九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
広城 吉成(ひろしろ よしなり) データ更新日:2019.10.30

准教授 /  工学研究院 環境社会部門 水・資源循環システム学


主な研究テーマ
河川水と地下水の交流解析と水質形成機構の解明~八坂川を事例として~
キーワード:地下水と河川水の交流解析、健全な水循環系の構築
2015.04~2020.03.
有明海に流入する地下水の水量・水質のスケールアップに関する研究
キーワード:海底地下湧出水、地下水涵養、水文学モデル、水収支解析、準3次元淡塩水2相地下水流動モデル
2005.04~2023.12.
地域(糸島地域)水循環の健全化に向けた研究
キーワード:地下水-表流水の相互作用、地下水流動モデル、トレーサー、地下水涵養モデル、地下水塩水化
2001.01~2023.12.
沿岸部塩水化地下水の水質形成機構に関する調査研究
キーワード:塩水化地下水,地下水水質,酸化還元状況,電気伝導度
2002.04~2022.12.
地下水中の砒素の動態の解明と安価で安全、容易なヒ素除去システムの開発
キーワード:砒素、鉄-マンガン水和酸化物、地下水汚染、有機物、微生物媒介による酸化還元過程
2006.10~2020.12.
従事しているプロジェクト研究
伊都キャンパス農学研究院分室を拠点とした糸島地域の持続的農業のための効率的水資源利用技術の研究展開
2006.07~2008.06, 代表者:平松和昭, 九州大学, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト
農業・農村地域の水循環・水環境に関する研究は国内外において盛んに行われているが,進行中の地域創りと平行した,いわば実験を行いながらの実証的な研究例は極めて少ない。本研究では,平成17年10月に開校の九州大学伊都キャンパスが位置する糸島地域の将来にわたる農業の持続的発展と健全な地域創りに寄与するべく,同地域内での効率的水資源利用技術を実証的に開発することを目的とする。地下水動態に関しては,前年度の知見をふまえて,伊都キャンパス周辺低地部の塩水化地域において淡塩水境界の水質特性を明らかにする.具体的には,平成18年度に概ね完成させた伊都キャンパス周辺における灌水組合井戸の電気伝導度の変動特性を再現する塩分混入予測計算モデルを用いて,潅水組合井戸の取水量・降雨量と電気伝導度の変動の関連を解析する.前年度,7カ所の灌水組合井戸に量水器設置の同意が得られたので,さらに量水器設置箇所を増やし,流域水収支の精度を高めたい.加えて,幸の神湧水および5号調整池,地元住民の農業用水源の一つである平川池,大原川の水質特性を明らかにするとともに,特に1号調整池から大原川までの水理地質状況を詳細に把握し,伊都キャンパスで利用できる地下水量を推定する.その際,謝金で計上の高密度電気探査調査や水質分析を外部委託する.以上を通して,今後の地下水塩水化問題に対する学術的提言を行い,地域住民の理解を得る..
有明海生物環境の俯瞰的再生と実証試験
2005.04~2008.03, 代表者:楠田哲也, 九州大学, 独立行政法人科学技術振興機構
地下水による水量・物質の負荷の実測と全域対象のスケールアップ推定。有明海の集水陸域からの地下水浸透量と水質の動態についての概要を把握する。一般的に,蒸発散量を除くとおよそ降雨量の60%の水が表流水および地下水流出成分として流出するが,地下水については系統的な観測や推計が困難であるばかりではなく,水理地盤の地球化学的特性に応じてその水質も大きく異なる。本研究では,有明海に流入する主要な河川流域での地下水流動の概要の把握,モデル化,輸送される地下水中の溶存物質の動態などを把握することを主目的とする。とくに,沿岸部では塩水の侵入が認められるから,混合域を通過する過程での水質変換や海底への湧出化学成分などを研究する。また地下水の有明海への流出量の概算推定には,数値解析モデルを適用し,現地における湧出量測定値との比較を行う。.
糸島地域における健全な水循環系の構築
2003.04, 代表者:広城吉成, 九州大学, 九州大学
新キャンパスが建設される糸島地域には、水資源施設として瑞梅寺ダムが有るのみで、不足する水需要については域外からの導水に頼っている。平成22年度以降の水需要に対応するため、前原市は地下水への依存を高める方針であるが、都市化が進展すると、将来においても地下水を水源として利用できるかどうかは疑問であり、抜本的な水源確保が求められている。また、新キャンパス周辺の地域では、水田、畑地、施設園芸などの農業用水確保、地下水塩水化、酒造会社の地下水源保全、本学の渇水用非常水源対策のほか、流下能力の小さい水崎川および坂の下川の洪水氾濫対策、キャンパス内に多数設置される調整池の安全管理など、利水および治水を問わず、様々な水対策が必要となっている。
このような地域に九州大学が移転し、さらに周辺地域の都市化の進展や研究関連施設の誘致が行われれば、新キャンパスは周辺地域の渇水に大きく関わらざるを得なくなることが想定される。また、新キャンパス内外では貴重な動植物が見つかっており、生態系の視点からの水循環問題も解決しなければならない。
対象地域の水循環システムおよび環境システムが一体となった健全な水循環系の構築には、学際的研究部門と新キャンパス計画推進室の実動部門とが一体となって、移転開始前、移転期間中、および移転完了後の水循環システムを検討する必要がある。  
このような学際的研究は、本学のみならず、糸島地域、さらには、アジア諸国の水問題に関する課題に取り組む先導的役割を果たすことができる。.
大学専用水道と地域農業用水供給の可能性調査に関する共同研究
2003.10~2008.03, 代表者:神野健二, 九州大学, 電源開発株式会社(日本)
本研究は、大学への経済的な上水道供給と、大学移転周辺地区の塩水化が万一進行した場合の地域への農業用水確保を両立する目的で、地下ダム計画の実現に向けて技術的問題を研究するものである。.
研究業績
主要著書
1. 安達千波矢、岩永省三、大槻恭一、折田悦郎、財津あゆみ、坂井猛、佐々木一成、山王孝尚、都留真哉、鶴崎直樹、広城吉成、藤田美紀、宮沢良行、宮本一夫、望月俊宏、安浦寛人、山本聖一郎、吉田敬介, 都市と大学のデザイン-伊都キャンパスを科学する-, 花書院, 2019.08.
2. Yoshinari HIROSHIRO, Kei NAKAGAWA, Kenji JINNO, Handbook of Applied Hydrology, Second Edition, McGraw Hill Education, Chapter 69 Pollutant Transport in Groundwater, 2016.10.
3. 楠田哲也 編著,執筆分担:広城吉成, 蘇る有明海-再生への道程-, 恒星社厚生閣, 2012.02.
4. 安東毅、小林勇ほか,広城吉成, よくわかる水問題一問一答, 合同出版, 1991.10.
5. 神野健二,藤野和徳,中川啓,細川土佐男,江種伸之,広城吉成, 地下水中の物質輸送数値解析, 九州大学出版会, 2001.07.
主要原著論文
1. @広城吉成,#武藤圭誠, 地下水湧出に伴う栄養塩負荷量の推定-福岡市今津干潟を事例として-, 土木学会論文集G, 75, 5, 119-126, 2019.08.
2. 松本大毅,広城吉成,木下詔彦,堤敦, 小流域河川の地下水-表流水間の相互作用を考慮した水循環解析―大原川を事例としてー, 土木学会水工学河川技術論文集, 第25巻,7-12, 2019.06.
3. @広城吉成、#井辺弘貴、#重松藍、@森山晃、@松岡史郎, 浄水過程におけるPAC(ポリ塩化アルミニウム)の凝集に及ぼすイオン状シリカの影響, 水道協会雑誌, 87, 10, 11-16, 第87巻,第10号(第1009号), p.11-16(ISSN 0371-0785), 2018.10, 水道原水である河川水が降雨に伴い濁りが増すと、浄水場での最適PAC注入濃度も多くなることはよく知られたことである。しかしながら、大分県杵築市浄水場では、無水降水期間に水道原水である河川水の濁度が上がっていないのにも関わらず、PACの最適注入濃度が増加するとの報告があった。杵築市浄水場では水道原水の一つとして場内の地下水も利用しており、特にイオン状シリカ濃度が高いことがわかった。水道原水中の高濃度のイオン状シリカと最適PAC注入濃度の定量的関係をジャーテストによって調査し、高濃度のイオン状シリカはPACの凝集剤としての働きを阻害することがわかった。.
4. Yoshinari HIROSHIRO, Masataka MATSUMOTO, Akihiko KINOSHITA, Atushi TSUTSUMI, Hydrological Analysis of Interaction between Surface and Subsurface Water in the Middle Basin of the Obaru River, Western Fukuoka, Japan, International Symposium on Earth Science and Technology 2017, 2017.11, To reproduce an accurate hydrological cycle condition quantitatively with numerical analysis model, it is essential to incorporate hydraulic geological conditions of the investigated area as clearly as possible. In the previous research, although the river flow discharge was calculated by the TSUTSUMI-JINNO model as will hereinafter be described, the numerical value of the river flow discharge at the most downstream observation point was considerably higher than the observation value. Therefore, hydraulic geological conditions of the basin had to be reconsidered. In this paper, in order to reproduce the actual surface water-groundwater relationship, a new model is developed by adding the following the two conditions: 1)the existence of the former channel of the Obaru river, and 2)phenomenon of groundwater flow out to river as gaining river(stream) is also taken into account the phenomenon of river water flow in to groundwater as losing river(stream) as well. As the results, considering the two phenomena, the calculated river flow discharge and its observed value showed good correlation at the observation point. To reproduce real hydrological cycle condition quantitatively, it is important that evaluating the accurate hydraulic geological conditions in the investigated area are incorporated in the model..
5. 広城 吉成, 横田 雅紀, 2005年福岡県西方沖地震による地下水位の変動特性, 地盤工学会、Kansai Geo-Symposium2017論文集, 46-49, 2017.11.
6. Yoshinari HIROSHIRO, Keisuke Konishi, Kento Terashima, Atushi Tsutsumi, Quantive Analysis of Nutrient Inflow from River and Groundwater to Imazu Bay in Fukuoka, Japan, 18th International Conference on Environment and Water Resource Management, 3320-3325, 2016.05.
7. Yoshinari HIROSHIRO, Keisuke KONISHI, Kento TERASHIMA, Atsushi TSUTSUMI, Two Different Modeling Approaches for Quantitative Analysis of Nutrient Input from River and Groundwater to Imazu Bay in Fukuoka, Japan, Proceedings of International Symposium on Earth Science and Technology 2016, 394-397, 394-397, 2016.12.
8. 広城 吉成, 森田祐輝, 右田義臣, 天日美薫, 田籠久也, 竹チップ散布による地下水水質への影響評価, 土木学会論文集G, Vol.72, No.5, 119-126, 2016.08.
9. Yoshinari HIROSHIRO, Keisuke KONISHI, Estimation of amount of groundwater pumping discharge and its effect on salinization of groundwater around Ito Campus, Kyushu University, MEMOIRS OF THE FACULTY OF ENGINEERING KYUSHU UNIVERSITY, Vol.76, No.1, 2016.07, Kyushu University has been constructing its new campus (Ito Campus) in an area spanning the Motooka-Kuwabara district in Fukuoka City. Agriculture is active in this area and a large amount of groundwater is used for irrigation and horticultural facilities. In recent years, land development for house building has proceeded and one of groundwater recharge sources, paddy area has decreased. Therefore, it is the urgent need to grasp the total amount of groundwater discharge by pumping wells. It was estimated that dividing into three usage ways; for living, agriculture and business. The result shows the daily average groundwater discharge is approximately 635m3 and the percentages of groundwater usage are 59 percent for agriculture, 38 percent for living and 3 percent for business. Next, saline-affected groundwater by effects of groundwater pumping was evaluated from value changes of EC (electrical conductivity), Na and Cl at the wells for agriculture. Consequently, it was revealed that groundwater pumping has an effect on salinization of groundwater and its influences were reflected on the groundwater quality about one month later..
10. 広城 吉成, 三浦聖二, 砂によるヒ素除去効果の実験的評価, 土木学会論文集B1(水工学), 水工学論文集第59巻,土木学会論文集B1(水工学),Vol.71, No.4, p.241-p.246, 2015.02.
11. 広城 吉成, 横田 いずみ, 西山 浩司, 神野 健二, 藤野 恭裕, 塚原 健一, 若い世代の節水に関する意識調査, 水道協会誌, 83, 7, 2014.07.
12. Yoshinari HIROSHIRO, M. A.Halim, Keiko Sasaki, Kenji Jinno, J. Shimada, R. K. Majumder, G. Rasul, Geochemical Evaluation of Arsenic and Manganese in Shallow Groundwater and Core Sediment in Singair Upazila, Central Bangladesh, Arabian Journal for Science and Engineering, 10.1007/s13369-014-1111-x, 2014.04.
13. 川上馨詞, 越智啓太, 渡邉佑輔, 広城 吉成, 地下水中の酸化還元反応を考慮した断面2次元ヒ素輸送モデル, 土木学会論文集B1(水工学) , Vol.69, No.4, 565-570, 2013.02.
14. Abdur RAZZAK, Kenji JINNO, Yoshinari HIROSHIRO, Development of Numerical Removal Model of Arsenic from Groundwater, MEMOIRS OF THE FACULTY OF ENGINEERING KYUSHU UNIVERSITY, Vol.72, No.3, 2012.09.
15. 川上馨詞,安藤利博,小田圭太,広城吉成, 酸化還元状況下における鉄-ヒ素の吸脱着機構を考慮したヒ素輸送モデル, 水工学論文集, 第55巻, p.607-612, 2011.02.
16. 安元純,広城吉成,末益大嗣,高岡秀朋,神野健二, 有明海沿岸火山岩地域における海底湧水の湧出機構と栄養塩の輸送特性, 水工学論文集, 第55巻, p.589-594, 2011.02.
17. M.A. Halim, R.K. Majumder, S.A. Nessa, Y. Hiroshiro, K. Sasaki, B.B. Saha, A. Saepuloh and K. Jinno, Evaluation of processes controlling the geochemical constituents in deep groundwater in Bangladesh: spatial variability on arsenic and boron enrichment, Journal of Hazardous Materials, 10.1016/j.jhazmat.2010.01.008, Vol.180, 50-62, 2010.10.
18. E. D. P. Perera , Kenji Jinno , A. Tsutsumi, Y. Hiroshiro, A numerical study of saline contamination of a coastal aquifer, Water Management, 10.1680/wama.2010.163.7.367, 367-375, Vol.163, 2010.07.
19. Shiguo XU, Changwu YU, Yoshinari Hiroshiro, Migration behavior of Fe, Cu, Zn, and Mo in alkaline tailings from Lanjiagou porphyry molybdenum deposits, Northern China, MEMOIRS OF THE FACULTY OF ENGINEERING KYUSHU UNIVERSITY, Vol.70, No.2, 2010.06.
20. Shiguo XU, Yong DING, Kenji Jinno, Wenyi LI, Yoshinari Hiroshiro , Feasibility and Quantification Analysis of Floodwater Utilization, MEMOIRS OF THE FACULTY OF ENGINEERING KYUSHU UNIVERSITY, Vol.70, No.1, 2010.03.
21. 野村哲裕,堤敦,神野健二,広城吉成, 糸島半島における水循環機構の解析, 水工学論文集, 第54巻, 577-582, 2010.02.
22. 土方栄示,広城吉成,神野健二 , 冬期と夏期における稲わら混合水田土壌を用いた下水処理水中の窒素除去実験, 水工学論文集, 第54巻, 619-624, 2010.02.
23. 広城吉成,松本大毅,横田雅紀,堤敦,神野健二 , 結晶片岩-花崗閃緑岩地質境界における地下水・表流水の交流特性, 水工学論文集, 第54巻, 589-594, 2010.02.
24. E.D.P. Perera, Kenji Jinno,Yoshinari Hiroshiro , Bacteria-mediated Reduction and Precipitation of Fe(OH)3 and FeS in the Subsurface of a Coastal Aquifer: A Numerical Investigation, Water Quality, Exposure and Health, Springer, 10.1007/s12403-009-0021-8, 2010.01.
25. M.A. Halim, R.K. Majumder, S.A. Nessa, Y. Hiroshiro, K. Sasaki, B.B. Saha, A. Saepuloh and K. Jinno , Evaluation of processes controlling the geochemical constituents in deep groundwater in Bangladesh: spatial variability on arsenic and boron enrichment
, Journal of Hazardous Materials, 10.1016/j.jhazmat.2010.01.008, 2010.01.
26. Md. Abdul Halim, Ratan K. Majumder, Syeda Afsarun Nessa, Keita Oda, Yoshinari Hiroshiro, Kenji Jinno , Arsenic in shallow aquifer in the eastern region of Bangladesh: Insights from principal component analysis of groundwater compositions
, Environmental Monitoring and Assessment, Springer, 10.1007/s10661-009-0760-9, Vol.161, No.1, 453-472, 2010.01.
27. Md. Abdul HALIM, Ratan K. MAJUMDER, Keita ODA, Yoshinari Hiroshiro, Keiko SASAKI and Kenji JINNO, Assessment of Processes Controlling the Geochemical Constituents in Deep Groundwater of Bangladesh with Spatial Variability on Arsenic and Boron Enrichment, International Symposium on Earth Science and Technology 2009, 167-170, 2009.12.
28. 松本大毅,広城吉成,神野健二,堤 敦, 地下水流動計算と放射性同位体を用いた地下水・表流水交流解析, 水文・水資源学会誌, 第22巻,第4号,pp.286-293,2009年7月, 2009.07.
29. Md. Abdul Halim, Ratan K. Majumder, Syeda Afsarun Nessa, Keita Oda, Yoshinari Hiroshiro, Kenji Jinno, Arsenic in shallow aquifer in the eastern region of Bangladesh: Insights from principal component analysis of groundwater compositions, Environmental Monitoring and Assessment, DOI:10.1007/s10661-009-0760-9,Vol.152,No.1, 2009.03.
30. 横田いずみ,井料隆太,井芹慶彦,広城吉成,神野健二, 自己組織化マップを用いた福岡市民の水に関するアンケート調査結果分析, 土木学会水工学論文集, 第53巻,p.553-558, 2009.02.
31. 小田圭太,広城吉成,M.A.Halim,神野健二, バングラデシュの地下水におけるヒ素溶出特性と関連化学種との統計解析, 土木学会水工学論文集, 第53巻,p.553-558, 2009.02.
32. M. A. Halim, R. K. Majumder, S. A. Nessa, K. Oda, Y. Hiroshiro, B.B. Saha, S. M. Hassain, Sk. A. Latif, M. A. Islam, Kenji Jinno, Hydrogeochemistry and Arsenic Contamination of Groundwater in the Ganges Delta Plain, Bangladesh, Journal of Hazardous Materials, ELSEVIER, DOI:101016/j_jhazmat.2008.09.046, 2008.10.
33. E. D. P. Perera, K. Jinno, A. Tsutsumi & Y. Hiroshiro, Numerical study of salinity variation in a coastal aquifer: a case study of the Motooka region in western Japan, Stoch. Environ. Res. Risk Assess, Springer- Verlag, DOI 10.1007/s00477-008-0279-6, 2008.08.
34. Abdur Razzak, Kenji Jinno, Yoshinari Hiroshiro, Md. Abdul Halim, Keita Oda, Mathematical modeling of biologically mediated redox processes of iron and arsenic release in groundwater, Environmental Geology, DOI 10.1007/s00254-008-1517-4, Springer-Verlag, 2008.08.
35. M. A. Halim, R. K. Majumder, S. A. Nessa, K. Oda, Y. Hiroshiro, B.B. Saha, S. M. Hassain, Sk. A. Latif, M. A. Islam, Kenji Jinno, Groundwater contamination with arsenic in Sherajdikhan, Bangladesh: geochemical and hydrological implications, Environmental Geology, DOI 10.1007/s00254-008-1493-8, Springer-Verlag, 2008.07.
36. Md. Abdul Halim, Kenji Jinno, Abdur Razzak, Keita Oda, Yoshinari Hiroshiro, EXPERIMENTAL AND BIOGEOCHEMICAL MODELING STUDIES ON ARSENIC RELEASE IN SOIL UNDER ANAEROBIC CONDITION, The International Journal of Soil, Sediment and Water, Vol.1, No.2, ISSN:1940-3259, 2008.07.
37. Kenji JINNO, Tosao HOSOKAWA, Yoshinari HIROSHIRO, Jun YASUMOTO, Geochemical Processes and their Modeling at the Fresh and Salt Water Mixing Zone, IAHS, IAHS Publ. No.312, 191-196, 2008.06.
38. Abdur RAZZAK, Kenji JINNO, Yoshinari HIROSHIRO, Md. Abdul HALIM and Keita ODA, Transport Model for Sequential Release of Mn, Fe and As under Anaerobic Soil Water Environment, MEMOIRS OF THE FACULTY OF ENGINEERING KYUSHU UNIVERSITY, Vol.68, No.1, pp.43-59, 2008.03.
39. 横溝理恵,広城吉成,神野健二, 地下環境下における岩石-水相互作用による酸化還元機構, 土木学会水工学論文集, 第52巻,pp.421-426, 2008.02.
40. 広城吉成,小田圭太,Md. Abdul HALIM,Abdur RAZZAK,神野健二, 酸化還元環境変化に伴うヒ素-鉄の化学的相互作用, 地下水学会誌, 第50巻,第1号,pp.25-32, 2008.02.
41. Edangodagee D. P. Perera, K. Jinno, A. Tsutsumi, Y. Hiroshiro, Simulation of Saltwater Intrusion caused Electric Conductivity Fluctuations due to Groundwater Pumping in a Coastal Aquifer, International Congress on Modelling and Simulation, CD-ROM,1582-1588, 2007.12.
42. Kenji JINNO, Tosao HOSOKAWA, Yoshinari HIROSHIRO, Jun YASUMOTO, Geochemical Processes and their Modeling at the Fresh and Salt Water Mixing Zone, ModelCARE2007(IAHS), pp.350~355, 2007.09.
43. Jun YASUMOTO, Mamoru KATSUKI, Hidetomo TAKAOKA, Yoshinari HIROSHIRO, Kenji JINNO, Nutrient Inputs through Submarine Groundwater Discharge to Ariake Bay, Kyushu Island, Japan, IAHS(International Association of Hydrological Sciences), No.312, 159-168, 2007.07.
44. 広城吉成,赤木啓悟,細川土佐男,神野健二, 沿岸部帯水層の塩水遷移域における二価鉄イオンの動態に着目した輸送モデル, 土木学会論文集B, Vol.63, No.3, pp.178-188, 2007.07.
45. Jun Yasumoto, Mamoru Katsuki, Hidetomo Takaoka, Yoshinari Hiroshiro, Kenji Jinno, Upscaling of groundwater flow and geochemical transport to the Ariake Bay, in Kyushu Island, Japan, Proceedings of international symposium on “International between seawater and groundwater in the coastal zone and their effect on the environmental nutrient load toward the sea”, pp.99-100, 2006.12.
46. Othoman Ahmad ALKAEED, Atsushi TSUTSUMI, Kenji JINNO, Yoshinari Hiroshiro, Estimation of Surface Runoff and Groundwater Infiltration Components By the Groundwater Recharge Model (Itoshima Area, Japan), MEMOIRS OF THE FACULTY OF ENGINEERING KYUSHU UNIVERSITY, Vol.67, No.1, pp.11-23, 2007.03.
47. Yoshinari Hiroshiro, Kenji Jinno, Atsushi Tsutsumi, Masataka Matsumoto, Ronny Berndtsson, Estimation of Residence Time and Catchment Area for Spring Water Using Radioactive Isotope and Groundwater Flow Model, MEMOIRS OF THE FACULTY OF ENGINEERING KYUSHU UNIVERSITY, Vol.67, No.1, pp.1-9, 2007.03.
48. 安元 純,広城吉成,高岡秀朋,古市久士,松原英隆,神野健二, 有明海沿岸域の佐賀県太良町大浦沖における海底地下水湧出と栄養塩の輸送, 水工学論文集, 第51巻,pp.481 -485, 2007.02.
49. Keigo Akagi, Tosao Hosokawa, Yoshinari Hiroshiro and Kenji Jinno, Modeling of Physical and Geochemical Behaviors of Saltwater in a Coastal Aquifer, Advances in Geosciences, Vol.4, p.251-260, 2006.06.
50. Yoshinari Hiroshiro, Kenji Jinno, Ronny Berndtsson, Hydrogeochemical properties of a salinity-affected coastal aquifer in western Japan, HYDROLOGICAL PROCESSES, Vol.20, 1425-1435, 2006.04.
51. 大橋伸行,広城吉成,新井田 浩,神野健二, 沿岸低地部帯水層における淡水及び塩水境界の挙動解析, 地下水学会誌, 第47巻,第2号,pp.235 -251, 2005.05.
52. 松本 大毅,広城 吉成,堤 敦,神野 健二,新井田 浩, ラドンおよびトリチウムによる地球化学的手法と地下水流動計算による湧水の滞留時間と集水域の推定, 土木学会水工学論文集, 第49巻,pp.127-132, 2005.02.
53. 赤木啓悟,細川土佐男,Ginnging GUERRA,神野 健二,広城 吉成,堤 敦, 有機質土壌中に海水を浸透させた場合の陽イオン交換及び微生物による還元反応を考慮した主要イオン輸送解析, 土木学会水工学論文集, 第49巻,pp.139-144, 2005.02.
54. 南 健太,新井田 浩,神野 健二,堤 敦,広城 吉成,下大迫博志,濱里 学,泉谷隆志, 雨水貯留浸透施設の計画・評価手法−九州大学新キャンパス建設地を対象として−, 土木学会水工学論文集, 第49巻pp.67-72, 2005.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 広城吉成, 浄水過程におけるイオン状シリカ共存下におけるPAC凝集効果, 『環境浄化技術』日本工業出版株式会社, 2020.01.
2. 広城 吉成, 西山 浩司, 大学等研究室のご紹介「九州大学大学院工学研究院環境社会部門・・・水・資源循環システム学-水圏環境工学研究室」, 水道協会雑誌、第85巻、第5号, 2016.05.
3. 広城吉成, 管路のアセットマネジメントを考察する, 水道公論, 2011.04.
4. 神野健二,広城吉成, 地球温暖化と地下水塩水化, 水環境学会誌, 第29巻,第2号,72-76, 2006.02.
5. 広城吉成、神野健二、新井田浩、下大迫博志, 新キャンパスにおける地下水の保全対策-九州大学新キャンパス 水循環系保全整備計画より-, 土木学会誌, 第90巻、第9号、50-53, 2005.09.
6. 新井田 浩、神野健二、広城吉成, 地下水保全のための雨水貯留浸透施設の計画−九州大学新キャンパス建設地を対象として−, 水循環 貯留と浸透(Journal of Hydrological System)(社)雨水貯留浸透技術協会, pp.28-34、Vol.54, 2004.11.
主要学会発表等
1. 広城吉成、井辺弘貴, 浄水過程におけるイオン状シリカ共存下におけるPAC凝集効果の検証実験, 日本水環境学会第53回年会講演会, 2019.03.
2. 武藤圭誠,広城吉成 , 地下水湧出に伴う今津干潟北東部からの栄養塩負荷量の推定, 土木学会西部支部研究発表会, 2019.03.
3. 奈木野竜也,広城吉成 , レバノンMtein村における水循環機構の推定
, 土木学会西部支部研究発表会, 2019.03.
4. 尾崎慎一,広城吉成,木下詔彦,堤 敦 , キャンパス移転に伴う水循環系の変化に対する雨水浸透施設の効果, 土木学会西部支部研究発表会, 2018.03.
5. 小出俊輔,広城吉成 , 九州大学伊都キャンパス周辺における地下水温の変動特性
, 土木学会西部支部研究発表会, 2019.03.
6. 広城 吉成, 木下 詔彦, 堤 敦, 松本 大毅, 大原川 中流域 における における 表流水 表流水 -地下水系の循環解析 地下水系の循環解析 地下水系の循環解析, 土木学会西部支部, 2017.03.
7. 広城 吉成, 井辺 弘貴, 森山 晃, イオン状シリカ共存下におけるPAC効果の検証実験, 土木学会西部支部, 2017.03.
8. 広城 吉成, 小西 啓介, 寺嶋 健人, 堤 敦, Quantitative Analysis of Nutrient Inflow from River and Groundwater to Imazu Bay in Fukuoka, Japan, ICEWRM 2016:18th International Conference on Environment and Water Resource Management, 2016.05, Imazu Bay plays an important role for endangered species such as horseshoe crabs and black-faced spoonbills that stay in the bay for spawning or passing the winter. However, this bay is semi-enclosed with slow water exchange, which could lead to eutrophication under the condition of excess nutrient inflow to the bay. Therefore, quantification of nutrient inflow is of great importance. Generally, analysis of nutrient inflow to bays takes into consideration nutrient inflow from only river, but that from groundwater should not be ignored for more accurate results.
The main objective of this study is to estimate amounts of nutrient inflow from river and groundwater to Imazu Bay by analyzing water budget in Zuibaiji River Basin and loads of T-N, T-P, NO3-N and NH4-N. The water budget computation in the basin is performed using groundwater recharge model and quasi three-dimensional two-phase groundwater flow model, and the multiplication of the measured amount of nutrient inflow with the computed discharge gives the total amount of nutrient inflow to the bay. In addition, in order to evaluate nutrient inflow to the bay, the result is compared with nutrient inflow from geologically similar river basins.
The result shows that the discharge is 3.50×107 m3/year from the river and 1.04×107 m3/year from groundwater. The submarine groundwater discharge accounts for approximately 23% of the total discharge, which is large compared to the other river basins. It is also revealed that the total nutrient inflow is not particularly large. The sum of NO3-N and NH4-N loadings from groundwater is less than 10% of that from the river because of denitrification in groundwater. Shin Seibu Sewage Treatment Plant located below the observation points discharges treated water of 15,400 m3/day and plans to increase it. However, the loads of T-N and T-P from the treatment plant are 3.9 mg/L and 0.19 mg/L, so that it does not contribute a lot to eutrophication.
.
9. 広城 吉成, 森田 祐輝, 浄水汚泥のヒ素除去性能に関する基礎的実験, 日本地下水学会, 2015.10.
10. 広城 吉成, 森田 祐輝, 今津干潟への河川および地下水による栄養塩流入負荷量の定量的評価, 水文・水資源学会, 2015.09.
11. 広城 吉成, 森田 祐輝, 筑後川上流域の代表的湧水・水源の水質形成機構についての考察, 日本地下水学会, 2015.05.
12. 広城 吉成, 加藤ひとみ, 新規地下水取水による周辺地下水への影響評価, 土木学会西部支部, 2016.03.
13. 広城 吉成, 上原 望, 福岡県西方沖地震による地下水位の変動特性, 土木学会西部支部, 2016.03.
14. 広城 吉成, 重松 藍, 森山 晃, 八坂川のヒ素,鉄,アルミニウム及び溶存態ケイ素に着目した水質変動特性, 土木学会西部支部, 2016.03.
15. 広城 吉成, 森田祐輝, 筑後川水源の地質学的水質特性評価, 土木学会西部支部, 2015.03.
16. 広城 吉成, 坂本達俊, 九州大学伊都キャンパスにおける地下水涵養量に関する評価, 土木学会西部支部, 2014.03.
17. 広城 吉成, 小西啓介, 伊都キャンパス周辺における地下水揚水量推定と地下水塩水化に関する評価, 土木学会西部支部, 2014.03.
18. 広城 吉成, 寺嶋健人, 福岡市西部の瑞梅寺川流域における水循環機構, 日本地下水学会, 2013.10.
19. 広城 吉成, 三浦聖二, 砂によるヒ素除去効果について, 日本地下水学会, 2013.10.
20. 三浦聖二, 越智啓太, 広城 吉成, 大石秀人, 砂を用いたヒ素除去実験, 土木学会西部支部, 2013.03.
21. 寺嶋健人, 丸山翔太, 広城 吉成, 瑞梅寺川流域における水循環機構の解明, 土木学会西部支部, 2013.03.
22. 渡邉佑輔,広城吉成,川上馨詞,越智啓太, 断面2次元場におけるヒ素の動態に関する実験, 土木学会, 2012.03.
23. 丸山翔太,広城吉成,真有翔太, 瑞梅寺川周辺の地下水水質とその水質変換過程の定性的評価, 土木学会, 2011.03.
24. 越智啓太,広城吉成,安藤利博,川上馨詞, 断面2次元流れにおけるヒ素の動態に関する実験, 土木学会, 2011.03.
25. 広城吉成,横田雅紀, 幸の神湧水と幸川、大原川, 土木学会, 2010.03.
26. 田村知之,右田義臣,天日美薫,田籠久也,岡村正紀,土方栄示,広城吉成,神野健二, 水に溶出した竹チップ成分の特徴とその水を用いた土壌カラム実験, 土木学会, 2010.03.
27. 川上馨詞,安藤利博,田尻竜章,広城吉成,神野健二, 還元・酸化環境における鉄とヒ素の動態に関する実験, 土木学会, 2010.03.
28. 野村哲裕、堤敦、神野健二、広城吉成 , 糸島半島における水循環機構の解析, 土木学会, 2009.09.
29. 西海能史,安元 純,堤 敦,広城吉成,神野健二, 広域地下水流動モデルを用いた有明海からの地下水流出量の推定, 土木学会西部支部研究発表会, 2008.03.
30. 末益大嗣,安元 純,高岡秀朋,広城吉成,神野健二, 有明海沿岸域における海底地下水湧出に伴う栄養塩の輸送特性に関する調査研究, 土木学会西部支部研究発表会, 2008.03.
31. 土方栄示,小田圭太,広城吉成,神野健二, おが屑と水田土壌を用いた下水処理水再利用の可能性について, 土木学会西部支部研究発表会, 2008.03.
32. 田尻竜章,小田圭太,広城吉成,神野健二, 土壌中有機物含量が及ぼす酸化還元状況の変化と鉄-ヒ素の吸脱着との関係, 土木学会西部支部研究発表会, 2008.03.
33. A. Razzak, K. Jinno, M. A. Halim, K. Oda and Y. Hiroshiro, Numerical modeling of arsenic release in groundwater under reducing environment, International Groundwater Quality Conference on Securing Groundwater Quality in Urban and Industrial Environments, 2007.12.
34. Razzak Abdur, Kenji JINNO, Halim M. Abdul, Keita ODA, Yoshinari HIROSHIRO, Numerical Simulation for Predicting Microbial Arsenic Transport in Groundwater under Reducing Environment and a Column Study, 地下水学会秋季講演会, 2007.11.
35. E.D.P PERERA, Kenji JINNO, Yoshinari HIROSHIRO, Atsushi TSUTSUMI, Development of a Three Dimensional Transport Model of Saltwater Intrusion, 地下水学会秋季講演会, 2007.11.
36. 安元 純、堤 敦、甲木 守、長谷川怜思、広城吉成、神野健二, 準3次元地下水流動解析を用いた海域への地下水流出量の推定, 地下水学会秋季講演会, 2007.11.
37. M. A. Halim, K. Oda, A. Razzak, Y. Hiroshiro and K. Jinno, Mobilization of arsenic from soil to water under anaerobic environment and its removal, Mining and the Environment-IV International Conference, 2007.10.
38. 神野健二、細川土佐男、広城吉成、赤木啓悟、安元純, Modelling of geochemical transport along fresh and salt water mixing zone developed in a coastal aquifer, IAH Congress Groundwater and Ecosystem, 2007.09.
39. M. A. Halim, K. Oda, A. Razzak, K. Jinno and Y. Hiroshiro, Influence of Geochemical Factors on Arsenic Mobilization in the Soil, International Workshop on Earth Resources Technology, 2007.04.
40. M. A. Halim, K. Oda, A. Razzak, Y. Hiroshiro and K. Jinno, Arsenic Mobilization from Soil to Water under Reducing Environment with Column Experiment, 第13回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会, 2007.06.
41. 甲木 守,安元 純,堤 敦,広城吉成,神野健二, 分布型地下水涵養モデルを用いた地下水流出量の推定, 地下水学会春季講演会, 2007.05.
42. 安元 純,甲木 守,高岡秀朋,広城吉成,神野健二, 有明海沿岸域の海底地下水湧出に伴う栄養塩の輸送過程, 地下水学会春季講演会, 2007.05.
43. 小田圭太,Halim Md. Abdul,横溝理恵,広城吉成,神野健二, 酸化還元環境の変化と鉄・ヒ素の吸脱着, 地下水学会春季講演会, 2008.05.
44. 安元 純,甲木 守,高岡秀朋,広城吉成,神野健二, 有明海沿岸域での海底地下水湧出に伴う栄養塩の輸送過程, Japan Geoscience Union Meeting, 2007.05.
45. 甲木 守,安元 純,堤 敦,広城吉成,神野健二, 分布型地下水涵養モデルを用いた地下水流出量の推定, 土木学会, 2007.03.
46. 安元 純,甲木 守,高岡秀朋,広城吉成,神野健二, 佐賀県太良町大浦沖における海底地下水湧出と栄養塩の輸送に関する調査研究, 土木学会, 2007.03.
47. 小田圭太,横溝理恵,広城吉成,神野健二, 酸化還元状況下における鉄‐ヒ素の吸脱着について, 土木学会, 2007.03.
48. 大部浩貴,堤 敦,広城吉成,神野健二, 九州大学新キャンパスにおける空隙貯留浸透施設の効果的な配置について, 土木学会, 2007.03.
49. 安元 純、神野健二、広城吉成、高岡秀朋、松原英隆, 有明海への海底地下水湧出と栄養塩の輸送, 日本地下水学会, 2006.10.
50. 赤木啓悟、神野健二、広城吉成、王  楊、細川土佐男、松原英隆, 有機質土壌中に海水を浸透させた場合の陽イオン交換および酸化還元反応と沈殿過程を考慮した主要イオン輸送解析, 第12回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会, 2006.06.
学会活動
所属学会名
土木学会
地下水学会
水文・水資源学会
水環境学会
学協会役員等への就任
2016.08~2018.03, 土木学会西部支部, 実行委員会委員.
2014.06~2017.03, 日本水環境学会, 熱帯・亜熱帯水環境研究委員会委員.
2009.04~2011.03, 土木学会, 幹事.
2009.04~2010.03, 社団法人土木学会, 運営委員.
2009.04~2009.09, 社団法人土木学会, 運営委員.
2007.04~2010.03, 日本地下水学会, 運営委員.
2006.04~2008.03, 日本環境工学教授協会, 幹事.
1995.04~1999.03, 日本図学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.10.24~2018.10.26, 日本水道協会, 座長.
2018.10.24~2018.10.26, 日本水道協会, 座長.
2017.10.25~2017.10.27, 日本水道協会, 座長(Chairmanship).
2016.11.09~2016.11.11, 日本水道協会, 座長(Chairmanship).
2009.09.02~2009.09.04, 土木学会, 座長(Chairmanship).
2007.03, 土木学会, 座長(Chairmanship).
2003.03, 土木学会, 座長(Chairmanship).
2002.03, 土木学会, 座長(Chairmanship).
2017.09.11~2017.09.13, 土木学会年次学術講演会 , 実行委員.
2009.09.02~2009.09.04, 土木学会年次学術講演会, 実行委員.
2008.11.20~2009.11.22, 日本地下水学会秋季大会, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度    
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2013年度      
2012年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度    
2009年度
2008年度   10 
2007年度      
2006年度    
2005年度        
2004年度    
2003年度      
2002年度      
2001年度      
2000年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Sweden, Lund University, Sweden, 2017.03~2017.03.
Colorado School of Mine, UnitedStatesofAmerica, 1996.09~1996.09.
ETH, Switzerland, 1999.09~1999.09.
スイス連邦工科大学, Switzerland, 2000.07~2000.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2011.01~2011.01, 2週間未満, Indian Institute of Technolory, Roorkee, India.
2011.04~2012.09, 1ヶ月以上, Lund University, Sweden.
2009.10~2010.03, 1ヶ月以上, 大連理工大学, China, 日本学術振興会.
受賞
水・土壌環境保全活動功労者表彰(環境省水・大気環境局長), 環境省, 2017.12.
Best Paper Award, 18th International Conference on Environment and Water Resource Management ,World Academy of Science, Engineering and Technology, 2016.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2004年度~2005年度, 基盤研究(B), 分担, トリブチルスズを含む海底堆積汚泥中の地層処分に関する実用化研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2016年度, (一社)九州地方計画協会研究支援, 代表, 河川水と地下水の交流解析と水質形成機構の解明~八坂川を事例として~.
2010年度~2010年度, 九州地方計画協会研究支援, 代表, ダム上流域等のし尿処理汚濁負荷排出削減システムの実証的研究.
2005年度~2005年度, , 分担, 地下水利用に伴う塩水化に関する研究に係わる共同研究.
2003年度~2003年度, , 分担, 地下ダムによる大学専用水道と地域農業用水供給の可能性調査に関する共同研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.01~2017.03, 代表, 福岡県岡垣町地下水調査・解析.
2005.04~2006.03, 分担, 地下水利用に伴う塩水化に関する研究.
2003.11~2004.03, 分担, 地下ダムによる大学専用水道と地域農業用水供給の可能性調査に関する共同研究.
1993.04~1994.03, 代表, 化学的水質変換機構を含む水系における物質輸送モデルの構築.
寄附金の受入状況
2018年度, 鹿島建設株式会社, 広城吉成准教授への学術教育研究助成のため.
2016年度, 中央開発株式会社, 工学研究院研究資金環境社会部門/工学研究院に関する学術研究助成のため.
2016年度, 九州地方計画協会, 工学研究院研究資金環境社会部門/河川水と地下水の交流解析と水質形成機構の解明.
学内資金・基金等への採択状況
2008年度~2008年度, 平成20年度社会連携事業計画調書, 代表, 元岡・桑原地区農業用地下水の持続的水資源利用に関する研究事業.
2006年度~2007年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, 糸島地域の持続的農業展開のための効率的水資源利用技術の開発.
2003年度~2004年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, 糸島地域における健全な水循環系の構築.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」