九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 病院臨床活動
岩下 未咲(いわした みさき) データ更新日:2021.11.26

助教 /  歯学研究院 歯学部門


主な研究テーマ
歯周病と全身疾患の関連における分子機序の解明
キーワード:歯周病、糖尿病、インスリン抵抗性、脂肪組織
2014.10~2026.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Iwashita M, Hayashi M, Nishimura Y, Yamashita A, The Link Between Periodontal Inflammation and Obesity, 10.1007/s40496-021-00296-4., 2021.10.
主要学会発表等
1. 岩下未咲, The role of chronic low-grade inflammation on energy expenditure: association with CCL19/CCR7 axis, The 69th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, 2021.10.
学会活動
所属学会名
日本歯科保存学会
日本歯周病学会
日本糖尿病学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2019年度      
受賞
米国糖尿病学会プレジデントポスター賞, 米国糖尿病学会, 2010.06.
日本歯周病学会奨励賞, 日本歯周病学会, 2012.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 炎症誘導性膵β細胞Xaf1の役割解明~歯周病―膵β細胞機能の連関 .
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 歯肉増殖症の病態解明~spock1による蓄積と分解抑制のシナジー効果の観点から .
2016年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 歯周医学の新展開~歯周炎症とエネルギー代謝の連関 .
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 歯周病を合併したインスリン抵抗性関連疾患における補体分子CfBの役割の解明.
2014年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, 肥満誘導性疾患発症におけるCCL19-CCR7経路の役割解明.
2012年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, Valsartanが代謝性内毒素誘導性インスリン抵抗性を改善する分子機序の解明.
学内資金・基金等への採択状況
2021年度~2021年度, 数理・データサイエンスに関する教育・研究支援プログラム, 代表, 動脈硬化初期病変形成に関与する新規分子の検出と脂肪組織由来CCL19の影響.
2018年度~2018年度, 平成30年度QRプログラム, 代表, 膵β細胞Xaf1が膵島機能および糖尿病発症に及ぼす影響.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」