九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
尾上 哲治(おのうえ てつじ) データ更新日:2019.12.09

教授 /  理学研究院 地球惑星科学部門 固体地球惑星科学講座


大学院(学府)担当

学部担当



電子メール
電話番号
092-802-4246
就職実績-他大学
就職実績有, 鹿児島大学理学部 助手(平成17年4月〜19年3月)
鹿児島大学大学院理工学研究科 助教(平成21年4月〜25年3月)
熊本大学大学院自然科学研究科 准教授(平成25年4月〜28年3月)
熊本大学大学院先端科学研究部 准教授(平成28年4月〜31年3月)
取得学位
博士(理学)
専門分野
層序学 堆積学
活動概要
【研究活動】
顕生代には,何度かの大量絶滅を引き起こした海洋環境変動が報告されており,大規模な火成活動,隕石衝突,大気・海洋表層における酸素濃度の急激な低下などが原因と考えられている.これらはイジェクタ層や黒色頁岩層といった特徴的な堆積岩として記録されており,詳しく調べることで大量絶滅へとつながる具体的な環境変動のメカニズムを知ることができる.研究室では,放散虫やコノドントといった微化石と,堆積学・地球化学的な手法を利用して,堆積岩に記録された環境変動と大量絶滅との関連性を解明する研究を積極的に進めている.

【教育活動】
層序学を習得した学生の育成につとめており,層序・岩相の記載や化石年代の決定といった基本的な地質調査法の指導にこれまで取り組んできた.大学院生には,学会発表を積極的に行わせ,論文公表を最終目標とした教育を心がけている.また国際的に活躍する学生の育成を期待して,海外でのフィールドワークや国際学会で発表する機会も積極的に与えている.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」