九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
古田 美智子(ふるたみちこ) データ更新日:2024.06.03

准教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔保健推進学


主な研究テーマ
一般地域住民と歯科患者における歯の喪失要因の検討
キーワード:歯の喪失
2015.12~2025.03.
口腔の健康状態と全身の健康状態との関連性の検討
キーワード:口腔の健康状態、歯周病、全身の健康状態
2008.04~2025.03.
口腔の健康状態と嚥下機能の関係
キーワード:嚥下機能
2013.04~2017.03.
口腔の健康状態に影響を及ぼす社会環境要因の検討
キーワード:口腔の健康状態、社会環境要因
2010.04~2021.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Nasution DLI, Furuta M, Li H, Zakaria MN, Takeshita T, Peres MA, Yamashita Y, Longitudinal association between periodontal condition and glycaemic status in middle-aged adults: A cross-lagged panel analysis, J Clin Periodontol, 10.1111/jcpe.13809, 50, 1042-1050, 2023.08.
2. J Ma, M Furuta, K Uchida, T Takeshita, S Kageyama, M Asakawa, K Takeuchi, S Suma, S Sakata, J Hata, W Sohn, T Ninomiya, T Yamashita , Yogurt product intake and reduction of tooth loss risk in a Japanese community, JOURNAL OF CLINICAL PERIODONTOLOGY, 10.1111/jcpe.13593, 49, 4, 345-352, 2022.04.
3. M Furuta, K Takeuchi, T Takeshita, Y Shibata, S Suma, S Kageyama, M Asakawa, Y Shimazaki, J Hata, T Ninomiya, Y Yamashita, Baseline periodontal status and modifiable risk factors are associated with tooth loss over a 10-year period: estimates of population attributable risk in a Japanese community, Journal of Periodontology, 10.1002/JPER.21-0191, 2021.08.
4. M Furuta, K Takeuchi, T Takeshita, Y Shibata, S Suma, S Kageyama, M Asakawa, J Hata, D Yoshida, Y Shimazaki, T Ninomiya, Y Yamashita, 10-year trend of tooth loss and associated factors in a Japanese population-based longitudinal study, BMJ OPEN, 10.1136/bmjopen-2020-048114, 11, 8, 2021.08.
5. Kuroe K, Furuta M, Takeuchi K, Takeshita T, Suma S, Shinagawa T, Shimazaki Y, Yamashita Y., Association between periodontitis and fibrotic progression of non-alcoholic fatty liver among Japanese adults, JOURNAL OF CLINICAL PERIODONTOLOGY, 10.1111/jcpe.13415, 48, 3, 368-377, 2021.03.
6. Furuta M, Takeuchi K, Takeshita T, Tanaka A, Suma S, Shinagawa T, Shimazaki Y, Yamashita Y., Longitudinal associations of toothbrushing with obesity and hyperglycemia, Journal of Epidemiology, 2020.02.
7. Furuta M, Takeuchi K, Adachi M, Kinoshita T, Eshima N, Akifusa S, Kikutani T, Yamashita Y, Tooth loss, swallowing dysfunction, and mortality in the Japanese elderly receiving home care services, Geriatr Gerontol Int, 18, 873-880, 2018.02.
8. Furuta M, Yamashita Y, Epidemiological Evidences for the Association of Obesity and Metabolic Disorders with Oral Diseases, Curr Oral Health Rep, 4, 51-58, 2017.04.
9. 古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 柴田 幸江, 二宮 利治, 清原 裕, 山下 喜久, 地域住民における口腔の健康状態と生活習慣病の関連性の検討 久山町研究, 口腔衛生会誌, 66, 465-474, 2016.10.
10. Furuta M, Liu A, Shinagawa T, Takeuchi K, Takeshita T, Shimazaki Y, Yamashita Y, Tooth loss and metabolic syndrome in middle-aged Japanese adults., J Clin Periodontl, 43, 482-491, 2016.06.
11. Furuta M, Shimazaki Y, Tanaka S, Takeuchi K, Shibata Y, Takeshita T, Nishimura F, Yamashita Y, Gender-specific associations of serum antibody to Porphyromonas gingivalis and inflammatory markers, Biomed Res Int, 2015, 381821, 2015.01.
12. Furuta M, Yamashita Y, Oral health and swallowing problems, Current Physical Medicine and Rehabilitation Reports, 1, 216-222, 2013.09.
13. Furuta M, Shimazaki Y, Takeshita T, Shibata Y, Akifusa S, Eshima N, Kiyohara Y, Ninomiya T, Hirakawa Y, Mukai N, Nagata M, Yamashita Y, Gender differences in the association between metabolic syndrome and periodontal disease: the Hisayama Study, J Clin Periodontol , 40, 743-752, 2013.08.
14. Furuta Michiko, Komiya-Nonaka M, Sumio Akifusa, Shimazaki Yoshihiro, Adachi M, Kinoshita T, Kikutani T, Yamashita Yoshihisa, Interrelationship of oral health status, swallowing function, nutritional status, and cognitive ability with activities of daily living in Japanese elderly people receiving home care services due to physical disabilities. , Community Dent Oral Epidemiol, 41, 173-181, 2012.08.
15. Furuta M, Ekuni D, Takao S, Suzuki E, Morita M, Kawachi I., Social capital and self-rated oral health among young people, Community Dent Oral Epidemiol, 40, 97-104, 2011.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 古田美智子, 歯科口腔保健の新時代 データからのat a glance 5
歯周病新分類による疫学的特徴から歯周病対策を考える
, 歯界展望, 2022.02.
主要学会発表等
1. 古田美智子, 地域の実情に応じた歯科健診を考える, 第72回日本口腔衛生学会・総会, 2023.05.
2. 古田美智子,竹内研時,竹下徹,須磨紫乃,影山伸哉,朝川美加李,嶋崎義浩,二宮利治,山下喜久, 地域住民における発酵乳製品の摂取と歯の喪失の関係, 第70回日本口腔衛生学会・総会, 2021.05.
3. 古田美智子, 地域住民の歯周病改善に関する疫学的検討:福岡県久山町での歯科健診結果からの知見, 第79回日本公衆衛生学会総会, 2020.10.
4. 古田美智子,竹内研時,竹下徹,須磨紫乃,影山伸哉,朝川美加李,黒江慧,柴田幸江,嶋崎義浩,二宮利治,山下喜久, 地域住民の口腔の健康状態の経年的変化と歯科疾患実態調査との比較, 第69回日本口腔衛生学会・総会, 2020.04.
5. 古田美智子,竹内研時,竹下徹,須磨紫乃,影山伸哉,朝川美加李,奥菜央理,黒江慧,高尾直宏,柴田幸江,二宮利治,山下喜久, 小学校でのフッ化物洗口の経験と成人のう蝕との関係, 第41回九州口腔衛生学会総会, 2019.09.
6. 古田美智子,竹内研時,竹下徹,須磨紫乃,品川隆,嶋崎義浩,山下喜久, 歯周組織状態と糖尿病発症との関係, 第68回日本口腔衛生学会・総会, 2019.05.
7. 古田美智子, すべての国民の口腔の健康増進に寄与する疫学研究, 第67回日本口腔衛生学会・総会, 2018.05.
8. 古田 美智子, 深井 穫博, 相田 潤, 嶋崎 義浩, 安藤 雄一, 宮﨑 秀夫, 神原 正樹, 山下喜久, 歯科医院の定期受診患者における歯周組織状態に関与する全身の健康状態の検討, 第66回日本口腔衛生学会・総会, 2017.06.
9. Michiko Furuta, Yoshihiro Shimazaki, Takashi Shinagawa, An Liu, Kenji Takeuchi, Yoshihisa Yamashita, Interrelationship between metabolic syndrome and periodontal health condition: a prospective cohort study, Europerio8, 2015.06.
10. 古田 美智子, 秋房 住郎, 岡部 優花, 足立 宗久, 木下 俊則, 竹内 研時, 中村 誠司, 菊谷 武, 山下 喜久, 在宅療養要介護高齢者の口腔機能と生活活動動作に関する縦断的検討, 第64回日本口腔衛生学会・総会, 2015.05.
11. 古田 美智子, 秋房 住郎, 菊谷 武, 冨岡未記子, 岩佐康行, 竹内 研時, 竹下 徹, 柴田 幸江, 山下 喜久, 健康高齢者および在宅・施設入所要介護高齢者における口腔の健康状態, 第36回九州口腔衛生学会総会, 2014.07.
12. 古田 美智子, 竹内 研時, 岡部 優花, 菊谷 武, 山下 喜久, 在宅療養要介護者における口腔機能と死亡に関するコホート研究, 日本老年歯科医学会 第25回学術大会, 2014.06.
13. 古田 美智子, 嶋崎 義浩, 森田 学, 深井 穫博, 地域住民を対象とした自己記入式質問票による歯科健診の実施方法の検討, 第72回日本公衆衛生学会総会, 2013.10.
14. 古田 美智子, 嶋崎 義浩, 竹内 研時, 田中 俊一, 山下 喜久, 血清中Porphyromonas gingivalisの抗体価および全身状態が歯周組織状態に及ぼす影響についてのコホート研究, 第35回九州口腔衛生学会総会, 2013.10.
15. 古田 美智子, 食行動に関する科学的知見, 第86回日本産業衛生学会, 2013.05.
16. 古田 美智子, 嶋﨑 義浩, 竹下 徹, 柴田 幸江, 秋房 住郎, 江島 伸興, 清原 裕, 二宮 利治, 平川 洋一郎, 向井 直子, 永田 雅治, 山下 喜久, Gender differences in the association between periodontitis and metabolic syndrome, 91st General session & exhibition of the IADR, 2013.03.
17. 古田 美智子, 野中 愛恵, 江國 大輔, 森田 学, 高尾 総司, 山下 喜久, 日本とカンボジアの若年者におけるソーシャル・キャピタルと口腔の健康の関係, 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012.10.
18. 古田 美智子, 秋房 住郎, 嶋﨑 義浩, 足立 宗久, 木下 俊則, 菊谷 武, 山下 喜久, 在宅療養高齢者における口腔の健康状態が生活機能に及ぼす影響, 第61回日本口腔衛生学会・総会, 2012.05.
19. 古田美智子、嶋崎義浩、秋房住郎、森田学、山下喜久, 歯周疾患検診の代用法としての自己記入式質問調査の実施結果, 第22回 日本疫学学術総会, 2012.01.
20. 古田美智子、秋房住郎、嶋崎義浩、足立宗久、木下俊則、菊谷武、山下喜久, 在宅療養高齢者における口腔の健康状態と生活機能の関係, 第33回九州口腔衛生学会総会, 2011.10.
学会活動
所属学会名
日本口腔衛生学会
日本公衆衛生学会
日本疫学会
日本老年歯科医学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2023年度 10      11 
2022年度     10 
2021年度    
2020年度    
2019年度    
2018年度    
2017年度      
2016年度      
2015年度    
2014年度    
2013年度    
2012年度    
2011年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
National Dental Research Institute Singapore, Singapore, 2022.02~2022.06.
受賞
日本口腔衛生学会学術賞LION Award, 日本口腔衛生学会, 2022.04.
九大歯学優秀研究者賞(FWCI部門), 九州大学歯学研究院, 2021.01.
日本口腔衛生学会論文奨励賞, 2017.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 媒介モデルから口腔と全身の健康の関係の性差の解明を目指す研究.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 口腔の健康から健康長寿をめぐる性差パラドックスの解明を目指す研究.
2014年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 性差歯科医療確立のための歯周病とメタボリック症候群における性差の検討.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 要介護高齢者への義歯の装着が嚥下機能の回復に及ぼす効果を検討する介入研究.
2012年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 多母集団パス解析による炎症関連物質を考慮した歯周病と動脈硬化の関係の性差の解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2020年度~2020年度, ダノン学術研究助成金 若手研究助成, 代表, 口腔の健康に寄与する乳酸菌発酵食品摂取についての多面的疫学研究.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2018年度, 平成30年度出産・育児復帰者支援, 代表, 可視光励起蛍光定量法を用いた舌苔および義歯に付着するporphyrin産生細菌の検出と口腔清掃状況との関連.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。