九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
錢 琨(せん こん) データ更新日:2020.07.02





電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/kun-qian
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
電話番号
092-802-4388
FAX番号
092-802-4388
就職実績-民間機関等
就職実績有, アビームコンサルティング株式会社/経営コンサルタント
取得学位
博士(心理学)
学位取得区分(国外)
あり
専門分野
実験心理学
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
0000-0002-0625-1834
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
<審査付論文(11件)>
1. Qian, K., & Yahara T. (in press). Mentality and behavior in COVID-19 emergency status in Japan: Influence of personality, morality and ideology. PLOS ONE. doi: 10.1371/journal.pone.0235883
2. Yonemitsu, F., Ikeda, A., Yoshimura, N., Takashima, K., Mori, Y., Sasaki, K., Qian, K., & Yamada, Y. (accepted in principle). Warning ‘Don’t spread’ vs. ‘Don’t be a spreader’ to prevent the COVID-19 pandemic. Royal Society Open Science.
3. Qian, K., & Yamada, Y. (2020). Exploring the role of the behavioral immune system in acceptability of entomophagy using semantic associations and food-related attitudes. Frontiers in Nutrition. doi: 10.3389/fnut.2020.00066
4. Zhao, Y., Iwana, B. K., & Qian, K. (2020). Drama Approach as an Educational Practice in Secondary Education: A Case Study in a Japanese Middle School. The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities, 6(1,2), 4.
5. Zhu, S., Sasaki, K., Jiang, Y., Qian, K., & Yamada, Y. (2020). Trypophobia as an urbanized emotion: comparative research in ethnic minority regions of China. PeerJ, 8:e8837.
6. Qian, K., & Mitsudo, H. (2019). Role of Orientation Processing in the Eggs Illusion. Perception, 48(12), 1197-1213.
7. Qian, K., & Miura, K. (2019). The Roles of Color Lightness and Saturation in Inducing the Perception of Miniature Faking. Proceedings of 11th International Conference on Knowledge and Smart Technology, IEEE, 194-198. doi: 10.1109/KST.2019.8687411.
8. Qian, K., & Mitsudo, H. (2016). Eggs illusion: Local shape deformation generated by a grid pattern. Journal of Vision, 16, 27. doi:10.1167/16.15.27.
9. Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K. (2012). The role of orientation processing in the scintillating grid illusion. Attention, Perception, & Psychophysics, 74-5, 1020-1032.
10. Kawabe, T., Qian, K., Yamada, Y., & Miura, K. (2010). Last but not least: The Jaggy Diamonds Illusion. Perception, 39, 573-576.
11. Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K. (2009). The scintillating grid illusion: Influence of size, shape, and orientation of the luminance patches. Perception, 38, 1172-1182.

<著書(1件)>
1. 錢琨 「デザインと錯視」,三浦佳世(編)「感性認知〜アイステーシスの心理学」,北大路書房,2016年3月.

<その他の論文等(3件)>
1. Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K. (2010). Why are objects in tilt-shift photographs perceived as like miniatures? Proceedings of the 3rd International Workshop on Kansei, 104-107.
2. Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K. (2007). The shape of luminance increments at the intersection alters the magnitude of the scintillating grid illusion. Proceedings of the 24th Meeting of the International Society of Psychophysics, 427 -432.
3. Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K. (2007). The geometrical factors on scintillating grid illusion. Technical report of IEICE. HIP, 107(369), 27-31. (in Japanese)

<科研費等の競争的資金獲得状況(14件)>
1. 科研費基盤研究(C)/研究代表者(単独).「多文化環境における錯視の生起因の解明〜フィールド実験の手法を用いて」.令和2年4月〜令和6年3月(4年間).
2. 科研費基盤研究(B)/連携研究者.「フィールドワークとフィールド実験によるホモルーデンス論の展開(研究代表者:帝京科学大学島田将喜准教授)」.令和2年4月〜令和6年3月(4年間).
3. 公益財団法人ヒロセ国際奨学財団研究助成金/研究代表者(単独).「顔認知の錯覚に関する実験心理学的研究〜多文化状況下において」.令和元年12月〜令和3年11月(2年間).
4. 一般社団法人佐伯観光協会受託研究/研究代表者.「佐伯市の認知度並びに観光意識に関するオンライン調査」.平成31年4月〜令和2年3月(1年間).
5. 福岡県糸島市九州大学等連携研究助成金/研究代表者(単独).「主観的糸島生活幸福度の指標設定のための心理学・情報学研究」.平成30年4月〜平成31年3月(1年間).
6. 科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)/研究分担者.「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現」.計画研究A01-P02「顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究(研究代表者:中京大学高橋康介教授)」.平成29年6月〜令和4年3月(5年間).
7. 公益財団法人ロッテ財団第4回奨励研究助成/研究代表者(単独).「昆虫食文化の形成要因の解明:健康的かつ持続可能な代替的食料源の普及に向けて」.平成29年4月〜令和2年3月(3年間).
8. 科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)/連携研究者.「多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出」.公募研究D01-5「質感認知の異文化比較研究(研究代表者:中京大学高橋康介准教授)」.平成28年8月〜令和2年3月(4年間).
9. 九州大学QRプログラムわかばチャレンジ/研究代表者(単独).「錯視の感性的評価に関する実験心理学的考察〜基礎から応用への橋渡し」.平成28年7月〜平成29年3月(1年間).
10. 公益財団法人ヒロセ国際奨学財団研究助成金/研究代表者(単独).「錯視に関する包括的実験心理学研究〜知覚・感性認知・応用の3つの側面から」.平成27年12月〜平成30年12月(3年間).
11. 九州大学社会連携事業/事業代表者(単独).「福岡県における持続的な留学生サポート連携事業(連携先:公益財団法人福岡県国際交流センター)」.平成27年4月〜平成29年3月(2年間).
12. JSTフューチャー・アース構想推進事業/研究分担者.「環境・災害・健康・統治・人間科学の連携による問題解決型研究(研究代表者:九州大学大学院理学研究院矢原徹一教授)」.平成27年8月〜令和元年7月(5年間).
13. 九州大学教育研究プログラム研究拠点形成プロジェクト/研究代表者(共同).「留学生教育・支援への提案―異文化適応とソーシャルサポートに着目した応用心理学研究」.平成26年8月〜平成27年3月(1年間).
14. 日本学術振興会特別研究員 (DC2) 奨励費/研究代表者(単独).「視覚情報処理メカニズムの知覚的・感性的基盤〜錯視図形の検討を通して〜」.平成22年4月〜平成24年3月(2年間).

<国際学会発表(13件)>
1. Qian, K., Jeong, Y., & Hiramatsu, M. (2019). A comparative study on college students’ consciousness of the 2016 Kumamoto Earthquakes in Japan. 2019 Annual Conference of the Korean Psychological Association. Seoul, South Korea. Aug 22-24, 2019.
2. Jeong, Y., Qian, K., & Hiramatsu, M. (2019). Remembering Disaster: Lessons from Storytelling Activities of Disaster’s Memory by University Students. The 9th Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences. Tokyo, Japan. Mar 21-23, 2019.
3. Qian, K., Jeong, Y., & Hiramatsu, M. (2019). A Comparative Psychological Survey on 2016 Kumamoto Earthquakes. The 9th Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences. Tokyo, Japan. Mar 21-23, 2019.
4. Qian, K. (2017). Consumer attitudes to sanitary paper products: A pilot survey for a large-scale psychological investigation in China. The 2nd International Symposium on Decision Science for Future Earth. Fukuoka, Japan. Dec 1-2, 2017.
5. Qian, K., & Mitsudo, H. (2017). The eggs illusion: inducing factors of an illusory shape deformation. The 40th European Conference on Visual Perception. Berlin, Germany. Aug 27-31, 2017.
6. Huang, L., Qian, K., & Yamaguchi, H. (2011). Received social support influences international students’ ethnical identity, acculturation, and perceived discrimination. The 9th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology. Kunming, China, July 28-31, 2011.
7. Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y. & Miura, K. (2010). The effect of binocular integration on Scintillating bar illusion. The 33rd European Conference on Visual Perception. Lausanne, Switzerland, Aug 22-26, 2010.
8. Qian, K., Kawabe, T., Miura, K. & Yamada, Y. (2010). Scintillating bar illusion. The 3rd Asia-Pacific Conference on Vision. Taipei. Jul 23-26, 2010.
9. Qian, K., & Kawabe, T. Jaggy diamonds illusion. (2010). The Demo Night of the 10th Annual Meeting of the Vision Sciences Society. Naples, USA, May 7-12, 2010.
10. Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K. (2010). Why are objects in tilt-shift photographs perceived as like miniatures? The 3rd International Workshop on Kansei. Fukuoka, Japan, Feb 22-23, 2010.
11. Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K. (2009). Grid Illusions require continuous grids. The NIPS International Workshop for Scientific Study of Consciousness. Okazaki, Japan. Sep 19-20, 2009.
12. Qian K., Yamada, Y., Kawabe, T. & Miura, K. (2008). The role of orientation processing in scintillating grid illusion. The 12th Annual Meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness. Taipei. Jun 19-22, 2008.
13. Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K. (2007). The shape of luminance increments at the intersection alters the magnitude of the scintillating grid illusion. The 24th Meeting of the International Society of Psychophysics. Tokyo, Japan. Oct 20-23, 2007.

<国内学会発表(10件)>
1. 銭琨 (2018) 世界中の現場で感性を楽しむ〜フィールドにおける心理学調査.日本認知心理学会感性学研究部会第17回感性学研究会,口頭発表,九州大学・福岡,2018年1月18日.
2. 鑓水秀和・錢琨・大石高典・島田将喜・高橋康介 (2017) 自然風景画像からの地域推定における色情報の効果.日本心理学会第81回大会,ポスター発表,久留米大学・久留米,2017年9月20日-22日.
3. 銭琨・光藤宏行 (2015) 格子による圧縮変形錯視.日本基礎心理学会第34回大会, ポスター発表,大阪樟蔭女子大学・大阪,2015年11月28日-29日.
4. 銭昆・河邉隆寛・山田祐樹・三浦佳世 (2010) ギャップに負けないきらめき錯視.日本基礎心理学会第29回大会, ポスター発表,関西学院大学・西宮,2010年11月27日-28日.
5. 黄麗華・錢琨・山口裕幸 (2010). 在日中国人留学生の文化アイデンティティについての考察~ソーシャルサポートと偏見・差別との関係に着目して.日本社会心理学会第51回大会,ポスター発表,広島大学・広島,2010年9月17-18日.
6. 錢琨 (2010).きらめき格子錯視の生起メカニズムの検討 −方位情報と両眼情報統合に着目して.第38回Young Perceptionists' Seminar (YPS 2010), めかり山荘・北九州,2010年9月2日-4日.
7. 錢琨・河邉隆寛・山田祐樹・三浦佳世 (2010). 写真のミニチュア効果と視覚因.日本認知心理学会第8回大会,ポスター発表,西南学院大学・福岡,2010年5月29-30日.
8. 銭昆・山田裕樹・河邉隆寛・三浦佳世 (2009). 格子型錯視の空間的特性 −方位の要因の検討を通して−.第42回知覚コロキウム,口頭発表,九州大学・福岡,2009年3月20-22日.
9. 銭コン・山田祐樹・河邉隆寛・三浦佳世 (2007). きらめき格子錯視 −方位に着目して−.日本基礎心理学会第26回大会,ポスター発表 (1P23),上智大学・東京,2007年12月8-9日.
10. 銭コン・山田裕樹・河邉隆寛・三浦佳世 (2007). きらめき格子錯視における幾何学的要因.電子情報通信学会 ヒューマン情報処理研究会,口頭発表,東北大学・仙台,2007年12月6-7日.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」