九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
友清 淳(ともきよ あつし) データ更新日:2020.07.17

講師 /  九州大学病院 口腔機能修復科 口腔機能修復学講座


主な研究テーマ
フェノール系根管貼薬剤がMTAの崩壊および色調変化に及ぼす影響
キーワード:MTA, phenol, corruption, discoloration
2019.04~2020.01.
iPS創薬とゲノム創薬の融合による歯根膜幹細胞賦活化物質の創出と再生医療への応用
キーワード:iPS細胞、ゲノム創薬、歯周組織再生
2018.04~2020.03.
iPS細胞由来神経堤細胞様細胞による歯周組織の発生模倣(Biomimetics)を基盤とする新規歯周組織再生療法の開発
キーワード:iPS細胞、歯根膜、再生、Biomimetics
2017.04~2020.03.
根管治療ならびに修復処置関連溶液によって誘導されるMineral Trioxide Aggregateの色調変化に関する比較分析
キーワード:Mineral Trioxide Aggregate、変色
2015.07~2016.08.
ヒトiPS 細胞由来神経堤細胞の樹立と、歯再生領域への応用
キーワード:iPS細胞、神経堤細胞、歯再生
2014.10~2016.10.
歯根膜幹細胞の神経細胞再生能について
キーワード:幹細胞、歯根膜、神経、再生
2009.04~2010.12.
AhRシグナルがヒト歯根膜細胞のコラーゲン代謝に及ぼす影響
キーワード:歯根膜、AhR、ダイオキシン、コラーゲン代謝
2008.04~2009.03.
多分化能を有するヒト歯根膜クローン細胞株が神経細胞分化及び細胞遊走に及ぼす影響
キーワード:歯根膜 神経 幹細胞 組織再生
2008.07~2009.07.
従事しているプロジェクト研究
iPS由来神経堤細胞によるバイオミメティクスに基づいた新規歯周組織再生療法の開発
2017.04~2021.03, 代表者:友清淳, 九州大学病院歯内治療科, 九州大学病院歯内治療科(日本)
歯周組織の再生には、歯根膜幹細胞が重要な役割を果たすことが知られている。近年、ヒトを用いた歯根膜幹細胞移植実験が行われ、移植により歯周ポケット深さ、歯周組織欠損部面積、および新生骨骨密度が有意に改善することが報告された(Shalini HS and Vandana KL. J Indian Soc Periodontol. 22, 503-512, 2018)。しかしながら、生体に存在する歯根膜幹細胞はごく少数であり、移植を行うには多大な多大な時間、設備、および人的資源を必要とする。
我々は、生体における発生過程の模倣(バイオミメティクス技術)を応用した、神経堤細胞移植による歯周組織再生誘導法の開発を目指し実験を行っている。顔面頭蓋の骨、歯および歯周組織の大部分は神経堤細胞に発生を由来するため、神経堤細胞の再生療法への応用は、歯周組織の発生を模倣した歯周組織の再生に有効であると考えられる。我々は既に、人工多能性幹細胞(iPSC)から、極めて神経堤細胞に類似した表現型を示す、神経堤細胞様細胞(iPSC-NCLC)の樹立に成功している。そこで本年度は、iPSC-NCLCをiPS細胞由来歯根膜幹細胞(iPSC-PDL)へと分化誘導する際に、主要な役割を果たすマスター遺伝子の選出、ならびにマスター遺伝子の発現を誘導するリガンド分子の選出を行い、それらのiPSC-NCLCの分化へ及ぼす影響について検討を行った。iPSC-NCLCを生体へ移植する際に、これらの因子を応用することで、iPSC-NCLCによる歯周組織発生を模倣した歯周組織再生を加速化させることができると考えられる。.
iPS創薬とゲノム創薬の融合による歯根膜幹細胞賦活化物質の創出と再生医療への応用
2018.06~2021.03, 代表者:友清淳, 九州大学病院歯内治療科, 九州大学病院歯内治療科(日本)

歯根膜組織(PDL)に存在する幹細胞(歯根膜幹細胞:PDLSC)は、歯周組織全体の再生に重要な役割を果たすことが知られている。そこで我々は、PDLSCの持つ再生能の賦活化により、効率的および効果的に歯周組織全体を再生させる遺伝子を標的とした、新しい歯周組織再生薬の開発を計画した。
我々はヒト人工多能性幹細胞(iPSC)から、神経堤細胞に極めて近い表現型を示すiPSC-NCLCを樹立し、さらにiPSC-NCLCをPDLSCの表現型を示すiPSC-NCLC-PDLへ分化させる方法の確立に成功している(Hamano S et al. Stem Cells Dev. 2018 Jan 15;27(2):100-111)。我々の研究成果により、神経堤細胞およびPDLSCsの表現型を有する細胞を多数実験に使用することが可能となり、結果として神経堤細胞がPDLSCへと分化する過程における包括的な遺伝子解析が可能となった。
一塩基の変異であるSingle nucleotide polymorphism(SNP)は、アミノ酸置換を誘導し、タンパク質の量、構造、発現時期、および機能等に変化を引き起こすことから、様々な表現型や疾患を司る重要な因子であると考えられている。そこで我々は、SNPによる遺伝子変異の結果、歯根膜幹細胞が機能を果たせなくなることで、歯周組織の再生が阻害されると考え、これまでSNPと歯周病の関連性が報告されている遺伝子群に着目した。
本年度はiPSC-NCLCおよびiPSC-NCLC-PDLを用いてマイクロアレイ解析を行ったのち、変動の大きい遺伝子を同定したのち、それらの中でSNPと歯周病の関連性が報告されているものの選出を行った。.
iPS細胞を用いた3次元的歯根膜作製法の確立と人工歯根開発への応用
2017.03~2021.03, 代表者:前田英史, 九州大学病院, 九州大学病院歯内治療科
iPS細胞から作製したスフェロイドを三次元立体構築したiPS細胞由来人口歯根膜を、ハイドロキシアパタイトを応用した人工歯根と組み合わせることで、iPS細胞由来人工歯根ユニットを作製する。.
歯根膜幹細胞由来神経再生因子を用いた新規の末梢神経ならびに歯根膜組織再生法の開発
2012.04~2015.03, 代表者:友清 淳, 九州大学病院歯内治療科.
歯周靭帯の再生を主軸にした新規歯周組織再生療法の開発
2010.04~2013.03, 代表者:藤井 慎介, 九州大学病院歯内治療科.
歯根膜を有した次世代型人工歯根の開発
2010.04~2013.03, 代表者:前田 英史, 九州大学病院歯内治療科.
アンギオテンシンIIを用いた成功率の高い意図的歯牙再植術の開発
2011.04~2013.03, 代表者:前田 英史, 九州大学病院歯内治療科.
歯根膜幹細胞を応用した神経再生誘導法の樹立
2009.04~2011.03, 代表者:友清 淳, 九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学保存学研究分野
申請者らは、以前樹立した多分化能を有するヒト歯根膜クローン細胞株(1-17細胞株)の神経再生能について解析することにより、歯根膜幹細胞を応用した効率のよい新規の神経再生療法の開発を全体構想としている。そのため、①ヒト歯根膜幹細胞が分泌する、新規神経再生因子の同定、②ヒト歯根膜幹細胞のSchwann細胞分化能についての解析、③ヒト歯根膜幹細胞および同定された神経再生因子がin vivoにおいて障害を受けた神経の再生に及ぼす影響についての解析について研究を行っている。.
歯根膜再生の鍵を握る細胞とその因子は何か?
2006.07~2008.07, 代表者:赤峰 昭文, 九州大学病院 口腔機能修復科 , 文部科学省.
ヒト歯根膜前駆細胞クローン細胞株を用いた歯根膜組織再生機構の解明
2007.07~2009.07, 代表者:藤井 慎介, 九州大学病院 口腔機能修復科 , 文部科学省.
in vivo実験系を用いた歯周組織再生を促進する因子の同定
2007.07~2008.07, 代表者:前田 英史, 九州大学病院 口腔機能修復科, 文部科学省(日本).
研究業績
主要著書
1. Atsushi Tomokiyo, Shinichiro Yoshida, Sayuri Hamano, Daigaku Hasegawa, Hideki Sugii and Hidefumi Maeda., Detection, Characterization, and Clinical Application of Mesenchymal Stem Cells in Periodontal Ligament Tissue: Advanced Study., Book Publisher International., 2020.07.
2. Atsushi Tomokiyo, Naohisa Wada, Hidefumi Maeda, Contribution of Stem Cells to Dental Tissue Regeneration: Isolation, Function, and Application. , Bentham Science Publishers, Vol.2 p3-38, 2015.12, [URL].
主要原著論文
1. Tomokiyo, Atsushi; Wada, Naohisa; Maeda, Hidefumi, Periodontal Ligament Stem Cells: Regenerative Potency in Periodontium, STEM CELLS AND DEVELOPMENT, 10.1089/scd.2019.0031, 28, 15, 974-985, 2019.08.
2. Atsushi Tomokiyo, Shinichiro Yoshida, Sayuri Hamano, Daigaku Hasegawa, Hideki Sugii, Hidefumi Maeda, Detection, characterization, and clinical application of mesenchymal stem cells in periodontal ligament tissue, Stem Cells International, 10.1155/2018/5450768, 2018, 2018.01, [URL], Mesenchymal stem cells (MSCs) are a kind of somatic stem cells that exert a potential to differentiate into multiple cell types and undergo robust clonal self-renewal; therefore, they are considered as a highly promising stem cell population for tissue engineering. MSCs are identified in various adult organs including dental tissues. Periodontal ligament (PDL) is a highly specialized connective tissue that surrounds the tooth root. PDL also contains MSC population, and many researchers have isolated them and performed their detailed characterization. Here, we review the current understanding of the features and functions of MSC population in PDL tissues and discuss their possibility for the application of PDL regeneration..
3. 友清淳、濱野さゆり、長谷川大学、杉井英樹、吉田晋一郎、御手洗裕美、有馬麻衣、野津葵、和田尚久、前田英史, 歯内治療ならびに修復処置関連溶液によって生じるWhite Mineral Trioxide Aggregateの色調変化に関する比較分析., 日本歯内療法学会誌, 60, 4, 200-210, 2017.08.
4. Atsushi Tomokiyo, Kim Hynes, Jia Ng, Danijela Menicanin, Agnes Arthur, Esther Camp, Stan Gronthos, P. Mark Bartold, Generation of neural crest-like cells from human periodontal ligament cell-derived induced pluripotent stem cells., Journal of Cellular Physiology, 10.1002, 2016.05, Neural crest cells (NCC) are a transient multipotent stem cell population that migrates into its destination in the vertebrate embryo and gives rise to many different types of cells. NCC hold great promise for stem cell-based tissue engineering, however the inability to easily obtain large numbers of neural crest cells is a major factor limiting their use in studies of development and regenerative medicine. Induced pluripotent stem cells (iPSC) are emerging as a novel candidate that could provide an unlimited source of NCC because of their self-renewal capacity and pluripotency. In the present study, we examined the potential of neural crest tissue-derived periodontal ligament (PDL) iPSC to differentiate into neural crest-like cells (NCLC) relative to iPSC generated from a non-neural crest derived tissue, foreskin fibroblasts (FF). We detected high HNK1 expression during the differentiation of PDL and FF iPSC into NCLC as a marker for enriching for a population of cells with neural crest characteristics. Using magnetic-activated cell sorting, we isolated PDL iPSC- and FF iPSC-derived NCLC which highly expressed HNK1. The isolated NCLC also expressed the neural crest markers SLUG and SOX9. A high proportion of the HNK1-positive cell populations generated, expressed the MSC markers; CD73, CD90, CD105, CD146, and CD166, whilst very few cells expressed the pluripotency markers; TRA160, alkaline phosphatase, or the hematopoietic markers CD14, CD34, and CD45. The PDL and FF HNK1-positive populations gave rise to smooth muscle, neural, glial, osteoblastic and adipocytic like cells and exhibited higher expression of smooth muscle, neural, and glial cell-associated markers than the PDL and FF HNK1-negative populations. Interestingly the HNK1-positive cells derived from the PDL-iPSC exhibited a greater ability to differentiate into smooth muscle, neural, glial cells and adipocytes, than the HNK1-positive cells derived from the FF-iPSC. Our work suggests that HNK1-enriched NCLC from neural crest tissue-derived iPSC more closely resemble the phenotypic and functional hallmarks of NCC compared to the HNK1-low population and non-neural crest iPSC-derived NCLC..
5. Atsushi Tomokiyo, Hidefumi Maeda, Fujii Shinsuke, Monnouchi Satoshi, Naohisa Wada, Kono Kiyomi, Koori Katsuaki, naohide yamamoto, Yoko Teramatsu, Akifumi Akamine, Alternation of extracellular matrix remodeling and apoptosis by activation of the aryl hydrocarbon receptor pathway in human periodontal ligament cells, JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY, 10.1002/jcb.24186, 113, 10, 3093-3103, 2012.10.
6. Tomokiyo A, Maeda H, Fujii S, Monnouchi S, Wada N, Kono K, Koori K, Yamamoto N, Teramatsu Y, Akamine A. , A multipotent clonal human periodontal ligament cell line with neural crest cell phenotypes promotes neurocytic differentiation, migration, and survival.

, Journal of Cellular Physiology, 2011.07.
7. Tomokiyo A, Maeda H, Fujii S, Wada N, Shima K, Akamine A., Development of a multipotent clonal human periodontal ligament cell line., Differentiation. , 76(4):337-47, 2008.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 友清 淳, iPS細胞を基盤とする新規歯周組織再生療法開発への戦略, BIO Clinica, 2019.11.
2. 友清淳, iPS細胞の応用による神経堤細胞賦活化遺伝子を標的とした新規歯周組織再生薬の創出, プレシジョンメディスン, 2019.05.
3. Tomokiyo A, Yoshida S, Hamano S, Hasegawa D, Sugii H, Maeda H., Detection, Characterization, and Clinical Application of Mesenchymal Stem Cells in Periodontal Ligament Tissue., Stem Cells Int., 2018 Aug 26;2018:5450768. doi: 10.1155/2018/5450768. eCollection 2018., 2018.08.
4. Atsushi Tomokiyo, Naohisa Wada, Sayuri Hamano, Daigaku Hasegawa, Hideki Sugii, Shinichiro Yoshida, Hidefumi Maeda, Periodontal Ligament Stem Cells in Regenerative Dentistry for Periodontal Tissues, Journal of Stem Cell Research & Therapeutics, 2016.07, The ideal periodontal treatment is regenerating functional periodontal tissues destroyed by severe periodontitis. The tissue engineering triad includes stem cells, biological signals, and cell-seeded scaffold that are considered to be essential for tissue regeneration. Periodontal ligament (PDL) tissue contains a stem cell population, periodontal ligament stem cells (PDLSC), that is derived the neural crest tissue. PDLSC demonstrate high proliferative capacity and multipotency that make them a highly promising stem cell population for use in the regeneration of damaged periodontal tissues. Here, we review the current understanding of the features and functions of PDLSC..
主要学会発表等
1. 友清淳、山下梢、小野太雅、一法師啓太、濱野さゆり、長谷川大学、杉井英樹、吉田晋一郎、前田英史 , フェノール系貼薬剤は硬化後のWhite Mineral Trioxide Aggregateの崩壊および色調変化を誘導する
, 第41回日本歯内療法学会学術大会, 2020.06, White Mineral Trioxide Aggregate (WMTA) は、Portland cement (PC) と同様にケイ酸カルシウムを主原料とする歯科用セメントであり、高い封鎖性と硬組織形成誘導作用を示すことから、穿孔部封鎖材として広く使用されている。また往々にして、WMTAによる穿孔部封鎖後も継続的に根管治療を行うことがある。フェノール製剤は消炎鎮痛作用および消毒作用を有することから、根管治療を行う際に根管貼薬剤として使用されることがある。しかしながら、フェノール系貼薬剤がWMTAに及ぼす影響は明らかとなっていない。そこで本研究では、2種類のフェノール系貼薬剤がWMTAの崩壊および色調変化に及ぼす影響について検証することとした。.
2. 友清淳、長谷川大学、小野太雅、一法師啓太、山下梢、M.Anas Alhasan、濱野さゆり、杉井英樹、 吉田晋一郎、前田英史 , レジン系、バイオガラス系およびシリコン系根管充填用シーラーのヒト歯根膜幹細胞株に対する細胞親和性比較
, 第152回日本歯科保存学会, 2020.06, 根管充填に用いるシーラーの役割は、充填材と根管壁間の空隙を塞ぎ根管の封鎖性を向上させることである。さらに根管充填後の根尖部においては、シーラーと歯根膜組織が持続的に接触することとなることから、シーラーには高い細胞親和性も求められる。歯根膜組織には歯根膜幹細胞が存在し、根尖周囲組織の治癒に重要な役割を果たすことが知られている。しかしながら、歯根膜幹細胞に対するシーラーの細胞親和性は未だ不明な点が多い。そこで本研究ではヒト歯根膜幹細胞株を使用し、細胞親和性に優れることが報告されている3種類のシーラーが細胞増殖および歯根膜細胞関連遺伝子ならびに細胞増殖関連遺伝子発現に及ぼす影響について比較することで、それらの歯根膜幹細胞に対する細胞親和性を検証することとした。.
3. TOMOKIYO Atusushi, HAMANO Sayuri, HASEGAWA Daigaku, SUGII Hideki, YOSHIDA Shinichirou, MITARAI Hiromi, ARIMA Mai, NOZU Aoi, WADA Naohisa, MAEDA Hidefum, Discoloration of White Mineral Trioxide Aggregate Immersed in Various Solutions, 96th International Association of Dental Research, 2018.07.
4. 友清 淳、前田英史、和田尚久、門野内聡、濱野さゆり、長谷川大学、祐田明香、赤峰昭文, 歯根膜および皮膚由来ヒト人工多能性幹細胞(iPSC)を用いた神経堤細胞様細胞の樹立とその表現型の比較, 日本歯科保存学会平成27年度春季大会, 2015.06.
5. 友清 淳、和田尚久、濱野さゆり、長谷川大学、杉井英樹、吉田晋一郎、前田英史, 歯根膜および皮膚由来ヒト人工多能性幹細胞(iPSC)を用いた神経堤細胞様細胞の樹立とキャラクタリゼーション, 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.
6. A. TOMOKIYO, N. WADA, S. HAMANO, D. HASEGAWA, H. SUGII, S. YOSHIDA and H. MAEDA,, Generation of neural crest-like cells from human periodontal ligament cell-derived
induced pluripotent stem cells, 第63回国際歯科研究学会日本部会総会, 2015.10.
7. 友清 淳, 和田 尚久, 濱野 さゆり, 長谷川 大学, 杉井 英樹, 吉田 晋一郎, 芹田 俊, 御手洗 裕美, 水町 博之, 前田 英史, 根管治療ならびに修復処置関連溶液が誘導するWhite Mineral Trioxide Aggregateの色調変化に関する比較分析, 平成28年度日本歯科保存学会秋季学術大会, 2016.10, 目的:直接覆髄や穿孔部封鎖に用いたWhite Mineral Trioxide Aggregate (WMTA) が、往々にして色調変化をきたすことが知られている一方で、その色調と深達度に関する研究報告は少ない。そこで本研究は、根管治療ならびに修復処置に関連する8種類の溶液を用い、それらが誘導するWMTAの色調変化パターンや浸透深さについて検証することを目的とした。
材料と方法:WMTAを蒸留水 (DW) と混和したものを型枠に填入し、硬化させることによりWMTA diskを作製した。これらのdiskをDW、次亜塩素酸ナトリウム溶液 (以下、NaClO)、エチレンジアミン四酢酸溶液 (以下、EDTA)、過酸化水素溶液 (以下、H2O2)、ボンディング材 (以下、BOND)、血液 (以下、BLOOD)、I型コラーゲン溶液 (以下、COL1)、ヨウ素溶液 (以下、JG) に浸漬し、1、7、14日経過後に測色装置および実体顕微鏡による画像撮影を行った。さらに実体顕微鏡画像に対しては、画像補正用カラーチャートを基に画像補正を行った。次に浸漬後のdiskを割断し、実体顕微鏡下にて割断面の画像撮影を行った。また、酸化ビスマスをDW、NaClO、BLOOD、JGに浸漬し、1、7、14日経過後、WMTA diskと同様の画像撮影および画像補正を行った。これらの画像を用いて、1試料辺り5点の色調測定を行い、平均値および標準偏差を算出した。
結果:EDTA、H2O2、BOND、COL1に浸漬したdiskは、DWに浸漬したものと同様の色調を示したが、NaClO、BLOOD、JGに浸漬したdiskには色調変化が生じた。Diskの割断面を観察した結果、NaClOおよびJGに浸漬したdiskでは内部まで色調変化が生じたのに対し、BLOODに浸漬したものでは、内部に色調変化は生じなかった。DW、EDTA、H2O2、BOND、COL1に浸漬したdiskにおいても、内部に色調変化は認められなかった。WMTA disk 同様、NaClO、BLOOD、JGに浸漬した酸化ビスマスにおいても色調変化が生じたが、WMTA diskの色調変化パターンとは異なっていた。
結論:次亜塩素酸ナトリウム溶液、血液、ヨウ素溶液は、硬化後のWMTAならびに酸化ビスマスの色調変化を誘導するが、それらの色調や浸透深さは異なることが明らかとなった。
.
8. 友清 淳, 前田 英史, 和田 尚久, 濱野 さゆり, 長谷川 大学, 歯根膜および皮膚由来ヒト人工多能性幹細胞(iPSC)を用いた神経堤細胞様細胞の樹立とその表現型の比較
, 第142回日本歯科保存学会春季大会, 2015.06, 神経堤細胞は胎生期に神経管周囲に形成される神経堤より遊走し、様々な細胞へと分化することで多様な組織を形成する。このような特徴から神経堤細胞は、組織再生医療の鍵を握る細胞であると推察されるが、その希少さ故に再生研究へ応用することは困難であった。2006年に樹立された人工多能性幹細胞(iPSC)は高い自己増殖能と多能性を示すことから、神経堤細胞の有効な細胞源となりうる可能性を有しており、これらを用いることにより再生医療の適応が大きく広がることが予想される。さらに近年、分化した組織細胞からiPSCを作製する際、.
9. 友清淳, 前田英史, 藤井慎介, 和田尚久, 門野内聡, 堀清美, 郡勝明, 山本直秀, 赤峰昭文., AhRシグナルがヒト歯根膜細胞のコラーゲン代謝に及ぼす影響., 第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009.10.
10. 友清淳、前田英史、藤井慎介、和田尚久、門野内聡、堀清美、郡勝明、山本直秀、赤峰昭文, AhRシグナルがヒト歯根膜細胞のコラーゲン代謝に及ぼす影響., 第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009.10.
11. A.TOMOKIYO, H. MAEDA, S. FUJII, N. WADA, S. MON-NOUCHI and A. AKAMINE , A multipotent hPDL cell line promotes neurocytic differentiation and migration, 86th General Session & Exhibition of the IADR, 2008.07.
12. 友清 淳、前田 英史、藤井 慎介、和田 尚久、門野内 聡、赤峰 昭文 , 多分化能を有するヒト歯根膜クローン細胞株が神経細胞分化及び細胞遊走に及ぼす影響, 第128回春季日本歯科保存学会総会, 2008.06.
13. A.Tomokiyo, H.Maeda, S.Fujii, N.Wada, K.Shima, and A.Akamine, Development of a multipotent clonal human periodontal ligament cell line, 第2回「口腔顎顔面領域の発生と再生」国際シンポジウム, 2007.03.
14. 友清淳、前田英史、藤井慎介、和田尚久、島一也、赤峰昭文, 多分化能を持つヒト歯根膜クローン細胞株の樹立とキャラクタリゼーション, 第125回秋季日本歯科保存学会総会, 2006.11.
15. A.Tomokiyo, H.Maeda, S.Fujii, N.Wada, and A.Akamine, Effects of bFGF and EMD on human periodontal ligament cells, 84th General Session & Exhibition of the IADR, 2005.06.
16. 友清淳、前田英史、藤井慎介、和田尚久、野田亮、島一也、赤峰昭文, ヒト不死化歯根膜クローン細胞におけるEMDおよびbFGFが石灰化誘導に及ぼす影響, 第123回秋季日本歯科保存学会総会, 2005.11.
17. 友清淳、中島美砂子、庵原耕一郎、石河真幸、赤峰昭文, 自己複製能と多能性を有する歯髄幹細胞の分取、培養法の開発, 第121回秋季日本歯科保存学会総会, 2004.11.
学会活動
所属学会名
日本スポーツ歯科医学会
再生医療学会
日本老年歯科医学会
日本歯科保存学会
日本歯内療法学会.
Japan Asssociation of Dental Research
International Association of Dental Research
学協会役員等への就任
2019.05~2020.04, 日本歯科保存学会, 運営委員.
2016.06~2018.08, 福岡歯科大学医科歯科総合病院認定再生医療等審査委員会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.11.07~2019.11.08, 第151回日本歯科保存学会, 大会実行委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度 12        12 
2018年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Colgate Australian Dental Research Centre, Adelaide university, Australia, 2012.07~2014.09.
受賞
日本歯科保存学会学術賞, 日本歯科保存学会, 2018.06.
JEA会長賞, 日本歯内療法学会, 2016.07.
日本歯科保存学会ジーシー優秀ポスター賞, 日本歯科保存学会, 2015.10.
日本歯科保存学会ジーシー優秀ポスター賞, 日本歯科保存学会, 2014.10.
平成24年度日本歯内療法学会優秀論文賞, 日本歯内療法学会, 2012.06.
JEA会長賞, 日本歯内療法学会, 2010.07.
デンツプライ賞, 日本歯科保存学会, 2009.10.
日本歯科保存学会奨励賞, 日本歯科保存学会, 2008.06.
藤野博賞(主席賞), 九州大学歯学部, 2008.04.
大学院中間発表賞, 九州大学歯学部, 2005.09.
デンツプライ賞, 日本歯科保存学会, 2005.05.
デンツプライ賞, 日本歯科保存学会, 2004.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 3Dプリンターを用いた歯内治療シミュレーションシステムの創出.
2017年度~2021年度, 基盤研究(A), 分担, iPS細胞を用いた3次元的歯根膜作製法の確立と人工歯根開発への応用.
2018年度~2020年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, iPS創薬とゲノム創薬の融合による歯根膜幹細胞賦活化物質の創出と再生医療への応用.
2017年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, iPS由来神経堤細胞によるバイオミメティクスに基づいた新規歯周組織再生療法の開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 新規覆髄材の開発を目的としたBig-h3の解析.
2013年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 歯根膜組織形成能を有したバイオアクティブレジンの開発.
2012年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 歯根膜幹細胞由来神経再生因子を用いた新規の末梢神経ならびに歯根膜組織再生法の開発.
2009年度~2010年度, 若手研究(B), 代表, 歯根膜幹細胞を応用した神経再生誘導法の樹立.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2020.04~2021.03, 代表, iPS細胞を用いた3次元的歯根膜作製法の確立と人工歯根開発への応用/
ヒト皮膚由来iPS細胞を神経堤細胞様細胞へ分化誘導した細胞(iPS-NC細胞)を、ヒト初代歯根膜細胞(HPDLC)が分泌した細胞外基質上で培養した細胞(iPS-NC-PDL細胞)が、歯根膜幹細胞様細胞であることをより明らかにするために、骨芽細胞、脂肪細胞への分化能および間葉系細胞の表面抗原の発現、そして歯根膜細胞関連因子(Collagen 1, Osteoprotegerin, Periostin)の発現について比較検討した。その結果、iPS-NC-PDL細胞が、これらの幹細胞の特性と同時に歯根膜の特性も獲得していることを確認した。またiPS-NC細胞と発現因子が異なる特性を有することに関してもNestinおよびp75NTRの発現によって明確にした。
つぎに、iPS-NC細胞からiPS-NC-PDL細胞への分化誘導に重要なHPDLC由来の細胞外基質について明らかにするために、cDNAマイクロアレイ法およびCAGE法を用いて、対照として皮膚線維芽細胞のそれと比較し、発現基質を解析した。その結果、幾つかの因子が候補因子として選別された。それぞれの遺伝子発現を抑制した結果、iPS-NC-PDL細胞への分化を抑制する因子を検出することができた。現在、それぞれの因子単味による誘導能について解析を進めている。
歯根膜様チューブ形成については、予備実験として当分野で保有している不死化歯根膜幹細胞様細胞株を用いてスフェロイド形成を行い、3Dバイオプリンターを用いて作製した。チューブ内部にハイドロキシアパタイトの軸を挿入し培養した結果、界面で歯根膜細胞関連因子の1つであるPeriostinの発現が促進することが明らかになった。今後、セメント質関連因子の発現について検討を加え、iPS-NC-PDL細胞からチューブ形成を進めて行く.
寄附金の受入状況
2019年度, 個人, 寄付金.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2016年度, QRプログラム・わかばチャレンジ, 代表, ヒト歯根膜人工多能性幹細胞(PDL-iPSC)由来神経堤細胞シートを用いた歯周組織再生療法の開発.
2015年度~2015年度, 平成27年度 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)
, 代表, ヒト歯根膜幹細胞由来の末梢神経誘導因子を応用した次世代歯根膜組織再生療法の開発
.
2005年度~2005年度, 九州大学大学院歯学研究院イニシアティブ助成金, 代表, 神経細胞分化能を有したヒト歯根膜細胞が歯根膜組織のダイナミクスに及ぼす影響の解明.
2006年度~2006年度, 九州大学大学院歯学研究院イニシアティブ助成金, 代表, 歯根膜組織幹細胞株の樹立とキャラクタリゼーション.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」