥化と利用普及のための社会技術の開発
2010.04~2013.04, 代表者:Mitsuyasu Yabe, 九州大学, Kyushu U (Japan).
Capacity Building and Developement of Microbial Potential and Fermentation Technology Towards New Era
2008.04~2013.04, 代表者:Mamoru Yamada, 山口大学, JSPS(Japan), NRCT (Thai).
Creation and Development of Palm Biomass Initiative
2007.04~2012.03, 代表者:白井 義人, 九州工業大学.
Developement of Thermotolerant Microbial Resources and Their Applications
2003.04~2007.03, 代表者:Kazunobu Matsushita, 山口大学.
東南アジアにおける乳酸菌資源の学術調査及びデータベースの構築
2004.04~2006.03, 代表者:塩谷捨明, 大阪大学, 大阪大学.
生物循環資源からのグリーンケミカル/プロバイオティクス生産法の開発
2005.04~2006.03, 代表者:酒井 謙二, 大分大学, 大分大学.
医工連携プロジェクト
2005.04~2006.03, 代表者:酒井謙二, 大分大学, 大分大学
高いQOLを支える食機能デバイスの開発.
研究業績
主要著書
1. 日本生物工学会編, 生物工学ハンドブック, コロナ社, II編 4.2章, p738-742, 2005.05.
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 酒井謙二, 10 年後を目途とした SDGs とバイオ戦略, 化学と生物, 2020.01.
2. 宮本 浩邦・宮本 久・田代 幸寛・酒井 謙二・児玉 浩明, 好熱性微生物を活用した未利用バイオマス資源からの高機能性発酵製品の製造と学術的解, 生物工学会誌, 2018.02.
3. 酒井謙二,白井義人, ポリ乳酸生産を基軸とした都市生ゴミのトータルリサイクルシステム, 廃棄物学会誌, 2004.06.
主要学会発表等
1. KENJI SAKAI, Development of L-lactate and n-butanol fermentation technologies; Simplification of microbial consortium of L-lactate meta-fermentation from food waste, International Conference on Agriculture, 2019.10.
2. KENJI SAKAI, Profiling of Bacterial Community Structure on Evidences in Criminal Investigation, International Symposium 2019 of AGFOB Malaysia Chapter, 2019.10, Nowadays bacterial community in various natural environmental samples have been analyzed by using culture-independent molecular methods. We found that sufficient bacterial DNA can be recovered from unused forensic evidences such as truncated hand prints and hair shafts to investigate their microbiome structures. Simple capillary electrophoretic analysis of their terminal restriction fragment polymorphism (T-RFLP) is helpful to differentiate individuals. In this talk, phylogenetic characteristics of bacteria found on hair shafts will also be introduced..
3. Ming Zhang, Yukihiro Tashiro, Kenji Sakai, Investigation of Two Aeration Systems in the Dynamics of Physicochemical and Bacterial Characteristics in the ATAD Process, ,The 10th China-Japan Joint Conference on Material Recycling and Waste Management, 2019.08.
4. KENJI SAKAI, Studies on Bacterial Community Toward Sustainable Palm Oil Industry Coexisting With Environmental and Biodiversity Conservation
, Asian Federation of Biotechnology, Malaysian Chapter, 2018.08, Complex microbial communities exists in environment such as natural forest, plantation forest, river and wastewater drainage, intestinal tracts of animals and palm rhizosphere. Also, microbial transforming processes of organic waste are generally operated with specific mixed culture system. Recent development of next generation DNA sequencing gave us a strong tool for analyzing these complex structures. After knowing structure and functions of microorganisms in these biotransformation system, we could estimate functions of the communities and improve them. Tracing specific bacteria in waste materials, animals and plant rhizosphere, with general structures in soil and river water, would provide us useful information to know impact of palm oil industry and to understand biodiversity of microorganism, fauna and flora.
The author joined SATREPS Project aiming Promotion of Green Economy with Palm Oil Industry for Biodiversity Conservation, and has been collaborated with members in UPM and UMS, Malaysia. Within ecosystems in Borneo island, a dynamic assemblage of soil, water, plants and animals which are delicately inter-connected. In this lecture, I would like to introduce three research topics our team involved: (1) Accelerating recycle of biomass waste through enhanced mixed microbial conversion process. (2) Monitoring of bacterial community in river water as an indicator for waste water discharge. (3) Investigation of biodiversity of animals and insects, with bacterial diversity in animal feces, forest soil and river water..
5. KENJI SAKAI, Microbiological Research Toward Sustainable Palm Oil Industry
Coexisting With Environmental and Biodiversity Conservation
, THE MALAYSIAN SOCIETY FOR MICROBIOLOGY, 2017.12, Microbial transforming process of organic waste are generally operated with specific mixed culture systems. Also, complex microbial communities existed in environment such as natural forest, plantation forest, river and wastewater drainage, intestinal tracts of animals and palm rhizosphere. Recent development of next generation DNA sequencer gave us a strong tool for analyzing structure of these complex microbial community. After knowing structure and functions of microorganisms in a mixed microbial biotransformation system, we could improve and control the system. If we could trace specific bacteria in the waste materials animals and plant rhizosphere, with general structures in soil and river water, they would provide useful information to know impact of palm oil industry to surrounding environment and to understand biodiversity in soil, fauna and flora.
We, Kyushu University joined SATREPS Project aiming Promotion of Green Economy with Palm Oil Industry for Biodiversity Conservation, and have been collaborated with KIT, Japan, UPM and UMS, Malaysia. Within ecosystems in Sabah, Malaysia, a dynamic assemblage of soil, water, plants and animals which are delicately inter-connected. In this lecture, I would like to introduce three microbial research topics our team involved in the project. (1) Acceleration of the total waste recycling using enhanced mixed microbial conversion process. (2) Monitoring of bacterial community in surrounding river water as an indicator for waste water discharge. (3) Investigation of biodiversity of animals (dung beetle) and bacterial diversity of mammal feces, soil and river water in primary, secondary, and palm oil forest..
6. KENJI SAKAI, Exploring Microbial Community Which Is Useful for Transformation of Biomass Waste, International Symposium for Biotechnology Advances, 2013.12.
7. K. Sakai, Overview of Biomass Refinery and Recycle of Unutilized Biomass waste, International Symposium on Biomass Refinery in Palm Oil Industry 2011, 2011.02.
8. 塩塚皇太,酒井謙二, 有機廃水・廃棄物処理プロセスにおける高度好熱菌の生態, 日本農芸化学会, 2009.03.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 渡辺、岩見、酒井など, 豊後橘, 2007.05.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  3件
学会活動
所属学会名
日本生物工学会
日本農芸化学会
土壌微生物学会
日本土壌肥料学会
日本微生物生態学会
廃棄物資源循環学会
環境バイオテクノロジー学会
学協会役員等への就任
2019.05~2021.05, 日本農芸化学会, 理事.
2019.05~2021.05, 日本農芸化学会西日本支部, 支部長.
2015.05~2017.04, 日本生物工学会九州支部, 支部長.
2017.04~2019.03, 日本農芸化学会西日本支部, 副支部長.
2015.05~2017.04, 日本生物工学会, 理事.
2010.04~2012.03, 日本農芸化学会, 評議員.
2015.05~2017.04, 日本農芸化学会西日本支部, 評議員.
2010.08~2012.07, AMB Editorial Board, Editorial Board of Applied Microbiology and Biotechnology.
2012.06~2012.12, 化学関連合同大会, 学生賞審査員.
2013.04~2015.03, 日本生物工学会九州支部, 副支部長.
2011.05~2015.04, 日本生物工学会, JBB編集委員.
2002.04~2010.03, 廃棄物資源循環学会, 支部評議員.
2001.04~2011.03, 日本農芸化学会, 代議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.03.25~2020.03.28, 日本農芸化学会年次大会, 大会実行委員長.
2015.09.26~2015.09.28, 日本生物工学会年次大会, 大会実行委員長.
2012.12~2012.12, 日本生物工学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2013.12~2013.12, 日本生物工学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2012.09~2012.09, 日本生物工学会, 座長(Chairmanship).
2011.09.25~2011.09.25, 日本農芸化学会関西・西日本支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2011.12.06~2011.12.07, 日本生物工学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2011.02.08~2011.02.08, International Symposium on Palm Biomass Refinery 2011, 司会(Moderator).
2010.12.06~2010.12.07, 日本生物工学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2009.12.05~2009.12.05, 日本生物工学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2009.10.28~2009.10.30, 日本農芸化学会関西・西日本支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2009.09.28~2009.09.30, 日本生物工学会, 座長(Chairmanship).
2009.03.28~2009.03.30, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2007.09, 日本生物工学会, 司会(Moderator).
2005.09, 日本生物工学会, 座長(Chairmanship).
2006.03, 日本農芸化学会 シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2016.09.28~2016.09.30, 日本生物工学会H28年度大会, シンポジウム提案者.
2015.10.26~2015.10.28, 日本生物工学会H27年度大会, 実行委員会委員長.
2015.09.22~2015.09.24, ACB2015, 実行委員会委員.
2015.04.23~2015.04.24, 日本土壌肥料学会九州支部春期例会, 実行委員長.
2015.07.12~2015.07.15, 第13回微量元素の生物地球化学に関する国際会議(ICOBTE2015), 実行準備委員会委員.
2011.02.08~2011.02.08, International Symposium on Biomass Refinery in Palm Oil Industry 2011, 代表 世話人.
2010.09.26~2010.09.28, 日本生物工学会H22年度大会, 実行委員会委員.
2010.03~2010.03, 耐熱性発酵微生物の機能解析と高温発酵系の開発, 演者.
2009.09~2009.09, バイオリファイナリーによる資源循環型社会の構築, 世話人.
2009.03~2009.03, 高度好熱菌の生態と環境バイオテクノロジーへの応用, 世話人,演者.
2007.09, 日本生物工学会大会シンポジウム-循環型社会を支えるラクテートインダストリーの新たな研究潮流, シンポジウム企画,世話人,座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.04~2015.05, BBB, 国際, 査読委員.
2014.12~2015.02, PLOSOne, 国際, 査読委員.
2011.06~2015.05, J. Biosc. Bioeng., 国際, 編集委員.
2008.04~2012.03, Appl. Miocrobiol. Biotechnol., 国際, 査読委員.
2008.04~2009.03, 生物工学会誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度
2015年度
2014年度 15  15 
2013年度 15  15 
2012年度 15  15 
2011年度 10  10 
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Beijin University of Science and Technology , China, 2016.12~2016.12.
University Malaysia Saba, Malaysia, 2017.01~2017.01.
University Malaysia Saba, Malaysia, 2016.07~2016.08.
University Malaysia Saba, Malaysia, 2016.02~2016.02.
Manchester University, Beut University, UnitedKingdom, Germany, 2014.11~2014.12.
Medan City, Indonesia, 2014.07~2014.07.
Kasetsart University, Thailand, 2014.08~2014.08.
University Malaysia Saba, Malaysia, 2015.02~2015.02.
International Islamic University of Malaysia, Malaysia, 2013.11~2013.12.
Xi'an, China, 2012.04~2012.04.
カセサート大学, コンケン大学, ARDA, Thailand, 2011.06~2011.06.
University Putra Malaysia, Malaysia, 2011.02~2011.02.
コンケン大学, Thailand, , 2010.11~2010.11.
ネパール 科学技術庁, Nepal, 2010.03~2010.03.
アンジャン大学, Vietnam, 2009.12~2009.12.
University Putra Malaysia等, Malaysia, 2009.03~2009.03.
カセサート大学, Thailand, 2009.03~2009.03.
University Putra Malaysia, Malaysia, 2008.06~2008.06.
University Putra Malaysia, Malaysia, 2007.06~2007.06.
カセサート大学, Thailand, 2007.05~2007.06.
コンケン大学, Thailand, , 2007.02~2007.03.
ウェールズ大学, UnitedKingdom, , , 1994.08~1995.11.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.06~2018.06, 2週間未満, University Malaysia Saba, Malaysia, 科学技術振興機構.
2017.04~2017.08, 1ヶ月以上, University Malaysia Saba, Malaysia, 政府関係機関.
2017.04~2017.04, 2週間未満, University Malaysia Saba, Malaysia, 政府関係機関.
2017.02~2017.05, 1ヶ月以上, University Malaysia Saba, Malaysia, 政府関係機関.
2016.04~2016.07, 1ヶ月以上, University Malaysia Saba, Malaysia, 政府関係機関.
2015.11~2016.03, 2週間未満, University Malaysia Saba, Malaysia, 学内資金.
2015.02~2015.02, 2週間未満, KhonKaen University, Thailand, 学内資金.
2014.02~2014.05, 1ヶ月以上, UPM, Malaysia, 政府関係機関.
2012.02~2012.02, 2週間未満, タンタオ大学, Vietnam, 政府関係機関.
2010.01~2010.02, 2週間以上1ヶ月未満, コンケン大学, Thailand, 日本学術振興会.
2009.08~2009.09, 2週間以上1ヶ月未満, Faculty of Biology, Hue College of Sciences, Hue University, Vietnam, 日本学術振興会.
2009.05~2009.05, 2週間未満, カセサート大学, Thailand, 日本学術振興会.
2007.02~2007.03, 2週間未満, Cardiff University , UnitedKingdom, 学内資金.
2005.10~2005.11, 1ヶ月以上, コンケン大学, Thailand, 日本学術振興会.
受賞
第26回生物工学技術賞, 日本生物工学会, 2017.10.
第26回生物工学論文賞, 日本生物工学会, 2017.09.
第24回生物工学論文賞, 日本生物工学会, 2016.09.
第67回日本生物工学会大会(2015) トピックス賞, 日本生物工学会, 2015.10.
第22回生物工学論文賞, 日本生物工学会, 2014.09.
第65回日本生物工学会大会(2013) トピックス賞, 日本生物工学会, 2013.09.
第21回生物工学論文賞, 日本生物工学会, 2013.09.
International Exposition of Research and Invitation of Institutions of Higher Learning 2009, Malaysia Government, 2009.08.
ソロプチミスト日本財団賞, (財)日本ソロプチミスト, 1999.11.
日経地球環境技術賞, 日本経済新聞社, 2000.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(B), 代表, 硝化ー脱窒を伴わない自家熱型高温好気消化プロセスの解明と応用.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 有価物生産のための複合微生物高度制御化と機能解析基盤技術の開発.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 食生活と環境化学物質が子ども達の脳神経に与える影響の網羅的な解析.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 蛍光顕微マニピュレーションによる複合系からの液体分離培養法の確立.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 食生活と環境化学物質は子ども達の情動を左右するか?.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 「メタ発酵法」体系化のための高温複合微生物発酵系の解析と制御.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 分担, 食生活と環境化学物質は子ども達の情動を左右するか?.
2004年度~2005年度, 一般研究(B), 分担, 東南アジアにおける乳酸菌資源の学術調査及びデータベースの構築.
2002年度~2004年度, 一般研究(B), 代表, 開放系生ゴミ発酵を例とした新規な有機廃棄物資源化法の開発.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2006年度~2008年度, 廃棄物処理等科学研究費 (環境省), 分担, 担子菌を用いた脱リグニン処理法の開発による農産廃棄物の利用法の拡大に関する研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2018年度~2020年度, 多国間交流, 分担, 耐熱性微生物による省エネ型発酵技術の構築.
2008年度~2012年度, 多国間交流, 分担, 微生物の潜在能力開発と次世代発酵技術の構築.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2019年度, 科学技術振興費(主要5分野) (文部科学省), 分担, ASEANバイオマス活用に向けた耐熱性微生物を利用するバイオ燃料等変換プロセスの開発.
2013年度~2017年度, SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力), 分担, 生物多様性保全のためのパームオイル産業とのグリーン経済の推進.
2010年度~2012年度, 科学技術振興費(主要5分野) (文部科学省), 分担, 熱帯性環境微生物による省エネ高温発酵技術.
2004年度~2004年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 代表, 食品循環資源を活用した抗生物質代替機能を有する発酵飼料の開発.
2001年度~2003年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 分担, 都市生ゴミの高付加価値資源化による生活排水・廃棄物処理システムの構築.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.09~2017.03, 分担, 築上町高温好気発酵液肥化処理法の微生物プロセスに関する研究調査.
2015.09~2016.03, 分担, 築上町高温好気発酵液肥化処理法の高度化に関する研究調査.
2014.05~2015.03, 分担, 築上町高温好気発酵液肥化処理調査.
2011.07~2012.03, 分担, 豚糞尿の液肥利用のための湿式高温好気発酵過程の解明と社会技術の開発.
2011.06~2012.03, 代表, 遺伝子解析技術を活用した活性汚泥管理技術の開発.
2009.04~2011.03, 代表, FISH法による汚泥中の硝化細菌の定量.
学内資金・基金等への採択状況
2010年度~2011年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, ネパールの食品および環境中の遺伝資源の高度有効利用.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」