九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
松尾 真太朗(まつお しんたろう) データ更新日:2020.06.02

准教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 構造防災系


主な研究テーマ
高力ボルト接合を用いたプレキャストCFT部材に関する研究
キーワード:CFT構造,プレキャスト部材,高力ボルト,柱継手,圧縮挙動,曲げ挙動
2020.01.
鉄骨梁貫通孔の簡易補強構法に関する研究
キーワード:鋼構造,有孔梁,貫通孔補強,高力ボルト,プラグ溶接,補強設計
2017.01.
軟質溶接を用いたCFT部材・接合部の構造性能評価に関する研究
キーワード:軟質溶接,超高強度鋼,柱梁接合部パネル,箱形鋼管柱,コンクリート充填鋼管構造
2015.04.
鋳鉄製接合金物を用いた鋼構造柱梁接合構法の開発
キーワード:球状黒鉛鋳鉄,柱梁接合部,高力ボルト,角形鋼管柱
2013.06~2019.03.
コンクリート充填鋼管柱梁接合部の力学性能評価と設計法
キーワード:コンクリート充填鋼管,柱梁接合部
2013.04.
高強度鉄筋を内蔵したコンクリート充填鋼管接合部の力学挙動に関する研究
キーワード:CFT,内蔵鉄筋,全塑性耐力,履歴挙動,接合部,継手
2010.04.
鋼構造柱梁接合部の力学特性と設計法
キーワード:鋼構造,柱梁接合部,接合部設計,高力ボルト
2010.04.
素材降伏点などの不確定要因を考慮した鋼構造骨組の耐震性能
キーワード:鋼構造,耐震性能,降伏点,エネルギー吸収,崩壊機構,柱梁耐力比
2010.04~2013.03.
従事しているプロジェクト研究
首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト サブプロジェクト(c):非構造部材を含む構造物の崩壊余裕度に関するデータ収集・整備 課題③ 災害時重要施設の高機能設備性能評価と機能損失判定
2018.04~2021.03, 代表者:倉田 真宏, 京都大学 防災研究所.
土木・建築分野における高力ボルト摩擦接合部の高耐力化に資する研究
2015.04~2018.03, 代表者:桑原 進, 大阪大学工学研究科
近年,土木・建築分野における構造物の高層化・巨大化,鋼材の高張力化・極厚化に伴い,高力ボルト摩擦接合にも高耐力が求められている.本研究では,高力ボルトの締付け施工法,摩擦面処理工法・管理方法などを検討し,従来よりも高耐力な高力ボルト摩擦接合部の提供を可能にすることを目的とする.締付け施工法では耐力点法の施工性を改良した新耐力点法を導入し,その高く,安定した導入軸力を利用する.施工管理方法では摩擦面の定量的な評価方法を導入し,より高く安定したすべり係数を実現する.また,上記の施工方法に適した施工性,経済性,意匠性に配慮したボルトセットの開発を検討する..
津波漂流物を対象としたCFT構造の耐衝撃性能の解明と評価法の開発
2013.04~2016.03, 代表者:河野昭彦, 九州大学大学院 人間環境学研究院 都市・建築学部門
大規模な津波で発生した漂流物は,建築物に衝突することによって建築物に致命的な損傷を与える衝撃荷重となりえる.外面を鋼材で保護されており,内部は拘束コンクリートが充填されているコンクリート充填鋼管は,優れた耐衝撃性能を有している.そこで,本研究は,津波漂流物を対象としたCFT部材の耐衝撃性能の解明を行う.そこでは,鉄筋や鉄骨を内蔵させる等による耐衝撃性能の向上技術の開発を盛り込む.これをもとに,CFT部材の耐衝撃性能の定量的評価法の開発を行う.この評価法を利用して,さらに津波避難ビル等について漂流物に対するCFT構造の設計法の合理化の提案も行う..
鋼管グラウト接合部の静的実験・疲労実験
2011.04~2012.03, 代表者:河野昭彦, 九州大学大学院人間環境学研究院
洋上風力などの海上大型構造物の上部構造を支持する土台の接合部耐力を,一連の静的加力実験ならびに疲労実験により検証した..
曲げ応力を受けるグラウト接合部の疲労耐力の研究
2011.04~2012.03, 代表者:河野昭彦, 九州大学大学院人間環境学研究院
洋上風力などの海上大型構造物の上部構造を支持する土台の接合法の開発と耐力評価ならびに設計法の構築を行った..
実在文教施設の加力実験に基づく低コスト耐震補強法の開発
2010.04~2012.03, 代表者:中原浩之, 九州大学大学院人間環境学研究院
優れた施工性と補強効果を有する耐震補強法を開発し,これを実在文教施設に用いた場合の性
能を実験により検証する..
内蔵鉄筋を利用したCFT接合部の開発
2010.04~2013.03, 代表者:河野昭彦, 九州大学大学院 人間環境学研究院 都市・建築学部門
本研究は,円形および正方形のコンクリート充填鋼管(CFT)の柱継手および露出柱脚を対象として,鉄筋を内蔵させることにより,その応力伝達経路を利用して,原則として鋼管の溶接を不要にするCFT 接合法を開発するものである.鋼管の溶接が不要であるため,施工が簡略化されるとともに,溶剤の強度を超えるような超高強度鋼管を用いたCFT が接合可能となる..
研究業績
主要原著論文
1. 佐藤由悟,浅沼愛実,聲高裕治,岡田忠義,松尾真太朗, 高力ボルト接合による外ダイアフラム形式柱梁接合部における角形鋼管の局部変形挙動, 鋼構造論文集, 27, 105, 13-28, 2020.03, This paper has presented the elasto plastic behavior of eccentric beam to rectangular column joints with exterior diaphragms, basing on the experimental research by monotonic tensile experiments including 5 specimens with 8 different parameters. An FEM analysis on all specimens in the experiment as well as 4 specimens with a rate of eccentricity of 12.5% have also been contained. According to the experimental and analytical results, the eccentricity has a significant influence on the specimens’ yield strength as well as on their failure modes, which is considered to be contributed by the fact that the interior side of the diaphragm did not yield totally when the specimens’ showed characteristics of yielding. Finally, the rate of load redistribution can be considered as a stable parameter to show the influence of eccentricity rates on the load distribution..
2. 崔越,松尾真太朗,熊谷祐飛, 偏心梁付き外ダイアフラム形式角鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動, 鋼構造年次論文集, 26, 635-641, 2019.11, This paper has presented the elasto plastic behavior of eccentric beam to rectangular column joints with exterior diaphragms, basing on the experimental research by monotonic tensile experiments including 5 specimens with 8 different parameters. An FEM analysis on all specimens in the experiment as well as 4 specimens with a rate of eccentricity of 12.5% have also been contained. According to the experimental and analytical results, the eccentricity has a significant influence on the specimens’ yield strength as well as on their failure modes, which is considered to be contributed by the fact that the interior side of the diaphragm did not yield totally when the specimens’ showed characteristics of yielding. Finally, the rate of load redistribution can be considered as a stable parameter to show the influence of eccentricity rates on the load distribution..
3. 松尾真太朗,樋口滝,安井信行, 高力ボルトを用いた鉄骨梁貫通孔補強構法に関する研究, 鋼構造年次論文集, 26, 81-88, 2018.11, In this paper, we propose a design method for reinforcing wide flange beams having web opening with high strength bolts, and experimentally verify the reinforcement effect. Three cantilever type specimens were loaded monotonically, which gave the following achievements; 1) the reinforced beam specimen satisfying the proposed design method showed stable elasto-plastic behavior, 2) the reinforcing plates bore bending moment acting on the perforated portion at a constant rate, and the reinforced beam specimen exerted the structural performance higher than that of the specimen without web opening and 3) the reinforced part behaved as expected..
4. 伊山 潤,清家 剛,松尾真太朗,吉敷祥一,東 康二,石田孝徳,城戸將江,岩下 勉,澤田樹一郎,山田 哲, 熊本地震で被災した鉄骨造文教施設の被害調査の概要, 日本建築学会技術報告集, 56, 183-188, 2018.02.
5. 才木祐磨,松尾真太朗, 定着板付き内蔵鉄筋を接合材とした角形CFT柱継手部の曲げせん断性状, 第12回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集, 12, 47-1-47-8, 2017.11.
6. 大庭諒介, 木下智裕, 吹田啓一郎, 聲高裕治, 松尾真太朗, 村上行夫, 高強度鋼箱形断面柱を用いた外ダイアフラム形式梁フランジ接合部の弾性剛性と降伏耐力の評価, 日本建築学会構造系論文集, 81, 730, 2123-2132, 2016.12.
7. 戸川太吾,柏木健太郎,松尾真太朗,河野昭彦, 内蔵鉄筋を接合材として用いたCFT-仕口接合部の力学挙動, 鋼構造年次論文集, 23, 763-770, 2015.11, This study is for developing new structure system utilizing CFT column with high strength steel that is difficult to be welded. In this system, a connection method, whith uses built-in reinforcing bars as connecting members, is applied
and can join columns without welding. The objective of this study is to investigate experimentally their mechanical behavior. As a result, it revealed that the hysteretic behaviors are very stable until ultimate state in the case of the appropriate insertion length of the built-in reinforcing bars. Furthermore, the evaluation method of strength
is proposed, and its validity is verified by comparison with experimental results..
8. Ben MOU, Shintaro MATSUO, An Analytical Study on Offset H-shaped Steel Beams to Square Concrete Filled Steel Tubular Column Connection Panels with Exterior Diaphragms, 九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第28号, 79-94, 2015.07.
9. 池田竜輔、竹内卓也、壇 泰朗、牟 犇、松尾真太朗, 段差を有する外ダイアフラム形式CFT柱梁接合部の力学的挙動, 鋼構造年次論文報告集, 22, 545-552, 2014.11.
10. 李 瑞東、戸川太吾、上岡幸太郎、松尾真太朗、河野昭彦, コンクリート充填鋼管に内蔵した高強度鉄筋の定着部引抜き性状, 鋼構造年次論文報告集, 22, 553-560, 2014.11.
11. 東 清三郎、松尾真太朗、井上一朗, アルミ溶射摩擦面の力学特性に関する基礎的研究, 鋼構造論文集, 21, 83, 63-70, 2014.09.
12. Ben MOU, Shintaro MATSUO, Ryusuke IKEDA, Akihiko KAWANO, An Experimental Study on Offset H-shaped Steel Beams to Square Concrete Filled Steel Tubular Column Connection Panels with Exterior Diaphragms, 九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第26号, 101-110, 2014.07.
13. Ben MOU, Shintaro MATSUO, Ryusuke IKEDA, Akihiko KAWANO, Strength Estimation Method of Offset Beam-to-Column Connection Panels with Exterior Diaphragms Considering the Effect of Axial Force Ratio, 鋼構造論文集, 21, 81, 55-64, 2014.03.
14. 上岡 幸太郎, 河口 弘光, 松尾 真太朗, 蜷川 利彦, 河野 昭彦, 津田 惠吾, 窪寺 弘顕, H-SA700材を用いた高強度鉄筋内蔵コンクリート充填鋼管柱脚の力学的性状に関する実験的研究, 日本建築学会・土木学会, No.36, 2013.11.
15. 河口 弘光, 野津手 崇瑛, 上岡 幸太郎, 松尾 真太朗, 蜷川 利彦, 河野 昭彦, 高強度鉄筋内蔵コンクリート充填鋼管柱継手の曲げ性状に関する実験的研究, 日本建築学会・土木学会, No.44, 2013.11.
16. 松尾 真太朗, 小山田拓郎, 池田竜輔, 田中剛, 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動, 日本建築学会, 78, 692, 1823-1830, 2013.10, 本研究は,段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネル(以下,段違いパネル)の力学的挙動を実験的に検討し,その耐力評価法を提案するものである.本研究では,まず段違いパネルの全塑性耐力式を2通りの崩壊機構に基づいて誘導し,さらに実用性の観点から数値計算を要しない近似算定式に展開した.また,許容応力度設計で必要となる短期許容耐力(以下,降伏耐力)も合わせて定式化した.これらの耐力評価式の妥当性や段違いパネルの構造性能を確認するために計7体の十字形部分架構繰返し載荷実験を実施し,以下の知見を得た.耐力の計算値と実験値は概ねよく対応し,提案する耐力算定式により各実験変数がパネルの耐力に及ぼす影響を適切に評価できた.段違いパネルは大振幅載荷に到るまで非常に安定した履歴挙動を呈し,従来のパネルが地震時に要求される程度の変形性能を十分に有することを確認した.
This paper presents the behavior of offset beam-to-column connection panels with exterior diaphragms. The plastic strength is proposed based on two collapse mechanisms. One mechanism is only panel yielding type. The other is a mechanism by a combination of yielding in some elements. The yield strength is derived from yielding of the panel, which is connected by beams in both sides. To confirm the applicability of the strength, tests of cruciform subassemblages were conducted. As a result, the strength could be properly evaluated by the proposed formulae, and the characteristics of panels have been stable up to large deformation..
17. Shintaro Matsuo, Takuro Oyamada, Masaki Ozono, ELASTO-PLASTIC BEHAVIOR OF OFFSET BEAM-TO-COLUMN CONNECTION PANELS WITH EXTERIOR DIAPHRAGMS, ISEC-7, New Development in Strctural Engineering & Construction, 195-200, 2013.06, This paper presents the behavior of offset beam-to-column connection panels with exterior diaphragms. The plastic strength of panel is proposed based on two collapse mechanisms of the connection panels. One of the mechanisms is only panel yielding type which is the same as
the standard panel. The other is a mechanism by a combination of yielding in some parts such as panels, exterior diaphragms and column tube wall. In order to confirm the applicability of the strength, cyclic loading tests of cruciform subassemblages were conducted. As a result, the strength and assumed collapse mechanisms were in good agreement with the test results..
18. 小山田拓郎,松尾真太朗,尾園正樹,窪寺弘顕, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の2方向加力実験, 鋼構造年次論文報告集, 20, 167-174, 2012.11.
19. 尾園正樹,松尾真太朗,小山田拓郎,田中剛, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部段違いパネルの力学的挙動, 鋼構造年次論文報告集, 20, 159-166, 2012.11.
20. 松尾 真太朗, 岡田 忠義, 半谷 公司, 菅野 良一, 降伏応力のばらつきを考慮した鋼構造骨組のエネルギー吸収性能に関する考察, 日本建築学会構造系論文集, Vol. 77, No. 672, pp.273-281, 2012.02, The purpose of this paper is to evaluate the energy absorption capacity of steel moment resisting frames considering randomness of member yield stress. It is well known that frames designed with weak beam strong column type mechanism show high ductility behavior, but the energy absorption capacity at the deformation level considered in the structural design process has not been discussed very well. In this paper, the energy absorption at the maximum drift angle of 0.02rad was investigated based on Monte Carlo simulation under the static load condition. The analysis parameters are the number of stories, the number of spans and column overdesign factor (COF). Some conclusions obtained by this study are summarized as follows. 1) Average value, 1% lower limit value and 5% lower limit value of the energy absorption increase by controlling the range of randomness of member yield stress, and 2) the increasing percentage is positively correlated with the number of stories. 3) COF can be made smaller than basic frames' COF by controlling the range of randomness of member yield stress, especially with large number of stories and high value COF..
21. Akihiko Kawano, Qiyun Qiao, Shintaro Matsuo, Toshihiko Ninakawa, A Study on Connection of Concrete Filled Steel Tubes by Using Built-in Steel Bars, Advanced Materials Research, Vols.374-377, pp.1704-1723, 2011.10.
22. 喬崎雲,松尾真太朗,尾園正樹,陳思遠,野津手崇瑛,蜷川利彦,河野昭彦, ベースプレートを省略した鉄筋内蔵コンクリート充填角形鋼管柱脚の力学的性状に関する実験的研究, 九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第20号, pp.111-118, 2011.07.
23. 山崎雅弘,聲高裕治,松尾真太朗, 鋼構造柱梁接合部の塑性変形能力比較のための実験的研究
 ―通しダイアフラム形式と高力ボルト接合形式の比較―, 鋼構造論文集, 17, 68, 101-111, 2010.12.
24. 中山裕貴,佐藤篤司,松尾真太朗,木村慧,吹田啓一郎, 外ダイアフラムを用いた円形鋼管柱と梁フランジ接合部の耐力評価, 日本建築学会構造系論文集, 75, 656, 1917-1925, 2010.10.
25. 松尾真太朗,坂井悠佑,井上一朗, 間柱型制振ダンパーで耐震補強した実大鋼骨組の載荷実験, 日本鋼構造協会鋼構造論文集, 17, 65, 15-25, 2010.03.
26. 松尾真太朗,坂井悠佑,井上一朗, シヤパネルをエネルギー吸収要素とする間柱型制振ダンパーの力学的挙動, 日本鋼構造協会鋼構造論文集, 17, 65, 1-14, 2010.03.
27. 松尾真太朗,佐分利和宏,田中 剛,井上一朗, 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱H形断面梁接合部の部分架構実験, 日本建築学会構造系論文集, 75, 648, 425-433, 2010.02.
28. 松尾真太朗,田中 剛,井上一朗, 分割外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動に関する実験的研究, 日本鋼構造協会鋼構造論文集, 15, 59, 87-98, 2008.09.
29. 松尾真太朗,田中 剛,井上一朗, 外柱を対象とした外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の耐力算定, 日本建築学会構造系論文集, 73, 626, 653-660, 2008.04.
30. 松尾真太朗,田中 剛,井上一朗, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の設計式,日本建築学会構造系論文集, 日本建築学会構造系論文集, 618, 221-228, 2007.08.
31. 松尾真太朗,田中 剛,井上一朗, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の耐力に関する理論的・実験的研究, 日本建築学会構造系論文集, 606, 225-232, 2006.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 松尾 真太朗, 超高強度鋼(H-SA700)のCFT構造への活用技術, JSSC,2018.AUTUMN No.35,pp.18-19, 2018.10.
2. 松尾 真太朗, 後藤 勝彦, 熊本地震の建築物等の被害 鉄骨造建物の構造被害, 建築技術,No.803,pp.104-111, 2016.12,  2016年熊本地震では,大破以上に相当する被害を被った鉄骨造建物の大部分は上益城郡益城町(以下,益城町)に集中しており,その中には建設年が新耐震基準以降(1981年以降)の建物も相当数含まれている.その他の地域では,過去の地震でも明らかになっている構造部材・非構造部材に見られる各種被害や地盤変状を伴った被害等が各地で確認されている.
 鉄骨造建物の構造被害としては,柱梁仕口の損傷,梁・ブレース継手の損傷,柱・梁部材の局部座屈・塑性化,軸組筋かいの座屈・接合部変形・破断,柱脚部コンクリートの亀裂・側方破壊,アンカーボルトの塑性伸び・破断などが生じた.また,東北地方太平洋沖地震でも多数確認された非構造部材被害1)として,天井材や外壁などの非構造部材の損傷や落下,ガラスの破損なども各地で確認されている.
 本稿では,鉄骨造建物の構造被害に着目し,その被害事例を部位別に紹介する.また,益城町で観察された建物被害の多くは既に公表されている例えば文献2)が,その中で特徴的な被害を被った数棟の建物についても紹介する..
3. 松尾 真太朗, 佐藤 篤司, 梁端拡幅工法を中心とする改良型接合部に関する検討, シンポジウム 現場溶接による梁端混用接合部の構造性能と設計・施工-実験データベースによる検討-,pp.28-37, 2016.09, 現場混用接合の構造性能を改善するために提案された工法として,「ダイアフラム突出工法」,「水平ハンチ工法」,「後付け水平ハンチ工法」を中心に取り上げ,それらの特徴と留意点を整理した.さらに,文献調査に基づく各工法の部材性能に関する包括的な分析を実施し,梁が安定的に高い塑性変形能力を示した試験体に基づいて設計条件を以下のように見出した.すなわち,梁端に作用しうる最大曲げモーメントは部材が有する全塑性耐力に対して1.25 倍程度が目安となり,歪硬化による耐力上昇率の計算値は1.4 程度が下限値として妥当である.また,ハンチ長さについては梁スパンに対して0.1~0.12 倍程度,梁せいに対して0.4~0.5 倍程度が目安となる..
4. 松尾 真太朗, 柱脚・継手, CFT構造計算規準化に向けて-長周期地震動も考慮した規準-,2016年度日本建築学会大会(九州)構造部門(SCCS)パネルディスカッション資料,pp.50-56, 2016.08, 本報告では,コンクリート充填鋼管構造設計施工指針(CFT指針)に記載されている柱脚・継手の現状を紹介した後,2008年以降に取り組まれてきたCFT柱脚・継手の新構法である鉄筋内蔵CFT接合に関する研究を紹介した.鉄筋内蔵CFT接合構法は,CFT部材同士あるいはCFT部材と異種部材との接合要素として異形鉄筋を利用するものであり,露出柱脚ではベースプレートやアンカーボルトが省略可能であり,継手では鋼管を溶接せずとも接合部耐力が確保でき,また無溶接接合が可能なため超高強度鋼を活用しやすい特徴をもつ.本構法はまだ一般化された技術には至っていないものの,今後のCFT柱脚・継手の新たな構法として実用化が期待される..
5. 松尾 真太朗, 伊山 潤, 岩田 善裕, 鉄骨造建物の被害
, 2016年熊本地震 災害調査報告会,2016年度日本建築学会大会(九州)災害部門 緊急報告会資料,pp.47-62, 2016.08, 平成28 年熊本地震では,大破以上に相当する被害を被った鉄骨造建物の大部分は益城町に集中しており,その中には建設年が新耐震基準以降(1981 年以降)の建物も相当数含まれている.その他の地域では,過去の地震でも明らかになっている構造部材・非構造部材に見られる各種被害や地盤変状を伴った被害等が各地で確認されている.一方,屋内運動場を中心とした文教施設等の被害分析も現在進行中であり,新耐震基準以降あるいは補強済みの建物においても,中破以上と判断される被害が少なからず確認されている.これらの被害実態は限られた調査範囲のものであるが,詳細な被害要因分析等を今後も継続的に進めていく必要がある..
6. 熊井 隆, 大坪 文明, 松尾 真太朗, 遠藤 千尋, 安井 信行, 高すべり係数アルミ溶射添板の開発, 建築の試験・研究情報誌GBRC,一般財団法人日本建築総合試験所, 2015.07, アルミ溶射技術を高力ボルト摩擦接合部の摩擦面に適用すると従来より高いすべり係数が得られることが知られている.本稿では,アルミ溶射添板のすべり係数を設定するための技術的背景であるすべり試験結果を解説し,アルミ溶射添板の摩擦面の製作上の条件,およびこの添板を用いた高力ボルト摩擦接合部の設計指針について記述している..
主要学会発表等
1. 渡邊舟,崔越,松尾真太朗, 偏心梁付き外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の曲げせん断挙動, 日本建築学会九州支部研究報告, 2020.03.
2. 樋口滝,松尾真太朗,幸田智輝,横山眞一,平山貴章, 鉄骨梁貫通孔の簡易補強工法に関する研究 その5 実験結果・考察および有限要素法による実験再現解析, 日本建築学会九州支部研究報告, 2020.03.
3. 幸田智輝,松尾真太朗,樋口滝,横山眞一,平山貴章, 鉄骨梁貫通孔の簡易補強工法に関する研究 その4 補強設計法の修正および実験概要・結果, 日本建築学会九州支部研究報告, 2020.03.
4. 酒井勇気,松尾真太朗,一戸康生,伊藤浩資, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼 CFT 部材の構造性能と設計法 その11 十字形部分架構の一定軸力下正負交番繰返し漸増振幅載荷実験, 日本建築学会九州支部研究報告, 2020.03.
5. 神村拓海,酒井勇気,松尾真太朗,村上行夫, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼 CFT 部材の構造性能と設計法 その10 十字形部分架構の正負交番繰返し漸増振幅載荷実験, 日本建築学会九州支部研究報告, 2020.03.
6. 崔越,松尾真太朗,熊谷祐飛, 偏心梁付き外ダイアフラム形式角鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動, 鋼構造シンポジウム2019 アカデミーセッション, 2019.11.
7. Shintaro MATSUO, Ryu HIGUCHI and Nobuyuki YASUI, STUDY ON SIMPLIFIED REINFORCEMENT METHOD FOR WIDE FLANGE BEAMS WITH WEB OPENING, 12th Pacific Structural Steel Conference (PSSC'19), 2019.11.
8. 酒井勇気,松尾真太朗,伊藤浩資, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT 部材の構造性能に関する研究 その17 角溶接部強度を考慮したCFT 柱梁接合部パネルの耐力評価, 日本建築学会大会, 2019.09.
9. 高橋宏武,松尾真太朗,村上行夫, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT 部材の構造性能に関する研究 その16 実大十字形部分架構の力学性状, 日本建築学会大会, 2019.09.
10. 松尾真太朗,酒井勇気,一戸康生, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT 部材の構造性能に関する研究 その15 実大十字形部分架構の一定軸力下繰返し漸増振幅載荷実験, 日本建築学会大会, 2019.09.
11. 赤澤資貴,佐分利和宏,倉田真宏,松尾真太朗,河又洋介, 低層重要建物の設計検討と終局状態, 日本建築学会大会, 2019.09.
12. 幸田智輝,樋口滝,松尾真太朗,安井信行, 高力ボルトを用いた鉄骨梁貫通孔補強構法に関する研究 その5 実験結果および考察, 日本建築学会大会, 2019.09.
13. 樋口滝,幸田智輝,松尾真太朗,安井信行, 高力ボルトを用いた鉄骨梁貫通孔補強構法に関する研究 その4 繰返し載荷実験概要と実験結果, 日本建築学会大会, 2019.09.
14. 石渡光,熊谷祐飛,松尾真太朗,崔越, 偏心梁付き外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 その3 有限要素法解析による応力伝達の検証, 日本建築学会大会, 2019.09.
15. 崔越,松尾真太朗,石渡光,熊谷祐飛, 偏心梁付き外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 その2 FEM解析, 日本建築学会大会, 2019.09.
16. 熊谷祐飛,石渡光,松尾真太朗,崔越, 偏心梁付き外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の弾塑性挙動 その1 実験計画および結果, 日本建築学会大会, 2019.09.
17. 樋口滝,松尾真太朗,安井信行, 鉄骨梁貫通孔の簡易補強工法に関する研究 その3 繰返し載荷実験, 日本建築学会九州支部研究報告, 2019.03.
18. 原田俊太郎,石渡光,松尾真太朗, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の局部弾性剛性評価法に関する研究 その1 局部弾性剛性評価式の導出, 日本建築学会大会, 2018.09.
19. 石渡光,原田俊太郎,松尾真太朗, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の局部弾性剛性評価法に関する研究 その2有限要素法解析による剛性評価値の検証, 日本建築学会大会, 2018.09.
20. 才木祐磨,渡邊舟,松尾真太朗, 内蔵鉄筋を接合材として用いるCFT接合構法の定着部性能に関する実験的研究 その1 支圧破壊耐力の評価法および実験概要, 日本建築学会大会, 2018.09.
21. 渡邊舟,才木祐磨,松尾真太朗, 内蔵鉄筋を接合材として用いるCFT接合構法の定着部性能に関する実験的研究 その2 実験結果および定着長さを考慮した弾性剛性の評価法, 日本建築学会大会, 2018.09.
22. 松尾真太朗,高橋駿介,樋口滝,安井信行, 高力ボルトを用いた鉄骨梁貫通孔補強構法に関する研究 その1 補強部の設計方法, 日本建築学会大会, 2018.09.
23. 高橋駿介,松尾真太朗,樋口滝,安井信行, 高力ボルトを用いた鉄骨梁貫通孔補強構法に関する研究 その2 補強部の設計方法, 日本建築学会大会, 2018.09.
24. 樋口滝,松尾真太朗,高橋駿介,安井信行, 高力ボルトを用いた鉄骨梁貫通孔補強構法に関する研究 その3 実験結果および考察, 日本建築学会大会, 2018.09.
25. 松岡将太,松尾真太朗,百田茂実,浅沼愛実,岡田忠義,佐藤由悟, 無溶接柱梁接合構法のボルト耐力に関する研究 その1 実験概要, 日本建築学会大会, 2018.09.
26. 百田茂実,松尾真太朗,松岡将太,浅沼愛実,岡田忠義,佐藤由悟, 無溶接柱梁接合構法のボルト耐力に関する研究 その2 実験結果, 日本建築学会大会, 2018.09.
27. 浅沼愛実,岡田忠義,佐藤由悟,松尾真太朗,百田茂実, 無溶接柱梁接合構法のボルト耐力に関する研究 その3 再現解析, 日本建築学会大会, 2018.09.
28. 岩元丈仁,松尾真太朗,村上行夫,河野昭彦, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT 部材の構造性能に関する研究 その12 幅厚比16.7 の片持ちCFT 柱の一定軸力下繰り返し曲げせん断実験, 日本建築学会大会, 2018.09.
29. 酒井勇気,栗田舞人,松尾真太朗,伊藤浩資, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT 部材の構造性能に関する研究 その13 幅厚比16.7 のCFT 接合部パネルのせん断加力実験, 日本建築学会大会, 2018.09.
30. 栗田舞人,酒井勇気,松尾真太朗,伊藤浩資, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT 部材の構造性能に関する研究 その14 幅厚比16.7 のCFT 接合部パネルの履歴挙動および耐力評価, 日本建築学会大会, 2018.09.
31. 松尾真太朗,高橋駿介,安井信行, 鉄骨梁貫通孔の簡易補強工法に関する研究 その1 補強部の設計方法と実験概要, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
32. 高橋駿介,松尾真太朗,安井信行, 鉄骨梁貫通孔の簡易補強工法に関する研究 その2 実験結果と考察, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
33. 原田俊太郎,松尾真太朗, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の局部弾性剛性評価法に関する研究 その1 局部弾性剛性評価式の導出, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
34. 原田俊太郎,松尾真太朗, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の局部弾性剛性評価法に関する研究 その2 有限要素法解析による剛性評価値の検証, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
35. 福重公隆,松尾真太朗,岡田忠義,佐藤由悟,浅沼愛実, 無溶接柱梁接合構法のボルト耐力に関する研究, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
36. 松岡将太,松尾真太朗,福重公隆,新村洋行,篠原紀夫, 鋳鉄製金物を用いた接合部における突起嵌合部の力学性状に関する研究 その1 接合部の組立実験および2面せん断実験, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
37. 松岡将太,松尾真太朗, 鋳鉄製金物を用いた接合部における突起嵌合部の力学性状に関する研究 その2 有限要素法解析結果と理論値の比較, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
38. 内野雅大,黒川勇斗,岩元丈仁,松尾真太朗,村上行夫,河野昭彦, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能と設計法 その7 一定軸力と繰り返し曲げせん断が作用する片持ち柱に関する実験, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
39. 栗田舞人,伊藤晶,松尾真太朗,伊藤浩資, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能と設計法 その8 接合部パネルのせん断加力実験, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
40. 伊藤晶,栗田舞人,松尾真太朗,伊藤浩資, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能と設計法 その9 有限要素法解析による分析および耐力評価, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2018.03.
41. 栗田舞人,一戸康生,藤永 隆,河野昭彦,蜷川利彦,松尾真太朗, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能に関する研究 その1 実験計画および使用材料の機械的性質, 日本建築学会大会, 2017.08.
42. 高橋駿介,伊藤 晶,松尾真太朗,伊藤浩資, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能に関する研究 その7 接合部パネルのせん断加力実験, 日本建築学会大会, 2017.08.
43. 伊藤 晶,高橋駿介,松尾真太朗,伊藤浩資, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能に関する研究 その8 接合部パネルの履歴挙動および耐力評価, 日本建築学会大会, 2017.08.
44. 原田俊太郎,松尾真太朗, 外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の局部弾性剛性の評価法に関する研究, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2017.03.
45. 濱口眞由美,藤永 隆,河野昭彦,蜷川利彦,松尾真太朗, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能と設計法 その1 実験計画および使用材料の機械的性質の把握, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2017.03.
46. 渕上陽介,伊藤 晶,松尾真太朗, アンダーマッチング溶接により組み立てられた超高強度鋼CFT部材の構造性能と設計法 その5 接合部パネルに関するせん断実験, 日本建築学会研究報告 九州支部, 2017.03.
47. 壇泰朗,松尾真太朗,河野昭彦,佐伯英一郎,宇野暢芳, 球状黒鉛鋳鉄を母材に用いた高力ボルト摩擦接合部のすべり係数に関する研究, 日本建築学会大会, 2016.08.
48. 松尾真太朗,福重公隆, 改良型現場混用接合を用いた柱梁接合部の改良効果と変形性能について その1.研究概要, 日本建築学会大会, 2016.08.
49. 福重公隆,松尾真太朗, 改良型現場混用接合を用いた柱梁接合部の改良効果と変形性能について その2.各種性能の分析, 日本建築学会大会, 2016.08.
50. 作本尚弥,松尾真太朗, 床スラブのついた外ダイアフラム形式柱梁接合部の構造性能評価 その3.FEM解析, 日本建築学会大会, 2016.08.
51. 戸川太吾,柏木健太郎,才木祐磨,松尾真太朗, コンクリート充填鋼管に内蔵した定着板付き高強度鉄筋の引抜き性状 その4.追加実験の概要および定着板支圧耐力の評価法, 日本建築学会大会, 2016.08.
52. 渕上陽介,才木祐磨,柏木健太郎,松尾真太朗,戸川太吾, 定着板付き内蔵鉄筋を接合材とするコンクリート充填角形鋼管継手の曲げせん断挙動 その1.研究背景と実験計画, 日本建築学会大会, 2016.08.
53. 柏木健太郎,才木祐磨,渕上陽介,松尾真太朗,戸川太吾, 定着板付き内蔵鉄筋を接合材とするコンクリート充填角形鋼管継手の曲げせん断挙動 その2.実験結果と破壊性状, 日本建築学会大会, 2016.08.
54. 才木祐磨,柏木健太郎,渕上陽介,松尾真太朗,戸川太吾, 定着板付き内蔵鉄筋を接合材とするコンクリート充填角形鋼管継手の曲げせん断挙動 その3.コーン状破壊耐力の評価法, 日本建築学会大会, 2016.08.
55. 壇泰朗,松尾真太朗,河野昭彦,佐伯英一郎,宇野暢芳, 球状黒鉛鋳鉄を母材に用いた高力ボルト摩擦接合部のすべり係数に関する研究, 日本建築学会九州支部研究報告, 2016.03.
56. 戸川太吾,柏木健太郎,松尾真太朗,河野昭彦, 内蔵鉄筋を接合材として用いるコンクリ-ト充填角形鋼管柱梁接合部に関する実験的研究
その6.柱材鋼管に超高強度鋼を用いた十字架構試験体の載荷実験
, 日本建築学会九州支部研究報告, 2016.03.
57. 中田秀樹,作本尚弥,松尾真太朗, 床スラブのついた外ダイアフラム形式柱梁接合部の構造性能評価(その1 実験概要と実験結果), 日本建築学会大会, 2015.09.
58. 作本尚弥,中田秀樹,松尾真太朗, 床スラブのついた外ダイアフラム形式柱梁接合部の構造性能評価(その2 耐力算定), 日本建築学会大会, 2015.09.
59. 松尾真太朗,壇泰朗,河野昭彦,佐伯英一郎,宇野暢芳, 鋳鉄製金物を用いた柱梁高力ボルト接合構法に関する実験的研究(その1 実験概要), 日本建築学会大会, 2015.09.
60. 壇泰朗,松尾真太朗,河野昭彦,佐伯英一郎,宇野暢芳, 鋳鉄製金物を用いた柱梁高力ボルト接合構法に関する実験的研究(その2 実験結果), 日本建築学会大会, 2015.09.
61. 池田竜輔,作本尚弥,中田秀樹,松尾真太朗, スラブを有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動, 日本建築学会大会, 2015.09.
62. 柏木健太郎,戸川太吾,松尾真太朗,河野昭彦, 内蔵鉄筋を接合材として用いるコンクリ-ト充填角形鋼管柱梁接合部に関する実験的研究(その4 追加実験の概要および結果分析), 日本建築学会大会, 2015.09.
63. 戸川太吾,柏木健太郎,松尾真太朗,河野昭彦, 内蔵鉄筋を接合材として用いるコンクリ-ト充填角形鋼管柱梁接合部に関する実験的研究(その5 結果分析および弾性剛性の算定法), 日本建築学会大会, 2015.09.
64. MOU Ben, IKEDA Ryusuke and MATSUO Shintaro, Elasto-plastic Behavior of Offset H Shaped Steel Beam to Concrete Filled Square Steel Tube Column Connection Panel with Exterior Diaphragms (Part 4. Improved collapse mechanism and validation for formulae), 日本建築学会研究報告九州支部, 2015.03.
65. 池田 竜輔,牟 犇,松尾真太朗, 段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部の力学的挙動(その 5 スラブ付き十字形部分架構試験体による載荷実験と考察), 日本建築学会研究報告九州支部, 2015.03.
66. 作本 尚弥,竹内 卓也,松尾真太朗, 床スラブのついた外ダイアフラム形式柱梁接合部の力学性能評価(その1 実験概要と実験結果), 日本建築学会研究報告九州支部, 2015.03.
67. 竹内 卓也,作本 尚弥,松尾真太朗, 床スラブのついた外ダイアフラム形式柱梁接合部の力学性能評価(その2 実験結果と耐力算定), 日本建築学会研究報告九州支部, 2015.03.
68. 松尾真太朗,壇 泰朗,河野 昭彦,佐伯英一郎,宇野 暢芳, 鋳鉄製金物を用いた柱梁高力ボルト接合工法に関する実験的研究(その1 実験概要), 日本建築学会研究報告九州支部, 2015.03.
69. 壇 泰朗,松尾真太朗,河野昭彦,佐伯英一郎,宇野暢芳, 鋳鉄製金物を用いた柱梁高力ボルト接合工法に関する実験的研究(その2 実験結果), 日本建築学会研究報告九州支部, 2015.03.
70. 上岡幸太郎,松尾真太朗,李瑞東,戸川太吾,河野昭彦 , 内蔵鉄筋を接合材として用いるコンクリート充填角形鋼管柱梁接合部に関する実験的研究(その 3 応力伝達機構および降伏耐力), 日本建築学会研究報告九州支部, 2015.03.
71. 李瑞東,戸川太吾,上岡幸太郎,松尾真太朗,河野昭彦, コンクリート充填鋼管に内蔵した定着板付き高強度鉄筋の引抜き性状(その 3 鉄筋の偏心と鋼管幅厚比を変数とした実験), 日本建築学会研究報告九州支部, 2015.03.
72. 池田竜輔,竹内卓也,牟犇,壇泰朗,松尾真太朗, 段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部の力学的挙動
その 1.実験計画
, 日本建築学会大会, 2014.09.
73. 竹内卓也,池田竜輔,牟犇,壇泰朗,松尾真太朗, 段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部の力学的挙動
その 2.実験結果, 日本建築学会大会, 2014.09.
74. 壇泰朗,池田 竜輔,竹内 卓也,牟犇,松尾真太朗, 段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部の力学的挙動
その 4.パネル全塑性耐力算定法
, 日本建築学会大会, 2014.09.
75. 李瑞東、戸川太吾、上岡幸太郎、松尾真太朗、河野昭彦, コンクリート充填鋼管に内蔵した定着板付き高強度鉄筋の引抜き性状
その1:実験概要および結果分析
, 日本建築学会大会, 2014.09.
76. 戸川太吾、李瑞東、上岡幸太郎、松尾真太朗、河野昭彦, コンクリート充填鋼管に内蔵した定着板付き高強度鉄筋の引抜き性状
その2:耐力考察およびコーン状破壊耐力評価式の提案

, 日本建築学会大会, 2014.09.
77. 松尾真太朗、上岡幸太郎、李瑞東、戸川太吾、河野 昭彦, 内蔵鉄筋を接合材として用いるコンクリート充填角形鋼管柱梁接合部に関する実験的研究
その 1 研究概要および実験概要

, 日本建築学会大会, 2014.09.
78. 上岡幸太郎、松尾真太朗、李瑞東、戸川太吾、河野昭彦, 内臓鉄筋を接合材として用いるコンクリート充填角形鋼管柱梁接合部に関する研究
その2 実験結果とその考察
, 日本建築学会大会, 2014.09.
79. MOU Ben, IKEDA Ryusuke, MATSUO Shintaro, KAWANO Akihiko, Elasto-plastic Behaviors of Offset Beam to Concrete Filled Square Steel Tube Column Connection Panel with exterior
Diaphragms (Part 3. Simulation of the experimental results by using finite element method analysis)

, 日本建築学会大会, 2014.09.
80. 戸川太吾、李瑞東、上岡幸太郎、松尾真太朗、河野昭彦, コンクリート充填鋼管に内蔵した定着板付き高強度鉄筋の引抜き性状
その 1 . 実験概要と破壊性状
, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
81. 李瑞東、戸川太吾、上岡幸太郎、松尾真太朗、河野昭彦, コンクリート充填鋼管に内蔵した定着板付き高強度鉄筋の引抜き性状
その2 . 実験分析と耐力考察
, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
82. MOU Ben, IKEDA Ryusuke, TAKEUCHI Takuya, MATSUO Shintaro, KAWANO Akihiko*, Elasto-plastic Behavior of Offset H Shaped Steel Beam to Concrete Filled Square Steel Tube Column Connection Panel with Exterior Diaphragms
(Part 3. Simulation of the experimental results by using finite element method analysis)
, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
83. 松尾真太朗,小山田拓郎, 2 方向加力を受ける外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の力学的挙動
その 1 実験概要と結果
, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
84. 小山田拓郎,松尾真太朗, 2 方向加力を受ける外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の力学的挙動
その 2 FEM 解析による検討
, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
85. 池田竜輔,竹内卓也,牟犇,松尾真太朗, 段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部の力学的挙動
その 1.十字形部分架構試験体による載荷実験

, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
86. 竹内卓也,池田竜輔,牟犇,松尾真太朗, 段差を有する外ダイアフラム形式コンクリート充填角形鋼管柱梁接合部の力学的挙動
その 2.耐力算定と実験結果比較
, 日本建築学会九州支部, 2014.03.
87. Shintaro MATSUO, Takuro OYAMADA, Bi-axial Loading Tests of Beam-to-Column Connection with Exterior Diaphragms, 7th International Symposium on Steel Structures (ISSS-2013), 2013.11, Exterior diaphragm type connection, which does not require full penetration weld, is a rational method of connection between beams and columns in terms of high reliability for its seismic performance. All of previous studies on the connection targeted one-direction loading, and the design method has been established. On the other hand, there could be the case that structural designers are required to assume the connections to be input from two perpendicular directions. In this paper, a systematic cyclic loading tests of beam-to-column connection with exterior diaphragms was conducted in order to confirm the effects of various parameters on the connections under two-direction loading. As a result, it mainly revealed that both yield and plastic strength of the connection under bi-axial loading decreased relative to those under one-direction loading..
88. S. Matsuo, Q. Qiao, T. Ninakawa, A. Kawano, Experimental Study on Mechanical Behavior of Exposed-type Square CFT Column Base with Built-in Reinforcing Bars, STESSA2012, 2012.01, In this study, a new type of column base: exposed-type square concrete filled steel tubular (CFT) column base with built-in reinforcing bars, is proposed. The bending behaviors of the column bases are investigated by the cyclic loading tests under a constant vertical load. From the tests it is revealed that the built-in reinforcing bars are effective in order to increase the performances of the column bases, and the col-umn bases are sufficiently stable until 5.0% of rotational angle of the column base. Also the calculation me-thod of the ultimate bending strength of the column base is considered to be valid..
学会活動
所属学会名
日本鋼構造協会
日本建築学会
学協会役員等への就任
2018.05~2020.05, 日本建築学会九州支部, 代議員.
2016.05~2018.05, 日本建築学会九州支部, 常議員(学術幹事).
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.09.03~2019.09.06, 日本建築学会大会(北陸), 司会(Moderator).
2019.11.09~2019.11.10, PSSC'19, 司会(Moderator).
2019.03.03~2019.03.03, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
2018.11.15~2018.11.15, 鋼構造シンポジウム2018アカデミーセッション, 司会(Moderator).
2018.03.04~2018.03.04, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
2017.03.05~2016.03.05, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
2016.03.06~2016.03.06, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
2015.03.01~2015.03.01, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
2014.03.02~2014.03.02, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
2013.08.31~2013.08.31, 日本建築学会大会(北海道), 司会(Moderator).
2013.08.30~2013.08.30, 日本建築学会大会(北海道), 司会(Moderator).
2013.03.03~2012.03.03, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
2012.09.14~2012.09.14, 日本建築学会大会(東海), 司会(Moderator).
2012.09.13~2012.09.13, 日本建築学会大会(東海), 司会(Moderator).
2012.03.04~2012.03.04, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
2011.08.23~2011.08.23, 日本建築学会大会(関東), 司会(Moderator).
2011.03.06~2011.03.06, 日本建築学会九州支部研究報告, 司会(Moderator).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度    
2018年度   12 
2017年度    
2016年度    
2015年度    
2014年度     10 
2013年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度    
受賞
JSSC鋼構造シンポジウム・アカデミーセッション 2012年度優秀発表賞, 日本鋼構造協会, 2012.11.
建築九州賞(新人賞), 日本建築学会九州支部, 2012.05.
優秀修士論文賞, 日本建築学会, 2006.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 梁偏心および柱軸力の影響を考慮した外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部の設計法.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 鉄筋を接合材として用いるCFT柱梁接合構法の開発および鉄筋定着部の設計法の確立.
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 土木・建築分野における高力ボルト摩擦接合部の高耐力化に資する研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 津波漂流物を対象としたCFT構造の耐衝撃性能の解明と評価法の開発.
2013年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 外ダイアフラム形式角形CFT柱梁接合部の設計法合理化のための現実的因子の解明.
2011年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 2方向加力に対する外ダイアフラム形式柱梁接合部の弾塑性挙動と設計法.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 内蔵鉄筋を利用したCFT接合部の開発.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2007年度~2008年度, 特別研究員, 代表, 分割外ダイアフラム形式の柱梁接合部と間柱型ダンパーを組み合わせた制震構造の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2020年度~2020年度, 「鋼構造研究・教育助成事業」による「一般テーマ研究助成」, 代表, 乾式接合による角形CFT柱のプレキャスト化に関する実験的研究
.
2017年度~2018年度, 「鋼構造研究・教育助成事業」による「一般テーマ研究助成」, 代表, 鉄骨梁貫通孔の無溶接型補強設計.
2013年度~2014年度, 「鋼構造研究・教育助成事業」による「一般テーマ研究助成」, 代表, 柱梁接合部に普通鋼を用いたH-SA700 鋼活用型CFT接合構法の開発に向けた実験的研究.
2011年度~2012年度, 「鋼構造研究・教育助成事業」による「一般テーマ研究助成」, 代表, 段差を有する外ダイアフラム形式角形鋼管柱梁接合部パネルの力学的挙動.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.04~2021.03, 代表, 本研究は、鉄骨梁貫通孔を高力ボルトと鋼板により補強する構法の開発研究である。前年度までに九大で進めてきた本構法の実用化に向けた課題抽出、課題解決のための構造実験および構造解析を実運用に沿って再度実施し、補強設計法ならびに施工法を構築することを最終目的とする。.
寄附金の受入状況
2019年度, 日鐵住金建材株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2018年度, 日鐵住金建材株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2018年度, 日本鉄鋼連盟, H-SA700軟質継手(CFT柱)の研究.
2017年度, 日鐵住金建材株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2017年度, 日本鉄鋼連盟, H-SA700軟質継手(CFT柱)の研究.
2016年度, 日鐵住金建材株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2016年度, 日之出水道機器株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2015年度, 日鐵住金建材株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2015年度, 日之出水道機器株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2015年度, 日鐵住金建材株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2014年度, 日鐵住金建材株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2012年度, 新日本製鐵株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2011年度, 新日本製鐵株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.
2010年度, 新日本製鐵株式会社, 大学院人間環境学研究院研究資金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」