九州大学 研究者情報
発表一覧
山下 亜紀子(やました あきこ) データ更新日:2021.06.24

准教授 /  人間環境学研究院 人間科学部門


学会発表等
1. 山下亜紀子, 家族によるケアと地域の共同性-高齢者、子ども、障害児のケアから―, 第140回日本社会分析学会例会, 2020.12.
2. 山下亜紀子, 発達障害児の母親の社会財としての専門機関群の実態, 第92回日本社会学会大会, 2019.10.
3. 速水聖子,横田尚俊,山下亜紀子, 東日本大震災からの遠方避難者における当事者間相互支援活動――ひろしま避難者の会アスチカの事例, 日本社会学会第136回研究例会, 2018.12.
4. 横田尚俊,速水聖子,山下亜紀子, 東日本大震災における遠方避難者・支援者間のネットワーク再編プロセスに関する調査研究に向けて, 日本社会分析学会第136回研究例会, 2018.12.
5. 山下亜紀子,速水聖子,横田尚俊, 地域の連帯に基づく災害支援活動の分析ー福岡県大牟田市の事例―, 日本社会分析学会第136回例会, 2018.12.
6. 山下亜紀子, 地域における障害児親の会の活動実践が意味するもの, 日本社会分析学会第135回例会, 2018.07.
7. 速水聖子,横田尚俊,山下亜紀子, 遠方避難者における当事者間相互支援ネットワーク化―西日本地域の事例を通して―, 第4回震災問題研究交流会, 2018.03.
8. 山下亜紀子, 地域における障害児親の会が有する機能について─宮崎県の障害児・障害児家族の団体Aを事例として─, 第90回日本社会学会大会, 2017.11.
9. 山下亜紀子, 摂食障害患者の家族が有する支援ニーズについて, 日本社会分析学会, 第 133 回例会, 2017.07.
10. 山下 亜紀子, 摂食障害患者の家族支援団体についての考察- 2つの団体の調査をもとに-, 第41回山口地域社会学会, 2016.07.
11. 山下 亜紀子, 「徳野農村社会学」に対してお聞きしてみたいこと」, 日本村落研究学会地区研究会, 2016.02.
12. 山下 亜紀子, 地域婦人会が育児支援活動において果たした役割 -宮崎県下で行われた活動の分析から-, 日本社会分析学会第 129 回例会, 2015.08.
13. 山下 亜紀子, 地域婦人会の育児支援活動にみる地域づくりの可能性, 2015年日本社会教育学会 九州・沖縄地区六月 宮崎集会, 2015.06.
14. 山下 亜紀子, 発達障害児の母親の生活実態に関する社会学的研究, 人間環境学府/学際連携研究法・多分野連携プログラム公開研究会, 2014.09.
15. 山下 亜紀子, 河野次郎, イギリスにおけるケアラー支援の実態, 西日本社会学会,第72回大会. 西南学院大学, 2014.05.
16. 山下 亜紀子, 発達障害児の母親の生活困難とソーシャルサポート, 西日本社会学会,第71回大会,琉球大学 シンポジウム「福祉社会学の現在-福祉的行為の分析」, 2013.05.
17. 山下 亜紀子, 河野次郎, 平井祥子, 野上朋子, 橋口浩志, 石田康, 摂食障害に関する養護教諭調査の分析2‐養護教諭の困り感についての自由記述分析, 日本摂食障害学会・学術集会, 第16回大会, 政策研究大学院大学, 2012.10.
18. 河野次郎, 山下 亜紀子, 平井祥子, 野上朋子, 橋口浩志, 石田康, 摂食障害に関する養護教諭調査の分析1‐宮崎県における摂食障害の実態と養護教諭の意識, 日本摂食障害学会・学術集会, 第16回大会, 政策研究大学院大学, 2012.10.
19. 山下 亜紀子, 摂食障害対応における養護教諭の困り感について-テキストマイニングによる自由回答の分析-, 日本社会病理学会, 第28回大会, 大阪市立大学, 2012.09.
20. 山下 亜紀子, 河野次郎, 発達障害児の母親の生活困難に関する考察-1年間の調査に基づいて-, 西日本社会学会第70回大会, 鹿児島大学, 2012.05.
21. 山下 亜紀子, 重岡夏子, 福原美江, 短歌づくりによる高齢者の生きがい創出に関する研究, 日本家政学会,第64回大会,大阪市立大学, 2012.05.
22. 山下 亜紀子, 河野次郎, 発達障害児の母親が抱える生活困難とその対応過程に関する分析, 日本社会精神医学会,第31回大会, 学術総合センター, 2012.03.
23. 山下 亜紀子, 河野次郎, 障害児の母親の「語り」からみる生活問題-家族支援検討へ向けた質的分析の試み-, 日本家政学会,第31回家族関係学部会セミナー,関東学院大学, 2011.10.
24. 山下 亜紀子, 李璟媛, 藤嶋康隆, 虐待としつけに関する意識・実態と育児支援-未就学児の保護者調査に基づいて-, 日本社会分析学会,第121回例会,中村学園大学, 2011.07.
25. 李璟媛, 山下 亜紀子, しつけと虐待-未就学児の保護者調査に基づいて-, 日本家政学会,第63回大会,和洋女子大学, 2011.05.
26. 山下 亜紀子, 住民主体型組織による障害児の家族支援の有効性:宮崎県における2つの組織における調査に基づいて, 日本家政学会,第63回大会,和洋女子大学, 2011.05.
27. 山下 亜紀子, 住民主体型育児支援組織のリーダーにみられる意識の特徴, 日本社会分析学会,第120回例会,宮崎大学, 2010.12.
28. 山下 亜紀子, 住民主体型育児支援組織のリーダーの意識に関する考察, 日本家政学会家族関係部会セミナー,第30回大会,ピアザ淡海, 2010.10.
29. 山下 亜紀子, 住民主体型育児支援組織の特徴と展開, 日本家政学会,第62回大会,広島大学, 2010.05.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」