九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中條 信成(なかじよう のぶしげ) データ更新日:2019.06.12

講師 /  理学研究院 生物科学部門 情報生物学


主な研究テーマ
アフリカツメガエル胚における細胞周期制御と分化
キーワード:アフリカツメガエル 細胞周期
2008.10~2020.03.
アフリカツメガエル胚における細胞周期制御と分化
キーワード:アフリカツメガエル 細胞周期
2009.10~2010.10.
アフリカツメガエルの神経形成期における細胞増殖と細胞分化についての研究
キーワード:神経形成 神経誘導 アフリカツメガエル 細胞周期 細胞増殖
2007.04~2008.03.
アフリカツメガエル胚発生過程における細胞周期制御
キーワード:アフリカツメガエル、細胞周期、胚発生
1997.01~2012.03.
従事しているプロジェクト研究
初期発生における細胞周期制御の研究
2004.05~2009.03, 代表者:佐方功幸.
研究業績
主要原著論文
1. Yoshitome S, Aiba Y, Yuge M, Furuno N, Watanabe M, Nakajo N., Involvement of Myt1 kinase in the G2 phase of the first cell cycle in Xenopus laevis., Biochem Biophys Res Commun., 2019.06.
2. Nakajo, N., Yoshitome, S., Iwashita, J., Iida, M., Uto, K., Ueno, S., Okamoto, K., and Sagata N. , Absence of Wee1 ensures the meiotic cell cycle in Xenopus oocytes., Genes & Development, 14, 3, 328-338, 14巻3号328-338, 2000.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 中條 信成, 佐方 功幸, 原野由衣, APC/C阻害因子Emi1の分解機構, 第35回日本分子生物学会年会, 2012.12.
学会活動
所属学会名
日本発生生物学会
日本分子生物学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2007.08, 第一回日本ツメガエル研究会, 世話人.
2005.12, 第28回日本分子生物学会年会, 庶務幹事.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」