九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
東藤 大樹(とうどう たいき) データ更新日:2018.08.28

助教 /  システム情報科学研究院 情報学部門 知能科学


主な研究テーマ
マイニングソフトウェアリポジトリへのゲーム理論の応用
キーワード:ゲーム理論,マイニングソフトウェアリポジトリ
2014.10~2017.03.
非分割財の物々交換に関する理論研究
キーワード:トップトレーディングサイクル,物々交換,コア選択性,腎移植ネットワーク
2014.04~2021.03.
制度設計における架空名義操作の影響に関する理論研究
キーワード:ゲーム理論・メカニズムデザイン
2008.04.
従事しているプロジェクト研究
Resilient Human-in-the-loop Multi-agent Optimization
2016.12~2020.03, 代表者:横尾真, 九州大学, 九州大学(日本)・バーイラン大学(イスラエル).
持続可能な発展のための資源配分メカニズム設計理論の構築
2012.10~2017.03, 代表者:横尾真, 九州大学, 九州大学.
ソフトウェアエコシステムの理論構築と実践を加速する分野横断国際ネットワークの構築
2014.10~2017.03, 代表者:松本健一, 奈良先端科学技術大学院大学, 奈良先端科学技術大学院大学.
Establishing a Theory for Exchange of Multiple Indivisible Goods with Indifferences
2015.04~2016.03, 代表者:Taiki Todo, Kyushu University, Kyushu University.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Etsushi Fujita, Julien Lesca, Akihisa Sonoda, Taiki Todo, Makoto Yokoo, A Complexity Approach for Core-Selecting Exchange with Multiple Indivisible Goods under Lexicographic Preferences, Twenty-Ninth AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-15), 2015.01.
学会活動
所属学会名
日本ソフトウェア科学会
人工知能学会
情報処理学会
学協会役員等への就任
2017.04~2018.03, マルチエージェントと協調計算研究会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.08.17~2014.08.18, The Second International Workshop on Market Design Technologies for Sustainable Development, 司会(Moderator).
2013.11.26~2013.11.28, The First International Workshop on Market Design Technologies for Sustainable Development, 司会(Moderator).
2017.09.19~2017.09.21, 日本ソフトウェア科学会第34回大会, デモ・ポスター委員長.
2017.09.15~2017.09.17, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017 (JAWS 2017), オーガナイズドセッションチェア.
2017.05.08~2017.05.12, The Sixteenth International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS 2017), Program Committee.
2017.02.04~2017.02.09, The Thirty-First AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI 2017), Program Committee.
2012.10.24~2012.10.26, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012 (JAWS 2012), Program Committee.
2013.05.06~2013.05.10, The 12th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS 2013), Program Committee.
2013.09.17~2013.09.20, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2013 (JAWS 2013), Program Committee.
2013.11.26~2013.11.28, The First International Workshop on Market Design Technologies for Sustainable Development, Co-Organizer.
2014.05.05~2014.05.09, The 13th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS 2014), Program Committee.
2014.06.08~2014.06.12, The 15th ACM Conference on Economics and Computation (EC 2014), Program Committee.
2014.08.17~2014.08.18, The Second International Workshop on Market Design Technologies for Sustainable Development, Co-Organizer.
2014.10.27~2014.10.29, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2014 (JAWS 2014), Senior Program Committee.
2015.01.25~2015.01.29, The Twenty-Ninth AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI 2015), Program Committee.
2015.05.04~2015.05.08, The Fourteenth International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS 2015), Program Committee.
2015.07.25~2015.07.31, The Twenty-Fourth International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI 2015), Program Committee.
2015.07.26~2015.07.26, IJCAI-15 Workshop on Innovative Application of Game Theory and Market Design, Co-Organizer.
2015.09.30~2015.10.02, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015 (JAWS 2015) , Senior Program Committee.
2016.02.12~2016.02.17, The Thirtieth AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI 2016) , Program Committee.
2016.05.09~2016.05.13, The Fifteenth International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS-2016), Program Committee.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 16  22 
2014年度 25  31 
2013年度 16  21 
2012年度 13  17 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
LAMSADE, Paris Dauphine University, France, 2017.01~2017.01.
City University of Hong Kong, Hong Kong , 2016.09~2017.02.
The University of Adelaide, Australia, 2015.10~2015.12.
The University of Adelaide, Australia, 2015.03~2015.04.
Duke University, UnitedStatesofAmerica, 2012.04~2013.02.
受賞
船井ベストペーパー賞, 情報科学技術フォーラム (FIT) 2014, 2014.09.
2011年度九州大学大学院システム情報科学府優秀学生表彰, 九州大学大学院システム情報科学府, 2012.03.
2011年度論文賞, 情報処理学会, 2012.03.
船井ベストペーパー賞, 情報科学技術フォーラム(FIT)2011, 2011.09.
ヤングリサーチャー賞, 情報科学技術フォーラム(FIT)2010, 2011.09.
Best Paper Award, iJAWS2010, 2010.10.
情報科学技術フォーラム論文賞, 情報科学技術フォーラム(FIT)2010, 2010.09.
情報科学技術フォーラム論文賞, 情報科学技術フォーラム(FIT)2010, 2010.09.
IAT2010 Best Paper Award Nomination, 2010 IEEE/EIC/ACM International Conference on Intelligent Agent Technologies, 2010.09.
テレコムシステム技術学生賞, 電気通信普及財団, 2010.02.
学生研究奨励賞, IEEE福岡支部, 2010.01.
第23回人工知能学会全国大会優秀賞, 人工知能学会, 2009.09.
AAMAS2009 Pragnesh jay Modi Best Student Paper Award Nomination, International Foundation for Autonomous Agents and Multiagent Systems (IFAAMAS), 2009.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(A), 分担, マーケットデザインの実践的理論の構築.
2017年度~2020年度, 若手研究(A), 代表, 一般化交換問題のためのゲーム理論的/アルゴリズム論的解法の提案.
2012年度~2016年度, 基盤研究(S), 分担, 持続可能な発展のための資源配分メカニズム設計理論の構築.
2010年度~2012年度, 特別研究員奨励費, 代表, 動的で不確実な環境下での合意形成メカニズムの設計技術の確立.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 限量子消去法を用いたパラメトリックメカニズム設計技術の確立.
2014年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, インセンティブを考慮したアルゴリズム設計の基礎理論.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2014年度~2016年度, 頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム, 分担, ソフトウェアエコシステムの理論構築と実践を加速する分野横断国際ネットワークの構築.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2017年度, 大川情報通信基金 2016年度研究助成, 代表, 最適性を保証する制約付き両方向マッチングのメカニズム設計.
2015年度~2015年度, Microsoft Research CORE11, 代表, Establishing a Theory for Exchange of Multiple Indivisible Goods with Indifferences.
寄附金の受入状況
2016年度, 公益財団法人 大川情報通信基金, 最適性を保証する制約付き両方向マッチングのメカニズム設計.
2014年度, 日本マイクロソフト, Establishing Theory for Exchange of Multiple Indivisible Goods with Indifferences.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」