九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
松本 俊介(まつもと しゆんすけ) データ更新日:2021.06.29



大学院(学府)担当

学部担当



電子メール *Internet Explorerではメールアドレスが表示されないため、他のWebブラウザ(Chrome、Safari等)をご利用ください。
ホームページ
https://kyushu-u.pure.elsevier.com/ja/persons/shunsuke-matsumoto
 研究者プロファイリングツール 九州大学Pure
電話番号
092-802-4717
FAX番号
092-802-4969
就職実績-他大学
就職実績有, 就職実績有, 京都産業大学 2014年4月〜2020年7月
取得学位
システム生命科学博士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
生化学、構造生物学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
 CRISPR-Casシステムは、原核生物が持つ獲得免疫機構であり、現在それを応用したゲノム編集技術が急速に開発されています。私は当研究室で独自に見出したCRISRP-Casシステムについて、生化学、構造生物学、細胞生物学などさまざまな手法を駆使して、(1)Casタンパク質の作動機構の原子分解能レベルでの解明、(2)Casタンパク質の機能-構造情報を基にデザインした改変体の創出、(3)様々な生物に適応できるゲノム編集技術の開発そして(4)迅速かつ高感度な核酸検出法への応用を目指しています.
 真核生物の細胞には、生体膜で仕切られた様々な細胞小器官(オルガネラ)が高度に発達し、さまざまな生物現象を支えています。オルガネラが正常に機能するためには、合成されたタンパク質が正確に各オルガネラに配送される必要があります。近年私たちは、オルガネラへのタンパク質配送異常に伴う誤配送をやり直す仕組みを見出し、その分子機構を出芽酵母を用いて解析しています。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」