九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
VITTA JOSEPH PAUL(ヴィタ ジョセフ ポール) データ更新日:2021.06.16



主な研究テーマ
私は第二言語習得、応用言語学、TESOLに興味があります。私の研究はしばしば実践と理論の接点にあり、社会科学における研究の統合と定量的手法を専門としています。
キーワード:TESOL
2012.06~2031.06.
研究業績
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
Korea TESOL
American Association for Applied Linguistics
Asia TEFL - Life time Member
JALT
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.11~2031.12, Various Web of Science and Scopus Journals , 国際, 査読委員.
2019.01~2031.12, International Journal of TESOL Studies, 国際, 編集委員.
2021.05~2031.06, Vocabulary Learning and Instruction, 国内, 編集委員.
2019.01~2031.12, Asian EFL Journal, 国際, 編集委員.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」