九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐藤 正則(さとう まさのり) データ更新日:2019.05.30

准教授 /  言語文化研究院 国際文化共生学部門 国際文化学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
特になし
新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2000.06, 『朝日新聞』(2000年6月11日), 木田元「スペシャリテ 『ボリシェヴィズムと<新しい人間>』(佐藤正則、水声社) 隠された思想に光」(著書『ボリシェヴィズムと<新しい人間>』に対する木田元氏による書評).

2000.07, 『外交フォーラム』2000年7月号, 著書『ボリシェヴィズムと<新しい人間>』に対する安岡治子氏による書評(97頁).

2001.01, 『科学史研究』第40巻(No.219)、日本科学史学会、岩波書店、, 著書『ボリシェヴィズムと<新しい人間>』に対する梶雅範氏による書評(187−190頁).

2001.01, ロシア語ロシア文学研究』第33号、日本ロシア文学会, 著書『ボリシェヴィズムと<新しい人間>』に対する大須賀史和氏による書評(155−156頁).

2001.01, 『スラヴ学論叢 北海道大学文学研究科ロシア語ロシア文学研究室年報』第5号(2), 著書『ボリシェヴィズムと<新しい人間>』に対する久保久子氏による書評(281-283頁).

2001.05, 『ロシア史研究』第68号、ロシア史研究会, 著書『ボリシェヴィズムと<新しい人間>』に対する北見諭氏による書評(157−165頁)。.

2004.03, 『未来』450号(2004年3月号), 木田元「世紀転換期のボグダーノフ—レーニンに消された男」(訳・解説書ボグダーノフ『信仰と科学』に対する書評)(23‐27頁).

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2011.06, 講義題目「哲学・思想はいかにして〈教養〉として生き残ることができるか」, 九州大学大学院言語文化研究院, 九州大学伊都キャンパス.

2005.10, 講義題目「地域文化をどうとらえるか」, 九州大学大学院言語文化研究院, 九州大学六本松キャンパス.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2012.04, 学術情報リポジトリ専門委員会.

2004.04~2009.03, 広報専門委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」