九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
渡辺 敦史(わたなべ あつし) データ更新日:2021.06.24

准教授 /  農学研究院 環境農学部門 森林環境科学


大学院(学府)担当

学部担当



電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/atsushi-watanabe
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
電話番号
092-802-4646
FAX番号
092-802-4646
就職実績-民間機関等
就職実績有, 1996年4月〜1998年3月 平成8年度日本学術振興会特別研究員(DC2)
1999年4月〜2002年3月 平成11年度日本学術振興会特別研究員(PD)
2002年4月〜2006年3月 独立行政法人林木育種センター育種工学課QTL研究室 研究員
2006年4月〜2006年7月 森林総合研究所林木育種センター育種部先端研究室 研究員
2006年8月〜2008年3月 森林総合研究所林木育種センター育種部育種第2課育種研究室 研究室長
2008年4月〜2012年7月 同育種第1課基盤技術研究室 研究室長
取得学位
博士(農学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
森林遺伝育種学 ゲノム進化学 
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
https://orcid.org/0000-0003-0570-8895
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
令和2年度の教育活動のうち、学部講義では、前期(春・夏学期)に植物代謝制御学・造林学(主・分担)・森林植物学実験(副・分担)を担当した。大学院では、春学期に森林・林業の科学(副・分担)、森林資源管理学(副・分担)、秋学期は造林学特論(主)を担当した。基幹教育院については、全学教育として農学入門(通年)、基幹教育として基幹教育セミナー(前期)、G30農学部国際コースの専攻教育科目講義「Forest Science Products」(前期・主・分担)について担当した。研究室の教育・研究活動として、大学院生(博士後期課程)1名、同(社会人博士)1名、同修士課程4名、造林学研究室として学部4年生2名および学部3年生2名の研究と教育の指導を行った。社会人博士1名については、主査として学位取得を指導した。2020年度冬学期より、留学生1名を研究生として指導した。
研究活動では、久留米市委託研究としてくるめつつじのDNA分析調査、農林水産技術会議委託研究として、気候変動に適応した花粉発生源対策スギの作出技術開発委託事業および用土を用いない空中さし木法による、コスト3割削減で2倍の生産量を実現するスギ さし木苗生産方法の確立の研究活動に従事した。科学研究補助金基盤研究として、九州北部豪雨による流木被害の要因と影響:森林環境政策の合意形成に向けておよびシグナル物質の作用機序とラッカーゼの構造解析による高品質漆生成技術の開発に従事した。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」