九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
三浦 佳子(みうら よしこ) データ更新日:2020.06.30

教授 /  工学研究院 化学工学部門 工学府 化学システム工学専攻 生体界面工学 (分子・生物システム工学講座)


大学院(学府)担当

工学府 化学システム工学専攻 分子・生物システム工学講座

学部担当



電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/yoshiko-miura
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
http://www.chem-eng.kyushu-u.ac.jp/lab9/
九州大学大学院工学研究院化学工学部門 第9講座 ホームページ
九州大学工学部化学プロセス生命工学コース 第9講座 ホームページ .
電話番号
092-802-2749
FAX番号
092-802-2769
就職実績-他大学
就職実績有, 2000年4月 ペンシルバニア大学博士研究員
2001年4月 名古屋大学大学院工学研究科物質制御工学専攻 助手
2005年4月 北陸先端科学技術大学院大学材料科学科 助教授
2007年4月 北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科 准教授
2010年2月-2015年3月 北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンスサイエンス研究科 客員教授
取得学位
博士(工学)京都大学
学位取得区分(国外)
あり
専門分野
生体高分子, 機能性高分子、高分子合成
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
0000-0001-8590-6079
外国での教育研究期間(通算)
01ヶ年00ヶ月
活動概要
【研究活動概要】
高分子材料、生体高分子、界面科学、化学工学を基礎として、次のような研究を行っている。
(1) 糖鎖高分子を用いた機能材料の研究
細胞表面の糖鎖は生命のシグナル分子として働いている。これを側鎖に結合させた高分子は、糖鎖の分子認識能を発する高分子材料となる。糖鎖を様々に設計することで、ウイルスや毒素タンパク質に結合する材料を作りあげることができる。
糖鎖高分子は、その合成において、糖鎖が結合したビニル系化合物を合成すれば、高分子合成化学を用いて、精密な材料、複合材料へと結びつけることができる。特に近年はリビングラジカル重合のような精密制御重合を用いることで、ブロックポリマー、スターポリマーを用いたタンパク質や細胞との結合の精密な設計を行っている。また、基材と組み合わせてグラフト重合することによって、生体認識性の素材やデバイスを作り上げることができ、特定の病原体を除去する材料などへの活用が可能である。現在はこのような技術を利用して、医用デバイスや基礎生物学に役立つ材料開発を行っている。

(2) 多孔性高分子材料を用いた固定化触媒の開発および新しい化学合成プロセスの開発
固定化触媒は触媒と基質の分離が容易であること、流通プロセスに応用可能であることなどから、有機合成をはじめとした化学プロセスで重要である。一方で、有機合成プロセスを考えるならば、均一に混合できる触媒に比べて、基質の物質移動の上で不利な点があり、また触媒の活性自体も変化する恐れがあり、開発が難しい。そこで、基質の物質移動が容易で、有効表面積の多い多孔体を用いた固定化触媒開発を行っている。高分子のミクロ相分離現象などを応用して多孔体の高分子を合成し、また触媒を固定化することで、多孔性高分子固定化触媒を開発している。触媒としては、有機金属触媒、分子触媒を用いている。多孔体は高い溶液の透過性を有しており、それに従って基質の物質移動は良好である。特に多孔高分子固定化触媒を利用した、連続流通式フロー合成について検討を行っている。


【教育活動】
学部卒業研究生、博士課程、修士課程の大学院生の研究指導、教育を行っている。学部の授業では、有機物質化学(全学)、基礎物理化学第一及び演習(2年生)、基礎物理化学第三(3年))を担当している。大学院の授業では生体由来材料工学(大学院)を担当している。研究室内では大学院生、学部卒業研究生に対して、個別に実験の指導、論文の読解、執筆の指導、論理的な思考訓練を行っている。また、研究面だけでなく、生活面について、必要に応じて家庭と連携した上で指導を行っている。また、所属学部学生、大学院生については国内外の学会発表についても推進、指導している。全学,部局あるいは部門のFDに毎年参加し,教育改善及び教育方法の向上を図っている.

【国際連携活動】
国際共同研究、国際会議によって海外の研究者と交流を行っている。University of Pennsylvania, UCI, アルバータ大学、慶北大学と共同研究を行っている。また、高分子分野、糖鎖分野において、国際会議などによる国際連携活動をしている。
また、Chemistry Letters誌によるAssociate Editor, Journal of Material Chemistry B でAdvisory Boardを務めている。Membrane、Applied Science誌の編集委員も務めている。更に国際学会誌については多くの学会誌の査読を行っている。

【社会活動】
高分子学会、日本化学会、化学工学会、糖質学会、日本MRS、アメリカ化学会に所属している。高分子学会九州支部の庶務幹事、日本化学会、化学工学会、真空表面技術協会の九州支部幹事を務めている。また、日本化学会男女共同参画委員、日本糖質学会男女共同参画委員、化学工学会高等教育委員をつとめている。
アウトリーチ活動として、九州地区の小学校、高等学校にて科学に関する教育、講演を行っている。
 
【大学運営】
工学部男女共同参画委員、工学府学務委員、実験倫理委員などを務めている。また、これまでに、部門長、各学年の担任、秋季、春季工場見学、工学部教育企画、研究企画、財務委員、中央分析委員、などを担任している。その他、大学及び大学院の入試についての業務を行い、大学および部門の運営に協力している

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」