九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
森 俊文(もり としふみ) データ更新日:2021.06.10



大学院(学府)担当



電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/toshifumi-mori
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
http://theoc.cm.kyushu-u.ac.jp
先導物質化学研究所(大学院総合理工学府物質理工学専攻) 森研究室ホームページ .
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/toshifumi-mori
研究者プロファイリングツール (九州大学Pure) .
就職実績-他大学
就職実績有, 2008年4月 - 2010年3月 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2010年4月 - 2012年9月 Stanford大学 博士研究員
2012年10月 - 2013年11月 Wisconsin大学Madison校 博士研究員
(2013年4月 - 2013年11月 日本学術振興会海外特別研究員)
2013年12月 - 2020年9月 分子科学研究所 助教
取得学位
博士(理学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
物理化学、理論化学、生物物理学
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
0000-0003-4982-4820
外国での教育研究期間(通算)
03ヶ年08ヶ月
活動概要
溶液内で分子は絶えず揺らぎ、様々な構造の間を行き来している。このような環境下で、有機化学反応や酵素反応は起こり、また高分子は立体構造を形成して機能を獲得する。実験からは直接見ることが困難なこのような多様な分子の動きを、当研究室では計算機によるシミュレーションを用いることで詳しく調べ、理解することを目標にしている。特に、ダイナミクスに着目することで、溶液内化学反応から、高分子の立体構造の形成過程、機能発現へといたる分子機構を明らかにする研究を進めている。同時に、この多様な過程を解析するために、理論化学の手法開発を行っている。これらの知見を蓄積することで、触媒・機能性高分子の改良への展開を目指す。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」