九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
野口 峻佑(のぐち しゅんすけ) データ更新日:2022.06.17



大学院(学府)担当

学部担当



電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
就職実績-他大学
就職実績有,
ポストドクトラル研究員 於 海洋研究開発機構 環境変動予測研究センター (2019年2月〜2022年3月)
日本学術振興会 特別研究員 PD 於 気象庁気象研究所 気候研究部 (2016年4月〜2019年1月)
日本学術振興会 特別研究員 DC2 於 京都大学 防災研究所 (2014年4月〜2016年3月)
取得学位
博士(理学)
専門分野
大気科学
活動概要
大気循環変動の力学と予測可能性に興味があり、簡単に言うと「雲よりも上の大気圏も含めた天気予報」に関する研究しています。例えば、成層圏においては綺麗な青空が広がっていますが、そこでは地表に住む我々にとって馴染み深い対流圏とは異なる独特な変動(代表的なものとしては、成層圏突然昇温として知られる極渦の崩壊現象や赤道域における東西風の準二年周期振動など)が卓越しています。これら変動が、なぜ/どのように生じるのか、上下にどのような影響を与えるのか、どのくらい予測できうるのか、より良く予測されるためには何が必要なのか、などを明らかにしようとしています。また(成層圏に限らず)大気流体運動の根源的な理解に至れる機会を窺っています。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」