九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
谷口 智之(たにぐち ともゆき) データ更新日:2021.10.27



主な研究テーマ
水田ソーラーシェアリングの課題とその解決策の検討
キーワード:営農型太陽光発電,水田,電力生産,水稲生育
2018.09.
農村地域が有する雨水貯留機能の評価
キーワード:水田,洪水対策,面的貯留,田んぼダム,多面的機能
2017.10.
福岡県朝倉市に自生するスイゼンジノリの保全に関する研究
キーワード:スイゼンジノリ,湧水,ほ場整備,流量
2016.04.
断水時における生活用水供給施設としての農業水利施設の活用
キーワード:断水,農業水利施設,ストックマネージメント,他目的利用,土地改良区
2015.10.
水田灌漑地域における水動態と水管理実態の解明
キーワード:水田,灌漑,水管理,用水計画
2015.10.
農業政策の転換が農業用水需給に与える影響
キーワード:水利用,農業政策,生産調整,大規模化
2015.10~2015.10.
灌漑水田地域内における水温変化構造の解明とそのモデル化
キーワード:水温,気候変動,水稲の高温障害,水生生物,モデル
2015.10~2015.10.
従事しているプロジェクト研究
両筑平野地域地区内用水検討業務
2016.04~2017.03, 代表者:福田哲郎, 九州大学大学院農学研究院.
豪雨に対応するためのほ場の排水・保水機能活用手法の開発
2017.04~2020.03, 代表者:北川 巌, 農研機構農村工学研究部門.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
農村計画学会
水文・水資源学会
農業農村工学会
学協会役員等への就任
2021.01~2021.05, 農業農村工学会, 2021年度学会賞選考委員会 専門委員.
2020.04~2022.03, 農業農村工学会, 農業農村工学会論文集企画・編集委員会 専門委員.
2020.06~2022.05, 農業農村工学会九州沖縄支部, 幹事.
2016.07~2018.06, 農業農村工学会, スチューデント委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.11.12~2020.11.25, 令和2年度農業農村工学会九州沖縄支部大会, 事務局長.
2017.08.29~2017.08.31, 農業農村工学会大会講演会, 座長(Chairmanship).
2016.08.30~2016.09.02, 農業農村工学会大会講演会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
アルーシャ工科大学, Tanzania, 2017.09~2017.09.
受賞
2021年度農業農村工学賞優秀報文賞, 農業農村工学会, 2021.08.
平成29年度農業農村工学会大会講演会優秀ポスター賞, 農業農村工学会, 2017.08.
平成27年度農業農村工学会研究奨励賞, 農業農村工学会, 2015.09.
論文奨励賞, 水文・水資源学会, 2011.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(A), 分担, データ寡少な東南アジア新興国流域圏における陸海域統合-流域圏管理モデルの開発.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, スイゼンジノリの保全に向けた黄金川の湧水量減少原因の解明と流量回復への方策.
2009年度~2011年度, 研究活動スタート支援, 代表, 灌漑水田主体地区における水収支観測に基づいた配水モデルの構築.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2019年度, 国営事業地区等フィールド調査学生支援事業(一般社団法人 土地改良建設協会), 連携, 断水時の農業水利施設による生活用水供給.
2017年度~2017年度, 国営事業地区等フィールド調査学生支援事業(一般社団法人 土地改良建設協会), 連携, 黄金川に自生するスイゼンジノリの保全に向けた農地排水の導入可能性.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2020.09~2021.03, 分担, ほ場の保水機能を活用した洪水防止システム開発に関する研究.
2020.04~2021.03, 代表, ソーラーシェアリング事業の可能性についての研究.
2020.07~2021.03, 代表, 営農型太陽光発電システムにおける遮光が農作物の生産や品質に及ぼす影響.
2019.04~2020.03, 代表, ソーラーシェアリング事業の可能性についての研究.
2018.09~2019.03, 代表, ソーラーシェアリング事業の可能性についての研究.
2016.04~2017.03, 分担, 両築平野地域地区内用水検討業務.
寄附金の受入状況
2020年度, 大和総研, 農学研究院研究資金.
2019年度, チェリーコンサルタント, 農学研究院研究資金.
2019年度, 大和総研, 農学研究院研究資金.
2018年度, 内外エンジニアリング, 農学研究院研究資金.
2018年度, 大和総研, 農学研究院研究資金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」