九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
齋藤 渉(さいとう わたる) データ更新日:2020.02.06



主な研究テーマ
・高効率電力変換用パワーデバイス
・高機能パワーデバイス制御技術
・エネルギーネットワーク接続用パワーモジュール
キーワード:パワーデバイス、電力変換、エネルギーネットワーク
2019.04.
従事しているプロジェクト研究
新世代Si-IGBT と応用基本技術の研究開発
2019.04~2020.03, 代表者:平本俊郎, 東京大学生産技術研究所, NEDO
「IGBT のスケーリング則」に基づいた「新世代 Si-IGBT と応用基本技術」を産学官が一体となり実用化を念頭に開発・実証.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Wataru Saito, Yoshiharu Takada, Masahiko Kuraguchi, Kunio Tsuda and Ichiro Omura, Recessed-Gate Structure Approach Toward Normally Off High-Voltage AlGaN/GaN HEMT for Power Electronics Applications, IEEE Trans. Electron Devices, 53, 2, 356-362, 2006.02.
2. Wataru Saito, Ichiro Omura, Tsuneo Ogura and Hiromichi Ohashi, Theoretical limit estimation of lateral wide band-gap semiconductor power-switching device, Solid-State Electronics, 48, 4, 1555-1562, 2004.04.
3. Wataru Saito, Yoshiharu Takada, Masahiko Kuraguchi, Kunio Tsuda, Ichiro Omura, Tsuneo Ogura and Hiromichi Ohashi, High Breakdown Voltage AlGaN-GaN Power-HEMT Design and High Current Density Switching Behavior, IEEE Trans. Electron Devices, 50, 12, 2528-2531, 2003.12.
4. Wataru Saito, Ichiro Omura, Satoshi Aida, Shigeo Koduki, Masaru Izumisawa and Tsuneo Ogura, Semisuperjunction MOSFETs: New Design Concept for Lower On-Resistance and Softer Reverse-Recovery Body Diode, IEEE Trans. Electron Devices, 50, 8, 1801-1806, 2003.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
電気学会
IEEE
応用物理学会
電子情報通信学会
学協会役員等への就任
2015.12~2019.12, IEEE Electron Device Society, Power Devices and ICs Technical Committee.
2017.04~2020.03, 電気学会 パワーデバイス・パワーIC高性能化技術調査専門委員会.
2017.04, 電気学会 C部門 電子デバイス技術委員会.
2018.06, 電子情報通信学会 電子デバイス研究会.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.05.19~2019.05.23, 31st International Symposium on Power Semiconductor Devices and ICs (ISPSD), Program Committee.
2018.05.13~2018.05.17, 30th International Symposium on Power Semiconductor Devices and ICs (ISPSD), Program Committee.
2017.05.28~2017.06.01, 29th International Symposium on Power Semiconductor Devices and ICs (ISPSD), Steering Committee, Program Committee.
2016.06.12~2016.06.16, 28th International Symposium on Power Semiconductor Devices and ICs (ISPSD), Program Committee.
2013.05.26~2013.05.30, 25th International Symposium on Power Semiconductor Devices and ICs (ISPSD), Steering Committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.12~2028.12, IEEE Transactions on Electron Devices, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度 18    71    89 
受賞
PESC 2008 Conference Prize Paper Award, 2008.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2020年度, 研究活動スタート支援, 代表, 高効率電気自動車に向けた理論限界を超える新規低耐圧パワーMOSFETの構造と制御.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」