九州大学 研究者情報
著書一覧
AHMED ASHIR(あはめっど あしる) データ更新日:2019.06.24

准教授 /  システム情報科学研究院 情報知能工学部門


著書
1. N. Hossain, H. Okajima, H. Kitaoka, F. Yokota, and A. Ahmed, Book Chapter: eHealth Consumer Behavior
Book Title: Behavior Engineering and Applications, 1st ed., Springer International Publishing, 2018. ISBN-10: 3319764292.
, Springer, ISBN-10: 3319764292, 2018.06, [URL], Numerous studies have been conducted on eHealth’s structure, technological aspects, current status, problems and prospects. However, there are only a few studies conducted in regards to the consumer behavior of eHealth. This chapter describes the necessity of behavioral research in eHealth. eHealth initiatives and current status in Bangladesh is reported. The chapter also explores and analyzes the current level of, reasons behind and factors affecting consumer acceptance of Portable Health Clinic (PHC), an e-Health initiative in Bangladesh, currently serving on experimental basis. In order to conduct an in-depth consumer behavior research, a sample of 600 rural respondents has been selected through stratified random sampling method. Data has been collected through structured questionnaire survey and analyzed with statistical tools including central tendency, frequency analysis, chi-square test of association and simple linier regression. This chapter also analyzes consumer’s demographic and socio-economic factors that affect their acceptance of eHealth. Our finding says, consumer’s age, occupation and purchasing power have very strong influence on their acceptance of eHealth services from PHC while their gender, level of education, access to cell phone and previous eHealth knowledge have very insignificant or weaker impact. Finally, the major applications of behavioral research are reported through which eHealth initiatives can be more socially acceptable and financially viable..
2. 大杉 拓三, AHMED ASHIR, グラミンのソーシャル•ビジネス:世界の社会的な課題とどう向き合うか (増補改訂版), 集広舎, 2017.02, ソーシャル・ビジネスは,社会課題を解決するための一つの強力な方法です。私たちが直面している社会課題のほとんどは人々が作りだしたものですが,同時にそれらの課題は人々が力を合わせることで解決できます。多くの学問領域にわたる技術と資源を擁する学界は,課題解決の道筋を開発するための理想的な場所と言えます。
この本を通じて,グラミンが金融や教育,ヘルスケア,エネルギー,通信に関する社会的な課題にどのように取り組んできたのかを,読者のみなさんは知ることができるでしょう。私は,ここに書かれた物語を読んだ人々がアクションを起こすこと,つまり学生たちが社会課題の解決を目指すキャリアを選ぶことを,また研究者が新たな研究の種を見つけることを,そして世界的に名高い技術を持つ日本の産業界がソーシャル・ビジネスへの関与を広げることを希望します。それが小さなスタートであったとしても,そこにはすべての人々にとって,よりよい世界をつくるための可能性があるのです.
3. Ashir Ahmed, REBEIRO-HARGRAVE ANDREW, Nohara Yasunobu, Rafiqul Islam Maruf, Partha Pratim Ghosh, Naoki Nakashima, Hiroto Yasuura, Smart Sensors and Systems
Chapter: Portable Health Clinic: A Telehealthcare System for UnReached Communities
, Springer, 2015.03, [URL], One billion people (15% of the world population) are unreached in terms of access to quality healthcare services largely as a result of the paucity of healthcare facilities and medical experts in rural areas. We have prototyped “portable health clinic (PHC), a compact telehealth system with diagnostic equipment and GramHealth software for archiving and searching patients’ past health records. The back-end of the system consists of data servers and a medical call center. The front-end has the instances of portable briefcase consisting of medical sensors and measuring equipment operated by healthcare workers living in unreached communities. The front-end data transmission system and Skype telemedicine calls connect with the back-end using mobile network coverage and Internet. Doctors at the medical call center access GramHealth data cloud through the In-ternet or have a copy of the database in the call center server. Upon receiving a multimedia call from a patient, the doctor can find that patient’s previous EHR record and then create and send an e-Prescription. The healthcare worker’s PHC briefcase is designed to be low cost and portable. It is envisioned as costing less than US$300 (an amount an entrepreneur can borrow from micro-finance institu-tions such as Grameen Bank in Bangladesh) and light enough to be carried by a female health assistant. The PHC briefcase will be owned and operated by a vil-lage health assistant. This will be a sustainable business model as the health assis-tant can build a professional relationship with her local clientele. We carried out experiments in three remote villages and in two commercial organizations in Bangladesh by collaborating with local organizations to observe the local adoption of the technology. We are looking at the applicability of our PHC system for aging societies in developed countries..
4. 大杉 卓三, AHMED ASHIR, グラミンのソーシャル•ビジネス:世界の社会的な課題とどう向き合うか, 集広舎, 2012.07, ソーシャル・ビジネスは,社会課題を解決するための一つの強力な方法です。私たちが直面している社会課題のほとんどは人々が作りだしたものですが,同時にそれらの課題は人々が力を合わせることで解決できます。多くの学問領域にわたる技術と資源を擁する学界は,課題解決の道筋を開発するための理想的な場所と言えます。
この本を通じて,グラミンが金融や教育,ヘルスケア,エネルギー,通信に関する社会的な課題にどのように取り組んできたのかを,読者のみなさんは知ることができるでしょう。私は,ここに書かれた物語を読んだ人々がアクションを起こすこと,つまり学生たちが社会課題の解決を目指すキャリアを選ぶことを,また研究者が新たな研究の種を見つけることを,そして世界的に名高い技術を持つ日本の産業界がソーシャル・ビジネスへの関与を広げることを希望します。それが小さなスタートであったとしても,そこにはすべての人々にとって,よりよい世界をつくるための可能性があるのです.
5. Ashir Ahmed, 大杉 卓三,  BOP変革する情報通信技術:バングラデシュの挑戦, 集広舎, 2009.09, 電気が通じていない農村で携帯電話を使う村人、電話線が整備されていない町で運営されるインターネットカフェ。開発途上国において、情報通信技術(ICT)が農村部でも人々の身近に存在する 風景は、ありふれたものになろうとしている。 本書の舞台であるバングラデシュをはじめとする開発途上国ではBOP(Base of the Pyramid:貧困層が人口の多くの割合を占める。世界で40億人以上といわれるBOPを巨大なマーケットとして再定義し、持続的なビジネスを通して貧困削減に取り組む戦略が注目を集めている。BOPマーケットでは、社会的利益を最優先させ、BOPの人々が自ら取り組む「ソーシャル・ビジネス」が重要であり、そこにICTは不可欠なツール となっている。ICTを活用することで人々は適切な情報を入手し、またコミュニケーションは人々の連帯を実現する。その結果、自らの能力に自信を持ち、単なる巨大マーケットの消費者ではなく新たな富を創造する生産者ともなりうる。 本書は九州大学とグラミン・コミュニケーションズの共同研究の成果に基づき、バングラデシュにおいてICTが導く社会経済の変革について具体的事例を綴ることで、そこに暮らすBOPの人々の姿を 明らかにする。.
6. Sabbir Alam, Michael Cohen, Ashir Ahmed, and Juliçn Villegas, SIP Handbook: Services, Technologies, and Security of Session Initiation Protocol, Taylor & Francis Group, 2008.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」