九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
伊藤 太一(いとう たいち) データ更新日:2019.06.10



主な研究テーマ
ヒドラをモデルとした中枢神経系非依存的な行動制御メカニズムの解明
キーワード:ヒドラ、散在神経系、時計遺伝子
2018.04.
ショウジョウバエを用いた新規時計遺伝子の検索と同定
キーワード:時計遺伝子 ショウジョウバエ
2007.04.
研究業績
主要著書
1. Itoh T.Q., Matsumoto A., Self Assembly (SA)-cloning: A rapid construction method for recombinant molecules from multiple fragments., BioTechniques Protocol Guide 2012, 2011.12.
主要原著論文
1. Hiroyuki J. Kanaya, Yoshitaka Kobayakawa, Taichi Q. Itoh, Hydra vulgaris exhibits day-night variation in behavior and gene expression levels, Zoological Letters, 10.1186/s40851-019-0127-1, 5, 1, 2019.03, [URL].
2. Uchizono S., Tabuki Y, Kawaguchi N., Tanimura T., Itoh T.Q., Mated Drosophila melanogaster females consume more amino acids during the dark phase., 2017.02.
3. Itoh T.Q., Matsumoto A., Tanimura T., C-terminal binding protein (CtBP) activates the expression of E-box clock genes with CLOCK/CYCLE in Drosophila., 2013.04.
4. Itoh T.Q., Tanimura T., Matsumoto A., A membrane-bound transporter controls the circadian transcription of clock genes in Drosophila., 2011.12.
5. Matsumoto A., Itoh T.Q., Self Assembly (SA)-cloning: A rapid construction method for recombinant molecules from multiple fragments., 2011.07.
6. Matsumoto A., Ukai-Tadenuma M., Yamada R.G., Houl J., Uno K.D., Kasukawa T., Dauwalder B., Itoh T.Q., Takahashi K., Ueda R., Hardin P.E., Tanimura T., Ueda H.R., A functional genomics strategy reveals clockwork orange as a transcriptional regulator in Drosophila circadian clock., 2007.07.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Lee J., Kim M., Itoh T.Q., Lim C., Ataxin-2: A versatile posttranscriptional regulator and its implication in neural function, 2018.05.
2. Andreani T.S., Itoh T.Q., Yildirim E., Hwangbo D.S., Allada R., Genetics of Circadian Rhythms. , Sleep Medicine Clinics, 2015.12.
3. 伊藤 太一, 松本 顕, ショウジョウバエを用いた概日測時機構解析の40年-第2部 ショウジョウバエ再び-., 時間生物学, 2013.09.
4. 伊藤 太一, 松本 顕, ショウジョウバエを用いた概日測時機構解析の40年-第1部 ショウジョウバエは再びとべるか-., 時間生物学, 2013.04.
主要学会発表等
1. Itoh T.Q., Hydra vulgaris exhibits a sleep-like state induced by melatonin, Symposium on insect chronobiology, 2019.02.
2. Kanaya H.J., Kobayakawa Y., Itoh T.Q., Analysis of primitive sleep-wake cycle in hydra, 第25回日本時間生物学会, 2018.10.
3. 伊藤 太一, ショウジョウバエ概日リズムの制御メカニズム, 三学会(日本動物・植物・生態学会)合同福岡県例会, 2015.12.
学会活動
所属学会名
日本時間生物学会
日本動物学会
日本分子生物学会
学協会役員等への就任
2016.06~2022.06, 日本時間生物学会, 評議員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
UNIST, SouthKorea, 2018.08~2018.08.
UNIST, SouthKorea, 2017.09~2017.09.
GIST, SouthKorea, 2016.10~2016.10.
UNIST, SouthKorea, 2016.10~2016.10.
UNIST, SouthKorea, 2016.04~2016.04.
KAIST, SouthKorea, 2015.12~2015.12.
UNIST, SouthKorea, 2015.12~2015.12.
Northwestern University, UnitedStatesofAmerica, 2012.04~2015.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 若手研究, 代表, 概日リズム温度補償性の新規制御因子の解析.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 加齢に伴う睡眠相の断片化に関わる神経回路網と分子メカニズムの同定.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2009年度~2011年度, 特別研究員, 代表, 膜輸送体ABCトランスポーターによる概日リズム制御機構の行動分子遺伝学的解析.
寄附金の受入状況
2018年度, 住友財団, 散在神経系のヒドラを用いた睡眠の起源の解明.
学内資金・基金等への採択状況
2019年度~2019年度, 九州大学研究活動基礎支援制度 平成30年度「外国語校閲経費支援」, 代表, Hydra vulgaris exhibits day-night variation in behavioral and gene expression levels.
2017年度~2017年度, 九州大学研究活動基礎支援制度 平成28年度「外国語校閲経費支援」, 代表, Mated Drosophila melanogaster females consume more amino acids during the dark phase.
2016年度~2016年度, 平成28年度QRプログラム, 代表, 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の原因遺伝子であるRNA結合タンパク質のターゲット検索.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」