九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田中 良奈(たなか ふみな) データ更新日:2020.06.12

助教 /  農学研究院 環境農学部門 生産環境科学講座


主な研究テーマ
数値流体力学(CFD)を用いた二温度帯コンテナ設計指針の検討
キーワード:流体力学、コンテナ、二温度帯、低温流通、青果物
2016.09.
粉砕による飼料用米乾燥の高効率化
キーワード:飼料用米,高温乾燥,粉砕
2010.04.
従事しているプロジェクト研究
戦略的イノベーション創造プログラムSIP(スマートバイオ産業・農業基盤技術) 「スマートフードチェーンアーキテクチャ構築と農産物の輸出拡大に向けた共同物流の実証事業」
2019.04~2023.03, 代表者:折戸文夫, 農研機構.
「革新的技術開発・緊急展開事業」(うち地域戦略プロジェクト)実証研究型  研究グループ1「農産物輸出拡大にむけた産地広域連携モデルの構築と混載輸送用コンテナの開発」
2016.04~2019.03, 代表者:長谷川美典, 農研機構, 国立大学法人岩手大学、福岡県農林業総合試験場、熊本県農業研究センター、鹿児島県大隅加工技術研究センター、株式会社デンソー、NECソリューションイノベータ株式会社、 西日本鉄道株式会社、九州農産物通商株式会社、筑前あさくら農業協同組合(JA筑前あさくら)、八代地域農業協同組合(JAやつしろ)、いぶすき農業協同組合(JAいぶすき)
産地広域連携輸出モデルの構築と農産物の温度特性を考慮できる多温度帯輸出用コンテナの開発・実証を行う。リレー出荷体制と多品目混載技術の確立により、高品質な農産物の安定的で低コストな輸出が可能となり、地域の経済発展に寄与する.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Madoka Sekiya, Fumina Tanaka, Tanaka Fumihiko, Toshitaka Uchino, Akira Fujita, Shinji Katou, Masami Taniguchi, 数値流体力学(CFD)を用いた二温度帯コンテナ設計指針の検討, 日本冷凍空調学会論文集, 35, 3, 211-218, 2018.09.
2. Fumina Tanaka, Tanaka Fumihiko, Ai Tanaka, Toshitaka Uchino, Mathematical modelling of thin-layer drying according to particle size distribution in crushed feed rice, Biosystems Engineering, 10.1016/j.biosystemseng.2015.05.007, 136, 87-91, 2015.08, [URL], A thin-layer drying model taking into account the particle size distribution of crushed feed rice was developed to simulate moisture content during high-temperature drying. The model was based on the Page equation, which was regarded as a suitable empirical equation to describe the thin-layer drying of rice. The proposed model, with an assumed a Rosin-Rammler distribution, successfully predicted the mean moisture content of rice during drying experiments with a mean error of 0.5% dry basis at 60, 70, and 80°C. In order to investigate the effect of particle size distribution of rice on the drying process, a stochastic model based on Monte Carlo simulations was developed. The model developed here could provide useful information on the drying behaviour of rice particles, individually and collectively, in a thin layer bed. It was clear that uniform drying could be achieved by increasing the drying temperature..
3. Fumina Tanaka, Tanaka Fumihiko, Kotaro Yamashita, Ai Tanaka, Daisuke Hamanaka, Toshitaka Uchino, High temperature drying characteristics of crushed rice for animal feed, Engineering in Agriculture, Environment and Food, 10.1016/j.eaef.2014.05.002, 7, 3, 133-138, 2014.01, [URL], Thin-layer drying experiments of rough, brown and crushed rice for animal feed were conducted to determine drying characteristics. Since optimization of the drying process reduces cost, we also investigated the conditions for improving the efficiency of rice drying. Rice samples were dried at 40-80 °C with 10%RH. The results showed that 1) the time required for drying crushed rice was shorter than for rough and brown rice, 2) the Page equation was a suitable model to explain the drying characteristics of crushed rice, 3) the drying constant of crushed rice showed the highest value and had Arrhenius-type temperature dependence, 4) the optimum drying temperature of crushed rice was 80°C..
4. Fumina Tanaka, Minori Kinjo, Tanaka Fumihiko, Toshitaka Uchino, 飼料用米乾燥の高効率化, 農業機械學會誌, 75, 3, 151-156, 2013.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 田中良奈,關屋まどか,田中史彦, 混載を目的とした二温度帯コンテナの空調設計に関する研究, 農業環境工学関連5学会2018年合同大会, 2018.09.
2. 田中良奈,關屋まどか,田中史彦,藤田明,加藤信治,谷口雅巳, 混載を可能とする二温度帯コンテナの空調設計指針, 2018年度日本冷凍空調学会年次大会, 2018.09.
3. Fumina Tanaka, Madoka Sekiya, Fumihiko Tanaka, Investigation into the design of the dual temperature reefer container using CFD, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering 2018(ISMAB2018), 2018.05.
4. 田中良奈, 田仲亜衣, 田中史彦, 濱中大介, 内野敏剛, 粒度分布を考慮した飼料用砕米の乾燥モデルの構築, 第68回農業食料工学会九州支部例会, 2014.09.
5. 田中良奈,山下広太郎,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 粉砕による飼料用米乾燥効率の向上, 農業環境工学関連学会2012年合同大会, 2012.09.
6. 田中良奈,金城みのり,田中史彦,内野敏剛, 飼料用米乾燥の高効率化, 第70回農業機械学会年次大会, 2011.09.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
九州農業食料工学会
日本冷凍空調学会
農業食料工学会
学協会役員等への就任
2019.04~2021.03, 農業食料工学会 食料・食品工学部会, 幹事.
2019.04~2021.03, 九州農業食料工学会, 常任幹事・会計.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.12.06~2019.12.06, テクノフェスタ, 分科会副座長.
2019.09.13~2019.09.13, 2019年度日本冷凍空調学会年次大会 , 座長.
2019.09.11~2019.09.13, 2019年度日本冷凍空調学会年次大会, オーガナイザー.
2018.09.04~2018.09.07, 2018年度 日本冷凍空調学会年次大会, 座長(Chairmanship).
2018.09.04~2018.09.07, 2018年度 日本冷凍空調学会年次大会, オーガナイザー.
2018.08.31~2018.09.01, 農業食料工学会九州支部第72回例会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2019年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
三井R&D, Singapore, 2019.09~2019.09.
Institute of Agrophysics, Poland Academy of Science, Poland, 2019.04~2019.05.
味珍味(香港)有限公司, Hong Kong , 2018.12~2018.12.
味珍味(香港)有限公司, Hong Kong , 2018.06~2018.06.
済州KALホテル, Korea, 2018.05~2018.05.
受賞
農業食料工学会 研究奨励賞, 農業食料工学会, 2017.09.
第68回農業食料工学会九州支部例会 最優秀ポスター賞, 農業食料工学会九州支部, 2014.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 若手研究, 代表, マルチX線CT解析とシミュレーション技術の融合による青果物の物性値マッピング.
2018年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, 代替動物起源タンパク資源としての食用昆虫のポテンシャルとその持続的生産.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2011年度~2011年度, 平成23年度笹川化学研究助成, 代表, 飼料用米の低コスト乾燥技術の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2018年度, 革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)実証研究型(農林水産省), 分担, 農産物輸出拡大に向けた産地広域連携モデルの構築と混載輸送用コンテナの開発.
寄附金の受入状況
2020年度, (公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団, 2019年度(公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団学術研究助成/コメ由来炭水化物系繊維を骨格とした食品用機能性フィルムの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」