九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
井上 弘士(いのうえ こうじ) データ更新日:2019.06.21

教授 /  システム情報科学研究院 情報知能工学部門 先端情報・通信機構


教育活動概要
修士ならびに学部教育においては、「問題解決能力の習得」に重きを置き、新しいアイデアの考案からその有効性の実証までを一環して教育している。また、博士課程の学生においては、これに加え、「問題発見能力の習得」を中心とした指導を行っている。また、海外大学や研究機関との共同研究を通して国際的な教育にも力を入れている。博士後期学生の海外留学も推進している。
担当授業科目
2018年度・前期, コンピュータシステム・アーキテクチャ特論.

2018年度・後期, コンピュータ・アーキテクチャⅡ.

2018年度・夏学期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2017年度・前期, コンピュータシステム・アーキテクチャ特論.

2017年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅡ.

2017年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2016年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅡ.

2016年度・前期, コンピュータシステム・アーキテクチャ特論.

2016年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2015年度・前期, コンピュータシステム・アーキテクチャ特論.

2015年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2015年度・前期, 回路理論Ⅰ.

2015年度・後期, ハードウェア設計論特論.

2014年度・前期, コンピュータアーキテクチャ特論.

2014年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2014年度・後期, ハードウェア設計論特論.

2013年度・前期, コンピュータアーキテクチャ特論.

2013年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2013年度・後期, 情報処理演習I.

2012年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2012年度・前期, コンピュータアーキテクチャ特論.

2011年度・前期, コンピュータアーキテクチャ特論.

2011年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2010年度・前期, コンピュータアーキテクチャ特論.

2010年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ .

2009年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2009年度・前期, コンピュータアーキテクチャ特論.

2008年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2008年度・後期, 計算機構成論Ⅰ.

2008年度・後期, 情報論理学.

2008年度・後期, システム・アーキテクチャ特論.

2007年度・後期, システム・アーキテクチャ特論.

2007年度・前期, コンピュータ・アーキテクチャⅠ.

2007年度・後期, 情報論理学.

2006年度・後期, システムアーキテクチャ特論.

2005年度・後期, システム・アーキテクチャ特論.

2005年度・後期, 情報論理学.

2005年度・通年, 情報理学演習第一.

2005年度・通年, 情報理学講究第一.

2005年度・通年, 情報理学講究第二.

2005年度・通年, 情報理学特別研究.

2005年度・通年, 情報理学特別講究第一.

2005年度・通年, 情報理学特別演習第一.

2005年度・通年, 基礎情報学特別講究.

2005年度・通年, 基礎情報学特別演習.

2005年度・後期, 情報科学講究.

2005年度・通年, 情報科学特別研究.

学生のクラス指導等
2013年度, 学部, クラス担任.

2012年度, 学部, クラス担任.

2011年度, 学部, クラス担任.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2013年度, 北九州市立大学, 前期, 非常勤講師, 国外.

2012年度, 北九州市立大学, 前期, 非常勤講師, 国外.

2011年度, 北九州市立大学, 前期, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 北九州市立大学, 前期、隔週, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 北九州市立大学, 前期、集中講義, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 北九州市立大学, 前期集中講義, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡大学, 後期4限, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 北九州市立大学, 前期集中講義, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡大学, 後期, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡大学, 後期火曜日4限, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」