九州大学 研究者情報
発表一覧
元村 祐貴(もとむら ゆうき) データ更新日:2021.06.03

助教 /  芸術工学研究院 デザイン人間科学部門 生理人類学講座


学会発表等
1. 鶴彩美,林小百合,岩山俊裕,岸田文,樋口重和, 元村祐貴, 母親と非母親における末梢オキシトシンおよびプロラクチンと共感的反応に関する研究, 日本生理人類学会第81回大会,長崎(オンライン), 2020.10.
2. 高山航希,鬼丸雅史,元村祐貴, 入眠期にみられる緩徐眼球運動の特性に関する研究, 日本生理人類学会第81回大会,長崎(オンライン), 2020.10.
3. 鬼丸雅史,高山航希,元村祐貴, 客観的生理指標を用いた入眠時心像の推定に関する研究, 2020.10.
4. 梶原 真優,浅岡 章一,西村 律子,元村 祐貴, 断眠による眠気が顔刺激への注意へ与える影響, 日本生理人類学会第81回大会,長崎(オンライン),2020.10.23-25, 2020.10.
5. 桃井誉門,元村祐貴, ドローイング課題を用いた断眠時の創造性に関する研究,, 2020年度日本生理人類学会感性・脳科学研究部会&睡眠研究部会&光と生体リズム研究部会合同会合,福岡(オンライン),2020, 2020.08.
6. 福崎采加, 元村祐貴, 個人特性と創造性の関係についての検討, 2020年度日本生理人類学会感性・脳科学研究部会&睡眠研究部会&光と生体リズム研究部会合同会合,福岡(オンライン),2020, 2020.08.
7. 元村 祐貴, ストレス反応およびストレス関連疾患の脳イメージング研究 睡眠負債と情動反応
, 日本ストレス学会, 2020.06.
8. R. Katsunuma, Y. Motomura, M. Yoshimura, Y. Moriguchi, K. Mishima, Neural Associations of Moral Judgments Affected by Sleep Deprivation, Neuroscience and Society2019, 2020.06.
9. Akane Matsumae, Ruiyao Luo, Yun Wang, Eigo Nishimura, Yuki Motomura, Emotional data visualization for well-being, based on HRV analysis, 3rd International Conference on Intelligent Human Systems Integration, IHSI 2020, 2020.01, [URL], Managing negative emotions and promptly relieving anxiety are two main focuses in the prevention of mental illness. This paper indicates a biofeedback-training experience that helps an experiencer to manage his/her emotions. The authors have defined the following major problems to approach this bio-feedback design procedure. The first one is how to grasp human emotions using existing technologies in exhibition circumstances. The second one is what kind of manifestation should be used to create emotional resonance. For the first problem, Heart Rate Variability (HRV) is adopted to obtain anxiety and stress levels. For the second problem, the authors took a nature-inspired design approach. The results are visualized on a wall composed of 64 bionic scales. A device system guides the experiencer into a meditative state, and contributes to spurring thoughts on emotional management, and thus achieving the purpose of preventing mental illness..
10. 垣内 沙耶,元村祐貴, 松前 あかね, 表情筋筋電図解析による社会的関係性把握の試み, 協創学会第三回年次大会, 2019.09.
11. Yuki MOTOMURA, SLEEP DEBT IN THE MODERN SOCIETY AND THE BRAIN MECHANISM OF EMOTIONAL AND COGNITIVE
DYSREGULATION, The 14th International Congress of Physiological Anthropology, 2019.09.
12. Ryosei Kurose, Yuki Motomura, EFFECT OF FEAR EXPRESSION ON THE MICROSACCADIC BIAS IN THE ANTI-DIRECTION TO THE GAZE
CUES, The 14th International Congress of Physiological Anthropology, 2019.09.
13. Hiroki Yoshida, Teruhisa Okuya, Ryousei Kurose, Yuki Motomura, RESEARCH ON THE BRAIN ACTIVITY DURING FALLING ASLEEP: A SIMULTANEOUS EEG-FMRI STUDY, The 14th International Congress of Physiological Anthropology, 2019.09.
14. Ayami Tsuru, Sayuri Hayashi, Fumi Kishida, Shigekazu Higuchi, Yuki Motomura, EMPATHETIC REACTION IN MOTHERS AND NON-MOTHERS WHILE WATCHING A FACIAL EXPRESSION
VIDEO, The 14th International Congress of Physiological Anthropology, 2019.09.
15. Sayuri Hayashi, Tsuru Ayami, Fumi Kishida, Sigekazu Higuchi, Yuki Motomura, DIFFERENT EFFECT OF CHILDREN’S ANGER ON THE BEHAVIORAL INHIBITION IN MOTHERS AND IN
NON-MOTHERS, The 14th International Congress of Physiological Anthropology, 2019.09.
16. 元村祐貴, 脳と適応, 日本生理人類学会第77回大会, 2019.06.
17. 元村 祐貴,北村 真吾,中崎 恭子,大場 健太郎,勝沼 るり,寺澤 悠理,肥田 昌子,守口 善也,三島 和夫, 潜在的睡眠不足からの回復は前頭前野による扁桃体賦活抑制機能の改善を介して気分を改善する ASL-fMRI研究, 日本睡眠学会, 2019.06.
18. 西村悠貴,池田悠稀、林小百合、元村祐貴、樋口重和, ヒトが他者行為を観察した際の自動模倣的及び抑制的な脳活動に関する研究, 日本生理人類学会第79回大会, 2019.06.
19. 鶴彩美,林小百合,岸田文,樋口重和,元村祐貴, 卵胞期・黄体期における表情動画観察時の共感的反応, 日本生理人類学会第79回大会, 2019.06.
20. 林 小百合 鶴 彩美 岸田 文 樋口 重和 元村 祐貴, 月経前後の夜間睡眠の変化と月経前不快気分の
関連についての検討, 第37回日本生理心理学会大会, 2019.05.
21. Sayuri Hayashi, Ayami Tsuru, Fumi Kishida, Shigekazu Higuchi, Yuki Motomura, Psychological effect of the menstrual cycle on an emotional Go/Nogo task and its relation to plasma oxytocin and prolactin levels in healthy women, The Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences2019, 2019.03.
22. 元村祐貴、北村真吾、大場健太郎、寺澤悠理、榎本みのり、 肥田昌子、守口善也、樋口重和、三島和夫 , 無意識的な情動伝達経路の役割:眠気と閾下呈示された恐怖表情刺激に対する扁桃体活動の関連, 第11回人間行動進化学会, 2018.12.
23. 元村 祐貴, 北村 真吾, 中崎 恭子, 大場 健太郎, 勝沼 るり, 寺澤 悠理, 肥田 昌子,守口 善也, 三島 和夫  , 精神運動ヴィジランス課題時の脳活動, 日本生理人類学会第78回大会, 2018.10.
24. 林小百合,鶴彩美,元村祐貴,岸田文,綿貫茂喜,樋口重和, 卵胞期/黄体期における情動・衝動抑制の変化についての検討, 日本生理人類学会第78回大会, 2018.10.
25. Yuki Motomura, Shingo Kitamura, Kyoko Nakazaki, Kentaro Oba, Ruri Katsunuma, Yuri Terasawa, Akiko Hida, Yoshiya Moriguchi, Kazuo Mishima, Recovery from unrecognized sleep debt accumulated in daily life improved mood regulation: arterial spin labeling fMRI study , ASRS2018, 2018.07.
26. 元村祐貴、勝沼るり、北村真吾、綾部直子、吉村道孝、肥田昌子、三島和夫 , 睡眠習慣と安静時脳活動の関連:ASL-fMRIを用いた検討, 日本生理人類学会第77回大会, 2018.06.
27. 黒瀬亮成,キムヨンキュ,吉田大樹,林小百合,池田悠稀,樋口重和,元村祐貴, 眼球指標を用いた情動推定に関する研究, 日本生理人類学会第78回大会, 2018.06.
28. 吉田 大樹、金 兗奎、黒瀬 亮成、林 小百合、池田 悠稀、樋口 重和、元村 祐貴 , 事象関連同期/脱同期を用いた情動推定に関する研究, 第36回 日本生理心理学会大会, 2018.05.
29. 西村 悠貴、池田 悠稀、林 小百合、元村 祐貴,樋口 重和, 模倣抑制課題による脳内ミラーシステム活動変化とその個人差についての検討, 第36回 日本生理心理学会大会, 2018.05.
30. 元村祐貴, 北村真吾, 中崎恭子, 大場健太郎, 勝沼るり, 寺澤悠里, 肥田昌子, 守口善也, 三島和夫, 視床を中心とする脳内ネットワークと主観的眠気の関連:安静時fMRIによる検討, 第76回日本生理人類学会, 2017.09.
31. 元村祐貴, 勝沼るり, 吉村道孝, 三島和夫, 睡眠負債時における顔表情認知と情動伝染, 日本睡眠学会第42回定期学術集会, 2017.06.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」