九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
西村 伸(にしむらしん) データ更新日:2018.04.06

教授 /  工学研究院 機械工学部門 水素機能材料学


大学院(学府)担当



電子メール
就職実績-他大学
就職実績有, 九州大学 水素利用技術研究センター 特任教授(日立製作所より出向、2007.6-2009.5)
就職実績-民間機関等
就職実績有, 株式会社日立製作所 日立研究所(1987.4-2009.5)
独立行政法人科学技術振興機構 科学技術振興調整費業務室 プログラム主管(日立製作所より出向、2005.4-2007.5)
取得学位
博士(理学)、大阪大学 (1994)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
高分子化学、物理化学
外国での教育研究期間(通算)
01ヶ年00ヶ月
活動概要
 水素エネルギー社会を構成する水素機器には、水素ガスをシールするためのゴムや樹脂材料が使用されています。高圧水素ガスへの曝露や水素ガスの加減圧に伴うOリングなど水素シール材の破壊が懸念されています。
 当研究室では、高圧水素雰囲気に曝露したゴム・樹脂材料の水素ガスによる破壊現象の解明を進めています。材料中への水素溶解挙動を昇温ガス脱離分析や核磁気共鳴法を用いて調べ、材料の破壊挙動との関係を検討しています。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」