九州大学 研究者情報
発表一覧
吾郷 浩樹(あごう ひろき) データ更新日:2019.07.30

教授 /  グローバルイノベーションセンター アドバンストプロジェクト部門 総合理工学府 物質理工学専攻 先進ナノマテリアル科学研究室


学会発表等
1. 吾郷浩樹, 高結晶性2DマテリアルのCVD成長, 2018年 第65回応用物理学会春季学術講演会 , 2018.03.
2. 末永健志朗,白土喜博, Dong Ding, 河原憲治, 日比野浩樹, 吾郷浩樹, MoS2の配向成長と面内ヘテロ構造体への展開, 2018年 第65回応用物理学会春季学術講演会 , 2018.03.
3. 椎葉俊明,Adha Sukma Aji, 末永健志朗, 河原憲治, 吾郷浩樹, トランジスタ応用を目指したHfS2薄膜のCVD合成, 2018年 第65回応用物理学会春季学術講演会 , 2018.03.
4. 小柳千穂,末永健志朗, 河原憲治, 斎藤毅, ⽥中丈⼠, ⽚浦弘道, 吾郷浩樹, TMDC-SWCNTヘテロ構造の作製とデバイス特性, 2018年 第65回応用物理学会春季学術講演会 , 2018.03.
5. 寺尾友里,河原憲治, 末永健志朗, 山本圭介, 中島寛, 長汐晃輔, 日比野浩樹, 吾郷浩樹, Selective Growth of AB-Stacked Bilayer Graphene, 第54回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2018.03.
6. 泉本征憲,Adha Sukma Aji, 吾郷浩樹, 2段階CVD法を用いた二次元ファンデルワールスp-nヘテロ構造体の合成と輸送特性, 第54回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2018.03.
7. 中島秀朗, 森本崇宏, 生田美植, 沖川侑揮, 山田貴壽, 河原憲治, 吾郷浩樹, 岡崎俊也, ロックイン発熱解析法による大面積グラフェン局所欠陥の高速・高精度イメージング評価, 第54回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2018.03.
8. 今枝寛雄, 小山剛史, 岸田英夫, 河原憲治, 吾郷浩樹, 包建峰, 寺澤知潮, 乗松航, 楠美智子, Ultrafast photocarrier relaxation in monolayer graphene on SiC substrate due to phonons in the buffer layer, 第54回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2018.03.
9. 吾郷浩樹, グラフェンをはじめとする二次元材料の合成と応用展開, H29年度埼玉県ナノカーボン人材育成プログラム, 2017.12.
10. K. Suenaga, Y. Shiratsuchi, D. Ding, H. Hibino, K. Kawahara, H. Ago, ”In-plane TMDC-graphene heterostructures, CSS-EEST19 (The 19th Cross Straits Symposium on Energy and Environmental Science and Technology), 2017.11.
11. Y. Uchida, T. Iwaizako, S. Mizuno, M. Tsuji, H. Ago, Epitaxial chemical vapor deposition growth of boron nitride atomic sheet over Cu(111)/sapphire substrate, CSS-EEST19 (The 19th Cross Straits Symposium on Energy and Environmental Science and Technology), 2017.11.
12. H. G. Ji, Y.-C. Lin, K. Nagashio, P. Solís-Fernández, M. Maruyama, A. S. Aji, V. Panchal, S. Okada, K. Suenaga, H. Ago, Hydrogen-induced epitaxial growth of monolayer WS2 and orientation-dependent grain structures, CSS-EEST19 (The 19th Cross Straits Symposium on Energy and Environmental Science and Technology), 2017.11.
13. M. Izumoto, A. S. Aji, H. Ago, CVD growth and transport properties of SnS-MoS2 heterostructures, CSS-EEST19 (The 19th Cross Straits Symposium on Energy and Environmental Science and Technology), 2017.11.
14. H. Ago, Syntheses and applications of bilayer and multilayer graphene, 8th A3 Symposium on Emerging Materials, 2017.10.
15. M. Izumoto, A. Sukma Aji, K. Kawahara, K. Yamamoto, H. Nakashima, H. Ago, CVD growth and transport properties of SnS-MoS2 heterostructures, 8th A3 Symposium on Emerging Materials, 2017.10.
16. K. Suenaga, Y. Shiratsuchi, D. Ding, H. Hibino, K. Kawahara, H. Ago, In-plane TMDC-graphene heterostructures, 8th A3 Symposium on Emerging Materials, 2017.10.
17. H. G. Ji, Y.-C. Lin, K. Nagashio, P. Solís-Fernández, M. Maruyama, A. Sukma Aji, V. Panchal, S. Okada, K. Suenaga, H. Ago, Epitaxial Growth and Stitching of Monolayer WS2, 8th A3 Symposium on Emerging Materials, 2017.10.
18. Y. Terao, K. Kawahara, S. Mizuno, H. Hibino, H. Ago, CVD growth of bilayer graphene with controlled stacking order, 8th A3 Symposium on Emerging Materials, 2017.10.
19. 吾郷浩樹, グラフェンをはじめとした二次元材料の結晶成長と機能化・応用探索, 応用物理学会・応用電子物性分科会 研究例会「二次元層状物質研究の最前線」, 2017.10.
20. H. Ago, Exploring the Growth of High-Quality Graphene, Related 2D Materials, and Their Heterostructures for Electronic Applications, 2017 NEA Symposium of Emerging Materials Innovation(第19回北東アジアシンポジウム), 2017.10.
21. P. Gomasang, T. Abe, K. Kawahara, Y. Wasai, N. Nabatova-Gabain, N. T. Cuong, H. Ago, S. Okada, K. Ueno, Moisture barrier properties of single-layer graphene deposited on Cu films for Cu metallization, SSDM2017 (International Conference on Solid State Devices and Materials), 2017.09.
22. H. G. Ji,P. Solis-Fernandez, A. Sukuma Aji1, Y.-C. Lin, K. Suenaga, K. Nagashio, H. Ago, Hydrogen-induced epitaxial growth and effective stitching of monolayer tungsten Disulfide, 第53回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2017.09.
23. A. Sukma Aji, H. G. Ji, P. Solis-Fernandez, K. Fukuda, H. Ago, Multi-layer graphene electrode for high performance flexible single-layer WS2 and its application to flexible photodetector, 第53回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2017.09.
24. A. Sukma Aji, H. G. Ji, P. Solis-Fernandez, K. Fukuda, H. Ago, High Performance Flexible Single-Layer WS2 Optoelectronics Devices Integrated with Multi-Layer Graphene Electrodes and Parylene-C Substrate, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017.09.
25. 内田勇気, 仲村渠翔, 河原憲治, 山崎重人, 光原昌寿, 吾郷浩樹, 二次元積層デバイス応用に向けた合金触媒による多層 h-BNの均一成長, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017.09.
26. 寺尾友里, 河原憲治, 水野清義, 日比野浩樹, 吾郷浩樹, CVD成長した二層グラフェンの積層構造の制御, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017.09.
27. 泉本征憲,A. Sukma Aji, 河原憲治, 山本圭介, 中島寛, 吾郷浩樹, トンネルFET応用に向けた二次元半導体によるヘテロ構造体の合成, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017.09.
28. 末永健志朗,白土喜博, D. Ding, 日比野浩樹, 河原憲治, 吾郷浩樹, 遷移金属カルコゲナイドとグラフェンの面内ヘテロ構造体の創製, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017.09.
29. H. G. Ji,P. Solis-Fernandez, A. Sukuma Aji1, Y.-C. Lin, K. Suenaga, K. Nagashio, H. Ago, Hydrogen-Induced Epitaxial Growth of Monolayer WS2 and Orientation-Dependent Grain Boundaries, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017.09.
30. 中島秀朗,森本崇宏, 生田美植, 沖川侑揮, 山田貴壽, 河原憲治, 吾郷浩樹, 岡崎俊也, ロックイン発熱解析法による大面積グラフェンシートの 局所欠陥評価, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017.09.
31. P. Gomasang,T. Abe, K. Kawahara, N. T. Cuong, H. Ago, S. Okada, K. Ueno, Suppression of Cu Oxidation by Single-Layer Graphene under High Temperature and High Humidity Test, 第78回応用物理学会秋季学術講演会, 2017.09.
32. H. Ago, High-quality graphene and related 2D materials for future IoT society, IUMRS-ICAM 2017 (The 15th International Conference on Advanced Materials), 2017.08.
33. H. Ago, Crystal growth and device applications of two-dimensional layered materials, AM-FPD'17 (24th Intenational Workshop on Active-Matrix Flatpanel Displays and Devices), 2017.07.
34. 吾郷浩樹, CVD法による二次元原子薄膜の結晶成長, 2017年日本結晶成長学会特別講演会 「ブレークスルーをもたらす結晶成長技術 ―ナノスケール制御による新機能発現―」, 2017.06.
35. H. Ago, Syntheses of high-quality graphene and related 2D materials for enhancing their applications, Graphene EU Flagship-Japan Second Workshop, 2017.05.
36. D. Ding, P. Solís-Fernández, H. Hibino, H. Ago, Position controlled nucleation of single-crystal graphene on Cu, The 3rd Edition of European Graphene Forum (EGF 2017), 2017.04.
37. H. Ago, Exploring the growth of high-quality graphene and 2D heterostructures for electronic applications, The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology, 2017.03.
38. S. Nakandakari, K. Kawahara, Y. Uchida, H. Ago, CVD synthesis of high-quality hexagonal boron nitride (h-BN) nanosheets as an ideal 2D insulator, The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology, 2017.03.
39. D. Dong, P. Solis Fernandez, 日比野浩樹, 吾郷浩樹, Controlling the nucleation site of single-crystal graphene on Cu foil sandwiched by Ni, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017.03.
40. 内田勇気,仲村渠翔,河原憲治,内田勇気,山崎重人,光原昌寿,吾郷浩樹, 大面積で均一な多層h-BNのCVD成長とTMDCとのヘテロ構造への展開, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017.03.
41. 椎葉俊明,A. Sukma Aji,吾郷浩樹, 太陽電池応用を目指した多層WS2/MoS2ヘテロ積層膜の合成, 第64回応用物理学会春季学術講演会, 2017.03.
42. H. Ago, Synthesis and application of graphene and 2D heterostructures, ISPlasma2017/IC-PLANTS2017, 2017.03.
43. 木下博貴,河原憲治,寺尾友里,Il Jeon,丸山実那,松本里佳,岡田晋,松尾豊,吾郷浩樹, CVD成長した大面積二層グラフェンへのMoCl5のインターカレーションと透明導電膜応用, 第52回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2017.03.
44. 仲村渠翔,河原憲治,内田勇気,山崎重人,光原昌寿,吾郷浩樹, 二次元積層系のための均一な多層h-BNの大面積成長, 第52回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2017.03.
45. S. Nakandakari, P. Solis Fernandez, A. Sukma, Aji,H. Ago, Graphene-Based Flexible Strain Sensors, 18th CSS-EEST, 2016.12.
46. H. Ago, Y. Takesaki, K. Kawahara, H. Hibino, S. Okada, M. Tsuji, Highly uniform bilayer graphene on epitaxial Cu-Ni(111) alloy, 7th A3 Symposium on Emerging Materials: Nanomaterials for Electronics, Energy and Environment, 2016.11.
47. D. Dong, P. Solis Fernandez, H. Hibino, H. Ago, Spatially controlled nucleation of multi-layer-free single-crystalline graphene on Cu foil, 7th A3 Symposium on Emerging Materials: Nanomaterials for Electronics, Energy and Environment, 2016.10.
48. H. Kinoshita, K. Kawahara, Y. Terao, H. Ago, Intercalation of FeCl3 into CVD-grown bilayer graphene, 7th A3 Symposium on Emerging Materials: Nanomaterials for Electronics, Energy and Environment, 2016.10.
49. H. Ago, Epitaxial Growth of Graphene and Related 2D Materials for Electronic Applications, The 6th NIMS-UR1-CNRS-SG Workshop, 2016.10.
50. 吾郷浩樹, 二次元原子膜のCVD成長とそのフロンティア, 第7回 分子アーキテクトニクス研究会, 2016.10.
51. 内田勇気, 祝迫佑, 水野清義, 辻正治, 吾郷浩樹, 六方晶窒化ホウ素の原子膜のエピタキシャルCVD成長, 第7回 分子アーキテクトニクス研究会, 2016.10.
52. 仲村渠翔,P. Solís Fernández, A. Sukma, Aji,吾郷浩樹, グラフェンのフレキシブル歪みセンサーへの応用, 第7回 分子アーキテクトニクス研究会, 2016.10.
53. 木下博貴,河原憲治,吾郷浩樹, CVD成長した二層グラフェンへのFeCl3のインターカレーション, 第7回 分子アーキテクトニクス研究会, 2016.10.
54. 椎葉俊明,A. Sukma, Aji,吾郷浩樹, 金属薄膜の硫化によるMoS2原子膜の合成と電気伝導特性の評価, 第7回 分子アーキテクトニクス研究会, 2016.10.
55. H. Ago, Synthesis and processing of graphene and related 2D materials for electronic applications, 4th Malaysia 2D Materials and Carbon Nanotube Workshop (2DMC2016), 2016.10.
56. 吾郷浩樹, 二次元物質のCVD成長とそのフロンティア, 第77回 応用物理学会秋季学術講演会 シンポジウム「機能性原子薄膜材料の新展開-成膜技術-」, 2016.09.
57. H. Kinoshita,K. Kawahara,H. Ago, Intercalation in Large-Area Bilayer Graphene, KJF-ICOMEP 2016, 2016.09.
58. 吾郷浩樹, 高度に制御されたグラフェンのCVD成長とヘテロ構造への展開, 学振167委員会(ナノプローブテクノロジー)研究会 「二次元層状物質の新展開」, 2016.07.
59. H. Ago, Vertical and In-Plane Heterostructures of Graphene and MoS2, IUMRS-IECM2016 (IUMRS International Conference on Electronic Materials), 2016.03.
60. 吾郷浩樹, グラント申請と二次元材料の紹介, 九州大学工学部機械系 FD, 2016.06.
61. 内田勇気, 祝迫佑, 水野清義, 辻正治, 吾郷浩樹, 六方晶窒化ホウ素の原子膜のエピタキシャルCVD成長, 九州薄膜表面研究会, 2016.06.
62. A. Sukma Aji, T. Shiiba, K. Fukuda, H. Ago, All two-dimensional transparent and flexible transistor based on WS2 and few-layer graphene, Graphene 2016, 2016.04.
63. 吾郷浩樹, 熱CVD法によるグラフェンなどの二次元原子薄膜の創製とその成長メカニズム, 資源・素材学会 平成28年度春季大会, 2016.03.
64. A. Sukma Aji,椎葉俊明,福田憲二郎,吾郷浩樹, Single-layer WS2 phototransistor with multi-layer graphene electrodes on a flexible parylene substrate, 第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016.03.
65. 木下博貴,河原憲治,吾郷浩樹, CVD成長した二層グラフェンへのFeCl3のインターカレーション, 第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016.03.
66. 仲村渠翔,P. Solís Fernández, A. Sukma, Aji,吾郷浩樹, グラフェンのフレキシブル歪みセンサーへの応用, 第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016.03.
67. 深町悟,遠藤寛子,R. M. Yunus,辻正治,吾郷浩樹, TMDCによる多結晶グラフェンのグレイン構造の可視化, 第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016.03.
68. 嶋本大祐、服部真史、吾郷浩樹、辻正治, AgPd@Pd/TiO2 触媒を用いたギ酸分解による水素生成における UV-Vis 光照射の効果, 第63回応用物理学会春季学術講演会, 2016.03.
69. 吾郷浩樹, グラフェン  ― CVD成長と評価、そして応用 ―, 第50回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2016.02.
70. A. Sukma Aji,椎葉俊明,福田憲二郎,吾郷浩樹, Extremely thin and flexible single-layer WS2 phototransistors, 第50回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2016.02.
71. D. Ding,R. M. Yunus,P. Solís Fernández, 吾郷浩樹, Growth of large-grain graphene and the role of oxygen, 第50回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2016.02.
72. 吾郷浩樹, グラフェンからはじまる二次元材料の新たな世界, ナノテク展2016 ナノ学会シンポジウム, 2016.12.
73. H. Ago, ”Exploring the growth of graphene and related 2D materials for electronic applications, Pacifichem2015 (Carbon Nanotubes: Preparation, Characterization and Applications), 2015.12.
74. H. Ago, Epitaxial CVD Growth of High-Quality Graphene and Recent Development of 2D Heterostructures, IEDM 2015 (International Electron Devices Meeting 2015), 2015.12.
75. D. Ding, P. Solís Fernández, H. Ago, Growth mechanism of giant single crystalline graphene over pre-oxidized copper foil, The 6th A3 Symposium on Emerging Materials, 2015.11.
76. Y. Uchida, T. Iwaizako, S. Mizuno, M. Tsuji, H. Ago, CVD growth single-layer hexagonal boron nitride on heteroepitaxial Cu films, The 6th A3 Symposium on Emerging Materials, 2015.11.
77. Y. Shiratsuchi, H. Endo, M. Tsuji, H. Hibino, H. Ago, In-plane heterostructures of graphene and MoS2, The 6th A3 Symposium on Emerging Materials, 2015.11.
78. P. Solís Fernández, M. Tsuji, H. Ago, Gate-tunable doping level of molecular doped graphene, The 6th A3 Symposium on Emerging Materials, 2015.11.
79. H. Ago, H. Endo, Y. Shiratsuchi, R. M. Yunus, S. Fukamachi, P. Solís Fernández, K. Kawahara, K. Yamamoto, M. Tsuji, H. Hibino, Vertical and in-plane heterostructures of graphene and MoS2, The 6th A3 Symposium on Emerging Materials, 2015.11.
80. H. Ago, Exploring the growth of graphene and related 2D materials for electronic applications, 1st EU-Japan Workshop on Graphene and Related 2D Material, 2015.10.
81. R. Mohamad Yunus,遠藤寛子, 辻正治,吾郷浩樹, Vertical heterostructures of MoS2 and graphene nanoribbons by two-step chemical vapor deposition for high-gain photodetectors, 第76回応用物理学会秋季学術講演会, 2015.09.
82. M. Rozan Yunus,遠藤寛子, 辻正治,吾郷浩樹, CVD growth of MoS2-graphene nanoribbon heterostructures and high gain photodetectors, 第49回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2015.09.
83. P. Solis Fernandez,辻正治,吾郷浩樹, Gate-tunable doping level of molecular doped graphene, 第49回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2015.09.
84. 深町悟,R. Mohamad Yunus,遠藤寛子, 日比野浩樹, 辻正治,吾郷浩樹, 遷移金属ダイカルコゲナイドによる多結晶グラフェンのグレイン構造の可視化, 第49回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2015.09.
85. 白土喜博,遠藤寛子, 日比野浩樹, 辻正治,吾郷浩樹, グラフェン-MoS2の面内ヘテロ構造原子, 第49回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム , 2015.09.
86. H. Ago, Exploring the Growth of Graphene and Related 2D Materials for Electronic Applications, 11th International Conference of Pacific Rim Ceramic Societies (PacRim-11), 2015.09.
87. T. Koyama, Y. Ito, K. Yoshida, M. Tsuji, H. Ago, H. Kishida, A. Nakamura, Dynamics of nonequilibrium carriers in monolayer graphene probed by near-infrared photoluminescence, The 16th International Conference on the Science and Applications of Nanotubes (NT15), 2015.06.
88. H. Ago, Y. Ohta, H. Hibino, D. Yoshimura, R. Takizawa, K. Kawahara, M. Tsuji, T. Okajima, H. Mitani, S. Mizuno, Growth dynamics of single-layer graphene on epitaxial Cu surfaces, The 16th International Conference on the Science and Applications of Nanotubes (NT15), 2015.06.
89. 内田勇気,祝迫祐,辻正治,吾郷浩樹, Cu(111)上での窒化ホウ素原子膜のCVD成長とキャラクタリゼーション, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
90. 白土喜博,遠藤寛子,辻正治,日比野浩樹,吾郷浩樹, グラフェン-MoS2面内ヘテロ構造原子膜の創製, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
91. H. Ago, Synthesis, Characterization, and Applications of Single- and Double-Layer Graphene Grown on Epitaxial Metal Films, 227th ECS Meeting, 2015.03.
92. 白土喜博, 遠藤寛子, 河原憲治, 辻 正治, 吾郷 浩樹, グラフェン-MoS2面内ヘテロ原子薄膜の作製と物性, 第62回応用物理学会春季学術講演会 , 2015.03.
93. 祝迫祐, 内田勇気, 辻 正治, 吾郷 浩樹, 単層h-BN膜のCVD成長とMoS2とのヘテロ積層膜の創製, 第62回応用物理学会春季学術講演会 , 2015.03.
94. SOLIS FERNANDEZ PABLO, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Tuning the electronic properties of graphene nanoribbons by chemical functionalization, 第62回応用物理学会春季学術講演会 , 2015.03.
95. 内田勇気, 祝迫祐, 辻 正治, 吾郷 浩樹, CVD synthesis of high-quality h-BN films for heterostructure devices, 第48回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム , 2015.02.
96. 竹崎悠一郎, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Highly uniform bilayer graphene on Cu-Ni alloy films, 第48回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム , 2015.02.
97. 太田勇二郎, 水野 清義, 日比野浩樹, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Growth dynamics of single-layer graphene on epitaxial Cu surfaces, 第48回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2015.02.
98. 吾郷 浩樹, エピタキシャル銅系触媒上でのグラフェンの成長ダイナミクスと層数制御, 第7回 九大グラフェン研究会, 2015.02.
99. 吾郷 浩樹, Exploring the growth of graphene and related 2D materials for electronic applications, The First Joint Symposium of Kyushu University and Yonsei University on Materials Science and Chemical Engineering (SKY-1), 2015.02.
100. R. Mohamad Yunus, 宮下雅大, 辻 正治, 日比野浩樹, 吾郷 浩樹, Direct CVD Growth of Oriented Graphene Nanoribbons on Cu(100) Films, The First Joint Symposium of Kyushu University and Yonsei University on Materials Science and Chemical Engineering (SKY-1), 2015.02.
101. 太田勇二郎, 水野 清義, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Growth dynamics of single-layer graphene on epitaxial Cu surfaces, 2015 IMCE International Symposium, 2015.01.
102. 吾郷 浩樹, 究極的な炭素の原子膜 ーグラフェンー, 九州大学先端医療イノベーションセンター セミナー, 2015.01.
103. 祝迫祐, 内田勇気, Masaharu Tsuji, 吾郷 浩樹, Large scale synthesis of hexagonal boron nitride, 北海道大学電子科学研究所 シンポジウム「響」, 2014.12.
104. 吾郷 浩樹, Exploring the growth of graphene and related 2D materials for electronic applications, 北海道大学電子科学研究所 シンポジウム「響」, 2014.12.
105. 吾郷 浩樹, グラフェンが拓く二次元原子薄膜の世界, 炭素材料学会 第41回年会 次世代の会, 2014.12.
106. 吾郷 浩樹, グラフェンのエピタキシャルCVD成長とその展開, 九州大学⾼等研究院・九州先端科学技術研究所(ISIT)研究交流会, 2014.12.
107. 小川友以, L. Brown, C.-J. Kim, 辻 正治, 吾郷 浩樹, J. Park, Ultra flat CVD‐grown graphene for stacking method, MRS Fall Meeting 2014, 2014.12.
108. R. M. Yunus, 宮下雅大, 辻 正治, 日比野浩樹, 吾郷 浩樹, Direct CVD Growth of Oriented Graphene Nanoribbons over Heteroepitaxial Cu Films, MRS Fall Meeting 2014, 2014.12.
109. 太田勇二郎, 水野 清義, 日比野浩樹, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Growth Dynamics of Single-Layer Graphene on Epitaxial Cu Surfaces, 27th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2014), 2014.11.
110. 竹崎悠一郎, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Controlling the Number of Layers of CVD Graphene Using Binary Metal Films, 27th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2014), 2014.11.
111. 吾郷 浩樹, Controlled Growth and Growth Mechanism of Graphene on Epitaxial Cu Films, 2014 A3 Symposium of Emerging Materials: Nanomaterials for Energy and Environments , 2014.10.
112. 吾郷 浩樹, 究極的な原子膜 グラフェンの単結晶成長に向けて, 第4回CSJ化学フェスタ2014「ナノカーボン -未来を豊かにする技術の集い!-」, 2014.10.
113. 吾郷 浩樹, 二次元材料の合成と応用, Emerging Research Materials(ERM)ロードマップ委員会, 2014.09.
114. 太田勇二郎, 水野 清義, 日比野浩樹, 辻 正治, 吾郷 浩樹, 銅表面におけるグラフェン成長のダイナミックス, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 2014.09.
115. 竹崎悠一郎, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Cu-Ni薄膜を用いた二層グラフェンの選択成長とそのメカニズム, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 2014.09.
116. 吾郷 浩樹, Epitaxial Growth and Electronic Properties of Large Hexagonal Graphene Domains on Cu(111) Thin Film, 第75回応用物理学会秋季学術講演会, 2014.09.
117. 吾郷 浩樹, グラフェンのCVD成長と最近の展開, 日本物理学会2014年秋季大会 シンポジウム「原子層科学の現状と未来:物理、化学、工学への展開」, 2014.09.
118. 吾郷 浩樹, グラフェンをはじめとした二次元原子膜のCVD成長, 表面科学会研究会 「原子膜研究の最前線」, 2014.07.
119. 吾郷 浩樹, CVD growth and characterization of graphene and related 2D materials, NIMS MANAセミナー, 2014.06.
120. 吾郷 浩樹, 高品質グラフェンのCVD成長と その展開, 附置研究所間アライアンス 平成25年度成果報告会, 2014.05.
121. 吾郷 浩樹, Graphene and its Nanostructures: Epitaxial CVD Growth, Processing, and Challenges, 信州大学 2014 CEES Special Lecture, 2014.04.
122. 吾郷 浩樹, 究極の原子シート、グラフェン:CVD成長と構造制御, 日本学術振興会第131委員会研究会第270回研究会「やわらかい薄膜デバイス:ナノカーボン/フレキシブル」, 2014.04.
123. 吾郷 浩樹, エレクトロニクス応用を目指した高品質グラフェンの触媒成長, 日本化学会春季年会 中長期テーマシンポジウム 「エレクトロニクスの新パラダイム-二次元機能性薄膜を基軸とする超低消費電力デバイスの開発-」, 2014.03.
124. 吾郷 浩樹, グラフェンのCVD成長とその展開, 岡山大学「グラフェンを「作る・測る・使う」技術開発の将来」研究会, 2014.03.
125. 若生洋由希, 菅原健太, 栗田祐記, 川崎鉄哉, 渡辺隆之, 佐藤昭, 末光哲也, V. Ryzhii, 河原憲治, 吾郷 浩樹, 尾辻泰一, 光励起グラフェンにおけるテラヘルツ帯増幅自然放出の観測, 第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014.03.
126. 菅原健太, 江藤隆紀, 川崎鉄哉, M. B. Fussin, 若生洋由希, 末光哲也, 尾辻泰一, 吾郷 浩樹, 河原憲治, 深田陽一, 可児淳一, 寺田純, 吉本直人, グラフェンチャネルFETを用いたミリ波帯フォトミキシング, 第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014.03.
127. Rozan M. Yunus, Masahiro Miyashita, 辻 正治, 日比野浩樹, 吾郷 浩樹, CVD growth of graphene nanoribbons on Cu (100) film, 第46回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2014.03.
128. SOLIS FERNANDEZ PABLO, BISSETT MARK ALEXANDER, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Controlled doping in densely aligned graphene nanoribbons by covalent functionalization, 第46回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2014.03.
129. 河原憲治, 祝迫佑, 辻 正治, 吾郷 浩樹, ヘテロエピタキシャルCu上でのmmサイズのグラフェングレインのCVD成長, 第46回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2014.03.
130. 吾郷 浩樹, グラフェンのマテリアルサイエンスと将来展望, 島根県産業技術センター 第27回先端科学技術講演会 , 2014.01.
131. Hiroki Ago, Graphene and Its Nanostructures: Epitaxial Growth, Characterization, and Challenges, The 3rd International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis, 2014.01.
132. Hiroki Ago, Graphene and Its Nanostructures: Epitaxial Growth, Characterization, and Challenges, The 3rd International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis, 2014.01.
133. 吾郷 浩樹, グラフェンのマテリアルサイエンスと将来展望, 光産業技術振興協会 2013(平成25)年度 研究交流会 「グリーン/センシングテクノロジーの現状と将来展望」, 2013.12.
134. Shota Tanoue, Kenji Kawahara, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, CVD Growth of bilayer graphene on heteroepitaxial Cu(111) film, CSS-EEST15 (Cross Straits Symposium on Energy and Environmental Science and Technology), 2013.11.
135. 吾郷 浩樹, ナノカーボン(グラフェン、カーボンナノチューブ)の成長機構とその制御, 第42回薄膜・表面物理基礎講座 「薄膜の成長過程の解明と制御:薄膜のナノ構造を自由に制御するために」, 2013.11.
136. 吾郷 浩樹, CVDによる高品質グラフェンの成長とその展開, 応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会新領域研究会 「高気圧・中気圧プラズマを用いたダイヤモンド・グラフェン関連物質のプロセシング」, 2013.11.
137. Hiroki Ago, Top-down and bottom-up production of graphene nanoribbons, 2013 A3 Symposium of Emerging Materials: Nanomaterials for Energy and Environments, 2013.11.
138. M. Z. Nursakinah, Y. Ohno, K. Maehashi, Kenji Kawahara, Hiroki Ago, K. Matsumoto, CVD-synthesized graphene-FET array for biomolecule detection, MNC 2013 (26th International Microprocesses and Nanotechnology Conference), 2013.11.
139. 吾郷 浩樹, グラフェンのCVD成長とその展開, 九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター セミナー, 2013.11.
140. 吾郷 浩樹, グラフェンと関連物質のCVD成長とその展開, 名古屋大学応用物理学教室 「物性談話会」, 2013.11.
141. 吾郷 浩樹, グラフェンのエピタキシャルCVD成長とドメイン構造, 日本物理学会年次大会 領域9シンポジウム「二次元物質の成長過程」, 2013.09.
142. Hiroki Ago, Kenji Kawahara, Yui Ogawa, Shota Tanoue, MARK ALEXANDER BISSETT, Masaharu Tsuji, Hidetsugu Sakaguchi, R. J. Koch, F. Fromm, T. Seyller, Katsuyoshi Komatsu, Kazuhito Tsukagoshi, Epitaxial growth and electronic properties of large hexagonal graphene domains on Cu(111) thin film, SSDM2013 (International Conference on Solid State Devices and Materials), 2013.09.
143. Yui Ogawa, Kenji Kawahara, Masahiro Miyashita, Masaharu Tsuji, Katsuyoshi Komatsu, Kazuhito Tsukagoshi, Hiroki Ago, Transport properties and defects at the intersection of CVD graphene domains, SSDM2013 (International Conference on Solid State Devices and Materials), 2013.09.
144. MARK ALEXANDER BISSETT, Susumu Okada, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, Strain enhanced chemical reactivity of graphene, 2013 JSAP-MRS Joint Symposia, 2013.09.
145. Yui Ogawa, T. Niu, S. L. Wong, Masaharu Tsuji, C. Wei, Hiroki Ago, Self-sssembly of phthalocyanine molecules on CVD graphene, 2013 JSAP-MRS Joint Symposia, 2013.09.
146. Rozan M. Yunus, Masahiro Miyashita, Masaharu Tsuji, Hiroki Hibino, Hiroki Ago, CVD growth of graphene nanoribbons on heteroepitaxial metal films, 2013 JSAP-MRS Joint Symposia, 2013.09.
147. Shota Tanoue, Kenji Kawahara, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, CVD Growth of bernal stacked bilayer graphene on heteroepitaxial Cu(111) film, 2013 JSAP-MRS Joint Symposia, 2013.09.
148. Hiroki Ago, Graphene and nanoribbons: epitaxial CVD growth, processing, and applications, 2013 JSAP-MRS Joint Symposia, 2013.09.
149. 竹崎悠一郎, 辻 正治, 吾郷 浩樹, 二成分金属触媒を用いたグラフェンの層数制御, 2013年秋季 第74回 応用物理学会学術講演会, 2013.09.
150. BISSETT MARK ALEXANDER, 小鍋哲, 岡田晋, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Effect of strain on chemical reactions on flexible graphene substrates, 2013年秋季 第74回 応用物理学会学術講演会, 2013.09.
151. MARK ALEXANDER BISSETT, Satoshi Konabe, Susumu Okada, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, Modifying of chemical reactivity of graphene by mechanical strain, Recent Progress on Graphene Research (RPGR2013), 2013.09.
152. H. Sugiyama, T. Watanabe, Y. Kurita, A. Satou, Kenji Kawahara, Hiroki Ago, V. Ryzhii, T. Otsuji, Observation of spontaneous terahertz emission from optically pumped graphene, Recent Progress on Graphene Research (RPGR2013), 2013.09.
153. Yui Ogawa, T. Niu, S. L. Wong, Masaharu Tsuji, C. Wei, Hiroki Ago, Self-sssembly of polar phthalocyanine molecules on CVD graphene, Recent Progress on Graphene Research (RPGR2013), 2013.09.
154. SOLIS FERNANDEZ PABLO, Kazuma Yoshida, Yui Ogawa, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, Densely packed and highly aligned graphene nanoribbons produced by substrate-controlled metal-assisted etching of graphene, Recent Progress on Graphene Research (RPGR2013), 2013.09.
155. BISSETT MARK ALEXANDER, 小鍋哲, 岡田晋, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Tuning the chemical reactivity of graphene by mechanical strain, 第45回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2013.08.
156. 竹崎悠一郎, 辻 正治, 吾郷 浩樹, 二成分金属触媒によるグラフェンの層数制御, 第45回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2013.08.
157. 吾郷 浩樹, グラフェンのCVD成長とさらなる展開へ, 第3回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン若手研究会, 2014.08.
158. 吾郷 浩樹, ナノカーボンのCVD成長:CVD成長の基礎から最先端まで, 筑波大学 数理物質科学研究科 セミナー, 2013.07.
159. Hiroki Ago, Epitaxial CVD growth of graphene: growth mechanism, nanofabrication, and properties, 20th International Workshop on Active-Matrix Flat Displays and Devices (20th AM-FPD-13), 2013.07.
160. Yui Ogawa, Kenji Kawahara, Masahiro Miyashita, Masaharu Tsuji, Katsuyoshi Komatsu, Kazuhito Tsukagoshi, Hiroki Ago, Study on Domain Boundaries of Merged Hexagonal Domains in CVD Graphene, International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT2013), 2013.07.
161. Hiroki Ago, Graphene: epitaxial CVD growth, nanofabrication, and properties, 1st Conference (Kick-Off conference) of SANKEN Core to Core Program, 2013.06.
162. 吾郷 浩樹, グラフェンのエピタキシャルCVD成長とその展開, カーボンナノ材料研究会(大阪科学技術センター), 2013.06.
163. 吾郷 浩樹, グラフェンのエピタキシャルCVD成長とその展開, CVD反応分科会 第19回シンポジウム「薄膜成長における構造の形成と制御」, 2013.05.
164. SOLIS FERNANDEZ PABLO, Yasumichi Kayo, Kazuma Yoshida, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, Synthesis of densely aligned graphene nanoribbons produced by metal-assisted etching, International Symposium on Compound Semiconductors 2013 (ISCS2013), 2013.05.
165. Hiroki Ago, Kenji Kawahara, Yui Ogawa, Masaharu Tsuji, Katsuyoshi Komatsu, Kazuhito Tsukagoshi, Epitaxial growth and transport study of large hexagonal graphene domains grown on heteroepitaxial Cu films, International Symposium on Compound Semiconductors 2013 (ISCS2013), 2013.05.
166. 日比野浩樹, 影島愽之, 河原憲治, Hiroki Ago, SiC グラフェン上にCVD グラフェンを転写して作製した2層グラフェンの構造解析, 第60回応用物理学会春季学術講演会, 2013.03.
167. Zhenyao Tang, 吾郷 浩樹, 河原憲治, 仕幸英治, 安藤裕一郎, 新庄輝也, 白石誠司, Investigation of spin transport in single-layer graphene by using a dynamical method, 第60回応用物理学会春季学術講演会, 2013.03.
168. M. Z. Nursakinah, 大野恭秀, 岡本翔伍, 前橋兼三, 河原憲治, 吾郷 浩樹, 松本和彦, CVD合成グラフェンを用いたセンサーアレー, 第60回応用物理学会春季学術講演会, 2013.03.
169. 吾郷 浩樹, 宮下雅大, 田中伊豆美, 小川友以, 辻 正治, ヘテロエピタキシャル金属を用いた単層グラフェンナノリボンの触媒成長, 第60回応用物理学会春季学術講演会, 2013.03.
170. 小川友以, 河原憲治, 宮下雅大, Masaharu Tsuji, 小松克伊, 塚越一仁, Hiroki Ago, エピタキシャルCVDグラフェンにおけるドメイン境界の特性評価, 第60回応用物理学会春季学術講演会, 2013.03.
171. MARK ALEXANDER BISSETT, Wataru Izumida, Riichiro Saito, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, Investigation of mechanical strain of graphene by Raman spectroscopy, 第60回応用物理学会春季学術講演会, 2013.03.
172. SOLIS FERNANDEZ PABLO, 嘉陽安理, 吉田和真, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Large-area synthesis of densely aligned graphene nanoribbons by metal-assisted etching, 第60回応用物理学会春季学術講演会, 2013.03.
173. 増田竜也, 辻 正治, 吾郷 浩樹, 野田優, 基板対向CVD法によるCu上でのグラフェンの指向性成長, 第44回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2013.03.
174. 小川友以, 河原憲治, 宮下雅大, 辻 正治, 小松克伊, 塚越一仁, 奥村 泰志, CVDグラフェンにおけるドメイン間のキャリア輸送特性, 第44回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2013.03.
175. 嘉陽安理, SOLIS FERNANDEZ PABLO, 吉田和真, 辻 正治, 吾郷 浩樹, 触媒カッティングを用いた高密度グラフェンナノリボンの作製, 第44回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2013.03.
176. BISSETT MARK ALEXANDER, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Raman spectroscopy of mechanically strained chemically functionalized graphene, 第44回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2013.03.
177. GE WANYIN, 河原憲治, 辻 正治, 吾郷 浩樹, CVDグラフェン上での方向制御されたNbS2ナノシートの合成, 第44回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2013.03.
178. 田上翔太, 河原憲治, 辻 正治, 吾郷 浩樹, ヘテロエピタキシャルCu(111)上でのBernal積層した二層グラフェンのCVD成長, 第44回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2013.03.
179. 吾郷 浩樹, グラフェンの触媒成長におけるドメイン構造の観察と高次制御, ナノテク産業化基盤技術の有効利用および高度化と融合を目指した研究会2013, 2013.03.
180. 吾郷 浩樹, グラフェンのマテリアルサイエンスと将来展望, 第7回フォトニクスポリマー研究会講座, 2013.03.
181. 小川友以, K. Kawahar, M. Miyashita, 辻 正治, K. Komatsu, K. Tsukagoshi, 吾郷 浩樹, Transport property of interface between domains in epitaxial CVD graphene, MANA International Symposium 2013, 2013.02.
182. 吾郷 浩樹, ナノカーボンが拓く新たなエレクトロニクスの可能性, 長崎総合科学大学大学院 新技術創製研究所 第10回公開講演会 「21世紀の科学技術 ~先端デバイスから医・食工学に向けて」, 2013.02.
183. 吾郷 浩樹, グラフェンの成長制御と加工プロセスを通じたカーボンエレクトロニクスへの展開, 九州大学高等研究院 若手研究者交流ワークショップ, 2013.01.
184. BISSETT MARK ALEXANDER, 吾郷 浩樹, Raman spectroscopy of mechanically strained and chemically functionalised graphene, 第5回九大グラフェン研究会, 2013.01.
185. 小川友以, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, 単層グラフェンのCVD成長とそのドメイン構造, 2012年度 総理工セミナー in Tokyo, 2012.12.
186. 吾郷 浩樹, グラフェンのエピタキシャルCVD成長とその展開, 平成24年度 物質機能化学領域部会 第1回研究集会, 2012.11.
187. MARK ALEXANDER BISSETT, Wataru Izumida, Riichiro Saito, Hiroki Ago, Anomalous Raman Behavior of CVD Grown Graphene under Strain, MRS 2012 Fall Meeting, 2012.11.
188. 小川友以, Kenji Kawahara, Masahiro Miyashita, Masaharu Tsuji, Hiroki Ago, Study on Interface between Graphene Domains Grown by Ambient-pressure CVD, MRS 2012 Fall Meeting, 2012.11.
189. Hiroki Ago, Epitaxial CVD growth of graphene, The 6th International Workshop on Advanced Materials Science and Nanotechnology (IWAMSN 2012), 2012.11.
190. 吾郷 浩樹, グラフェンの単結晶シートのCVD成長に向けて, KRIクライアントコンファレンス&ワークショップ '12 技術のコモディティー化を超えて, 2012.10.
191. Z. Y. Tang, Hiroki Ago, E. Shikoh, Y. Ando, T. Shinjo, M. Shiraishi, Spin-pumping-induced spin injection and spin transport in single layer graphene at room temperature, IUMRS-ICEM 2012 , 2012.09.
192. MARK ALEXANDER BISSETT, Wataru Izumida, Riichiro Saito, Hiroki Ago, Investigation of biaxial strain on chemically functionalized graphene, IUMRS-ICEM 2012 , 2012.09.
193. Hiroki Ago, Towards single-crystalline graphene by catalytic CVD, IUMRS-ICEM 2012 , 2012.09.
194. 赤瀬善太郎, 進藤大輔, 小川友以, Hiroki Ago, グラフェン転写膜の電子線ホログラフィー観察, 金属学会 2012年秋期(第151回)大会, 2012.09.
195. Zhenyao Tan, 吾郷 浩樹, 河原憲冶, 仕幸英治, 安藤裕一郎, 新庄輝也, 白石誠司, Spin-pumping-induced spin transport in single layer graphene, 2012年秋季 第73回 応用物理学会学術講演会, 2012.09.
196. 小川友以, 辻 正治, 吾郷 浩樹, 電子線レジストによるCVDグラフェンへのホールドーピング, 第43回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2012.09.
197. 小川友以, 河原憲治, 宮下雅大, 辻 正治, 吾郷 浩樹, Cu上の六角形グラフェンのドメイン境界の評価, 第43回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2012.09.
198. Mark A. Bissett, 泉田渉, 齋藤理一郎, 吾郷 浩樹, Effect of mechanical strain on polycrystalline graphene, 第43回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2012.09.
199. 吾郷 浩樹, グラフェンのエピタキシャルCVD成長, 第43回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2012.09.
200. 吾郷 浩樹, エレクトロニクス応用に向けたグラフェンとナノチューブの創製, 2012年日本液晶学会講演会, 2012.09.
201. 吾郷 浩樹, エレクトロニクス応用に向けたナノカーボンのCVD成長, CVD研究会, 2012.08.
202. Hiroki Ago, Epitaxial CVD growth of graphene, KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics 2012, 2012.09.
203. 吾郷 浩樹, グラフェンのCVD成長 -成長メカニズムと単結晶化に向けて-, つくばグリーンイノベーションフォーラム講演会 「グラフェンの材料開発に向けた基礎と応用」, 2012.08.
204. Hiroki Ago, Single- and Double-Layer Graphene on Heteroepitaxial Metal Films, icsfs 16 (International Conference on Solid Films and Surfaces), 2012.07.
205. 宮下雅大, 小川友以, 河原憲治, 辻 正治, 吾郷 浩樹, CVDによるグラフェンリボンの直接成長, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
206. Hiroki Ago, Yui Ogawa, Masaharu Tsuji, Research Collaboration Report: Surface Science in CVD Graphene, 1st NUS-IMCE International Workshop, 2012.06.
207. H. Ago, Growth Mechanism and Structure Control of Graphene for Future Carbon Electronics, imec・Handai International Symposium 2012, 2012.06.
208. 吾郷浩樹, 高品質グラフェンのエピタキシャル成長
, 附置研究所間アライアンス ナノとマイクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト 平成23年度成果報告会, 2012.04.
209. 吾郷浩樹, 高品質グラフェンのエピタキシャル成長
, 附置研究所間アライアンス ナノとマイクロをつなぐ物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト 平成23年度成果報告会, 2012.04.
210. 小山剛史,伊藤由人,吉田和真,吾郷浩樹,中村新男, グラフェンのフェムト秒発光ダイナミクス, 物理学会2012年 年次大会, 2012.03.
211. 河原憲治,田上翔太,小川友以,辻正治,吾郷浩樹, ヘテロエピタキシャル銅薄膜上での単層グラフェンの成長-大ドメイン化と成長メカニズム-, 2012年春季 第59回応用物理学関係連合講演会, 2012.03.
212. 小川友以,胡宝山,C. M. Orofeo,辻正治,池田賢一,水野清義,日比野浩樹,吾郷浩樹, ドメイン構造の異なるCVDグラフェンの成長とその特性, 2012年春季 第59回応用物理学関係連合講演会, 2012.03.
213. 吉田和真,辻正治,吾郷浩樹, 高温下でのグラフェンと金属ナノ粒子の反応: 異方性エッチングとカーボンナノファイバー成長, 第42回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 2012.03.
214. 吾郷浩樹, ヘテロエピタキシャルCu膜上に成長した単層グラフェンのドメイン構造と物性, 九大応力研主催 「九大グラフェン研究会」, 2012.01.
215. H. Ago, Controlled growth of graphene and nanotubes for future carbon electronics, National University of Singapore, Department of Chemistry, Seminar, 2012.01.
216. 吾郷浩樹, エレクトロニクス応用に向けたナノカーボンの創製, 東レ㈱ ナノテクシンポジウム, 2011.12.
217. Y. Ogawa, H. Ago, B. Hu, M. Tsuji, K. Ikeda, S. Mizuno, H. Hibino, Crystalline plane-dependent domain structure of graphene over hetero-epitaxial Cu films, MRS 2011 Fall Meeting, 2011.11.
218. 近藤一彩、Carlo M. Orofeo、吾郷浩樹、水野清義, 大気圧CVDによりCu薄膜上に合成したグラフェンの低速電子回折による構造解析, 平成23年度応用物理学会九州支部学術講演会, 2011.11.
219. K. Yoshida, M. Tsuji, H. Ago, Metal-catalyzed anisotropic etching of CVD-grown graphene, CSS13 (The 13th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences), 2011.11.
220. Y. Ogawa, B. Hu, C. M. Orofeo, M. Tsuji, K. Ikeda, S. Mizuno, H. Hibino, H. Ago, Crystalline plane-dependent domain structure of graphene over hetero-epitaxial Cu films, CSS13 (The 13th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences), 2011.11.
221. 吾郷浩樹, 高品質・大面積化を目指したグラフェンのCVD成長, 炭素材料学会 炭素材料セミナー「一日で分かるグラフェン」, 2011.10.
222. H. Ago, T. Ayagaki, Y. Ogawa, M. Tsuji, Ultra-high vacuum-assisted control of metal nanoparticles for horizontally-aligned carbon nanotubes with uniform diameter, International Workshop on Quantum Nanostructures and Nanoelectronics (QNN 2011), 2011.10.
223. K. Yoshida, H. Ago. M. Tsuji, Metal-catalyzed anisotropic etching of CVD-grown graphene, International Workshop on Quantum Nanostructures and Nanoelectronics (QNN 2011), 2011.10.
224. H. Ago, CVD growth for extremely high-quality graphene: epitaxial growth, domain structure, and transport property, International Workshop on Quantum Nanostructures and Nanoelectronics (QNN 2011), 2011.10.
225. H. Ago, C. M. Orofeo, Y. Ogawa, B, Hu, Y. Ito, K. Kawahara, M. Tsuji, K. Ikeda, S. Mizuno, H. Hibino, Epitaxial CVD growth of graphene and influence of domain structure on transport property, SSDM2011(International Conference on Solid State Devices and Materials), 2011.09.
226. H. Ago, Recent advances in growth and characterization of graphene and nanotubes
, SSDM2011(International Conference on Solid State Devices and Materials) Short Course "Fundamental and applications of carbon nanotube and graphene", 2011.09.
227. K. Yoshida, H. Ago, M. Tsuji, Metal-catalyzed anisotropic etching of CVD-grown graphene, The 3rd Asian Symposium on Advanced Materials (ASAM-3), 2011.09.
228. 吾郷浩樹, エレクトロニクス応用に向けたナノカーボンの創製, 第2回 有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を拓く若手研究者討論会(M&BE分科会主催), 2011.09.
229. 嘉陽安理,吾郷浩樹,辻 正治, スクラッチ法による高密度配向SWNT成長とメタン濃度依存性, 第41回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2011.09.
230. 小川友以,吾郷浩樹,胡 宝山,辻 正治,池田 賢一,水野 清義,日比野 浩樹, ヘテロエピタキシャルCu膜上に成長させたCVDグラフェンのドメイン構造, 第41回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2011.09.
231. 小川友以,吾郷浩樹,胡 宝山,辻 正治,池田 賢一,水野 清義,日比野 浩樹, Cuの結晶面に依存したCVDグラフェンのドメイン構造, 2011年秋季 第72回 応用物理学会学術講演会, 2011.09.
232. C. M. Orofeo,吾郷浩樹,B. Hu,伊藤由人,辻正治, アモルファス炭素からの大面積で均一な単層グラフェンの合成, 2011年秋季 第72回 応用物理学会学術講演会, 2011.09.
233. 吾郷浩樹,綾垣喬史,小川友以,辻正治, 均一な直径を有する水平配向単層カーボンナノチューブの成長, 2011年秋季 第72回 応用物理学会学術講演会, 2011.09.
234. 吾郷浩樹, ヘテロエピタキシャル触媒上での単層グラフェンの大気圧CVD成長, 2011年秋季 第72回 応用物理学会学術講演会 シンポジウム「グラフェンエピタキシーの現状と将来展望」, 2011.08.
235. H. Ago, CVD-grown graphene: epitaxial growth, domain structure, and transport property, Carbon Materials for Energy Devices and Environmental Protections (CSE2011), 2011.11.
236. H. Ago, T. Ayagaki, Y. Ogawa, M. Tsuji, Ultra-high vacuum-assisted control of metal nanoparticles for horizontally-aligned single-walled carbon nanotubes with uniform diameter, International Conference on the Science and Application of Nanotubes (NT11), 2011.07.
237. H. Ago, Y. Ito, B. Hu, Y. Ogawa, C. M. Orofeo, K. Kawahara, M. Tsuji, K. Ikeda, S. Mizuno, H. Hibino, Epitaxial CVD growth of single-layer graphene over metal films crystallized on sapphire and MgO, International Conference on the Science and Application of Nanotubes (NT11), 2011.07.
238. 吾郷浩樹, グラフェンとナノチューブの エピタキシャルCVD成長とその展開, ニューカーボンフォーラム/炭素資源教育研究センター 「産学交流会」, 2011.07.
239. Y. Ogawa, H. Ago, B. Hu, M. Tsuji, K. Ikeda, S. Mizuno, H. Hibino, Crystalline plane-dependent growth of single layer graphene over Cu films, 7th International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences-Green Materials for Sustainable Society -, 2011.06.
240. 林浩之,河野正道,吾郷浩樹,生田竜也,西山貴史,高橋厚史, 顕微ラマン分光解析を組み合わせたSWNT 一本の伝導率の測定法, 日本伝熱学会創立50 周年記念 第48回日本伝熱シンポジウム, 2011.06.
241. 吾郷浩樹, 単層グラフェンのエピタキシャルCVD成長, SEMI Forum Japan 2011 応用物理学会関西支部主催セミナー 「-グラフェン研究の最前線 -」, 2011.06.
242. 吾郷浩樹, グラフェンの合成と電気・電子素子への応用, 日本学術振興会 第153委員会 第101回定例研究会, 2011.05.
243. C. M. Orofeo, H.Ago, Y. Ito, M. Tsuji, Facile synthesis of large-area homogenous graphene films on cobalt and nickel, MRS 2011 Spring Meeting, 2011.04.
244. 吾郷浩樹, 単層グラフェンのエピタキシャルCVD成長, 2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会 シンポジウム「グラフェンエピタキシーの現状と将来展望」, 2011.03.
245. 吾郷浩樹, ナノエレクトロニクスを目指したグラフェンと単層ナノチューブの成長制御, 九州シンクロトロン光研究センター SAGA-LSセミナー, 2011.03.
246. 吾郷浩樹,伊藤由人,胡宝山,C. M. Orofeo,辻正治,水田典章,池田賢一,水野清義, サファイア上で結晶化した金属触媒上での単層グラフェンのエピタキシャルCVD成長, 第40回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2011.03.
247. 小川友以,吾郷浩樹,辻正治, 結晶性Coナノ粒子のエピタキシャル成長とナノチューブ触媒への応用, 第40回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2011.03.
248. 綾垣喬史,吾郷浩樹,辻正治, 炭素源および成長温度が水平配向単層カーボンナノチューブの直径に与える影響, 第40回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2011.03.
249. 吾郷浩樹, エピタキシャル金属薄膜上での単層グラフェンの大気圧CVD成長, 九大応力研主催 「九大グラフェン研究会」, 2011.02.
250. 吾郷浩樹, SWNTの電子構造/カイラリティ制御に向けた精密合成法の探索, JSTさきがけ 3研究領域合同報告会, 2011.01.
251. 吾郷浩樹, CVDによるグラフェンの成長制御, ナノカーボン物質の基礎と応用:現状と展望に関する若手研究会, 2010.12.
252. B. Hu, H. Ago, Y. Ito, M. Tsuji, N. Mizuta, S. Mizuno, Temperature-dependent growth of monolayer graphene on epitaxial Cu film, MRS 2010 Fall Meeting, 2010.12.
253. H. Ago, Y. Ito, B. Hu, M. Tsuji, N. Mizuta, S. Mizuno, Epitaxial Epitaxial Growth of Single-layer Graphene over Crystalline Metal Films Deposited on Sapphire, MRS 2010 Fall Meeting, 2010.11.
254. 水田典章,伊藤由人,胡宝山,吾郷浩樹,水野清義, 単結晶CuおよびCo薄膜上に合成したグラフェンのLEEDによる構造解析, 平成22年度応用物理学会九州支部学術講演会, 2010.11.
255. Y. Ogawa, H. Ago, M. Tsuji, Epitaxial growth of faceted Co nanoparticles and their application to carbon nanotube growth, Carbon Materials for Energy Devices and Environmental Protections (CSE2010), 2010.11.
256. B. Hu, H. Ago, Y. Ito, M. Tsuji, Atmospheric synthesis of monolayer graphene over epitaxial Cu(111) film, Carbon Materials for Energy Devices and Environmental Protections (CSE2010), 2010.11.
257. H. Ago, Y. Ito, B. Hu, M. Tsuji, N. Mizuta, K. Ikeda, S. Mizuno, Epitaxial growth of single-layer graphene over metal films crystallized on sapphire, Carbon Materials for Energy Devices and Environmental Protections (CSE2010), 2010.11.
258. 吾郷浩樹, エレクトロニクス応用を目指したグラフェンとナノチューブの成長制御, 豊田中央研究所講演会, 2010.11.
259. J. Onoda, S. Mizuno, H. Ago, Atomically sharp field-emission tip sharpened by field-assisted H2O etching, CSS12 (The 12th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences), 2010.11.
260. C. M. Orofeo, H. Ago, M. Tsuji, Facile synthesis of large-area monolayer graphene films on epitaxial cobalt and nickel, CSS12 (The 12th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences), 2010.11.
261. J. Suzuki, H. Ago, M. Tsuji, Crystal plane dependence of graphene films grown by CVD, CSS12 (The 12th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences), 2010.11.
262. T. Ayagaki, H. Ago, M. Tsuji, Effects of carbon source and growth temperature on diameter of horizontally-aligned single-walled carbon nanotubes on sapphire, CSS12 (The 12th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences), 2010.11.
263. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブとグラフェンの触媒成長-単結晶基板による高次構造制御-, ニューダイヤモンドフォーラム(NDF) 平成22年度 第2回研究会「カーボン材料の生成プロセスの最前線」, 2010.11.
264. T. Ayagaki, H. Ago, M. Tsuji, Reduction of metal nanoparticle catalyst size for the growth of small-diameter single-walled carbon nanotubes, Global COE International Workshop -6th International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences-, 2010.11.
265. Y. Ogawa, H. Ago, M. Tsuji, Epitaxial growth of faceted Co nanoparticles and their application to carbon nanotube growth, Global COE International Workshop -6th International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences-, 2010.11.
266. 福井宗利,吾郷浩樹,布施潤一,今本健太,西徹志,辻正治,奈良安彦, 水平配向成長させた単層カーボンナノチューブのナノプロービング解析, 第30回 LSIテスティングシンポジウム, 2010.11.
267. 吾郷浩樹, エレクトロニクス応用を目指したナノカーボンの創製-熱CVDによるカーボンナノチューブとグラフェンの成長と構造制御-, 日本機械学会熱工学コンファレンス2010 プレコンファレンス・セミナー(化学反応と熱利用技術), 2010.10.
268. 吾郷浩樹, グラフェンとカーボンナノチューブの触媒成長 -ナノエレクトロニクス応用を目指して-, 電子情報技術産業協会(JEITA) 「ナノカーボンエレクトロニクス技術分科会」, 2010.10.
269. 吾郷浩樹, エレクトロニクス応用を目指したカーボンナノチューブとグラフェンの触媒成長, 黒鉛化合物研究会, 2010.10.
270. 小野田穣,江口智史A,水野清義,吾郷浩樹, 電界誘起水エッチングにより先鋭化したタングステン電子源の研究, 日本物理学会 2010年秋季大会, 2010.09.
271. 水田典章,伊藤由人,胡宝山,吾郷浩樹,水野清義, 単結晶CuおよびCo薄膜上に合成したグラフェンのLEEDによる研究, 日本物理学会 2010年秋季大会, 2010.09.
272. 小野田穣,水野清義,吾郷浩樹, 電界誘起水エッチングにより作製したタングステン微小電子源, 2010年秋季第70回応用物理学会学術講演会, 2010.09.
273. 伊藤由人,吾郷浩樹,胡宝山,辻正治,水田典章,水野清義, エピタキシャルCo触媒上での単層グラフェンのCVD成長(II), 2010年秋季第70回応用物理学会学術講演会, 2010.09.
274. 胡宝山,吾郷浩樹,伊藤由人,辻正治,水田典章,水野清義, Cu触媒上での単層グラフェンのCVD成長, 2010年秋季第70回応用物理学会学術講演会, 2010.09.
275. 吾郷浩樹,中村由美子,小川友以,辻正治, コンビナトリアル的手法によるサファイア上での配向ナノチューブの高密度成長, 2010年秋季第70回応用物理学会学術講演会, 2010.09.
276. C. M. Orofeo,吾郷浩樹,生田竜也,高橋厚史,辻正治, 異方性エッチングをしたシリコン基板上での単層カーボンナノチューブの水平配向成長, 2010年秋季第70回応用物理学会学術講演会, 2010.09.
277. 胡宝山,吾郷浩樹,伊藤由人,辻正治,馬込栄輔,隅谷和嗣,水田典章,水野清義, エピタキシャルなCu薄膜を用いた単層グラフェンの大気圧CVD成長, 第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2010.09.
278. C. M. Orofeo,吾郷浩樹,生田竜也,高橋厚史,辻正治, 異方性エッチングを施したシリコン基板上での単層カーボンナノチューブの水平配向成長, 第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2010.09.
279. 吾郷浩樹,中村由美子,小川友以,辻正治, コンビナトリアル的触媒堆積法によるサファイア上での水平配向ナノチューブの高密度化, 第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2010.09.
280. 伊藤由人,吾郷浩樹,胡宝山,辻正治,水田典章,水野清義, サファイア上のCo結晶膜を触媒とした単層グラフェンのエピタキシャルCVD成長, 第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2010.09.
281. 鈴木純也,吾郷浩樹,辻正治, グラフェンのCVD成長における結晶面依存性, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
282. 綾垣喬史,吾郷浩樹,辻正治, 低出力スパッタによる金属触媒の微粒子化と水平配向カーボンナノチューブの細径化, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
283. 小川友以,吾郷浩樹,辻正治,山木準一, サファイア上でのCoナノ粒子の結晶成長とナノチューブ触媒への応用, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
284. 伊藤由人,吾郷浩樹,田中伊豆美,辻正治,水田典章,水野清義, エピタキシャル触媒上でのCVDによるグラフェン成長, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
285. H. Ago, Controlled Growth of Carbon Nanotubes and Graphene, The 1st China-Japan Young Scientist Forum, 2010.06.
286. 江口智史、小野田穣、吾郷浩樹、水野清義, 電界誘起ガスエッチングにより先鋭化した針の形状評価, 平成22年度九州表面・真空研究会2010(兼第15回九州薄膜表面研究会), 2010.06.
287. 水田典章、伊藤由人、胡宝山、吾郷浩樹、水野清義, 単結晶遷移金属薄膜上に合成したグラフェンのLEEDによる研究, 平成22年度九州表面・真空研究会2010(兼第15回九州薄膜表面研究会), 2010.06.
288. H. Ago, I. Tanaka, M. Tsuji, K. Ikeda, Catalytic Growth of Rectangular and Triangular Graphene Films over Epitaxial Metal Films, The 37th International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS 2010), 2010.05.
289. B. Hu, H. Ago, N. Yoshihara, M. Tsuji, Effect of water vapor on diameter distribution of SWNTs over Fe/MgO based catalysts, The 37th International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS 2010), 2010.05.
290. Y. Ito, H. Ago, M. Tsuji, N. Mizuta, S. Mizuno, CVD Growth of Graphene over Epitaxial Metal Catalyst, The 37th International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS 2010), 2010.06.
291. H. Ago, T. Nishi, K. Imamoto, N. Ishigami, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Orthogonal Growth of Horizontally-Aligned Single-Walled Carbon Nanotube Arrays on Sapphire, The 37th International Symposium on Compound Semiconductors (ISCS 2010), 2010.06.
292. H. Ago, Controlled Growth of Carbon Nanotubes and Graphene for Future Carbon Electronics, 5大学附置研究所アライアンス「物質・デバイス領域共同研究拠点事業」 拠点発足記念シンポジウム, 2010.03.
293. 小野田穣,水野清義,吾郷浩樹, 電界誘起エッチングにより先鋭化した数nm オーダーの針先端部, 2010年春季第57回 応用物理学関係連合講演会, 2010.03.
294. 吾郷浩樹,西徹志,Carlo M. Orofeo,石神直樹,辻正治,生田竜也,高橋厚史, 単層カーボンナノチューブの二方向への水平配向成長, 2010年春季第57回 応用物理学関係連合講演会, 2010.03.
295. 伊藤由人,吾郷浩樹,辻正治,水野清義, エピタキシャル触媒上でのCVDによるグラフェン成長, 2010年春季第57回 応用物理学関係連合講演会, 2010.03.
296. 吾郷浩樹, エレクトロニクス応用を目指したカーボンナノチューブとグラフェンの成長制御, 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究会(プラズマナノバイオトロニクスの基礎研究 ), 2010.02.
297. H. Ago, I. Tanaka, M. Tsuji, and K. Ikeda, Patterned growth of graphene on epitaxial catalyst, MRS 2009 Fall Meeting, 2009.12.
298. T. Nishi, H. Ago, K. Imamoto, N. Ishigami, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Growth of orthogonal single-walled carbon nanotube arrays on sapphire, MRS 2009 Fall Meeting, 2009.11.
299. C. M. Orofeo, H. Ago, N. Yoshihara, and M. Tsuji, Top-down approach to align single-walled carbon nanotubes on silicon substrate, MRS 2009 Fall Meeting, 2009.11.
300. H. Ago, K. Imamoto, T. Nishi, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, and M. Fukui, Direct growth of bent carbon nanotubes on surface engineered sapphire, MRS 2009 Fall Meeting, 2009.11.
301. T. Ayagaki, H. Ago, N. Ishigami, and M. Tsuji, Diameter-controlled growth of horizontally-aligned carbon nanotubes, The Third International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences (Global COE Symposium), 2009.11.
302. T. Nishi, H. Ago, C. M. Orofeo, and M. Tsuji, Direct growth of orthogonal single-walled carbon nanotube arrays on sapphire, The Third International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences (Global COE Symposium), 2009.11.
303. C. M. Orofeo, H. Ago, N. Yoshihara, and M. Tsuji, Top-down approach to align single-walled carbon nanotubes on silicon substrate, The Third International Symposium on Novel Carbon Resource Sciences (Global COE Symposium), 2009.11.
304. 吾郷浩樹,田中伊豆美,池田賢一,辻正治, 高分子の熱分解によるグラフェン成長, 2009年秋季第70回応用物理学会学術講演会, 2009.09.
305. T. Nishi, H. Ago, C. M. Orofeo, N. Ishigami, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Direct Growth of Orthogonal Single-Walled Carbon Nanotube Arrays, 第37回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2009.09.
306. H. Ago, K. Imamoto, T. Nishi, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, and M. Fukui, Bending Horizontally-Aligned Carbon Nanotubes during Growth, 第37回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2009.09.
307. H. Ago, I. Tanaka, M. Tsuji, K. Ikeda, Catalytic Growth of Graphene over Epitaxial Metal Film, 第37回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2009.09.
308. Hiroki Ago, Controlled synthesis and application of horizontally-aligned carbon nanotubes, Carbon Materials for Energy Devices and Environmental Protections (CSE2009), 2009.08.
309. 綾垣喬史,吾郷浩樹,石神直樹,辻正治, 水平配向カーボンナノチューブの直径制御に関する研究, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
310. 西徹志,吾郷浩樹,今本健太,石神直樹,辻正治, サファイア表面における単層カーボンナノチューブの二方向への配向成長, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
311. Hiroki Ago, Synthesis and application of horizontally aligned single-walled carbon nanotubes, Global COE International Workshop, 2009.06.
312. Hiroki Ago, Growth Mechanism, Characterization, and Structure Control of Aligned Carbon Nanotubes, CNTNE2009 (International Symposium on Carbon Nanotube Nanoelectronics 2009), 2009.06.
313. 吾郷浩樹,C. M. Orofeo,吉原直記,辻正治, トップダウン的手法に基づくシリコンウエハー上での単層ナノチューブの配向成長, 2009年春季第56回応用物理学関係連合講演会, 2009.04.
314. N. Yoshihara, H. Ago, M. Tsuji, Effect of water vapor on structure of single-walled carbon nanotubes, 第36回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2009.03.
315. C. M. Orofeo, H. Ago, N. Yoshihara, M. Tsuji, Top-down approach to align single-walled carbon nanotubes on silicon substrate, 第36回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2009.03.
316. 吾郷浩樹, CNT成長技術-方向制御, nano tech 2009(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議) 富士通/富士通研ブース 「カーボンが創り出すナノエレクトロニクスの世界」, 2009.02.
317. 吾郷浩樹, 単結晶基板上での単層カーボンナノチューブの水平配向成長, 九大応力研ワークショップ 「低次元カーボン系材料の最新動向 -C60,カーボンナノチューブ,グラフェン-」, 2009.01.
318. 吾郷浩樹, エレクトロニクス応用を目指した単層カーボンナノチューブの精密合成, 東北大多元研-九大先導研-北大電子研 合同シンポジウム, 2008.12.
319. H. Ago, Synthesis and Characterization of Horizontally-Aligned Single-Walled Carbon Nanotubes, IUMRS-ICA 2008 (The IUMRS International Conference in Asia 2008), 2008.12.
320. N. Ishigami, H. Ago, T. Nishi, K. Ikeda, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Unidirectional Growth of Single-Walled Carbon Nanotubes on Sapphire, MRS 2008 Fall Meeting, 2008.12.
321. H. Ago, N. Ishigami, N. Yoshihara, T. Nishi, K. Imamoto, C. M Orofeo, K. Ikeda, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, N. Minami, and K. Iakoubovskii, Growth Mechanism, Characterization, and Structure Control of Aligned Carbon Nanotubes on Sapphire, MRS 2008 Fall Meeting, 2008.12.
322. N. Yoshihara, H. Ago, K. Imamoto, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Growth of horizontally aligned single-walled carbon nanotubes on surface modified silicon substrate, 21st International Microprocess and Nanotechnology Conference (MNC2008), 2008.10.
323. 吉原直記,吾郷浩樹,今本健太,辻正治,生田竜也,高橋厚史, 表面処理したシリコン基板上での単層カーボンナノチューブの水平配向成長, 2008年秋季 第69回応用物理学会学術講演会, 2008.09.
324. 石神直樹,吾郷浩樹,西徹志,池田賢一,辻正治,生田竜也,高橋厚史, 単層カーボンナノチューブの一方向成長, 2008年秋季 第69回応用物理学会学術講演会, 2008.09.
325. 吾郷浩樹, 水平配向カーボンナノチューブの新展開, 2008年秋季 第69回応用物理学会学術講演会シンポジウム「カーボンナノチューブ エレクトロニクス」, 2008.09.
326. 吾郷浩樹,田中伊豆美,辻正治,池田賢一,水野清義, Heat-Induced Charge Transfer from Sapphire to Aligned Carbon Nanotubes, 第35回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2008.08.
327. 吉原直記,吾郷浩樹,今本健太,辻正治,生田竜也,高橋厚史, Growth of Horizontally-Aligned Single-Walled Carbon Nanotubes on Surface Modified Silicon Substrate, 第35回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2008.08.
328. 石神直樹,吾郷浩樹,西徹志,池田賢一,辻正治,生田竜也,高橋厚史, Unidirectional Growth of Single-Walled Carbon Nanotubes, 第35回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2008.08.
329. 石神直樹,吾郷浩樹,今本健太,辻正治,生田竜也,高橋厚史,K. Iakoubovskii,南信次, サファイア上で水平配向した単層ナノチューブのカイラリティの結晶面依存性, ナノ学会第6回大会, 2008.05.
330. 吉原 直記,吾郷 浩樹,辻正治, ナノチューブの成長メカニズム -水の添加効果とその化学-, ナノ学会第6回大会, 2008.05.
331. 吾郷浩樹,石神直樹,吉原直記,今本健太,池田賢一,辻正治,生田竜也,高橋厚史, 炭素同位体を用いた単層カーボンナノチューブの水平配向成長の可視化, ナノ学会第6回大会, 2008.05.
332. 吾郷浩樹,石神直樹,今本健太,鈴木朋子,池田賢一,辻正治,生田竜也,高橋厚史, 表面原子配列によってプログラムされた単層カーボンナノチューブの配向成長, ナノ学会第6回大会, 2008.05.
333. 吾郷浩樹, 成長および配向制御 -単結晶表面上での水平配向成長-, 日本物理学会第63回年次大会シンポジウム(カーボンナノチューブ研究・開発における「ブレークスルー」にいま何が必要か?), 2008.03.
334. 彦坂直輝,今村禎允,高橋佳久,吾郷浩樹,岸田英夫,中村新男, 共鳴励起下における二層カーボンナノチューブの非線形光学応答, 日本物理学会第63回年次大会, 2008.03.
335. N. Yoshihara, H. Ago, M. Tsuji, Growth mechanism of carbon nanotubes over gold-supported catalysts, 第34回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2008.03.
336. H. Ago, N. Ishigami, K. Imamoto, N. Yoshihara, T. Suzuki, K. Ikeda, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, K. Iakoubovskiii, and N. Minami, Growth Mechanism and Characterization of Horizontally-Aligned Single-Walled Carbon Nanotubes on Sapphire Surface, International Carbon Nanotube Conference in NU, 2008.02.
337. 吾郷浩樹, サファイア上での単層ナノチューブの水平配向成長 -成長メカニズムとキャラクタリゼーション-, JST領域横断シンポジウム(カーボンナノチューブ・エレクトロニクス), 2008.01.
338. 吾郷浩樹, ナノデバイス作製のためのカーボンナノチューブの水平配向成長技術, 2007産学官技術交流フェア, 2007.11.
339. N. Yoshihara, H. Ago, M. Tsuji, Chemistry of water-assisted CVD growth of single- and double-walled carbon nanotubes, 2007 MRS Fall Meeting, 2007.11.
340. N. Ishigami, H. Ago, K. Imamoto, M. Tsuji, K. Iakoubovskii, N. Minami, Crystal Face Dependence of Chiralities of Horizontally-Aligned SWNTs on Sapphire, 2007 MRS Fall Meeting, 2007.11.
341. N. Yoshihara, H. Ago, M. Tsuji, Growth mechanism of carbon nanotubes over supported catalysts studied by gas analysis, Carbon Materials for Energy Devices and Environmental Protections (CSE2007), 2007.11.
342. K. Imamoto, H. Ago, N. Ishigami, K. Ikeda, and M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Directional Control of Single-Walled Carbon Nanotubes on Surface-Engineered Sapphire, 20th International Microprocess and Nanotechnology Conference (MNC2007), 2007.11.
343. H. Ago, N. Ishigami, K. Imamoto, T. Suzuki, K. Ikeda, and M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Horizontally-Aligned Single-Walled Carbon Nanotubes on Sapphire: Growth Mechanism and Characterization, 20th International Microprocess and Nanotechnology Conference (MNC2007), 2007.11.
344. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブ・ネットワークのエレクトロニクス応用, 第1回カーボンナノチューブ応用研究会, 2007.10.
345. 石神直樹,吾郷浩樹,今本健太,辻正治,K. Iakoubovskii,南信次, サファイア上に配向した単層カーボンナノチューブのキャラクタリゼーション, 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会, 2007.09.
346. 吾郷浩樹,石神直樹,吉原直記,辻正治,生田竜也,高橋厚史, 13C同位体を用いた水平配向ナノチューブの成長メカニズムの解析, 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会, 2007.09.
347. 鈴木朋子,吾郷 浩樹,石神直樹,池田賢一,辻正治,生田竜也,高橋厚史, サファイア上で配向成長した単層カーボンナノチューブの電子輸送特性, 第25回九州コロイドコロキウム, 2007.08.
348. 今本健太,吾郷浩樹,石神直樹,大堂良太,池田賢一,辻正治, サファイア上での単層カーボンナノチューブの配向成長メカニズム― 原子配列とステップの競合 ―, 第25回九州コロイドコロキウム, 2007.08.
349. 白石祐介,吾郷浩樹,吉原直記,辻正治 , 窒素置換した単層カーボンナノチューブの合成と物性評価, 第25回九州コロイドコロキウム, 2007.08.
350. 石神直樹,吾郷浩樹,今本健太,池田 賢一,辻 正治,K. Iakoubovskii,南信次, サファイア上で配向した単層カーボンナノチューブのキャラクタリゼーション, 第25回九州コロイドコロキウム, 2007.08.
351. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの成長とエレクトロニクス・化学への展開, 第25回九州コロイドコロキウム, 2007.08.
352. 吉原直記,吾郷浩樹,辻正治, ナノチューブの成長メカニズム -水の添加効果とその化学ー
北九州
, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
353. 白石祐介,吾郷浩樹,吉原直記,辻正治, 窒素置換した単層カーボンナノチューブの成長と物性評価, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
354. 鈴木朋子,吾郷浩樹,石神直樹,池田賢一,辻正治,生田竜也,高橋厚史 , 配向成長した単層カーボンナノチューブを用いた電界効果型トランジスタの作製と評価, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
355. 今本健太,吾郷浩樹,石神直樹,大堂良太,池田賢一,辻正治, サファイア上での単層カーボンナノチューブの配向成長メカニズム -表面原子配列とステップの競合成長-, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
356. 石神直樹,吾郷浩樹,今本健太,池田賢一,辻正治,K. Iakoubovskii,南信次, サファイア基板上に配向成長した単層カーボンナノチューブのキャラクタリゼーション, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
357. H. Ago, N. Ishigami, R. Ohdo, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi , Growth Mechanism of Horizontally-Aligned SWNTs on Sapphire Surface Studied with Patterned Catalyst, 第33回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2007.07.
358. T. Suzuki, H. Ago, N. Ishigami, M. Tsuji, T. Ikta, K. Takahashi , Electron Transport Study of Horizontally-Aligned SWNTs on Sapphire, 第33回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2007.07.
359. N. Ishigami, H. Ago, K. Imamoto, M. Tsuji, K. Iakoubovskii, N. Minami, Crystal Face Dependence of Chiralities of Aligned SWNTs on Sapphire, 第33回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2007.07.
360. 吾郷浩樹, 単結晶表面によってプログラムされたカーボンナノチューブの配向成長, 日本学術振興会 情報科学用有機材料第142委員会A部会研究会、「ナノ秩序制御」, 2007.06.
361. H. Ago, N. Ishigami, K. Imamoto, R. Ohdo, K. Ikeda, and M. Tsuji, Surface atomic arrangement-programmed growth of horizontally-aligned SWNTs on sapphire, SWNT Growth Mechanisms 2007, 2007.04.
362. 今本健太,吾郷浩樹,石神直樹,大堂良太,池田賢一,辻正治, サファイア上でのSWNTの配向成長における表面原子配列とステップの競合と協調, 2007年春季第54回応用物理学関係連合講演会, 2007.03.
363. 吉原直記,吾郷浩樹,辻正治, ガス分析を通じた担持触媒上での単層・二層カーボンナノチューブの成長メカニズム, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
364. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの精密合成と応用への展開, 第3回 日立ナノ解析技術セミナー, 2007.03.
365. N. Yoshihara, H. Ago, M. Tsuji, Chemistry of Water-Oxidation during CVD Growth of Single- and Double-Walled Carbon Nanotubes over Fe-Mo/MgO Catalyst, 第32回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2007.01.
366. R. Ohdo, H. Ago, M. Shingawa, N. Ishigami, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Control of Location and Orientation of Single-Walled Carbon Nanotubes on Sapphire Surface, 第32回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2007.01.
367. K. Imamoto, H. Ago, N. Ishigami, R. Ohdo, N. Uehara, M. Tsuji, Competing Growth of Horizontally-Aligned SWNTs between Surface Atomic Arrangement and Surface Steps on Sapphire, 第32回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2007.01.
368. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブを組み込んだマイクロリアクターの作製と評価, 環境保全のためのナノチューブ構造制御触媒及び新材料の創製 公開シンポジウム, 2007.01.
369. R. Ohdo, H. Ago, M. Shingawa, N. Uehara, M. Tsuji,T. Ikuta, K. Takahashi, Control of Location and Orientation of Single-Walled Carbon Nanotubes on Sapphire Surface, CSS8 (The 8th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences), 2006.11.
370. M. Shinagawa, H. Ago, N. Ishigami, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Dielectrophoretic separation of semiconducting from metallic single-walled carbon nanotubes in a microfluidic device, 4th China-Japan-Korea Joint Symposium - Carbon Materials to Save the Earth -Materials and Devices for New Energies and Environmental Protection-, 2006.11.
371. H. Ago, N. Ishigami, N. Uehara, K. Nakamura, R. Ohdo, K. Imamoto, K. Ikeda, M. Tsuji, Horizontally-aligned growth of single-walled carbon nanotubes programmed by atomic-arrangement of sapphire surfaces and their device application, 4th China-Japan-Korea Joint Symposium - Carbon Materials to Save the Earth -Materials and Devices for New Energies and Environmental Protection-, 2006.11.
372. 吾郷浩樹, 単結晶表面によってプログラムされた単層カーボンナノチューブの配向成長, 日本セラミックス協会 第19回秋季シンポジウム, 2006.09.
373. 吾郷浩樹, ナノカーボンなどのπ電子系物質の電子構造と物性、ならびにデバイス応用, 炭素材料学会 第2回スキルアップセミナー、「ナノカーボンテクノロジーとエネルギーデバイスの融合」 , 2006.09.
374. 吉原直紀,吾郷浩樹,上原直保,辻正治, ガス分析を通じた単層・二層カーボンナノチューブの高収率合成, 2006年秋季第67回応用物理学会学術講演会, 2006.08.
375. 品川直嗣,吾郷浩樹,石神直樹,辻正治,生田竜也,高橋厚史, マイクロチップ中での単層カーボンナノチューブの誘電泳動, 2006年秋季第67回応用物理学会学術講演会, 2006.08.
376. 吾郷浩樹, 単結晶表面での単層ナノチューブの配向成長とそのキャラクタリゼーション, 2006年秋季第67回応用物理学会学術講演会, 2006.08.
377. S. Imamura, Y. Takahashi, K. Fukagawa, Y. Hamanaka, Y. Saito, H. Ago, H. Kishida, A. Nakamura, Third-order Nonlinear Optical Response in Individual Double-Walled Carbon Nanotubes, 第31回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2006.07.
378. 石神直樹,吾郷浩樹,本山幸弘,高崎幹大,品川直嗣,高橋厚史,辻正治, 垂直配向カーボンナノチューブを組み込んだマイクロリアクター, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
379. 品川直嗣,吾郷浩樹,石神直樹,辻正治,生田竜也,高橋厚史, マイクロチップ中での単層カーボンナノチューブの誘電泳動, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
380. 大堂良太,吾郷浩樹,品川 直嗣,上原 直保,辻正治,生田 竜也,高橋 厚史, サファイア基板上における単層カーボンナノチューブの位置と方向の同時制御に関する研究, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
381. H. Ago, N. Uehara, K. Ikeda, R. Ohdo, K. Nakamura, M. Tsuji, Synthesis of horizontally-aligned SWNTs with controllable density on sapphire surface and their polarized Raman spectroscopy, Nanotube 2006, 2006.07.
382. N. Ishigami, H. Ago, Y. Motoyama, M. Takasaki, M. Shinagawa, K. Takahashi, M. Tsuji, Microreactors utilizing vertically-aligned carbon nanotubes, Nanotube 2006, 2006.07.
383. M. Shinagawa, H. Ago, N. Ishigami, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Optical study of the SWNT dispersion after dielectrophoresis, Nanotube 2006, 2006.07.
384. 吾郷浩樹, 進化するカーボンナノチューブの合成技術, 技術情報協会講習会, 2006.03.
385. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの精密合成と応用への展開, 州大学教育研究プログラム・教育研究拠点形成プロジェクト, 2006.06.
386. 吾郷浩樹,上原直保,池田賢一,大堂良太,中村和浩,辻正治, 単結晶基板の表面原子配列によってプログラムされた単層カーボンナノチューブの配向成長, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
387. 石神直樹,吾郷浩樹,本山幸弘,高崎幹大,品川直嗣,高橋厚史,辻正治, 垂直配向ナノチューブを組み込んだマイクロリアクター, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
388. H. Ago, N. Uehara, K. Ikeda, R. Ohdo, K. Nakamura, M. Tsuji, Synthesis of Horizontally-Aligned SWNTs with Controllable Density on Sapphire Surface and their Polarized Raman Spectroscopy, 第30回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2006.01.
389. N. Ishigami, H. Ago, Y. Motoyama, M. Takasaki, M. Shinagawa, K. Takahashi, M. Tsuji, Microreactors Utilizing Vertically-Aligned Carbon Nanotubes, 第30回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2006.01.
390. M. Shinagawa, H. Ago, N. Ishigami, M. Tsuji, T. Ikuta, K. Takahashi, Dielectrophoresis of SWNTs in a Microchip, 第30回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2006.01.
391. N. Uehara, H. Ago, S. Imamura, M. Tsuji, Gas Analysis of CVD Processes for High-Yield Synthesis of Single-Walled Carbon Nanotubes, 第30回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2006.01.
392. N. Ishigami, H. Ago, M. Shinagawa, K. Takahashi, M. Tsuji, Application of Carbon Nanotubes to Catalyst Support for Organic Reaction, The 7th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Sciences, 2006.12.
393. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの成長法の進展と応用研究, 第9回先端科学技術創造交流会, 2006.11.
394. H. Ago, K. Nakamura, K. Ikeda, R. Ohdo, N. Uehara, M. Shinagawa, N. Ishigami, M. Tsuji, Aligned Growth of Isolated Single-Walled Carbon Nanotubes Programmed by Atomic Arrangement of Crystalline Surface, International Symposium on Surface Science and Nanotechnology (ISSS-4), 2005.11.
395. 大堂良太,吾郷浩樹,中村和浩,池田賢一,上原直保,辻正治, 結晶表面の原子配列によってプログラムされた単層カーボンナノチューブの配向成長, 第50回日本顕微鏡学会シンポジウム, 2005.11.
396. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの成長と応用 −構造制御と化学への応用を目指して−, 第50回日本顕微鏡学会シンポジウム, 2005.11.
397. 吾郷浩樹,中村和浩,池田賢一,上原直保,大堂良太,辻正治, 結晶表面の原子配列によってプログラムされた単層カーボンナノチューブの配向成長, 第66回応用物理学会学術講演会, 2005.09.
398. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブ −成長機構とマイクロスケールでの応用−, 九州電子顕微鏡技術研究会, 2005.08.
399. 吾郷浩樹, インクジェットによるカーボンナノチューブのパターニングと応用 — 金属ナノ粒子触媒のパターニングとナノチューブの応用研究 —, 技術情報協会講習会、「インクジェット技術における光学・電子部品への応用と現状」, 2005.08.
400. T. Saito, W. C. Xu, S. Ohshima, H. Ago, K. Matsuura, M. Yumura, S. Iijima, Screening Study of Catalyst Compositions by using Supramoleclar Catalysts for the Synthesis of Single-Walled Carbon Nanotubes, 第29回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2005.07.
401. H. Ago, K. Nakamura, K. Ikeda, N. Uehara, M. Tsuji, Aligned Growth of Isolated Single-Walled Carbon Nanotubes Programmed by Atomic Arrangement of Crystalline Surface, 第29回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2005.07.
402. N. Uehara, H. Ago, S. Imamura, T. Okazaki, T. Saito, M. Yumura, M. Tsuji, CVD growth of single-walled carbon nanotubes with narrow diameter distribution over Fe/MgO catalyst and their fluorescence spectroscopy, 3rd Japan-China-Korea Joint Symposium - Carbon Materials to Save the Earth -Devices and Materials for New Energies -, 2005.06.
403. H. Ago, K. Nakamura, K. Ikeda, N. Uehara, M. Tsuji, Aligned growth of isolated single-walled carbon nanotubes programmed by atomic-arrangement of crystalline surfaces, Nanotube'05, 2005.06.
404. 冨川貴子,渡辺美樹,濱中泰,斎藤弥八,稲倉秀樹,中村新男,吾郷浩樹, 2層カーボンナノチューブの超高速キャリヤダイナミクス, 日本物理学会第60年次大会, 2005.03.
405. 吾郷浩樹,中村和浩,上原直保,今村真悟,辻正治, 単層および二層カーボンナノチューブの触媒成長における金属−担体相互作用の役割, 日本化学会第85春季年会, 2005.03.
406. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの成長制御と応用への展開, カーボンナノチューブ活用研究会(福岡県工業技術センター主催), 2005.03.
407. 吾郷浩樹, 担持触媒を用いたカーボンナノチューブの成長機構と構造制御, 電気学会 電子材料研究会 −カーボンナノチューブエレクトロニクスの最近の進展−, 2005.02.
408. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの合成技術と応用への展開, 和歌山県工業技術センター講演会 「第4回有機ELディスプレイ研究会」, 2005.01.
409. T. Saito, S. Ohshima, W. Xu, H. Ago, M. Yumura, and S. Iijima, Synthesis of single-walled carbon nanotubes in the gas-phase by using size-controlled metal nanoparticle catalysts, 第28回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2005.01.
410. S. Imamura, H. Ago, T. Okazaki, T. Saito, M. Yumura, and M. Tsuji, CVD Growth of Uniform Diameter Single-Walled Carbon Nanotubes over Fe/MgO Catalyst and Their Optical Properties, 第28回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2005.01.
411. K. Nakamura, H. Ago, N. Uehara, and M. Tsuji, Substrate Effects on Single-Walled Carbon Nanotube Growth over Diameter-Controlled Iron Nanoparticles, 第28回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2005.01.
412. H. Ago, E. Uchimura, T. Saito,.S. Ohshima, M. Tsuji, M. Yumura, and M. Miyake, Mechanical Immobilization of HeLa Cells on Aligned Carbon Nanotube Array, 第28回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2005.01.
413. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの成長制御と応用への展開, COE形成に向けての化学・材料研究セミナー, 2004.12.
414. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの基礎  −成長機構から電子・光物性まで−, 第3回分析センターセミナー:「カーボンナノチューブ(CNT)の基礎と応用 −機器分析からのアプローチ−」, 2004.12.
415. 吾郷浩樹, CVD法による単層及び二層カーボンナノチューブの合成と成長メカニズム, 総理工セミナー, 2004.12.
416. K. Nakamura, H. Ago, S. Imamura, M. Tsuji, SUBSTRATE EFFECTS ON GROWTH OF CARBON NANOTUBES OVER DIAMTER-CONTROLLED IRON NANOPARTICLES, The 6th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Engineering, 2004.11.
417. X. Zhang, H. Xie, M. Fujii, K. Takahashi, H. Ago, T. Shimizu, H. Abe, Measurements of In-plane Thermal Conductivity and Electrical Conductivity of Suspended Platinum Thin Film, 第25回日本熱物性シンポジウム, 2004.10.
418. H. Ago and M. Tsuji, Synthesis and Electronic Applications of Carbon Nanotubes, 2nd Japan-China-Korea Joint Symposium - Carbon Materials to Save the Earth -Devices and Materials for New Energies -, 2004.09.
419. 吾郷浩樹,中村和浩,上原直保,辻正治, Fe/MgO触媒によるSWNTとDWNTの成長における金属-担体相互作用の役割, 第27回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2004.07.
420. H. Ago, K. Nakamura, S. Imamura, M. Tsuji, Role of Metal-Support Interaction in the CVD Growth of Carbon Nanotubes Studied with Size-Controlled Nanoparticles, Nanotube'04, 2004.07.
421. 中村和浩,吾郷浩樹,今村真悟,辻正治, カーボンナノチューブの成長機構 −鉄ナノ粒子と基板の相互作用−, 第41回化学関連支部合同九州大会, 2004.07.
422. 今村真悟,吾郷浩樹,中村和浩,辻正治, カーボンナノチューブ成長における電場の効果, 第41回化学関連支部合同九州大会, 2004.07.
423. 吾郷浩樹,中村和浩,今村真悟,辻正治, MgOに担持させた鉄ナノ粒子からの二層カーボンナノチューブの成長, 第41回化学関連支部合同九州大会, 2004.07.
424. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの合成と工学への応用, 日本機械学会九州支部 第8回フォーラム:「マイクロマシンからナノまで」, 2004.07.
425. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの合成技術と応用展開, 第15回繊維学会西部支部セミナー:「21世紀を拓くナノファイバーテクノロジー 一繊維技術にみるナノテクノロジーの現状と未来一」, 2004.06.
426. 吾郷浩樹, 日本発!のナノチューブの基礎と魅力, 九州大学中央分析センター 第2回分析センターセミナー:「カーボンナノチューブが拓く未来」, 2004.03.
427. 中村和浩,吾郷浩樹,今村真悟,辻正治, サイズ制御した鉄ナノ粒子からのカーボンナノチューブ成長, 日本化学会第84春季年会, 2004.03.
428. 吾郷浩樹,中村和浩,今村真悟,辻正治, MgOに担持させた酸化鉄ナノ粒子からの単層カーボンナノチューブ成長, 日本化学会第84春季年会, 2004.03.
429. 吾郷浩樹, 自己組織化ナノ構造体の構造・界面・触媒機能に関する分子論的研究, 第1回単層二界面系研究会, 2004.02.
430. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの合成技術概論, 神奈川科学技術アカデミー KAST教育講座, 2004.01.
431. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの合成と応用 −最近の展開−, リング・チューブ超分子研究会, 2004.01.
432. 吾郷浩樹,中村和浩,今村真悟,辻正治, 鉄ナノ粒子担持MgO触媒における強い金属-担体相互作用, 第26回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2004.01.
433. 吾郷浩樹,塚越一仁, Synthesis and Electronic Applications of Carbon Nanotubes, Indo-Japan Workshop on Advanced Molecular Electronics and Bionics, 2003.12.
434. 辻正治,吾郷浩樹, 金属・カーボンナノ材料の創製と応用, 分子分光学夏期セミナー(九重セミナー), 2003.08.
435. 吾郷浩樹, ナノ材料と触媒化学, 触媒学会若手の会 フレッシュマンゼミナール, 2003.05.
436. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの触媒化学, 日本電子材料技術協会 セラミック研究会研究会, 2002.12.
437. H. Ago, Carbon Nanotubes: Synthesis and Applications, INTEGRATED NANOSYSTEMS 2002, 2002.11.
438. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブと触媒化学, 触媒サマーセミナー, 2002.08.
439. 鈴木敦久、八木巌、塚越一仁、青柳克信、吾郷浩樹、湯村守雄, CVD法で作製したナノグラファイトでの高密度電流伝導, 第23回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2002.07.
440. 吾郷浩樹,村田和広,湯村守雄,余谷純子,上村佐四郎, インクジェット法によるナノチューブのパターニングと電子放出, 第23回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム, 2002.07.
441. 大嶋哲,吾郷浩樹,小松利喜,湯村守雄, 多層カーボンナノチューブの気相合成, 化学工学会第67年会, 2002.03.
442. 吾郷浩樹,湯村守雄, カーボンナノチューブの応用, 2001年度 印刷・情報記録・表示研究会講座, 2002.02.
443. 井上斉,大嶋哲,湯村守雄,吾郷浩樹, 炭化水素触媒分解法によるカーボンナノチューブ大量合成技術, 第2回炭素系高機能材料シンポジウム, 2002.02.
444. 吾郷浩樹,湯村守雄, カーボンナノチューブの量産技術と応用開発, ニューセラミックス懇話会 第150回研究会, 2002.01.
445. 大嶋哲,湯村守雄,吾郷浩樹,内田邦夫, 21世紀の材料、カーボンナノチューブ−進む材料開発と今後の応用−, 高分子学会 北陸支部学術講演会, 2002.01.
446. 片浦弘道,阿知波洋次,吾郷浩樹,大嶋哲,湯村守雄, CVDで作製した単層カーボンナノチューブの共鳴ラマン散乱, 第22回フラーレン総合シンポジウム, 2002.01.
447. H. Ago, J. Qi, K. Tsukagoshi, Y. Aoyagi, and M. Yumura, Growth of Single-wall Carbon Nanotubes from Patterned Catalyst, 第22回フラーレン総合シンポジウム, 2002.01.
448. 井上斉,大嶋哲,湯村守雄,吾郷浩樹, 炭化水素触媒分解法によるカーボンナノチューブ大量合成技術, 第28回炭素材料学会年会, 2001.12.
449. 井上斉,大嶋哲,湯村守雄,吾郷浩樹, 炭化水素触媒分解法によるカーボンナノチューブ大量合成技術, 第15回ダイヤモンドフォーラム*, 2001.11.
450. Motoo Yumura, Satoshi Ohshima, Hiroki Ago, Kunio Uchida, Hitoshi Inoue, and Toshiki Komatsu, Development of Large Scale Synthesis of Multi-Walled Carbon Nanotubes and their application, MRS Fall Meeting, 2001.11.
451. 木村亨,飛田雅之,湯村守雄,大嶋哲,吾郷浩樹, カーボンナノチューブの磁場配向複合材, ポリマー材料フォーラム, 2001.01.
452. T. Komatsu, S. Ohshima, H. Inoue, H. Ago, and M. Yumura, Synthesis of Thin Wall Multi-Walled Carbon Nanotubes by Catalytic Decomposition of Hydrocarbon Using Metallophtalocyanine as Catalyst, International Symposium on Nanocarbons 2001, 2001.11.
453. Motoo Yumura, Satoshi Ohshima, Hiroki Ago, and Kunio Uchida, Development of Large Scale Synthesis of Multi-wall Carbon Nanotubes and Their Application, 2nd Japanese-French Workshop on Nanomaterials, 2001.10.
454. Motoo Yumura, Satoshi Ohshima, Hiroki Ago, Kunio Uchida, Hitoshi Inoue, and Toshiki Komatsu, Putting the carbon nanotubes to use as the industrial materials, Tsukuba Symposium on Carbon Nanotubes (in Commemoration of the 10th Anniversary of its Discovery), 2001.10.
455. Hiroki Ago, Satoshi, Ohshima, Kunio Uchida, Toshiki Komatsu, and Motoo Yumura, Carbon Nanotube Synthesis using Collodail Solution of Metal Nanoparticles, Tsukuba Symposium on Carbon Nanotubes (in Commemoration of the 10th Anniversary of its Discovery), 2001.10.
456. 吾郷浩樹,大嶋哲,内田邦夫,湯村守雄, 金属ナノ粒子のコロイド溶液を原料とした単層ナノチューブの気相合成, 日本化学会第80秋季年会講演会, 2001.09.
457. 片浦弘道,阿知波洋次,吾郷浩樹,大嶋哲,湯村守雄, CVD法で作製した単層ナノチューブのラマン散乱, 日本物理学会秋季年次大会, 2001.09.
458. H. Ago, J. Qi, K. Tsukagoshi, Y. Aoyagi, and M. Yumura), Patterned Growth of Carbon Nanotubes on Si Substrates, International Symposium on Materials Processing for Nanostructured Device (MPND2001), 2001.09.
459. M. Yumura, S. Ohshima, H. Ago, K. Uchida, H. Inoue, and T. Komatsu, Recent Progress in Development of Large Scale Synthesis of Multi-Walled Carbon Nanotubes of the Frontier Carbon Projects, Sixth Applied Diamond Conference / Second Frontier Carbon Technology (ADC/FCT 2001) Joint Conference, 2001.01.
460. H. Ago, S. Ohshima, K. Uchida, and M. Yumura, Gas-phase Synthesis of Single-Wall Carbon Nanotubes from Colloidal Solution of Metal Nanoparticles, 第21回フラーレン総合シンポジウム, 2001.07.
461. 吾郷浩樹, 21世紀の材料,カーボンナノチューブ −量産技術と応用の開発−, 日本経営技術懇話会, 2001.07.
462. H. Ago, Development of Large-scale Synthesis of Carbon Nanotubes and Their Application, 2001 International Conference & Exhibition on Nanometer Technology and Application, 2001.01.
463. 吾郷浩樹, カーボンナノチューブの量産技術と応用, 新化学発展協会 新素材分科会講演会, 2001.06.
464. 戚継発,吾郷浩樹,塚越一仁,青柳克信,湯村守雄, シリコン基板上におけるナノチューブの配列化成長, 第48回応用物理学会, 2001.03.
465. H. Ago, S. Ohshima, K. Uchida, and M. Yumura, Vapor-phase Synthesis of Carbon Nanotubes from Metal Nanoparticles, XVth International Winterschool in Electronic Properties of Novel Materials (IWEPNM2001), 2001.03.
466. 吾郷浩樹, 触媒CVD法によるカーボンナノチューブの大量合成, 日本真空協会講演会, 2001.02.
467. H. Ago, T. Komatsu, S. Ohshima, Y. Kiruki, and M. Yumura, CVD Growth of Aligned Carbon Nanotube Arrays from Metal Nanoparticles, International Symposium on Nanonetwork Materials (ISNM2001), 2001.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」