九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
梶田 幸秀(かじた ゆきひで) データ更新日:2017.10.01

准教授 /  工学研究院 社会基盤部門 構造及び地震工学


大学院(学府)担当

工学府 建設システム工学専攻 構造及び地震工学

学部担当

その他の教育研究施設名



電子メール
ホームページ
電話番号
092-802-3377
FAX番号
092-802-3377
取得学位
博士(工学)
専門分野
構造工学,地震工学
活動概要
「研究」:橋梁の地震時応答を明らかにするため,理論と実験の両面から研究を行っている.具体的には「橋梁全体系の地震時応答解析」,「桁衝突,背面土を考慮した橋台の地震時安全性」などを行っている.また,損傷を有する橋梁の地震時安全性余裕度の検討や信頼性設計・地震リスク解析に関する研究も行っている.

「教育」:設計において構造物の安全性が照査できるよう,構造物の地震時挙動や弾塑性応答に関する教育を行っている.また,基幹教育科目である力学(1年生)では,専門科目への応用がスムーズに行えるよう,力学現象を工学的に正しく考察できることを目標に教育を行っている.

「社会活動」:土木学会などの学会での委員会に参加し,産官学との連携を図りながら,耐震性に優れた新たな橋梁構造物に関する研究に携わっている.

九大関連コンテンツ