九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
秋田 健行(あきた たけゆき) データ更新日:2016.09.21

助教 /  薬学研究院 創薬科学部門 医薬化学


主な研究テーマ
超常磁性酸化物ナノパーティクルを用いた、反応の磁場制御
キーワード:反応の磁場制御
2009.04.
水素結合を利用した分子間スピン相互作用の制御
キーワード:分子磁性、水素結合、スピン相互作用、超分子、ラジカル、カルベン
1997.04.
光応答型超高スピン有機化合物の構築
キーワード:分子磁性、高スピン、デンドリマー、ポリマー、ジアゾ、カルベン、ラジカル
2000.04.
従事しているプロジェクト研究
超常磁性酸化鉄ナノパーティクルを用いた反応の磁場制御
2009.04~2012.03.
研究業績
主要原著論文
1. Naoto Hayashi,* Akifumi Kanda, Taku Kamoto, Hiroyuki Higuchi, and Takeyuki Akita*, Effect of Aryl Substituents on Intramolecular Cyclization of 2,2’-Biphenoquinones, Heterocycles, Volume 79, Issue 1, Pages 865-872, 2009.04.
2. Junzo Hirano, Kenji Hamase, Takeyuki Akita and Kiyoshi Zaitsu, Structural and photophysical properties of novel dual fluorescent compounds, 1-aryl-substituted 6-methoxy-4-quinolones, Luminescence, 23:350-355, 2008.05.
3. Takeyuki Akita, Noboru Koga, Magnetic Properties of Dendritic Polycarbenes Substituted by Bulky Peripheral Groups, Polyhedron, 24, 16-17, 2321-2325, 24, 2321-2325, 2005.05.
4. Junzo HIRANO, Kenji HAMASE, Takeyuki AKITA and Kiyoshi ZAITSU, Crystal Structure of 6-Methoxy-4-quinoline, C10H9NO22H2O, Analytical Sciences, 21, x45-46, 2005.04.
5. Junzo HIRANO, Kenji HAMASE, Takeyuki AKITA and Kiyoshi ZAITSU, Crystal Structure of N-[(6-Methoxy-4-oxo-1,4-dihydroquinolin-3-yl)methyl]-2,2-dimethylpropanamide, Analytical Sciences, 20, x115-116, 2004.08.
6. Jingping Zhang, Madoka Suehiro, Akira Sakane, Satoru Karasawa, Takeyuki Akita and Noboru Koga, Theoretical Study on the Exchange Interaction Between Metal Ion and Organic Radical Through Pyridine, Bipyridine and Terpyridine Ligands, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 376, 431-436, 376, 431-436., 2002.04.
7. Takeyuki Akita and Noboru Koga, Magnetic properties after irradiation of poly(m-phenyleneethynylene) having diazo and nitronylnitroxide groups and its model compounds, POLYHEDRON, 20, 11-14, 1475-1477, 20, 1475-1477., 2001.04.
8. Yves Pontillon, Takeyuki Akita, Andre Grand, Keiji Kobayashi, Eddy Lelievre-Berna, Jacques P残aut, Eric Ressouche, and Jacques Schweizer, Experimental and Theoretical Spin Density in a Ferromagnetic Molecular Complex Presenting Interheteromolecular Hydrogen Bonds, J. Am. Chem. Soc., 121, 10126-10133., 1999.04.
主要学会発表等
1. 秋田 健行, 古賀 登, SPION表面保護ポリマーに導入した官能基間の反応と磁場効果, 第24回基礎有機化学討論会, 2013.09.06.
2. 秋田健行・古賀登, Pd触媒を導入したSPIONを用いたSPIONからの機能分子の放出反応の検討
, 日本化学会第92春季年会, 2012.03.27.
3. 秋田 健行・古賀 登, 超常磁性酸化鉄ナノパーティクル表面への蛍光性物質の導入と放出反応の検討, 第22回基礎有機化学討論会, 2011.09.22.
学会活動
所属学会名
日本化学会
学会・研究会における座長等
2003.04, The 10th International Workshop on Bio-Medical ESR Spectroscopy and Imaging, 座長.
2003.03, 日本化学会第83春期年会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2006.10, 第18回基礎有機化学連合討論会, 実行委員会委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2006年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2009年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 超常磁性鉄酸化物ナノパーティクルを用いた反応の磁場制御.
2003年度~2006年度, 特定領域研究(A)特定領域研究(B), 分担.
2002年度~2004年度, 基盤研究(A), 分担.
2000年度~2001年度, 奨励研究(A), 代表, 水素結合の多点認識による有機高スピン超分子の構築.
1998年度~1999年度, 奨励研究(A), 代表, 光水素移動反応による有機磁性の可逆的スイッチ.

九大関連コンテンツ