九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
秋田 健行(あきた たけゆき) データ更新日:2018.02.14

助教 /  薬学研究院 創薬科学部門 生体分子情報学講座


主な研究テーマ
高感度キラルHPLC分析を可能とする新規蛍光誘導体化法の開発
キーワード:キラル HPLC 蛍光 誘導体化試薬
2016.06.
高選択的キラルHPLC分析を可能とする新規充填剤の開発
キーワード:HPLC、充填剤、キラル、
2016.06.
超常磁性酸化物ナノパーティクルを用いた、反応の磁場制御
キーワード:反応の磁場制御
2009.04.
水素結合を利用した分子間スピン相互作用の制御
キーワード:分子磁性、水素結合、スピン相互作用、超分子、ラジカル、カルベン
1997.04.
光応答型超高スピン有機化合物の構築
キーワード:分子磁性、高スピン、デンドリマー、ポリマー、ジアゾ、カルベン、ラジカル
2000.04~2016.08.
従事しているプロジェクト研究
超常磁性酸化鉄ナノパーティクルを用いた反応の磁場制御
2009.04~2012.03.
研究業績
主要原著論文
1. Naoto Hayashi,* Akifumi Kanda, Taku Kamoto, Hiroyuki Higuchi, and Takeyuki Akita*, Effect of Aryl Substituents on Intramolecular Cyclization of 2,2’-Biphenoquinones, Heterocycles, Volume 79, Issue 1, Pages 865-872, 2009.04.
2. Junzo Hirano, Kenji Hamase, Takeyuki Akita and Kiyoshi Zaitsu, Structural and photophysical properties of novel dual fluorescent compounds, 1-aryl-substituted 6-methoxy-4-quinolones, Luminescence, 23:350-355, 2008.05.
3. Takeyuki Akita, Noboru Koga, Magnetic Properties of Dendritic Polycarbenes Substituted by Bulky Peripheral Groups, Polyhedron, 10.1016/j.poly.2005.03.067, 24, 16-17, 2321-2325, 24, 2321-2325, 2005.05.
4. Junzo HIRANO, Kenji HAMASE, Takeyuki AKITA and Kiyoshi ZAITSU, Crystal Structure of 6-Methoxy-4-quinoline, C10H9NO22H2O, Analytical Sciences, 21, x45-46, 2005.04.
5. Junzo HIRANO, Kenji HAMASE, Takeyuki AKITA and Kiyoshi ZAITSU, Crystal Structure of N-[(6-Methoxy-4-oxo-1,4-dihydroquinolin-3-yl)methyl]-2,2-dimethylpropanamide, Analytical Sciences, 20, x115-116, 2004.08.
6. Jingping Zhang, Madoka Suehiro, Akira Sakane, Satoru Karasawa, Takeyuki Akita and Noboru Koga, Theoretical Study on the Exchange Interaction Between Metal Ion and Organic Radical Through Pyridine, Bipyridine and Terpyridine Ligands, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 10.1080/713738426, 376, 431-436, 376, 431-436., 2002.04.
7. Takeyuki Akita and Noboru Koga, Magnetic properties after irradiation of poly(m-phenyleneethynylene) having diazo and nitronylnitroxide groups and its model compounds, POLYHEDRON, 10.1016/S0277-5387(01)00638-6, 20, 11-14, 1475-1477, 20, 1475-1477., 2001.04.
8. Yves Pontillon, Takeyuki Akita, Andre Grand, Keiji Kobayashi, Eddy Lelievre-Berna, Jacques P残aut, Eric Ressouche, and Jacques Schweizer, Experimental and Theoretical Spin Density in a Ferromagnetic Molecular Complex Presenting Interheteromolecular Hydrogen Bonds, J. Am. Chem. Soc., 121, 10126-10133., 1999.04.
主要学会発表等
1. Aogu FURUSHO, Reiko KOGA, Yurika MIYOSHI, Takeyuki AKITA, Masashi MITA, Tomomi IDE, Kenji HAMASE, Design and Development of a Three-Dimensional HPLC System for Chiral Amino Acid Analysis in Human Clinical Samples, HPLC 2017 Jeju, 2017.11.
2. Kenji HAMASE, Takeyuki AKITA, Masashi MITA, Hiroshi NARAOKA, Wolfgang Lindner, Multi-Dimensional Chiral HPLC Analysis of Amino Acids in Clinical Samples and Extraterrestrial Materials, HPLC 2017 Jeju, 2017.11.
3. Kenta SAKAI, Kenji UEKI, Reiko KOGA, Yurika MIYOSHI, Takeyuki AKITA, Masashi MITA, Ryuichi KONNO, Tomomi IDE, Kenji HAMASE, Development of a Two-Dimensional Chiral HPLC System for Leucine Structural Isomers and Determination of Their Urinary Levels, HPLC 2017 Jeju, 2017.11.
4. Kenji UEKI, Takeyuki AKITA, Yasuhiko KADOTA, Yasuhiro NISHIO, Yurika MIYOSHI, Masashi MITA, Akio Ojida, Kenji HAMASE, Development of high resolution Pirkle-type chiral stationary phases and application to D-amino acid analysis in biological matrices, HPLC 2017 PRAGUE, 2017.06.
5. 植木 健治, 秋田 健行, 門田 靖彦, 西尾 康弘, 三田 真史, 濵瀬健司, 新規Pirkle型キラル固定相の設計・作製とNBD-アミノ酸/ジペプチドの分離特性解析, 第24回クロマトグラフィーシンポジウム, 2017.06.
6. 吉田 あすみ, 秋田 健行, 古賀 鈴依子, 植木 健治, 佐藤 裕, 三田 真史, 濵瀬健司, トリプトファンNBD誘導体の高感度蛍光キラルHPLC分析法開発, 日本薬学会 第137年会, 2017.03.
7. Kenji UEKI, Takeyuki AKITA, Yu SATO, Reiko KOGA, Yasuhiko KADOTA, Yasuhiro NISHIO, Yurika MIYOSHI, Masashi MITA, Akio OJIDA, Kenji HAMASE, DESIGN OF A NOVEL HIGH RESOLUTION PIRKLE-TYPE CHIRAL STATIONARY PHASE AND SEPARATION OF NBD-AMINO ACID ENANTIOMERS, XVII International Symposium on Luminescence Spectrometry, 2016.11.
8. Takeyuki AKITA, ACCELERATION OF REACTION BETWEEN TWO MOIETIES ON THE SURFACES OF SPIONS BY STATIC MAGNETIC FIELDS, XVII International Symposium on Luminescence Spectrometry, 2016.11.
9. 秋田 健行, 古賀 登, SPION表面保護ポリマーに導入した官能基間の反応と磁場効果, 第24回基礎有機化学討論会, 2013.09, 反応を磁場で制御する試みは以前より行われているが、一般的な反応に広範に応用が可能な方法論については未だに確立されていない。そこで今回、超常磁性酸化鉄ナノパーティクル(SPION)の表面保護ポリマーにそれぞれ反応が可能な官能基を導入した二種類のSPIONを用い、磁場によりSPION間の距離をコントロールすることにより反応を制御することを試みた。.
10. 秋田健行・古賀登, Pd触媒を導入したSPIONを用いたSPIONからの機能分子の放出反応の検討
, 日本化学会第92春季年会, 2012.03, パラジウム触媒を表面に導入した超常磁性鉄酸化物ナノパーティクル(SPION)1を合成し、これを用いて、ブテニルエーテルを介してフルオレセイン誘導体を導入したSPION 2からの蛍光分子の放出反応について検討を行った。.
11. 秋田 健行・古賀 登, 超常磁性酸化鉄ナノパーティクル表面への蛍光性物質の導入と放出反応の検討, 第22回基礎有機化学討論会, 2011.09, 超常磁性酸化鉄ナノパーティクルは近年、ドラッグデリバリーシステム(DDS)やMRI造影剤等の生体内イメージング剤への応用が期待され、盛んに研究が行われている。その際にSPION表面への機能性分子の導入と、生体内環境や外部からの刺激による機能性分子の選択的な放出の機構が重要となる。本研究では機能分子のモデルとしてフルオレセイン誘導体及びニトロフェノールを用い、アミノブテニルリンカーを通した機能性分子の表面保護部への導入と、Pd(0)によるアリールエーテル部位の切断反応を用いた選択的放出反応について検討を行った。.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
クロマトグラフィー科学会
日本化学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2003.04, The 10th International Workshop on Bio-Medical ESR Spectroscopy and Imaging, 座長(Chairmanship).
2003.03, 日本化学会第83春期年会, 座長(Chairmanship).
2006.10, 第18回基礎有機化学連合討論会, 実行委員会委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2006年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2009年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 超常磁性鉄酸化物ナノパーティクルを用いた反応の磁場制御.
2003年度~2006年度, 特定領域研究(A)特定領域研究(B), 分担.
2002年度~2004年度, 基盤研究(A), 分担.
2000年度~2001年度, 奨励研究(A), 代表, 水素結合の多点認識による有機高スピン超分子の構築.
1998年度~1999年度, 奨励研究(A), 代表, 光水素移動反応による有機磁性の可逆的スイッチ.

九大関連コンテンツ