九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
田中 直樹(たなか なおき) データ更新日:2021.06.23



主な研究テーマ
カチオン性π電子系とπ電子系の複合化による新規機能性材料の創出
キーワード:カチオン、π共役系、π-スタッキング、自己集積
2020.06~2022.03.
ホウ素カチオンを基盤とした新規ホウ素材料の開発
キーワード:ホウ素、ホウ素カチオン、Lewis 酸、電子欠損性
2019.04~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
中性子捕捉療法のための平面三配位ホウ素化合物の開発研究
2021.04~2024.03, 代表者:鶴淵 隆夫, 筑波大学, 筑波大学.
若手研究
2020.04~2022.03, 代表者:田中直樹, 九州大学, 九州大学
カチオン性π電子系とπ電子系の複合化による新規機能性材料の創出.
研究活動スタート支援
2019.04~2021.03, 代表者:田中直樹, 九州大学, 九州大学
ホウ素多価イオンを基盤としたホウ素カチオン材料の創出.
研究業績
主要原著論文
1. Naoki Tanaka, Yoshiaki Shoji, Daisuke Hashizume, Manabu Sugimoto, Takanori Fukushima,, Formation of an Isolable Divinylborinium Ion through Twofold 1,2-Carboboration between a Diarylborinium Ion and Diphenylacetylene, Angewandte Chemie, 10.1038/ncomms12704, 56, 19, 5312-5316, 2017.03.
2. Yoshiaki Shoji, Naoki Tanaka, Sho Muranaka, Naoki Shigeno, Haruka Sugiyama, Kumiko Takenouchi, Fatin Hajjaj, Takanori Fukushima, Boron-mediated sequential alkyne insertion and C–C coupling reactions affording extended π-conjugated molecules, Nature Communications, 10.1038/ncomms12704, 7, 12704, 2016.07.
3. Naoki Tanaka, Yoshiaki Shoji, Takanori Fukushima , Convenient Route to Monocarba-closo-dodecaborate Anion, Organometallics, 10.1021/acs.organomet.6b00309, 35, 11, 2022-2025, 2016.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 田中直樹、吉尾正史、山口茂弘, 平面固定トリフェニルボラン誘導体の液晶挙動, 日本化学会第99春季年会, 2020.06.
2. Naoki Tanaka, Yoshiaki Shoji, Tanori Fukushima, Construction of Extended pi-Conjugated Systems by a Cationic Boron Compound, The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems, 2018.06.
学会活動
所属学会名
フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会
高分子化学会
日本化学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2021.03.04~2021.03.04, 第10回フラーレン・ナノチューブ・ グラフェン若手研究会, 幹事.
受賞
手島精一記念研究賞, 東京工業大学, 2014.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2024年度, 基盤研究(C), 分担, 中性子捕捉療法のための平面三配位ホウ素化合物の開発研究.
2020年度~2021年度, 若手研究, 代表, カチオン性π電子系とπ電子系の複合化による新規機能性材料の創出.
2019年度~2020年度, 研究活動スタート支援, 代表, ホウ素多価イオンを基盤としたホウ素カチオン材料の創出.
学内資金・基金等への採択状況
2020年度~2020年度, わかばチャレンジ, 代表, ボリルラジカルによる半導体への電子ドーピング技術の開拓.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」