九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
栗田 健一(くりた けんいち) データ更新日:2022.06.20

講師 /  比較社会文化研究院 環境変動部門 基層構造講座


大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名

アジア埋蔵文化財研究センター , 都市研究センター


電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/kenichi-kurita
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
取得学位
博士(経済学)九州大学
専門分野
応用ミクロ経済学, 応用計量経済学,公共経済学, 財政学, 社会保障
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
0000-0002-8510-2756
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年01ヶ月
活動概要
[研究分野]
応用ミクロ経済学, 応用計量経済学, 公共経済学, 財政学

[主要業績]
Kurita, Kenichi, and Shunsuke Managi. "COVID-19 and stigma: Evolution of self-restraint behavior." Dynamic Games and Applications (2022): 1-15.

Kurita, Kenichi. "Welfare analysis of alternative poverty alleviation policies." Economics Bulletin (2021): 2484-2494.

Katafuchi, Yuya, Kenichi Kurita, and Shunsuke Managi. "COVID-19 with stigma: Theory and evidence from mobility data." Economics of Disasters and Climate Change 5.1 (2021): 71-95.


Kurita, Kenichi, Nobuaki Hori, and Yuya Katafuchi. "Stigma model of welfare fraud and non‐take‐up: Theory and evidence from OECD panel data." International Journal of Economic Theory (2020).

[研究助成]
2019年8月30日~2021年3月31日:文部科学省 科学研究費 研究活動スタート支援(研究代表者)『福祉制度におけるスティグマの経済分析』研究課題/領域番号 19K23194

2020年4月1日~2024年3月31日:文部科学省 科学研究費 若手研究(研究代表者)『スティグマと漏給が生じる状況下での生活保護制度とベーシックインカム制度の経済分析』研究課題/領域番号 20K13486

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」