九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
今井 亮一(いまい りょういち) データ更新日:2019.06.24

准教授 /  留学生センター


その他の教育研究施設名

役職名

准教授


ホームページ
就職実績-他大学
就職実績有, 名古屋商科大学総合経営学部(1997.9〜2002.8)
取得学位
経済学博士(ペンシルバニア大学)。経済学修士(東京大学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
経済学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年02ヶ月
活動概要
研究: サーチ理論という分析手法を用いて、マクロ経済学、労働経済学、家族経済学などの諸問題を研究している。株主と経営者、企業と労働者、家主と借家人、夫婦など、経済活動のあらゆる領域において、パートナーシップと呼ぶべき継続的協力関係が存在する。これら協力関係は、いったいいかなる合理性によって担保されているのであろうか?サーチ理論とは、その原理を探る分析枠組みである。

教育: JTWプログラムの設計・指導を行っている。講義では、日本経済および近代日本史について英語で講義している。あわせてJTW学生の独立研究(ISP)を指導している。経済学府・学部でも、関連講義を担当することがある。マクロ経済学、労働経済学を主として担当している。

社会貢献: (財)統計研究会や労働政策研究・研修機構などの研究委員(不定期)を務め、労働市場に関する政策提言を行っている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」