九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
緒方 英紀(おがた ひでのり) データ更新日:2021.12.22





ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/hidenori-ogata
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
取得学位
医学博士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
神経内科
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
自己免疫性ノドパチーの病態に関する研究
近年、慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP)の一部の症例でランビエ傍絞輪部の細胞結合膜蛋白であるneurofascin 186、neurofascin155 (NF155)、contactin-1 (CNTN1)およびcontactin associated protein 1 (Caspr1)に対する自己抗体が陽性となることが明らかとなり、その一群は「自己免疫性ノドパチー」として独立した疾患単位とされた。現在に至るまで自己免疫性ノドパチーの臨床像、病態に関する研究を続けている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」